猟師・毛鉤職人 さん プロフィール

  •  
猟師・毛鉤職人さん: しがない猟師・毛鉤職人の日常
ハンドル名猟師・毛鉤職人 さん
ブログタイトルしがない猟師・毛鉤職人の日常
ブログURLhttp://hiroyukimaki.blog.fc2.com/
サイト紹介文狩猟の獲物をなめし、フライフィッシングの毛鉤を巻いて生活する猟師・毛鉤職人のブログです。
自由文フライフィッシングとハンティングを通じて、自然と隣り合わせの生活を送っています。釣りや狩猟を通して命と向き合いながら、毛鉤を巻いたり獲物をなめしたりする毛鉤職人の日常をつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/09/18 13:45

猟師・毛鉤職人 さんのブログ記事

  • 【 鴨の無双網猟を撮影 】
  • 鴨の無双網猟を撮影してみました。実際は真っ暗で何も見えない状況ですが、明るさ補正最大で撮影。今回は捕獲後の処理を考えて小群狙いにしました。● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル H.M Favorite Flies 国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。 国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。フライフィシイング用完成品フライのことならお任せください [続きを読む]
  • 【 イノシシ2頭 】
  • 猟期中に通う町外の猟場で、イノシシの渡りに罠を再設置。急に寒くなったせいか、あちこちで新しいイノシシの足跡が。町内に戻る途中、農家さんから連絡がありました。「イノシシが通ったみたい。えらい掘り返してるよ。」現場に直行すると、こちらも新しい痕跡が。少し離れた場所にあった罠を移設して狙ってみることに。それから網場にクズ米を散布。綺麗に食べていたのでカモがまた着いた様子。近日中に勝負かけようかな。そして [続きを読む]
  • 【 網猟場にカモ再び 】
  • 先日、無双網猟を行った田んぼには、翌晩もカモが飛来していました。ただ捕獲後なので警戒し、網場周辺には2〜3日は近寄ってきませんでした。広範囲にクズ米を散布し、餌場であることは覚えさせられていた様子。今朝、罠の見回りついでに見てみたら、網場へ入り始めていました。網を被せる範囲の水が濁っており、撒いた米もなくなっております。餌が豊富にあることは覚えているはず。今日からは網場だけに散布を集中して、カモを [続きを読む]
  • 【 今季最初の鴨網猟 】
  • 鴨の群れが田んぼに通い始めたのが解禁二日後。そこから毎日、コツコツとクズ米を撒き続けてきました。数日前、夕方に離れた場所から飛来数を確認してきました。薄暗くなると川のある方向から、次々と鴨の群れがやってきました。その数、真冬の最盛期並みといったところ。おそらく200羽近くの鴨が飛んで来たかと。翌朝、降り立った田んぼは、ご覧の通りの状態。鴨が泥ごと米を啄ばむので、ドロドロになっています。本当は水のな [続きを読む]
  • 【 アオサギの食害 】
  • 地元の養鱒場では、一年を通してサギ類の被害が生じています。養殖池は防鳥網で覆われていますが、隙間を見つけて侵入することが。中には網目から長い首を突っ込んで、魚を捕食するヤツもいます。加害するのは主にアオサギで、時折、シロサギ類(ダイサギ)といったところ。ゴイサギ以外のサギ類は、非狩猟鳥獣となっています。ですので、行政にサギ類の特別捕獲許可を発行してもらい、対策にあたっています。ノドが異様に膨らんだ [続きを読む]
  • 【 形見のフクロナガサに出番が 】
  • 先日、磨き上げて復活させた、師匠の形見のフクロナガサ。こんなに早く出番が回ってくるなんて、思ってもいませんでした。朝の見回りで一番最初に回ったくくり罠。見た瞬間にデカイ猪が掛かったと分かる掘り返しでした。足の掛かり具合と、イノシシとの距離をしっかりと把握。イノシシとゆっくり対峙し、動きが止まった瞬間に一刺し。刃の幅があるので、一発で止めさせました。傷口からの出血は、今までの剣鉈よりも量が多いです。 [続きを読む]
  • 【 無双網の猟場に鴨の群れが 】
  • 最近は地元のイノシシ対策で忙しく、今季の鴨撃ちはおあずけ状態。11月に入って犬猟で追われたのか、急に猪の気配が濃くなりました。他地区からの流入のようで、通り道が定まっておらず苦戦が続いています。そんな中、農家さんから今年もイタリアンをやられたと一報が。地元地区の多くの田んぼでは、稲の裏作でイタリアンを育てています。畜産家が多いので、餌となる牧草も自家栽培する圃場がほとんどです。冬に入る頃、水が溜ま [続きを読む]
  • 【 フクロナガサを磨きなおす 】
