猟師・毛鉤職人 さん プロフィール

  •  
猟師・毛鉤職人さん: しがない猟師・毛鉤職人の日常
ハンドル名猟師・毛鉤職人 さん
ブログタイトルしがない猟師・毛鉤職人の日常
ブログURLhttp://hiroyukimaki.blog.fc2.com/
サイト紹介文狩猟の獲物をなめし、フライフィッシングの毛鉤を巻いて生活する猟師・毛鉤職人のブログです。
自由文フライフィッシングとハンティングを通じて、自然と隣り合わせの生活を送っています。釣りや狩猟を通して命と向き合いながら、毛鉤を巻いたり獲物をなめしたりする毛鉤職人の日常をつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2013/09/18 13:45

猟師・毛鉤職人 さんのブログ記事

  • 【 シカの成獣と幼獣の区別 】
  • シカの成獣と幼獣の区別は、大きさなんかで判別することがあります。でも成獣と思った個体でも、実際は幼獣だったなんてことが。より確実に判別するには、下あごの前歯を観察します。下あごの中央に大きな歯があり、その横から3本の歯が生えています。この3本の歯の形状で、成獣か幼獣かを判別します。これは成獣の永久歯。歯の先端が平らだったり、なめらかな形状をしています。また歯石や汚れが付着しているので、分かりやすい [続きを読む]
  • 【 野池は不調 】
  • 今日は野池で鴨撃ち。散弾銃を持って、我が家の食材確保です。仕事というより、趣味としての狩猟。ところがお目当ての野池はお留守状態。いくつか野池を周るも、鴨の姿が全然見当たらず。猟期はじまって一週間は経っているので、他の猟師さんが入ったのかな?そんなかんだで、ようやくマガモ発見するも小規模の群れ。とにかく一羽でもと、射撃位置までしのび足。弾を込める音で飛び立たせ、アオクビ狙って射撃。トラップ射撃のごと [続きを読む]
  • 【 メスのイノシシ掛かる 】
  • 地元地区の山が、ちょっと騒がしくなってきました。罠場付近に痕跡が出始め、またイノシシが動き始めた様子。ちなみに私事ながら、今日は結婚記念日。妻の亡くなったお父さんの誕生日でもあります。なんだって、いつも思い入れのある日にいい獲物にめぐり合えるのか。そんで、いつも食べさせたかったなぁ、生きていたら喜んでくれたのになぁ。そんなことを思い浮かべてしまう。今朝はガッシリと太った60kgクラスのメスが掛かって [続きを読む]
  • 【 畑を荒らしてた犯人? 】
  • 大分、前のことですが、イタリアンを作付前の畑を荒らされた事件。ちょうど一ヶ月ほど前のことでした。2017/10/18 【 耕作前の畑がイノシシに! 】泥痕が鮮明、獣道も鮮明。これは結果が早いと意気込みましたが、これが空振り。しばらくイノシシの気配が消えてしまってました。そして4日ほど前、近くの道路脇にてイノシシの掘り返し跡が。これは戻って来るかもと思っていた矢先のこと。50kgクラスのオスでした。カゼで寝込んで [続きを読む]
  • 【 地元地区でシカを捕獲 】
  • 昨年は地元地区でシカの捕獲が相次ぎました。シカが見られるようになったのはここ数年の出来事。角の模様から霧島山系の個体群とは別のものだと判断。どうも須木や綾町のシカの角とそっくりなんですよね。そもそも霧島山系から流れるのであれば、高速道路を横切らなければ。航空写真を見ると、やっぱり川を渡って侵入してきたと考えるのが妥当かな?今年はあまり姿を見せなかったしかですが、ここになって気配が濃厚に。夕方になる [続きを読む]
  • 【 シカが多い 】
  • 霧島山系にはかなりのシカが生息していると言われてます。その中でも、僕の通う猟場も、シカがとにかく多い。イノシシよりも先に行動するので、シカが掛かるケースがほとんど。シカを捕って通らなくすることが、イノシシを捕る秘訣といっていいくらいです。イノシシの足跡があちこちにあった獣の渡り道。ここも早速、シカが掛かりました。今年も相変わらずシカの捕獲が続いています。猟期の翌日に捕獲してからこれで4頭目。地元地 [続きを読む]
  • 【 田んぼでヌタウチ 】
  • 農家さんから電話で、田んぼにイノシシが出たとの通報。すぐに駆けつけると、遠慮なしにヌタ打ってました。侵入経路を見つけ出し、罠をさっそく設置。最近の傾向から、すぐに結果は出ない予感。餌の作物が激減しているので、2〜4日ごとに移動を繰り返す。そんな行動をとりはじめているので、思うようにイノシシが獲れない。ただ作物への被害が出にくい状況なのが、せめてもの救いかな。● フライフィッシング用完成フライ & タ [続きを読む]
  • 【 今猟期の初獲物 】
