猟師・毛鉤職人 さん プロフィール

  •  
猟師・毛鉤職人さん: しがない猟師・毛鉤職人の日常
ハンドル名猟師・毛鉤職人 さん
ブログタイトルしがない猟師・毛鉤職人の日常
ブログURLhttp://hiroyukimaki.blog.fc2.com/
サイト紹介文狩猟の獲物をなめし、フライフィッシングの毛鉤を巻いて生活する猟師・毛鉤職人のブログです。
自由文フライフィッシングとハンティングを通じて、自然と隣り合わせの生活を送っています。釣りや狩猟を通して命と向き合いながら、毛鉤を巻いたり獲物をなめしたりする毛鉤職人の日常をつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2013/09/18 13:45

猟師・毛鉤職人 さんのブログ記事

  • 【 とうとうやってしまった 】
  • まさか自分が体験することになるなんて。話では聞いていましたが、紙一重の危ない出来事がありました。先日、発見した農地横のヌタ場に仕掛けた罠に、イノシシが掛かりました。それも丸々と太ったメスの大きなイノシシで80kgはゆうに超えている。斜面かつ重量級なので、迂回して上側から接近。証拠写真を撮影して止め刺し処理に入ろうとした時でした。道具を手にして振り返ると、なんと足元にイノシシが!罠で動きを制限される範 [続きを読む]
  • 【 大猪 】
  • 町内のとあるほ場地区は、獣の侵入経路が1箇所だけ。入った獣は、このほ場地区から広がっていく。なので通称「渡り」と呼ばれる侵入口にある獣道を徹底マーク。そしてくくり罠を設置して3日後のこと。とんでもない大猪が掛かりました。キバが飛び出たオスのイノシシで、ほぼ100kgに達する個体。栄養状態がよくて、脂身がすごいことになっていました。この周辺で長年、捕獲されなかった大型個体かもしれません。● フライフィッ [続きを読む]
  • 【 またもや早期嘴打ち 】
  • クジャクのこまちゃんが1羽じゃ寂しいだろうと、追加した卵を孵卵機で転卵させること25日。今日が転卵を中止する日だったので、午後に機械を覗くとなにやら違和感。気のせいか室内からは、ピヨピヨと泣き声がするんです。それも複数。おかしいなと思いつつ、卵を見てみると・・・・。なんと2個の卵にヒビが入ってるじゃありませんか!なんと第一陣で生まれたコマちゃん同様、予定よりも3日も早い嘴打ち。それも2羽ですから、そ [続きを読む]
  • 【 クジャクの雛は甘えん坊 】
  • クジャクの雛が孵化して3日目。ちょっと心配でしたが、今はピィピィ鳴いて甘えまくります。長い時間、育すう部屋から出せませんが、時折、かまってやります。まだ一匹なので、寂しくて仕方が無いんでしょうね。餌は自家栽培の小松菜や葉大根を中心に与えています。煮干やトウモロコシを細かくしたものは、補助食品として控えめ。ブロイラーみたいに短期勝負ってわけじゃないので、餌は自然なものを中心。葉大根が大好きみたいで、 [続きを読む]
  • 【 クジャクがフライング孵化!? 】
  • 孵化予定日まで3日になったクジャクの卵。そろそろ転卵を中止し、孵化へのカウントダウンが始まります。卵を刺激しないように、ゆっくりと転卵装置を解除。すると卵の中からピィピィと鳴き声が!これは順調に育って、雛が孵化の準備万全ってこと?ウキウキして中々寝れませんでしたが、翌朝のことでした。卵が割れて!いや、雛が嘴打ちを始めてる!予定では22日の孵化なんですケド。ここから出てくるまでが長いって聞いたので、明 [続きを読む]
  • 【 物置を鶏小屋に改装 】
  • 先日、鶏小屋の若オスが、親玉に下克上、あっけなく返り討ちにあいました。若気のなんちゃらってやつでしょうか、それでも向かっていく血の気の多さ。たいした怪我はしてないものの、ちょっとした流血騒ぎになりました。そこで若いオスは治療ついでに、飼育ゲージに隔離。キズが回復する前に、使っていない物置小屋を鶏小屋に改装することに。建物自体はしっかりしているので、建物内のベニヤを剥がすだけ。あとは出入り扉を作り直 [続きを読む]
  • 【 鴨の無双網猟を撮影成功? 】
  • 猟期終盤に無双網猟の撮影を試みました。光量が足りずに失敗ばかりでしたが、知り合いに協力要請。高感度最大のムービーモードで撮影したところ。かろうじて見えるかな?という感じで撮影は出来ました。さらに編集で明るさを上げているので、画質は荒くなっております。飛来から捕獲まで一部始終をアップしてみます。猟期終盤かつ散々被せた後なので、飛来数はかなり少ないです。反省を活かし、来季は迫力のある映像撮影に挑戦です [続きを読む]
  • 【 久々のイノシシ 】