  • 故・師匠の奥さんが、倉庫から出てきたから使ってと手渡されたもの。それは師匠が生前使っていた狩猟刀でした。受け取ってビックリ、なんとフクロナガサでした。眠っていたため錆びが出て、刃先もこぼれたままなので磨きなおすことに。グラインダーで粒度を変えながら磨き、最後は白棒、青棒で磨き上げ。新品同様とはいきませんけど、輝きを取り戻しました。こぼれていた刃も、砥石で必死に刃を付け直し。コピー用紙がスルリと切れ [続きを読む]
  • 【 旦那の本気罠猟! 】
  • 初獲物に良猪を捕獲した嫁さんに散々見下された哀れな旦那です。もう寝るまでイビラレマシタヨ・・・・・まぁ見ていやがれよってことで、今日も山歩きです。5日前から罠の見回りで歩く道を、イノシシが通り始めていました。人が歩いた後なのに、平然と毎日通る図太さ。こりゃ獲れるんじゃねぇ?って罠を掛けておりました。山神様は見捨てておりませんでした。嫁を黙らす渾身のイノシシがそこにいました。が・・・・。くくったのは [続きを読む]
  • 【 初獲物がイノシシって!? 】
  • 嫁さんが罠を仕掛けてから2週間、未だ捕獲はありません。一度だけシカが罠を跨いでいたのと、何かに弾かれただけ。そろそろシカが掛かってもおかしくないのですけどね。肝心の僕も、シカ捕獲以降は音沙汰なし。台風の影響で荒れた林内は、本当に大きく変化してしまってます。そんなかんだで今朝も見回り。すると嫁さんの仕掛けた場所で、木が不自然に揺れました。やっとシカが掛かったかと覗き込むと、なんか丸っこい。は?え?イ [続きを読む]
  • 【 クジジャクと七面鳥は元気一杯 】
  • 孵化した時は状態が悪く、諦めかけていたクジャクのコマちゃん。あれからスクスクと成長して、気がついたらヘソの緒らしきものも消滅。小屋の前を通れば「おやつよこせ!」と言わんばかりに寄って来ます。とにかく食欲旺盛で、毎日もりもりと餌を食べています。手のひらに乗っかる位小さかったのに、今じゃ抱くと重たいの何の。腹部の羽が白っぽいままなので、恐らく女の子で間違いないでしょう。首もとのアタリの羽も輝きだして、 [続きを読む]
  • 【 罠の設置箇所の選定 】
  • くくり罠猟では獣の通る道を見極め、そこに罠を設置します。獣が罠を踏み込むと発動し、バネの力でくくり輪が絞まる仕組み。足をしっかりとくくらないと逃げられるので、確実に足を着く場所に仕掛けます。慣れてくるとシカだけ通る道や、イノシシしか通らない道が分かってくる。そんなワケないって以前は思っていましたが、何とか分かるようになりました。広大な森から、足を着く場所を見極める。大変そうに思いますけど、結構、あ [続きを読む]
  • 【 孔雀3姉妹弟 】
  • トウガラシの収穫真っ盛り。我が家では株ごとひっこぬいて乾燥させます。ですので風通しをよくするため、葉をむしります。その葉の始末をしてくれる優秀なスタッフが。クジャクの雛たち。左がグレ、中央がチャコ、右が一ヶ月年上のコマちゃん。ビタミン豊富な葉をむしゃむしゃ食べつくしてくれます。無農薬なんで安心。カメムシも着いてるので、そちらの処理も。ちなみにグレちゃんがオス、他2羽はメスっぽいです。腹部の羽が、白 [続きを読む]
  • 【 とうとうやってしまった 】
  • まさか自分が体験することになるなんて。話では聞いていましたが、紙一重の危ない出来事がありました。先日、発見した農地横のヌタ場に仕掛けた罠に、イノシシが掛かりました。それも丸々と太ったメスの大きなイノシシで80kgはゆうに超えている。斜面かつ重量級なので、迂回して上側から接近。証拠写真を撮影して止め刺し処理に入ろうとした時でした。道具を手にして振り返ると、なんと足元にイノシシが!罠で動きを制限される範 [続きを読む]
  • 【 大猪 】
  • 町内のとあるほ場地区は、獣の侵入経路が1箇所だけ。入った獣は、このほ場地区から広がっていく。なので通称「渡り」と呼ばれる侵入口にある獣道を徹底マーク。そしてくくり罠を設置して3日後のこと。とんでもない大猪が掛かりました。キバが飛び出たオスのイノシシで、ほぼ100kgに達する個体。栄養状態がよくて、脂身がすごいことになっていました。この周辺で長年、捕獲されなかった大型個体かもしれません。● フライフィッ [続きを読む]
  • 【 またもや早期嘴打ち 】
  • クジャクのこまちゃんが1羽じゃ寂しいだろうと、追加した卵を孵卵機で転卵させること25日。今日が転卵を中止する日だったので、午後に機械を覗くとなにやら違和感。気のせいか室内からは、ピヨピヨと泣き声がするんです。それも複数。おかしいなと思いつつ、卵を見てみると・・・・。なんと2個の卵にヒビが入ってるじゃありませんか!なんと第一陣で生まれたコマちゃん同様、予定よりも3日も早い嘴打ち。それも2羽ですから、そ [続きを読む]
  • 【 クジャクの雛は甘えん坊 】