  • 猟期中は町内から飛び出して罠を仕掛けるので、二日目の朝が待ち遠しい。昨日は罠掛けで走り回っていたので、疲れてあっというまに朝までぐっすりでした。今朝は地元の罠を見回り、それから隣町の猟場へ。なんとなく掛かりそうな予感はしていました。まぁ、最近はこの予感も当たらなくなってきているんですけど。ところがどっこい!ここは明日には掛かると思っていた場所。今季の初物になるシカが掛かっていました。相変わらずシカ [続きを読む]
  • 【 29年度宮崎県の猟期はじまる 】
  • 今日から宮崎県ではシカ(一部地域除く)とイノシシが先行解禁。まずは町内の有害鳥獣捕獲対策の罠を見回り。それが住んでから、隣町の猟場へ罠を掛けに行きました。師匠のお墓に手を合わせてから、いつもの林道へ。今年もあちこちの獣道が、シカの足跡だらけでした。毎年、大猪が掛かっている獣道。今年もまた大きいヤツが通っているようで。これは楽しみですね。とりあえず猟期初日は罠掛けのみ。笛猟行こうと思ってましたが、以 [続きを読む]
  • 【 平成29年度 宮崎県の狩猟期間 】
  • 今年も狩猟登録が終わり、あとは猟期が始まるのを待つだけです。町内の有害鳥獣対策で一年中、猟をしていますが、猟期はまた別物ですね。さて、宮崎県の狩猟期間ですが、今年はすこし改訂があったようです。今までアナグマ、オスイタチ、キツネ、テンは期間に制限がありました。平成29年度からは解除となり、11/15〜翌年2/15までに戻っています。■宮崎県内の狩猟期間・ニホンジカ 11/01〜翌3/15 (三股町、日南市、串間市は11/1 [続きを読む]
  • 【 耕作前の畑がイノシシに! 】
  • 見回りを終えてから、罠用のバネの手入れ。一度、獲物がかかって伸びても、ちゃんと手入れすれば元通り。さすがに限界はあるけど、一本あたり¥500だから無駄にはできません。直したバネを使って罠の絞まり具合のテスト。ちゃんと絞まるので使えるなと確認した所で農家さんから入電。「イノシシが畑をちんがらやっとるよ!」タイミングよく罠をこさえたとこなので、すぐに待ち合わせ場所へ出動。現着すると、これまた大規模のや [続きを読む]
  • 【 イノシシが活発に 】
  • 地元地区の畑では、トウモロコシのほとんどが収穫されました。そのため、晩夏に種蒔きされた今季最後のモロコシ畑に足跡が。親子だったり単独だったりと、毎日、多くの足跡が。秋深まり降灰もなんのその、イノシシが活発になっています。先日、イノシシを捕獲した場所も、またイノシシの痕跡が。10/06 【 トウモロコシに付いていた 】引き続き罠を設置していたので、そろそろ結果がでるかな?と。すると畑の脇から慌てて走って飛 [続きを読む]
  • 【 新燃岳が噴火したー 】
  • 朝、見回りに行こうと家から出ると、上空に帯状の雲が。それにヤケに霞んでいるし・・・・。そしたら町内防災放送で「新燃岳が噴火しました」と。山のほう見ると、もくもくと立ち上る噴煙。うーん、猟期が目前だというのに・・・・。まぁ、これも自然ですから、受け止める他ないんですけどね。農作物に灰が降ったりと、色々と大変ではあります。しかも明日から雨天続きですから、灰がドロドロに・・・・。開き直って前向きになるし [続きを読む]
  • 【 秋植えの準備 】
  • まだまだ日中は陽射しがきつくて、30℃を越す日々は当たり前。猟期も目の前まで迫ったと言うのに、真夏日が続いています。そろそろタマネギやニンニクの植え付けに備え、畑の土作りをしなくては。けれど、とてもじゃないけど、日中はやってられる状況じゃ。曇りの日なら、なんとか日中でもやれそうなんですけどね。ただ朝一番は罠の見回りに出るし、天気はいい日ばかりで夕方しか動けない。なので数日に別けて、夕方の涼しい時間帯 [続きを読む]
  • 【 来春までの餌確保 】
  • 朝の見回りを追えて帰宅途中、鳥獣対策で頼って頂いている農家さんから電話。もしかしてイノシシの出没情報かな?と思って電話に出る。「今年最後のトウモロコシを収穫するからおいで」来春というか来年の初夏までに使うであろう箱罠用のトウモロコシを頂くことに。吊るして軒下で乾かせば、来年の初物まで十分繋げるよと・・・。軽トラックの荷台にガンガン投げ込まれるトウモロコシ。最近、仔連れイノシシが増えたので、箱罠の出 [続きを読む]
  • 【 トウモロコシに付いていた 】
  • 地元地区のトウモロコシ畑に、いつの間にかイノシシが。偶然、足跡を見つけて、隣接する杉林を覗くと獣道が使われている。どうやら収穫が近くなったのをかぎつけた様子。これは被害が出る前になんとかせんと。農家の方を呼んで、急いで防除対策と罠の設置。んでもって、翌朝でした。薮が開けて、罠を括った木の周辺が耕された状態。ゆっくり近づくと、なかなかの大きさのイノシシが。落ち着いたのを見計らって、エアライフルで眉間 [続きを読む]
  • 【 逃げた場所の隣で猪捕獲 】