  • 町境の川を渡って、自宅の周辺地区に侵入したのを確認したのが一昨日。イノシシの足跡が川沿いの林道を横切り、畑に隣接する杉林へ伸びていました。もともとイノシシの生息が確認されていなかった地区。それが3年ほど前から、急に被害が出始めました。今朝、付近の獣道に仕掛けた罠に、50kgほどのオスが掛かっていました。発情明けで痩せていますが、獲ることが一番の目的。脂のってればなぁなんて思ったりもしますが、捕獲できて [続きを読む]
  • 【 キンリョウヘンの花芽 】
  • 新燃岳は相変わらず火山活動が活発で、油断できない状況です。ですが自然はたくましく、草木は春の陽射しを浴びて芽吹きの季節に。殺風景だった風景に、少しづつ青々とした色が増えてきました。虫の姿も大分増えてきましたね。キンリョウヘンも花芽が急成長を始めました。いまのところ一番早いものは、7〜8cm程度まで伸びています。冬の温度管理がいまいちだったせいか、分蜂初期の開花は間に合わなさそう。今年は養蜂に手が回 [続きを読む]
  • 【 新燃岳が7年ぶりに爆発的噴火 】
  • 先日から新燃岳が小規模噴火を繰り返していました。降灰があって、あちこち灰にまみれたりと大変。農作物への降灰は、けっこうな被害金額が生じます。農畜産家の方達にとっては死活問題。なんとか終息してくれればと思っていました。ところが3/06の午後2時すぎでした。7年ぶりに爆発的噴火してしまいました。ニュース番組の映像では、火口からマグマの姿が。マグマ噴火へと移行した様子です。そして夕方、ふと新燃岳の方をみると、 [続きを読む]
  • 【 鴨の羽ぬき作業 】
  • いつも鴨の解体は、まず丁寧にコツコツと羽むしり。でも網猟で大量に捕獲すると、時間がかかり過ぎてしまいます。南宮崎の山間部といえど、さすがに数日も吊るすわけにいかず。ですので血抜きと腸抜きは捕獲当日に行い、翌朝から解体することがほとんど。網猟は夕暮れ時の捕獲ですので、20羽近く捕獲すれば腸抜き処理までで精一杯。僕の場合は必要な羽を採ってからの処理ですので、なおさら時間を要します。そこで手っ取り早く、 [続きを読む]
  • 【 今季最後の鴨網猟 】
  • 2月15日は一般猟期の最終日。結局、最後の鴨網猟に行ってきました。今日は獲れなくてもいいやと、動画撮影の挑戦しようと。網引き場にカメラを設置し、望遠レンズで網場を撮影してみよう。飛来から捕獲まで撮影できたら面白いだろうなと思ったんです。明るいうちにと飛来予定時刻の15分前に準備開始。ところが上空から鴨の飛行音が!杉林に入った瞬間だったので、姿を見られなかったのは幸運。下手に動いて察知されたら勿体ない [続きを読む]
  • 【 鴨無双網2連戦 】
  • 一般猟期の最終日、天気予報が微妙な感じ。なので昨晩は、2箇所で無双網を引くことに決定。鴨無双網の2連戦です。一箇所目は小群が毎晩降りて餌に着いた場所。本当は本命場所で獲った後、こちらに大群が移動すると予想していたところです。小群を狙ったとしても、本命場所の大群が来る可能性は大。二箇所目は大本命の網場で、大群が居着いている場所です。20kgほどの米を撒くのですが、一晩で綺麗に食べきっていくほどです。マガモ [続きを読む]
  • 【 雨なのでキジを狙撃しに 】
  • 寒さが和らいだものの、朝から雨模様。こんな日は、あちこちの田んぼや畑を巡回です。普段は朝に活動するキジは、雨の日には一日中、徘徊することが多い。もうすこし土砂降りだと、カモが田んぼに降りるんですけどね。今日はそこまで雨が強くないので、キジ狙いです。遭遇率はほぼ100%ではないでしょうかね。今日も田んぼで、餌に夢中になるキジに遭遇しました。ゆっくりと近づいて、50mほどから狙撃。ヘッドショットで一撃でし [続きを読む]
  • 【 寒い日は鴨南蛮 】
  • 南宮崎の山間部は、普通に寒いです。南国と思って移住して来たときは、あまりの寒さに驚きました。田んぼとか普通にガッチガチに凍るし。今朝も鴨の餌場を見に行ったら、思いっきり凍ってました。幸い、日当りのいい場所なので、夕暮れには融けておりますが。氷の下の水は濁っていたので、相変わらず通っている様子。そろそろ4引き目の網猟のタイミングが近そうです。さて寒い日は網猟で捕獲した天然真鴨を使った南蛮で温まりまし [続きを読む]
  • 【 チャボの雛が孵化 】
  • 我が家のチャボと鴨に餌をあげていたら、どこからともなくピヨピヨと声が。一羽だけ卵を抱いていたのは知っていたので、もしかして孵ったかなと。白菜の外葉をちぎって撒くと、親鳥が巣箱から出てきました。脅かさないようにそっと巣箱を覗くと・・・。いつのまにか孵化していました。黒い親から生まれたので、羽色は黒で顔とお尻は白。くちばしの根元が黄色なので、ミニチュアのペンギンみたいです。まだ巣箱から降りれないので、 [続きを読む]
  • 【 無双網で捕獲した野生の真鴨 】
