かっちょ さん プロフィール

  •  
かっちょさん: 南国ピアノ芸術
ハンドル名かっちょ さん
ブログタイトル南国ピアノ芸術
ブログURLhttps://www.nangokupiano.com/
サイト紹介文ピアノ調律師が紹介するピアノの話題、音楽の話題のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/09/24 00:39

かっちょ さんのブログ記事

  • 店内を模様替えしました。
  • 修理工房の模様替えをしました。店内がキツキツでしたので、スペースを有効に使うのは難しいだろうと半ばあきらめておりましたが、思い切ってやってみてよかったです。今までのスペースの使い方に無駄があったことがわかりました。もうこれまでいろいろなバリエーションで模様替えをしてきましたが、いまだ新しいフォーメーションが組めるとは、とても新鮮です。眠っていたアップライトピアノを改造したデスクを出して、これまで使 [続きを読む]
  • ライブの調律のお仕事をいただきました
  • 今日の記事は少々長くなりますが、どうぞお付き合いくださいませ。ライブ会場でのピアノの調律のお仕事をいただき行ってまいりました。ライブとはいいますが、ちょっと変わったスタイルのイベントで、音の台所・茂木淳子さんによる、本の朗読にピアノ演奏を合わせるという素敵な企画。これまでに何回も実施されているそうで、今回は茂木さんの作成した絵本に曲を付けた「ゼツメツキグシュノオト」の抜粋と、那覇市牧志の「市場の古 [続きを読む]
  • 調律は本当に毎年必要なのか?
  • ただいま修理工房ではYAMAHAのUXというアップライトピアノのクリーニングをしています。お手頃価格にて提供いたしますので、どうぞお楽しみに。さて、先日お客様のピアノの調律のときに、どのくらい音がずれたのだろうかと測定してみました。下の表は、割り振りというファからミの12の音を平均律で調律した、88鍵の基礎となる部分を測定したものです。一番低いドから6オクターブ上までのドの音を業務用チューナーアプリに聞かせて [続きを読む]
  • 調律が毎年必要な理由
  • ただいま修理工房ではYAMAHAのUXというアップライトピアノのクリーニングをしています。お手頃価格にて提供いたしますので、どうぞお楽しみに。さて、先日お客様のピアノの調律のときに、どのくらい音がずれたのだろうかと測定してみました。下の表は、割り振りというファからミの12の音を平均律で調律した、88鍵の基礎となる部分を測定したものです。一番低いドから6オクターブ上までのドの音を業務用チューナーアプリに聞かせて [続きを読む]
  • Yamaha G3E 完成です
  • ピアノ教室でのグランドピアノの全弦張替え作業を終え、演奏できるようになりました。全体的によく響いてくれていいピアノです。外装は全体をクリーニングして、脚と譜面台の一部を再塗装。フレームも塗装しています。弦、チューニングピン、ピンブッシュ、ダンパーフェルトを交換しました。最近は、チューニングピンとピンブッシュもドイツから輸入したものを使うことが増えてきました。ただ、今回はピンブッシュがドイツ製でチュ [続きを読む]
  • グランドピアノ弦交換準備中
  • アップライトピアノの修理など、次のプロジェクトも決まっているのですが、ひとまずグランドピアノの弦張替をしたいと思います。1979年製造のYAMAHA G3Eです。芯のある、太い音がしました。古い弦での音だったので、新しく生まれ変わったらどうなるのでしょうか。楽しみです!数日前にも掲載しましたが、アグラフもきれいになっています。 [続きを読む]
  • 落っこちたピアノの修理
  • 預かり修理をしたピアノを納品しました。どんな修理だったかというと、ビフォーは次の写真のとおり。アメリカの方のピアノなのですが、向こうのピアノ運送屋さんはピアノの扱いが雑で傷つけられたという話はしょっちゅうです。しかし今回のはすごかった。お客様は実際に壊した現場を見てはいないようなのですが、多分コンテナに入れたときに縛って固定しなかったので、中で動いてコンテナごと落ちたのだろうと。たしかに、そのくら [続きを読む]
  • 熱く語りました!
