精神世界の中心でブレイクダンスを踊る さん プロフィール

  •  
精神世界の中心でブレイクダンスを踊るさん: 精神世界の中心でブレイクダンスを踊る
ハンドル名精神世界の中心でブレイクダンスを踊る さん
ブログタイトル精神世界の中心でブレイクダンスを踊る
ブログURLhttps://ameblo.jp/spiritual-b-boy/
サイト紹介文スピ、宇宙人、UFO、ヘミシンク、恋愛、政治、ブレイクダンス等、日々の思いを語っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2013/09/15 20:55

精神世界の中心でブレイクダンスを踊る さんのブログ記事

  • 君の膵臓を癒したい
  • 昨晩はテレビで映画「君の膵臓をたべたい」が放送されたそうですね。 去年に公開され、興行収入30億円を突破した大ヒット作品です。 この映画の評論をしたいわけではないのですが、ここ最近になって急に膵臓という言葉を耳にする機会が増えてきているように思います。 ご存知の方も多いと思いますが、辺野古移設問題で国と戦った沖縄の翁長知事も、ソウルの女王と呼ばれ多くの人の心をつかんだアレサ・フランクリンも膵臓がんで [続きを読む]
  • 日本上空に飛来する母船
  • 少しずつ秋の風を感じる季節になってきました。 季節の移り変わりを感じますね。ここ数日は、全国的に突然荒天となり、ゲリラ豪雨や雷に見舞われることが多かったようです。私の住んでいる東京都でも、先日は夕方から激しい雷雨となり、久しぶりに地鳴りがするほどの雷を経験しました。 稲妻は稲の妻と書くように、植物の成長を促進し、豊作を後押しする力を持っています。元々は、神前に供えるお米は、稲妻の落ちた田んぼから収 [続きを読む]
  • ヤマトヒメ聖地巡礼ツアー in埼玉 〜9の扉を開く〜
  • お待たせいたしました! 倭姫命(ヤマトヒメノミコト)にフォーカスした巡礼ツアー、募集を開始致します! 倭姫命とは、天照大神を伊勢五十鈴川のほとりに祀ったとされる古代の巫女が神格化した神様です。 古代の日本には、御杖代(みつえしろ)と呼ばれる、天照大神の信託を降ろす巫女がいました。 この御杖代が降ろす信託により、天照大神の御神体を遷座させることとなり、ふさわしい場所を探すことになっていました。 その [続きを読む]
  • 先祖供養とは?
  • 今年もお盆がやってきましたね。今というタイミングにおいて大切な話だと感じるので、以前に書いた記事を再掲載させていただきます。私自身の経験から思う、先祖供養についてのお話です。日本には昔から先祖供養という考え方が存在します。毎年お盆になるとお墓参りに行く、という方も多いのではないかと思います。日本人は昔から先祖を大切にしてきた民族であり、意識の中に「先祖は大切にすべきである」という考え方が刻まれ [続きを読む]
  • 現在起きていること 〜 神界の変化とジェンダー 〜
  • 暑い日が続いていますね。暑くて寝苦しい日が多いのですが、それに反して激しい眠気を感じている人が多く、いつもより長い時間眠っているのに日中も眠気を感じるという方が非常に多いようです。一体今、何が起きているのでしょうか。眠気の根本的な原因は、「ここから飛躍するための8月の過ごし方 〜母性が鍵になる〜」 https://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12394294477.html でも書いたように、自民党総裁選のための権謀術 [続きを読む]
  • 過去を癒し未来を変える
  • スピリチュアルの実践者にとって、非常に重要となる叡智が存在します。 それは、シンボルです。 シンボルとは、宇宙の根本原理であり、万物を構成するコードです。 ガイドスピリットからのメッセージも、神々や宇宙人からのメッセージも、あらゆる啓示がシンボルによって届けられます。 また、それだけでなくシンボルに親しみを深めていくと、あらゆる物事の意味を正確に読み解いていくことが可能になります。 しかし、シンボル [続きを読む]
  • ダンス禁止令!? 〜社会と法を考える〜
  • 先日、イランで、音楽に合わせてダンスを踊る動画をインターネット上にアップした少女が当局に拘束され、泣きながら自白する様子がイランの国営テレビで放映された、というニュースが報じられました。イランは厳格なイスラム体制で知られていますが、それでも、ただダンス動画を投稿しただけの17歳の少女をやり玉にあげるというのは行き過ぎた規制なのではないか、と抗議を表明する動きが広がっているそうです。このブログのタイ [続きを読む]
  • ここから飛躍するための8月の過ごし方 〜母性が鍵になる〜
