Tadachika さん プロフィール

  •  
Tadachikaさん: 季節の風の中で
ハンドル名Tadachika さん
ブログタイトル季節の風の中で
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hayakawats/
サイト紹介文油彩風景画を描いている。自然に感動した時、生きていることを実感する。その感動を誰かに伝えたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/09/16 15:44

Tadachika さんのブログ記事

  • 二人展の準備・野辺山高原
  • 二人展の準備・野辺山高原隔年に妻との二人展をしている。来年4月に8回目を予定している。白馬に行ってから、少し時間が経ったが、白馬スケッチ旅がテーマ。油彩作品は、12点あるが、ブログに載せた急仕上げのものばかりだ。少し手を入れなくてはいけない。他に、3月に展覧会が二つある。うち一つの事務局をやっているので、二人展の準備に時間が取れなくなる。と、いうわけで、今、旅日記を追って、順次手直ししている。野辺 [続きを読む]
  • 日展と東山魁夷展に行ってきた
  • 日展と東山魁夷展に行ってきた今日(11/14)日展に行ってきた。あまりたくさん見ると、終わりの方は、印象がいい加減になるから、いつも洋画を中心に見て、立体をサッと見てくる。日展の勢力が弱くなったのか、昨年から、会場が狭くなり、洋画では入選が100も減った。新入選がかなり難しくなった。相対的にレベルが上がった感じはしないが、何人か、私の知っている名前が消えた。私のお気に入り              [続きを読む]
  • 丹沢湖
  • 丹沢湖11/5、6と、地元美術会の一泊スケッチ会に行ってきた。先週は、ずっと良い天気が続いた。良い天気を少しとっておきたい気分だった。残念ながら、不安が的中し、雨模様の2日間だった。それでも、時折、青空が見えたりした。私好みのスケッチポイントは、ここしかなかった。先週行った大野山が右奥に見え、風のない湖面の写り込みがきれいだった。光の状態がめまぐるしく変化し、時折、画面に雨がパラついたりで、せわし [続きを読む]
  • 天空の丘と大野山
  • 天空の丘と大野山昨日、妻が「大野山にススキを描きに行こう。」という。何度も行ったし、牧場も民間委託されたので、魅力は薄くなっていた。そういえば、去年3月にオープンした県立山北つぶらの公園はどうだろう?ネット検索したら、大野山のすぐ近くだ。”天空の丘”というキャッチフレーズも良い。残念なことに月曜は休園日。246号からの入り口は、大野山と同じなので、様子だけ見に行ってきた。真新しいおおきな自然公園だ [続きを読む]
  • 海辺のまち金谷
  • 海辺のまち金谷最近は、畑に行ったり、海に行ったりで、描いていない。来月の初めに、地元美術会の一泊スケッチ会があるが、少し間がある。アップする絵がないので困った。                                            海辺の金谷(F6油彩)これは、去年のスケッチ会の時のもの。「金谷に来たのだからだから・・」、と、鋸山を入れ、縦に描いたのが間違い。思ったように描けなかった [続きを読む]
  • 小倉遊亀展に行ってきた
  • 小倉遊亀展に行ってきたこのチケットに使われている「径:こみち」を、一度、見てみたかった。この前、車で畑に行くときのこと。小学校の脇で一時停止した。その前を3台の自転車が通り過ぎた。先頭がお姉ちゃん、次にお母さん、最後に小学校1年生くらいの女の子。その女の子が遅れまいと、下を向いて、必死にペダルを踏んでいた。そして、私の前を通り過ぎるとき、こちらを向いて、ペコリと会釈した。その仕草が、とても可愛かっ [続きを読む]
  • 東田原ふれあい公園
  • 東田原ふれあい公園「お父さん、今日の予定は?」、「お弁当を食べに行きましょう。」前日は、久しぶりに片浦の磯に行ってきた。「淡麗がプレミアムになるねえ。」なんて、云いながら、ご機嫌な釣りをやってきたのだから、今日は提案を拒否できない。困った時?には、秦野の弘法山か東田原の公園に行く。途中、ヤマザキの手作りカツサンドを買うのも、いつものとおり。今日は、東田原のふれあい公園に行ってきた。野菜の直売所とソ [続きを読む]
  • いい絵になる予感
  • いい絵になる予感竜飛今別のイカ釣り船をP100に描き直したので、F100をどうするか?研究会で数分見せただけで、ボツにするには心残りだった。同じ絵が2枚あってもしょうがない。「ジェッソで消してしまうのも、なんだかなあ。」と、いうことで、ホワイト20号チューブを2本買ってきて、画面の一部を消した。西伊豆(実際は沼津)の江浦のスケッチを2枚合成し、配置してみた。海に空を映して、なんか良い感じ、いい絵に [続きを読む]
  • 秋の人物デッサン会
  • 秋の人物デッサン会9/25は、地元の湘南市民美術会の秋のデッサン会だった。                                       10分クロッキーモデルは会員の娘さん。実際の剣道経験はないらしい。一生懸命、上を向いていた。                                         10分クロッキー実際の背格好はこれくらい。少しは長い線で描けるようになった [続きを読む]