  • 先日、2件続けてオーバーホールしたグランドピアノの調律をする機会がありました。1台はご家庭のピアノ、もう一台はピアノ教室の先生です。ありがたいことに、どちらのお客様も除湿管理をしていてくださって、1年以上が経過していたにもかかわらず、サビも出ず良い状態でした(沖縄では早いと1ヶ月もしないうちにサビが出始めます)。一方はお母様と、子供達の将来の話をして、もう一方ではピアノの先生と、ピアノを弾くことの喜びを [続きを読む]
  • ピアノ大好き大所帯!
  • 数年前にオーバーホールさせていただいたグランドピアノの調律に行きました。おばあちゃま所有のピアノで、あのとき弦はあちこちで切れてたり、いろいろ難ありのピアノでしたが大切にしてくださっていて、3年くらい経過していますが弦に錆はほとんど出ていません。ご主人が「ピアノ聞きたい〜」とリクエストするので、弾いて聞かせているそうです。微笑ましい光景が浮かびます。そのオーバーホールのお問い合わせをくださったのは [続きを読む]
  • 石垣島ピアノ調律〜イベント会場にて!
  • およそ1ヶ月前から頂いていたイベントでのお仕事のため、石垣島へ行ってまいりました。普段はピアノを置いていない屋外への設置ということで、事前に必要な道具を発送して現地へ持ち込みました。毎度思うのですが、離島の人たちは強い!ピアノの運送屋さんがいないなら自分たちで運ぶしかないということで、人数を集めてグランドピアノを運んでしまいました!業者がいないなら自分でやる、という、その行動力には毎度感動します。 [続きを読む]
  • YAMAHA No.M2の全弦張替を終えて
  • コンソールピアノの全弦張替をしていまして、あれよあれよと進めて出荷まで終わってみると、ブログでほとんど工程を紹介していないことがわかりました。最近はパソコンに向かうとしたら、楽譜を作成したり、今はコード弾きの解説ブログなどもやってまして、本業がおろそかになっているようで反省。言い訳ですが、全てはピアノにリンクすることだけをやっておりますので、お時間がありましたら楽譜部のサイトもご覧になってください [続きを読む]
  • ピアノと将棋(?)
  • 久しぶりに石垣島へピアノ調律の出張に行ってまいりました。何回行っても良い島です。もうこれだけ通っているとおなじみのお客様も増えてきて、お会いするたびにお話しするのが楽しみです。その一人が、お父様が娘さんにピアノを指導している、という方で、「何かいい教材ありませんか?」と聞かれていたのですが、今回はこれをぜひ勧めたい!ということで紹介すると「これは自分が読みたいな」と興味津々の様子。いやあ、お話しし [続きを読む]
  • グランドピアノ移動
  • 次のプロジェクトに入る前に、グランドピアノのクリーニングと調整を経て出荷しました。当店がお客様から連絡待ちだと思ってたら、お客様もこちらからの連絡を待っていたようで、あわてての作業になりましたが無事お届けできてよかったです。入れ替わりで1952年製造のオールドグランドピアノを入荷しました。これは楽しみな一品です。一度弦張り替え、ハンマー交換、全塗装されているようですが、もう一度総入れ替えする必要があり [続きを読む]
  • U1E、完成!