  • もうすぐ7月も終わり、8月になりますね。しばらくブログをアップしていませんでしたが、その間夏休みをいただき、パートナーとヨーロッパに巨石巡礼の旅に出かけていました。今回の旅でも、宇宙の友人たちの導きにより素晴らしい体験をさせていただくことが出来ました。その模様は改めて別の記事でシェアさせていただきますので、楽しみにしていてくださいね。記録的な暑さがひと段落したかと思うと、異例の台風がやってきました [続きを読む]
  • 今起きていること 〜七夕を越えて〜
  • 昨日は七夕でしたね。七夕は、五節句の一つであり、七夕(しちせき)の節句と呼ばれる、非常に重要な節目です。現在、霊的にも激しい動きがありますが、現実的にも著しい変化が起きていますね。5日頃から続く記録的な大雨によって、大きな被害が出ています。経験したことがないほどの激しい雨が降る可能性がある、などと言われていましたが、地域によっては計測不能となるほどの凄まじい雨が降り、広い範囲で大量の雨が降り続きま [続きを読む]
  • ワールドカップから見えてくること 〜未来への指針〜
  • サッカー日本代表は、惜しくもベルギーに敗れ、ベスト16で今大会を終えました。日本に希望と勇気を与えてくれて、ありがとうございます。日本代表を心から誇りに思います。私の地元には、鹿島アントラーズというJリーグの名門チームがあるのですが、今回の日本代表には、アントラーズ出身の選手が多く選出され、試合で大活躍したことをとても嬉しく思っていました。寝不足になりながらも、今回の日本代表の試合は全てリアルタイ [続きを読む]
  • 未知から既知へ 宇宙人・UFOの神髄を知り現実に活用するセミナー 2018
  • このセミナーは、私がこれまで宇宙人と関わってくる中で得てきた、リアルな情報を公開し、宇宙人・UFOとの関わりを深めるためのセミナーです。これまでにも何度か開催してきましたが、大好評でした。 以前に参加してくださった方からいただいたご感想の一部を、紹介させていただきますね。「タカテルさんは優しく教えてくれましたが、宇宙人やUFOに対して、今までの自分の認識がいかに浅かったのか、自分勝手だったのか、よくよ [続きを読む]
  • 夏至のメッセージ 〜これからの私たち〜
  • もう少しで6月も終わりますね。先日は私の誕生日でした。Facebookやメール、ラインなどでたくさんのお祝いメッセージをいただきました。ありがとうございます! とっても嬉しいです。ついに私も30歳になりました。21日は夏至でしたね。皆さんはどんなふうに過ごされたでしょうか。夏至は、ハロウィンの源流にあたる祭日とされ、その日を境に陰のエネルギーが強くなることから、古代から世界中で儀礼が行われてきた日です。目に見え [続きを読む]
  • 空を見上げる大切さ 〜地震雲とは〜
  • 一昨日、大阪府北部を震源とする地震が起きました。被害に遭われた方々に、心よりお見舞いを申し上げます。一日も早く回復し、元の生活に戻ることが出来ますよう、心よりお祈りいたします。今後しばらくは余震が発生する可能性もあるため、十分に注意してください。「今起きていること 〜光と闇〜」https://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12383338460.html という記事で震気の乱れについて書きましたが、奇しくも、起きて欲 [続きを読む]
  • 今起きていること 〜光と闇〜
  • 現在、激しい眠気を感じる人や体調を崩す人が増えており、社会的には普段起きえないような事件・事故が多発しています。今、一体何が起きているのでしょうか。今起きていることを審神者(さにわ)していくと、様々なことが見えてきました。 今の流れに対する対処法についてもシェアさせていただきますね。昨日、シンガポールで史上初となる、米朝首脳会談が行われました。トランプ大統領は成果を強調していたものの、「今起きてい [続きを読む]
  • 今起きていること 〜変わりたいという想い〜
  • 先日のウエサク満月以降、大きな変化を迎えている方が多いようですね。これまで取り組んでこられた活動の方向転換をしたり、新しいことにチャレンジする、という方も増えてきているようです。これは、 「アセンションの再来!? 〜キクリからヤマトへ〜」https://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12376752821.html などの記事でお伝えしたように、現実的な意味でのアセンションという、大きな変化の波が近づいてきているため、 [続きを読む]
  • タカテル リーディングセミナー 〜第三の眼「開」 〜
