かっちょ さん プロフィール

  •  
かっちょさん: 南国ピアノ芸術
ハンドル名かっちょ さん
ブログタイトル南国ピアノ芸術
ブログURLhttps://www.nangokupiano.com/
サイト紹介文ピアノ調律師が紹介するピアノの話題、音楽の話題のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/09/24 00:39

かっちょ さんのブログ記事

  • U1E、張弦準備
  • さあ、ここからがピアノ調律師としての本領発揮の作業になります。まずは張弦です。フレームを載せて、ピンブッシュを入れてフェルトを貼って、準備ができました。念のため、何本かピンを打ち込んで手ごたえを確認しています。響板を拳の柔らかいところ(小指から手首にかけての側面の部分)でボン、とたたくと太鼓のようなボワンとした音が広がります。期待大でしょう!こちらはちょっとしたおまけでもあるのですが、全塗装のとき [続きを読む]
  • U1E、仕上げ進行中
  • 塗装したアップライトピアノの仕上げ作業をしています。なんとかこの作業を短縮できないものかと毎度工夫を重ねています。ベテラン技術者さんのお話を聞いても、やっぱりそこそこ時間がかかるものなんだと諦めのような、救われたような複雑な気持ちになります。でもこれまでの経験から、急ぐほどに質が落ちる、焦るほどに失敗を誘発する作業でもあるので、こんなもんだと覚悟を決める必要もあるのです。塗装は忍耐です。作業の一例 [続きを読む]
  • アップライトピアノの可能性
  • 7月25日の朝6:30に、NHKのラジオ体操が沖縄県宮古郡多良間村で開催され、そのピアノ調律のご依頼を頂いて行ってきました。全く初めての土地での作業は緊張でもありましたが、一通りの修理にも対応できるよう、弦や部品一式入れた「離島バッグ」を持って行きました。結果、ちょっとした部品交換がありましたが、大事はなく作業は滞りなく終われたのでよかったです。それよりもなによりも、本命はラジオ体操です。まずリハーサルで聞 [続きを読む]
  • U1E、塗装吹き付け
  • アップライトピアノのオーバーホール作業は、外装の塗装を進めています。吹き付けがすべて終わり、ここから仕上げの工程に入ります。この作業はどうやったって時間がかかるし、急げば焦りが結果に出てしまうので忍耐です。しかしそこを工夫して、どうすれば時間を短縮できるのか、を考えるのもチャレンジの一つとして楽しめます。さて、どう仕上がってくれるのか想像しながら、楽しんで進めたいと思います。響板の修理と塗装も終 [続きを読む]
  • U1E、塗装剥離
  • アップライのピアノのオーバーホール、全て解体して古い塗装を落とすところまで進めました。数をこなすにつれ、作業内容を見直し、改良し、少しずつ効率を上げていっています。薬品を使うので、スピードが上がれば薬品よ影響も小さくなり体も助かります。7月中に塗装を完了して、8月で完成させる予定ですが、もう少し早められるようチャレンジしたいです。 [続きを読む]
  • U1E、解体開始です。
  • 続いてのプロジェクトがスタートです。アップライトピアノの全塗装とオーバーホールをします。例によって、スタートは解体から。沖縄の環境下に置かれてきたピアノは様々なディスアドバンテージがあって、木材の接着がはがれているとか、ネジがナメやすい・折れやすいなど苦労もありますが、このピアノは比較的影響が少ないようで健在です。底板のネジがいくつかナメましたが、折れはなかったのでよかったです。そんなこんなで分 [続きを読む]
  • UX-1、完成!