  • 昨日、技量不足で逃してしまった獣道から200mほど奥。春先にシカをよく捕獲した場所ですが、ここにも罠を設置していました。地面が硬くて足跡が残っていない獣道です。けど周辺の草や木に泥跡があったので、イノシシが通るはずだと確信。そして今朝方、狙いが的中。逃げられた獣道から、2つ上のウジ道でした。牛舎のこぼれ餌に着いていたので、必ず付近を通るはず。さすがに同じ道は避けるはずなので、こちらの罠が怪しいと思っ [続きを読む]
  • 【 不覚!取り逃がした 】
  • ここ数ヶ月、まったく足を見せなかった地区。最近になって畜産地区の上にあるサツマイモ畑にイノシシが出没。どうやら屑芋を大量に埋設したらしくて、それが発酵し臭いに寄って来たみたい。その寄ったイノシシが降り始め、牛舎のこぼれ餌やトウモロコシ畑に侵入。これは何とか食い止めないと・・・・。とりあえず農家さんに、埋設するなら掘り起こさない深さにとお願いを。この芋畑もイノシシの被害に合っていたので、快く対策をし [続きを読む]
  • 【 鴨網猟の準備2 】
  • 鴨の無双網は、主に夜間がメインになります。ですから暗視スコープとかが無いと、けっこう難しいんですよね。いくら月明かりがあっても、網場にどれだけの鴨が寄っているかを判断するのは困難。では暗視スコープなんて手軽に入手できない時代があったわけですよ。そんな時、どうやって鴨のより具合を判断していたのか。それが呼び鈴って仕掛けだそうです。というわけで、呼び鈴の準備です。農家さんから別けてもらった稲穂を、軒下 [続きを読む]
  • 【 まだまだ夏本番 】
  • まだまだ真夏の日差し。とにかく日中は暑くてたまりません。ミツバチの花粉集め用に植えたヒマワリも満開。朝晩は秋の気配が漂いますが、まだまだ日中は真夏日の連続。● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル H.M Favorite Flies 国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。 国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。フライフィシイング用完成品フライのこと [続きを読む]
  • 【 セッコクが狂い咲き? 】
  • そろそろ夏の暑さも落ち着いたので、蘭の置き場所を変えようと。とりあえず日に当てる時間を増やそうと思って蘭の棚を見ると・・・。純白のセッコクの花が狂い咲き。どうしちゃったんでしょ?● フライフィッシング用完成フライ & タイイングマテリアル H.M Favorite Flies 国産マテリアルを中心に、タイヤー目線で開発されたオリジナル品も。 国内フィールドで磨かれ上げたフライパターンも取り揃えています。フライフィシイン [続きを読む]
  • 【 鴨網猟の準備1 】
  • そろそろ猟期が近づいてきたので、鴨網猟の準備です。何だかんだで昨季は出遅れたので、今季は早めに取り掛かろうと。昨季で感じたのは、手引きでの網の反転速度に不安が。そこで無双網用のバネを導入することに。乾燥させた竹で土台を作り、そこにバネと仕掛けを固定。また釘を打ち込んで、貫通した部分を曲げてしっかり固定。くくり罠でも使うタイプの仕掛けを、無双網用にしてみました。水場での使用になるので、竹台はしっかり [続きを読む]
  • 【 カラス被害 】
  • カラスは賢いので、毎日、同じ時間に見回っても無意味なことが。時間をずらしてやってくるので、こちらもランダムに見回らないと。先日からの捕獲で、大分少なくなってきましたが、まだ被害が出ている。群れの規模は1/3程度になったので、追い払いの効果も出ている感じ。こんな感じで、実がやられてしまう。農家さんも忙しい合間をぬって、刈取作業を始めてくれてるけど。一度に全部を刈り取るまでは行かないのが現状。他の畑にも [続きを読む]
  • 【 他地区からの渡り 】
  • 僕が好んで罠を掛けるのは、猟師の間で「渡り」と呼ばれる場所。道路や川などを横断する際に、この場所を通るしかないというような所です。通る場所が限られるので獣が集まりやすく、罠の設置場所も絞りやすい。こういった場所を押さえておけば、新しい獣の進入も防げます。ですので基本、渡りには罠を必ず入れておくようにしています。見回りのついでに、昨年は全く通らなかった渡りを確認しに。孟宗竹と杉が混じる林を貫くように [続きを読む]
  • 【 イノシシ現る 】
  • 先月末にイノシシを捕獲してから、ピタリと気配が薄まっていました。どこかに潜んでいるはずと、毎日、耕作地帯をウロウロ。すると今朝方、ようやくイノシシの痕跡を発見しました。トウモロコシ畑が広がる地区にある、耕したばかりの畑に足跡が。土が柔らかいので大きく見えるけど、足跡の大きさから推定30kgくらいかな。侵入経路と歩いた筋から、3頭が一緒に行動していると予測。ただ近くに罠をかけれる場所が無いので、進路 [続きを読む]