  • お待たせしました!ガイドスピリットや守護霊、あらゆる霊的情報にアクセスし、実生活においても、深く現実的に活用できるリーディングスキルをレクチャーする 『タカテル リーディングセミナー 〜第三の眼 「開」 〜』 募集を開始致します!これまでは『タカテル リーディングセミナー 〜第三の眼〜』という名称で開催してきましたが、これまでの内容を更に改良し、よりシャープなリーディングスキルを身に付ける、ということに [続きを読む]
  • 「梅雨」のスピリチュアルな意味 〜メリットとデメリット〜
  • 6月になりましたね。 もう少しで関東にも梅雨がやってきますね。 既に沖縄や四国九州地方は梅雨入りしたようです。 関東も、少しずつ湿気が増えてきましたね。 私は、6月が自分の生まれ月であるということもあり、梅雨の時期がわりと好きです。 雨がしとしと降る日が増えますが、これはスピリチュアル的には大きなメリットがあるのです。 宇宙の根本原理であるシンボル学においては、 空から降ってくる水は、 ・私たちをリラッ [続きを読む]
  • ヤマトヒメの奇跡 後編 〜8から9へ 開かれし扉〜
  • 前回の記事の続きです。 あと一分でバスが出発してしまう!と諦めかけたその瞬間、奇跡が起きました。 何故か突然、時間の流れがゆっくりになったのです。 腕時計を確認すると、秒針の進むスピードが三分の一くらいのスピードになっているではありませんか! 腕時計が壊れてしまったのかとも思いましたが、そうではありませんでした。 スマホの時計も同じ時間を示していたのです。 何が起きたのかわかりませんでしたが、とり [続きを読む]
  • ヤマトヒメの奇跡 前編 〜時を超える〜
  • 今日はウエサク祭の日ですね。ウエサク祭とは、お釈迦様の誕生、悟った日、入滅した日の全てが、5月の満月の日であったという伝承をもとに、ヒマラヤ山中のウエサク渓谷という場所で始まった満月祭です。そのため、元々は仏教行事として、チベット、タイ、スリランカなどアジア各地で行われてきた祭祀でした。伝承によれば、このウエサク祭の時には天上界からお釈迦様だけでなく多くのマスターたちが地上に降りてきて、私たちを [続きを読む]
  • 「日大アメフト事件」の本質とは? 〜真の剣〜
  • 現在、メディアで大きく報じられているニュースがあります。日本大学アメリカンフットボール部の選手が、無防備な関西学院大学の選手に後方から危険なタックルをして負傷させた というニュースです。ご存知の方が多いと思います。昨日の午後、この件について、日大の当該選手が謝罪会見を行いました。会見では、コーチや監督から反則行為を行うよう指示があったことや、日ごろから非常にきついパワハラを受けていたことなどが伝え [続きを読む]
  • 生きる希望 〜つらい経験の意味〜
  • 先日の13日は母の日でしたね。来月の17日は父の日です。親に日ごろの感謝を伝える日が続きますね。私も来月の誕生日には30歳になります。 ということは、両親は二人とも60歳に近い年齢になるということです。自分自身もそうですが、漠然と、親もいつまでも変わらないままいてくれるだろう、いて欲しいな、などと思っていましたが、着実に年齢を重ねていますね。自然の摂理であり、当たり前のこととはいえ、感慨深いものがあります [続きを読む]
  • アセンションの再来!? 〜キクリからヤマトへ〜
  • 先日、倭姫命(ヤマトヒメノミコト)についての記事を書いたところ、大きな反響がありました。「倭姫様のことは全く知りませんでしたが、そんなに重要な神様だったなんて!とても驚きました。」「新しい女神というメッセージをさかんに受信するものの、意味が全く分からずにいました。タカテルさんの記事で、このことだったのか!と腑に落ちました。」「調べても、多くは記紀の記述を解説するのみで、どんな神様なのか解説して [続きを読む]
  • 今起きていることの裏側 〜TOKIO山口さんから国会まで〜
  • 現在起きていることには、一体どんな意味があるのでしょうか。 社会を分析する中で見えてきたことを、霊的な視点も交えつつ、お伝えできるギリギリの範囲までシェアさせていただきたいと思います。 少し前に、TOKIOの山口さんが強制わいせつ容疑で書類送検され、その後起訴猶予となる、というニュースがありました。テレビでも新聞でも連日報道され、一時期はこのニュースに関する話題で持ち切りでしたね。ネットを中心に、示 [続きを読む]
  • ヤマトヒメ聖地巡礼ツアー in箱根 〜8から9へ〜
  • お待たせいたしました! 倭姫命(ヤマトヒメノミコト)にフォーカスした巡礼ツアー、募集を開始致します! 倭姫命とは、天照大神を伊勢五十鈴川のほとりに祀ったとされる古代の巫女が神格化した神様です。 古代の日本には、御杖代(みつえしろ)と呼ばれる、天照大神の信託を降ろす巫女がいました。 この御杖代が降ろす信託により、天照大神の御神体を遷座させることとなり、ふさわしい場所を探すことになっていました。 その [続きを読む]