  • クリーニング、調律、調整を経て、アップライトピアノが出来上がりました。やはりポリエステル塗装は黒が締まります。耳に優しいソフトな音色をお楽しみいただけます。ご試弾をご希望の方は、お電話で日程をご確認ください。 [続きを読む]
  • U1E、新プロジェクト開始します
  • 出来上がったピアノを出荷した喜びも束の間、次のピアノの整備に取り掛かります。今度は1969年製造のヤマハU1E。全塗装、全弦張替え、ハンマー交換、ダンパーフェルト、その他アクションパーツを交換していきます。このピアノとは出会いも印象深かったし、アメリカに調律師の試験を受けに行ったときも修理の練習に付き合ってもらったりして、思い出のあるピアノであります。そのピアノがついに旅立つことになります!ピアノについ [続きを読む]
  • ホームページリニューアル
  • ここ1ヶ月くらいはホームページのリニューアルに注力しておりました。修理工房、楽譜部、音楽教室と3つのホームページがバラバラに進行していたわけですが、ある程度そろえるところはそろえて、また世間のウェブ技術の変化にも合わせて変えていきたいところもあったので、けっこうな時間をかけました。楽しくて没頭しただけに他の作業がたまってしまったところもあるのですが、追いついていきたいと思います。しかし本業はピアノで [続きを読む]
  • 古いカタログ頂きました!
  • お世話になっているピアノ調律師さんが古いカタログを送ってくださいました。タイムリーなことに、当店にあるピアノと同じものが掲載されているカタログも含まれていました!これは嬉しい。印刷や写真のクオリティを見ると、時代を感じます。今みたいに、コンピュータで手軽に作れなかった時代の昭和の作品ですね。他にも、たくさん入ってました。ありがとうございます。アップライトピアノの整備は、塗装前の下地作りに結構な時 [続きを読む]
  • 小さなマエストロのご来店
  • 修理工房で作業していたら、お散歩していたアメリカ人ファミリーがご来店。お母さんと、女の子と、ベビーカーに赤ちゃん。話を聞いてみると、女の子がピアノを弾いてみたいそうで、触らせてあげて、とのことでした。どうぞどうぞとピアノの前までご案内。手で鍵盤をバンバンたたくのだろうと予想しました。確かにそのとおりになったものの、さらに面白いのはここから。「私が弾くから、歌って合わせてね!」(英語で、Sing for meだ [続きを読む]
  • G5B、張弦完了
  • グランドピアノの張弦が出来上がりました。弦が新しいピアノはどんどん音がずれていくし、アクションの調整を重ねていく必要もありますが、試運転を兼ねて実用していきたいと思います。やっぱりピアノ線が新しいと音が全然違います。ハリがあって、良く伸びて。弾いていて楽しくなります。このピアノは教室用の楽器として使っていく予定です。そして、新しいピアノを交えたフォーメーションに模様替えしました。2台のグランドピア [続きを読む]
  • G5B、張弦開始
  • G5Bの張弦を開始しました。ピアノ教室の空き時間での作業になるため時間はかかりそうですが、早くグランドピアノ2台でレッスンできる環境を作りたいので頑張ります。余談ですが、先日修理工房で並べ替えたときの様子。昔のテレビゲームの「倉庫番」をやっているような感覚です。一台入れ替わるたびに大掛かりな模様替えをしている気分を楽しんでいます。 [続きを読む]
  • G5B、張弦準備完了
  • グランドピアノのオーバーホールが終わって、途中で止まっていた別のグランドピアノの修理を再開です。こちらはピアノ教室のものです。2台グランドピアノでレッスンできる環境を皆さん心待ちにしています。頑張ります。弦を張るための準備は整いました。こちらも部品は揃っているので早めに進めなければいけません。修理工房でも次のプロジェクトが動きはじめました。アップライトピアノの全塗装とオーバーホールです。調律でお世 [続きを読む]
  • G3E、修理完了!