  • 研究会の収穫
  • 研究会の収穫研究会で、「もう1枚」と、云われ、急遽描き始めた100号を、9日間で描きあげ、昨日、搬入業者さんに予約を入れた。新しく描いた作品は、下半分を拡大しただけなので、いまさら評価を気にしても仕方ない。研究会で、2つの収穫があった。一つは、講評順で運良く、日展常連さんの作品と並べて見たこと。同じ題材を描いて、「何が違うのか?」、ヒントはあった。ヴァルールはどうだろうか? 手直しは5か所ある   [続きを読む]
  • 6日間描いた
  • 6日間描いた9月の不安定な空に、無線アンテナが高く延び、さいはての港の雰囲気があった。これ絵を描き終えたとき、「船舶図鑑みたいだな。」と、思った。私にとっては、雲は大事な要素だったのだが、案の定、評価は低かった。この下半分だけをもう1枚描き始めた。6日目、「めどがついた。」と、云うか、少し飽きたので、今日はしペースダウンし、眺めている。舳先を上げた分、防波堤がうまくマッチしない。これから細部を描い [続きを読む]
  • 100号をもう1枚
  • 100号をもう1枚9/9(日)は、秋の研究会だった。100号を2枚、枠から外し、丸めて筒に入れ、電車に乗り、東京に行ってきた。縦のF100は、「目が、空に行ってしまう。何が書きたいのか?」そう云われるのは、ある程度予測していた。P100は、自分では、多少絵になったと思っていた。「描いたものが全部、中途で切れている。」「ちゃんと描いているのは車だけだ。絵として破綻している。」2枚とも構図の問題だから [続きを読む]
  • 新記録
  • 新記録湘南市民美術展が終わりました。過去の入場者は、平均1000人ほどでしたが、今回は、3000人を超えました。同時開催の平塚美術館の企画展のおかげ、、というか。影響というか・・。今までになく活気がありました。駐車場の大渋滞で、せっかく、当会を目当てに来てくれた方が、入場できず帰ってしまったことがあり、良いことばかりでも無かったようです。搬出作業まえに、入場者数を発表したとき、拍手があがりました。 [続きを読む]
  • 美術館に行こう
  • 美術館に行こう今日から第33回湘南市民美術展が始まった。搬入を10:30に締め切り。即、展示作業、13:00にオープン。これでも若手、脚立の上り下りで、大汗をかいた。半日で300人ほどの入場者があり、大盛況。平塚美術館企画展の”金魚の立体絵画”が大人気なのだ。チケット購入者の大行列、駐車待ちの大渋滞、今まで見たことがない。その流れで、当美術展の会場にも入場者が多かった。「会場風景を撮って良いか?」 [続きを読む]
  • 第33回 湘南市民美術展のご案内
  • 第33回 湘南市民美術展のご案内地元美術展のご案内です。私は、この会の運営に関わっています。家から近いので、車の屋上にキャリーを付け、100号を運びます。毎年、台風が気になりますが、今年は大丈夫そうです。20〜100号の作品が、80点ほど出品されます。ご来場をお待ちしております。当日受付ですので、出品して頂けたら、もっとうれしいです。(出品要項はHPで https://shonanshimin.jimdo.com/)ブログ村油彩 [続きを読む]
  • あと少し
  • あと少しもう1枚の100号が、あと少しまでのところに来た。もともと長距離タイプだから、ダッシュが効かない。時間に追われ、何かするのも、性分にあわない。かといって、ボチボチ描くのは楽しくない。絵はサッと描きたい。竜飛今別のイカ釣り船2 (F100 油彩 部分)100号は大きい。船体と海は刷毛で描いたのに、かなりリアルだ。もう少し、タッチが見えるようにしたいのだが・・。これもイカ釣り船。集魚ランプをど [続きを読む]
  • ようやく1枚
  • ようやく1枚午後の2時間、半月くらい描いた。100号は、一気に描くには面積がある。「この部分まで描いたら、今日はおしまい。」と、云う感じだった。竜飛今別のイカ釣り船(F100油彩 部分)描くというより、少し作業っぽくなったが、ようやく1枚、めどがついた。暑くて、気力が続かない。少しお休みし、気合い入れ直し、あと1枚。ブログ村油彩画リンクhttps://art.blogmura.com/oil/ [続きを読む]
  • 午後の日課
  • 午後の日課昔、届いた暑中見舞いに ”云うまいと おもえど夏の 暑さかな” と、あった。差出人・本人の句ではない。それが正しいのか、誰の句なのか知らない。その頃の最高気温は、32.3℃程度だった。昨今の40℃は、尋常ではない。つい「暑い!」と口に出る。クーラーなしでは、生き残れない。1番トマトのピークでと2番スイカの受粉で、菜園に行くのが午前中の日課だった。体力を過信してはいけない。2時間ほどで帰っ [続きを読む]
  • 河内川6月
  • 河内川6月アジサイを育て、河内川をきれいにしたボランティアの会長が、その風景を描いてくれということで、この絵を描いた。この絵の中の建物が旭北公民館。そこに飾ってくれるらしい。河内川6月 F20 油彩描いた絵を誰にも見せずに、あげてしまうのも、ちょっと寂しい。8月に地元美術会展がある。100号を1点のつもりだったが、プラスこれも出すことにした。最終日に見に来てもらって、搬出の時にあげようと想う。ブロ [続きを読む]
  • あまい!