  • 途中の工程の紹介がごっそり抜けてしまいましたが、U1E、完成です。完成とはいえ、ここからこのピアノが育っていく過程を見守っていきたいと思います。調律もまだ数えるほどしかしてないので、むしろここからの方が長いかもしれません。お客様に親しんでもらえたら嬉しいです。 [続きを読む]
  • U1E、張弦準備
  • さあ、ここからがピアノ調律師としての本領発揮の作業になります。まずは張弦です。フレームを載せて、ピンブッシュを入れてフェルトを貼って、準備ができました。念のため、何本かピンを打ち込んで手ごたえを確認しています。響板を拳の柔らかいところ(小指から手首にかけての側面の部分)でボン、とたたくと太鼓のようなボワンとした音が広がります。期待大でしょう!こちらはちょっとしたおまけでもあるのですが、全塗装のとき [続きを読む]
  • U1E、仕上げ進行中
  • 塗装したアップライトピアノの仕上げ作業をしています。なんとかこの作業を短縮できないものかと毎度工夫を重ねています。ベテラン技術者さんのお話を聞いても、やっぱりそこそこ時間がかかるものなんだと諦めのような、救われたような複雑な気持ちになります。でもこれまでの経験から、急ぐほどに質が落ちる、焦るほどに失敗を誘発する作業でもあるので、こんなもんだと覚悟を決める必要もあるのです。塗装は忍耐です。作業の一例 [続きを読む]
  • アップライトピアノの可能性
  • 7月25日の朝6:30に、NHKのラジオ体操が沖縄県宮古郡多良間村で開催され、そのピアノ調律のご依頼を頂いて行ってきました。全く初めての土地での作業は緊張でもありましたが、一通りの修理にも対応できるよう、弦や部品一式入れた「離島バッグ」を持って行きました。結果、ちょっとした部品交換がありましたが、大事はなく作業は滞りなく終われたのでよかったです。それよりもなによりも、本命はラジオ体操です。まずリハーサルで聞 [続きを読む]
  • U1E、塗装吹き付け
  • アップライトピアノのオーバーホール作業は、外装の塗装を進めています。吹き付けがすべて終わり、ここから仕上げの工程に入ります。この作業はどうやったって時間がかかるし、急げば焦りが結果に出てしまうので忍耐です。しかしそこを工夫して、どうすれば時間を短縮できるのか、を考えるのもチャレンジの一つとして楽しめます。さて、どう仕上がってくれるのか想像しながら、楽しんで進めたいと思います。響板の修理と塗装も終 [続きを読む]
  • U1E、塗装剥離
  • アップライのピアノのオーバーホール、全て解体して古い塗装を落とすところまで進めました。数をこなすにつれ、作業内容を見直し、改良し、少しずつ効率を上げていっています。薬品を使うので、スピードが上がれば薬品よ影響も小さくなり体も助かります。7月中に塗装を完了して、8月で完成させる予定ですが、もう少し早められるようチャレンジしたいです。 [続きを読む]
  • U1E、解体開始です。
  • 続いてのプロジェクトがスタートです。アップライトピアノの全塗装とオーバーホールをします。例によって、スタートは解体から。沖縄の環境下に置かれてきたピアノは様々なディスアドバンテージがあって、木材の接着がはがれているとか、ネジがナメやすい・折れやすいなど苦労もありますが、このピアノは比較的影響が少ないようで健在です。底板のネジがいくつかナメましたが、折れはなかったのでよかったです。そんなこんなで分 [続きを読む]
  • UX-1、完成!
  • クリーニング、調律、調整を経て、アップライトピアノが出来上がりました。やはりポリエステル塗装は黒が締まります。耳に優しいソフトな音色をお楽しみいただけます。ご試弾をご希望の方は、お電話で日程をご確認ください。 [続きを読む]
  • U1E、新プロジェクト開始します
  • 出来上がったピアノを出荷した喜びも束の間、次のピアノの整備に取り掛かります。今度は1969年製造のヤマハU1E。全塗装、全弦張替え、ハンマー交換、ダンパーフェルト、その他アクションパーツを交換していきます。このピアノとは出会いも印象深かったし、アメリカに調律師の試験を受けに行ったときも修理の練習に付き合ってもらったりして、思い出のあるピアノであります。そのピアノがついに旅立つことになります!ピアノについ [続きを読む]
  • ホームページリニューアル
  • ここ1ヶ月くらいはホームページのリニューアルに注力しておりました。修理工房、楽譜部、音楽教室と3つのホームページがバラバラに進行していたわけですが、ある程度そろえるところはそろえて、また世間のウェブ技術の変化にも合わせて変えていきたいところもあったので、けっこうな時間をかけました。楽しくて没頭しただけに他の作業がたまってしまったところもあるのですが、追いついていきたいと思います。しかし本業はピアノで [続きを読む]
  • 古いカタログ頂きました!
  • お世話になっているピアノ調律師さんが古いカタログを送ってくださいました。タイムリーなことに、当店にあるピアノと同じものが掲載されているカタログも含まれていました!これは嬉しい。印刷や写真のクオリティを見ると、時代を感じます。今みたいに、コンピュータで手軽に作れなかった時代の昭和の作品ですね。他にも、たくさん入ってました。ありがとうございます。アップライトピアノの整備は、塗装前の下地作りに結構な時 [続きを読む]