  • G3Eオーバーホール、無事完了です。先週張弦を終えた後、週末でアクションと鍵盤を一気に部品取り付けして、昨日と今日で仕上げました。この頃のピアノはCとGに分かれていましたが、このピアノのよく伸びる高音域の音色が素晴らしい。タッチもスッキリしていて弾きやすいです。ピアニストさんにも少し触ってもらいましたが、喜んで下さいました。たくさん弾いていただいて調律、の繰り返しになります。 連休の後、間髪入れず次の [続きを読む]
  • G3E、本体2日目
  • 今日は一日カンヅメになり、朝から晩までこのピアノに集中しました。今日で張弦が終わるという安易な計画で臨みましたが、養生をはがし、アグラフを付け、フェルト、ピンブッシュなどあれこれ手間がかかって結局は芯線まで。明日で取り戻せるので許容範囲内です。明日の計画は現実的か!? [続きを読む]
  • G3E、修理進行中
  • グランドピアノの修理、目下進行中です。先日準備したハンマーを接着して、鍵盤は錆びた鉛を外し、黒鍵、白鍵共に交換。丸裸です。途中、石垣島への出張を経て、本体の解体も始まりました。今回、なかなかの突貫工事になりそうです。外した部品を持ち帰り、クリーニングして本日のノルマ達成!フレームの塗装はしてあるので、明日早速取り付けに取り掛かります。 [続きを読む]
  • ハンマー交換準備
  • 新しいプロジェクトは現地オーバーホールです。1973年製造のグランドピアノ。お客様のところへ通って全弦張り替えをします。普通なら響板の塗り替えなど、工房でないとできない内容でしたが、ボディは状態が良いのでこれらの作業は回避。ハンマーや鍵盤部品の交換は工房へ持ち帰っての作業します。なのでまずは鍵盤をお預かり。本体が移動されるのを待ちます。今月中に仕上げる予定です。同じく工房で作業中のG5は鍵盤のブッシン [続きを読む]
  • YAMAHA YU1 完了
  • 今日はジャズピアノのワークショップへお誘いいただき行ってきました。私を含め8名ほどのピアニストさんたちが、ピアノソロ、弾き語り、伴奏を演奏し、アドバイスをいただくイベントでした。一貫しておっしゃっていたのは、歌うこと、じっくり音を聴くこと、そして正確にリズムを刻むこと。今回のワークショップを経て学んだのは、音を聴くことの再確認です。ピアノ技術にも通ずることになると思うので、しっかり意識していきたい [続きを読む]
  • 新しいピアノ入荷
  • 南国ピアノ芸術ではめずらしい、新し目のピアノを入荷しました。YamahaのYU1というピアノで、2001年製造のピアノです。とても状態の良いピアノで、外装から鍵盤のクリーニングまでを半日で終えることができました。次は内部をもう少しきれいにして、調律・調整をします。ペダルもポリッシャーなどは使わずに手磨きだけでここまできれいにすることができました。さらにこの後には同じくYamahaのアップライトピアノで、サイレント付 [続きを読む]
  • Kawai KG-6C 作業完了!
  • 大きなグランドピアノが出来上がりました。特にタッチの調整にはとても苦労して、整調を5回くらいやり直したり色々大変だったのですが、最終的にダウンウェイト50gくらいにまとまったのでよかったです。これからたくさん弾き込んでいったらどんどん音が良くなって楽しくなると思います。納品まであと一週間ほどあるので、たくさん弾かせてもらおうと思います。さてさて、次のプロジェクトは結構久しぶりな作業になりそうです。 [続きを読む]
  • ピアノ調律師技能検定
  • ピアノ調律師の技能試験、1級に合格しました。去年の春に決意し、7月に学科試験、11月に実技試験を受け、発表は3月。長いイベントだったと思います。まあ試験のことでいろいろ思うところもあったのですが、やはり遠方へ出かけていくので試験のほかにも行く先々で収穫を得ることも大事です。7月の学科は帰省を兼ねて東京で受けたので、いつもお世話になっているさいたまピアノ工房さんでハンマー談義。針の刺し方、整音で目指すもの [続きを読む]
  • アクション部品取付け完了
  • ハンマーとウイペンの交換作業が終わりました。これで全ての部品交換が完了です。毎度のことですが、取り付けだけを全部やって調整はまとめてその後になるため、怒涛の調律&調整が待っています。早速部品の位置決めになる作業をやってみたのですが、かなりの道のりになりそうです。今日で調律までするつもりでいたのに、とてもとてもそこまでは進みませんでした。でもここからが本当の意味での「楽器にしていく」作業なので、やっ [続きを読む]