  • あまい!今朝起きると、プリンスメロンの甘い香りが、二階まで漂ってきた。2日前、一度に5個もネットの中に自然落下した。それを追熟させていた。さらに今朝は、8個も落ちていた。こんなにたくさん食べきれない。子供や友達に配る前に、味見をしなくては・・。去年は甘くなかった。おそるおそる・・。「あまい!、充分だ。」高畝で乾燥ぎみに育て、しかも、昨年より20日ほどほど早く収穫したのが良かった。今年はうまくいった [続きを読む]
  • 蒸し暑い再戦
  • 蒸し暑い再戦素人に、モモシンクイガの被害を防げない。「半分収穫できればいいか。」と考え、例年より倍の実を成らせた。半分が残って、ようやく収穫の時期になった。                                                 早生種の白鳳喜びはつかの間・・。住宅地の道路際だし、年に一つ二つの被害だから、人間の仕業だと思っていた。ここ2日で5コ目、かなりエスカレートしてき [続きを読む]
  • 青いガクアジサイ
  • 青いガクアジサイ”河内川のアジサイ”を、20号で描き始めてた。雰囲気だけなら、8号ぐらいが描きやすいのだが、「アジサイを描いてくれ。」と、頼まれたのだから、花を描かないわけにはいかない。2日目、全体に色が埋まった。近景には、私の好みで、青いガクアジサイを描くことにした。補間スケッチを2枚描いた。後は、どれくらい簡略化できるかがポイント。ブログ村油彩画リンクhttps://art.blogmura.com/oil/ [続きを読む]
  • その後のプリンスメロン
  • その後のプリンスメロン何年か試行錯誤し、ようやく昨年は実らす事ができた。しかし、残念なことに、甘くなかった。今年は、甘いメロンを目指している。そのために、一つ目の目標は、暑くなる前に収穫すること。5月の連休明け頃に受粉させ、20個ほどが実っった。だいぶ重そうになってきたので、今日、ネットで吊った。去年のブロクを確認すると、3週間ほど早い。とりあえず、真夏前には収穫出来そう。二つ目は ”水分控えめ” [続きを読む]
  • 河内川のアジサイ
  • 河内川のアジサイいくつか、平塚の西境を流れてきた川が合流し、相模湾の注ぐ。その下流域の数?は花水川になる。花水という”字”はきれいだが、”音”がいまいちなのが少し残念。河内川は、その花水川に最下流で合流する小さな川だ。近くの里山から流れ出て、住宅地を通る。数年前までは、だいぶ汚れていた。最近は、地元の方の努力で、きれいになった。川を清掃し、数?に亘って、土手にアジサイを植え、今では平塚の名所である [続きを読む]
  • 第32回日洋展(野寒布恵山泊)
  • 第32回日洋展(野寒布恵山泊)この作品は2年ほど前、無審査の美術展に出した。日洋展に出す前に、広い会場で、どのように見えるか確かめてみたかったのだ。その時の印象から、ほぼ9割方修正した。この作品には思い入れがあった。野寒布恵山泊 (P100油彩)修正後の写真がなかったので、昨日、会場当番の時、良い照明の中で撮ってきた。日洋展での印象は、「いつもとおんなじ。」また同じようなので、次回作は途中で止まっ [続きを読む]