  • 無双網で鳥を狙う際、他の猟法と違って獲物は生捕りが可能です。なにより確実な止め処理が出来るので、食材としては最も的確な処理ができる。網猟で捕獲されたマガモは、料亭などに高値で卸されたりしています。狩猟の獲物は、自分で養うこともできます。以前から囮のマガモがほしかったので、先日の網猟で数羽を生捕りしました。人に慣れるのには時間が掛かるので、捕獲した鴨の出番は来猟期でしょう。生捕りするマガモは、捕獲時 [続きを読む]
  • 【 田んぼで鴨網猟 】
  • 先日に撒いた米が見事なまでに完食されていた鴨の餌場。餌の量を増やしましたが食べ残しが無く、かなりの群れが来ている様子。そこで早速、今日の午前中に無双網を設置してきました。警戒しないで米を食べれば、捕獲開始です。今回、設置したのは長さが9mで、高さは3.6mという大きさ。手竹は1.8mなので、9m×1.5mの範囲の鴨が標的といったところでしょうか。水が大分減っていたので、餌撒きは夕方行うことに。今撒くとキジ [続きを読む]
  • 【 鴨の餌場に米撒き 】
  • 先日に無双網で豊猟だった翌日から、鴨が全然、降りてこなくなりました。どうも網を警戒しているらしく、着水寸前ですぐに上昇。そのまま他の場所へと飛び去っていきます。それも長くは続かず、ここ数日は降りようともしなくなりました。やはり警戒されてしまい、餌場を変えてしまったようです。そこで別の餌場を探しに、少し離れた田んぼをウロウロ。夕暮れ時に鴨が飛んで行った方面へと向かいました。そしたらビンゴ!ありました [続きを読む]
  • 【 水のある場所 】
  • 無双網の設置場所の選定では、水のある場所がいいですね。地元では鴨が降りるのは、どうも水が残っている田んぼがほとんどです。気をつけたいのが、日当りがよろしいということです。日当たりが悪い場所では凍結すると、中々、溶けてくれない。もう網もガチガチに凍って、せっかく鴨が来ても作動できないなんて事態に。ですので日中に氷が溶ける場所を選ぶというワケです。川とちがって、鴨が歩くとピチャピチャ音がする程度の水で [続きを読む]
  • 【 田んぼで羽探し 】
  • 田んぼでの無双網を使った鴨網猟は、わな猟のようにまずは場所選びから。鴨は夕暮れを過ぎると川や池から飛び立ち、餌を求めて田んぼに降ります。稲刈りが終わった田んぼには落ち穂があるので、これを目当てに鴨がやってきます。ところが田んぼならどこでもいいというわけじゃないんですね。鴨は一度降りて餌があると知ると、何度も降りてくることがほとんどのようです。そこで網を仕掛ける前に、鴨の痕跡を探すことから始めます。 [続きを読む]
  • 【 無双網でマガモが豊猟? 】
  • 先日、設置した無双網ですが、驚くことに当日には奥まで入りました。翌朝に見回ったら、きれいに撒き餌が食べられていると言う具合。運よく警戒させることなく、無双網を設置することが出来た様子でした。そこで、今日の夕方から現場に張り込んで、捕獲を試みることに。いよいよ本番、準備して薄暗くなると聞き覚えのある音が。上空からキシキシというような鴨が飛ぶときの音が響いてきました。みあげると薄暗い空に、たくさんの鴨 [続きを読む]
  • 【 無双網の設置 】
  • 田んぼに撒いた餌が、連日、完食されるので無双網を設置。餌場として認識しているので、降りてくるのは間違いないでしょう。畦は土が盛られているので、角度をつけて設置可能。網が被りきる時間が短縮できるので、捕獲率も上がると思います。あとは網を警戒せずに、奥に撒いた餌を食べてくれるかどうか。奥まで入るのが確認できたら、いよいよ網引きです。● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル H.M Favorit [続きを読む]
  • 【 鳥獣侵入防止網 】
  • シカやイノシシの侵入を防ぐために、山林に金網を張っている地区も多い。ただメンテナンスを行わないと、効果はどんどん薄れていってしまう。台風などで古木が倒れ金網が破れたり、獣が穴を空けて侵入口を作ることも。なので定期的に巡回し、破損箇所を修理する必要があります。タヌキやアナグマなどが穴を開け、イノシシがその穴をより広げる。そしてシカが通行し始めるといった具合。これを逆手にとって、罠での捕獲効率をあげる [続きを読む]
  • 【 田んぼに鴨が降りている 】
  • 地元の農家さんの田んぼに、夕方になると鴨が降りてくるとの情報。網を設置して獲ってもいいよとのことだったので、まずは餌付けを開始。田んぼの脇には湧水があって、常時、田んぼに水が張られている状態。川から50mだし、まさに鴨が餌場として選ぶ条件が勢ぞろい。頂いた飼料米を撒いたら、即日、完食してくれました。米を撒きなおしていたら、あちこちに鴨の羽が。どうやら相当な数が飛来しているっぽい。羽からマガモである [続きを読む]