  • クジャクの雛が孵化して3日目。ちょっと心配でしたが、今はピィピィ鳴いて甘えまくります。長い時間、育すう部屋から出せませんが、時折、かまってやります。まだ一匹なので、寂しくて仕方が無いんでしょうね。餌は自家栽培の小松菜や葉大根を中心に与えています。煮干やトウモロコシを細かくしたものは、補助食品として控えめ。ブロイラーみたいに短期勝負ってわけじゃないので、餌は自然なものを中心。葉大根が大好きみたいで、 [続きを読む]
  • 【 クジャクがフライング孵化!? 】
  • 孵化予定日まで3日になったクジャクの卵。そろそろ転卵を中止し、孵化へのカウントダウンが始まります。卵を刺激しないように、ゆっくりと転卵装置を解除。すると卵の中からピィピィと鳴き声が!これは順調に育って、雛が孵化の準備万全ってこと?ウキウキして中々寝れませんでしたが、翌朝のことでした。卵が割れて!いや、雛が嘴打ちを始めてる!予定では22日の孵化なんですケド。ここから出てくるまでが長いって聞いたので、明 [続きを読む]
  • 【 物置を鶏小屋に改装 】
  • 先日、鶏小屋の若オスが、親玉に下克上、あっけなく返り討ちにあいました。若気のなんちゃらってやつでしょうか、それでも向かっていく血の気の多さ。たいした怪我はしてないものの、ちょっとした流血騒ぎになりました。そこで若いオスは治療ついでに、飼育ゲージに隔離。キズが回復する前に、使っていない物置小屋を鶏小屋に改装することに。建物自体はしっかりしているので、建物内のベニヤを剥がすだけ。あとは出入り扉を作り直 [続きを読む]
  • 【 鴨の無双網猟を撮影成功? 】
  • 猟期終盤に無双網猟の撮影を試みました。光量が足りずに失敗ばかりでしたが、知り合いに協力要請。高感度最大のムービーモードで撮影したところ。かろうじて見えるかな?という感じで撮影は出来ました。さらに編集で明るさを上げているので、画質は荒くなっております。飛来から捕獲まで一部始終をアップしてみます。猟期終盤かつ散々被せた後なので、飛来数はかなり少ないです。反省を活かし、来季は迫力のある映像撮影に挑戦です [続きを読む]
  • 【 久々のイノシシ 】
  • 町境の川を渡って、自宅の周辺地区に侵入したのを確認したのが一昨日。イノシシの足跡が川沿いの林道を横切り、畑に隣接する杉林へ伸びていました。もともとイノシシの生息が確認されていなかった地区。それが3年ほど前から、急に被害が出始めました。今朝、付近の獣道に仕掛けた罠に、50kgほどのオスが掛かっていました。発情明けで痩せていますが、獲ることが一番の目的。脂のってればなぁなんて思ったりもしますが、捕獲できて [続きを読む]
  • 【 キンリョウヘンの花芽 】
  • 新燃岳は相変わらず火山活動が活発で、油断できない状況です。ですが自然はたくましく、草木は春の陽射しを浴びて芽吹きの季節に。殺風景だった風景に、少しづつ青々とした色が増えてきました。虫の姿も大分増えてきましたね。キンリョウヘンも花芽が急成長を始めました。いまのところ一番早いものは、7〜8cm程度まで伸びています。冬の温度管理がいまいちだったせいか、分蜂初期の開花は間に合わなさそう。今年は養蜂に手が回 [続きを読む]
  • 【 新燃岳が7年ぶりに爆発的噴火 】
  • 先日から新燃岳が小規模噴火を繰り返していました。降灰があって、あちこち灰にまみれたりと大変。農作物への降灰は、けっこうな被害金額が生じます。農畜産家の方達にとっては死活問題。なんとか終息してくれればと思っていました。ところが3/06の午後2時すぎでした。7年ぶりに爆発的噴火してしまいました。ニュース番組の映像では、火口からマグマの姿が。マグマ噴火へと移行した様子です。そして夕方、ふと新燃岳の方をみると、 [続きを読む]
  • 【 鴨の羽ぬき作業 】
  • いつも鴨の解体は、まず丁寧にコツコツと羽むしり。でも網猟で大量に捕獲すると、時間がかかり過ぎてしまいます。南宮崎の山間部といえど、さすがに数日も吊るすわけにいかず。ですので血抜きと腸抜きは捕獲当日に行い、翌朝から解体することがほとんど。網猟は夕暮れ時の捕獲ですので、20羽近く捕獲すれば腸抜き処理までで精一杯。僕の場合は必要な羽を採ってからの処理ですので、なおさら時間を要します。そこで手っ取り早く、 [続きを読む]
  • 【 今季最後の鴨網猟 】
  • 2月15日は一般猟期の最終日。結局、最後の鴨網猟に行ってきました。今日は獲れなくてもいいやと、動画撮影の挑戦しようと。網引き場にカメラを設置し、望遠レンズで網場を撮影してみよう。飛来から捕獲まで撮影できたら面白いだろうなと思ったんです。明るいうちにと飛来予定時刻の15分前に準備開始。ところが上空から鴨の飛行音が!杉林に入った瞬間だったので、姿を見られなかったのは幸運。下手に動いて察知されたら勿体ない [続きを読む]