フェアリーグランマ さん プロフィール

  •  
フェアリーグランマさん: おばあちゃんのひとりごと
ハンドル名フェアリーグランマ さん
ブログタイトルおばあちゃんのひとりごと
ブログURLhttp://itazurakko713.blog.fc2.com/
サイト紹介文日々の生活の中から感じたことや、懐かしい昔の思い出を詩や短歌で徒然に綴っていきたい。
自由文年老いて、街で一人暮らしを始めました。その生活の中から過去と現在を綴り、これからの人生を明るく楽しんで健康に生活をしていくために、努力し、穏やかに満足の日々を過ごしたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/09/20 09:47

フェアリーグランマ さんのブログ記事

  • 聞き上手になることは人間としての美徳であり、非常な修行でもある。
  •   人としての道を聞くだけでなく、一善でも一芸でも何事によらず 聞くことを楽しむことは尊いことだ。人に対していわゆる聞き上手 になることは人間としての美徳であり、非常な修行でもある。                   安岡正篤 今日は、駅まで友人が迎えに来てくれますので、そこから車で葬儀場。友らの温かい優しさに、私、嬉しくて涙になります。ありがたい。 私は多くの友の優しさにありがたくてね。困った [続きを読む]
  • これが『古事記』というわが国でいちばん古い大切な書物です。
  •  昔むかしの大昔も、悲しいこと、つらいこと、こわいこともおき ました。そんなときも私たちの遠い遠いご先祖さまである日本の 古代人は、明るくたくましく苦しみ悲しみを乗り越えて生きてき ました。                 出雲井 晶 いろいろなる被害にも誰も頑張っておられ尊敬します。乗り越えていかれてね。そうですよね。明るくたくましく乗り越えていかれますもの。 今日は、日曜日。歩行者天国であり。 [続きを読む]
  • 視点を少し変えるだけで、生き方が がらっと変わってしまう。
  •  人間、何が悩みかというと、自分が自分を知らないことである。 人を論じたり、世を論じたりすることはやさしいが、自分を論じ 自分を知ると言うことが実はこれが一番大事なのである。                  安岡正篤 そうでしょうね。自分のことを知るね。”自分を知る” ああ、私もそうだわ?幾つになっても大人になっていない?つまらない。 さあ、今日は雨も降らずによかったわ。 どうしても、東京まで15 [続きを読む]
  • 「運命とは性格なり。性格とは心理なり」芥川龍之介
  •   政治における最悪の態度は、決定を行い得ない態度であり、  さらに悪いのは相矛盾する決定を行うことである。               ベール・シューマン さあ今日は、モーニングコーヒーに行き、昨夜2時間話した友人に手紙を書く。そしてコンサートのチケットを送って下さった友人にお礼の手紙と二通書き、もう帰ろうとしたら、この間、話をした若者(三十代位?)が入り口近くにおられ、私と視線が合ったらニコリ [続きを読む]
  • <威張る奴と心の卑しい人間>………けんかは好きな奴とやるものだ………
  •  <威張る奴と心の卑しい人間>である。嫌いな人物が話題になると 伊藤肇氏は「所詮あいつは成り上がり者だってことだな」とか「あ あいう奴とけんかする気ははないよ。けんかは好きな奴とやるもの だ」とか、一言のもとに斬って捨て、多くは語らなかったという。                   藤田忠司 好きだから、けんかしても話してでも分かりあいたいものなんでしょうね。なんだかわかる気がして〜”好きな奴と [続きを読む]
  • 「三歳の童子もこれを識るといえども、八十の老翁なお行じ難し」
  •   人生は、いってみれば、「邂逅と別離」とに要約される。そして、  「邂逅」によって与えられた一筋の光明が人間形成に決定的な、  影響を与える。まして「生涯の師」を得た場合においてやだ。                      伊藤肇 そう思いますね。いい人とは?ですが、でも悪い人に会うことがあれば、絶対に避けることが大事でしょうね。しかし邂逅って素敵よね。 親鸞聖人様は師の法然との出会いの喜び [続きを読む]
  • 遠慮会釈なく生きていけることがありがたいのです。
  •   とかく、世の中を甘く考え、ごまかして渡る癖がつけば、  もうおしまいで、真剣になれないのが一番の不幸なこと  である。                  安岡正篤 そうでしょうね。ごまかすことは考えてはいけないですよね。 今日の青い空の美しかったことね。ビックリするほどきれいで、嬉しくなりました。散歩には出ましてね。220円コーヒーに行きお金を払う時に、財布の中を眺め、一瞬、ボーとしていたみたい [続きを読む]
  • 「人の世のふれあいには、微妙なものがあります。〜〜」
  •  泣いて柩を送られるようでは、その徳、いまだおおいなり、とはいえない。 幽翁が息をひきとるとき、周囲が嗚咽すると、「泣くことはない。めでた い……めでたい」といい「いずれも兄弟なかよく、人生を笑ってすごすよ うに……ああ、こんな喜びはない。笑ってお別れしたい」と結んだ。                        幽翁 伊庭貞剛 これを読むとき、わたしも、この伊庭氏のようにありたい。 逝く時は「 [続きを読む]
  • よからぬ習慣に狎るべからず、人生は習慣の織物と心得るべし
  •   成功は苦心の日に在り。敗事は多く、得意の時に因る  ことを覚るべし。              安岡正篤 そうですよね。 さあ今日は、不思議と外に出たら、昨日、ぶどうを下さったご近所さんにあった。 冷蔵庫の話を暫く話し「つぎつぎと壊れるね〜〜」と言いながら〜〜。この間、掃除機も壊れて買い換えたところだから、ね。二人で笑いながら「次々だね〜」・・・・  久しぶりに、幼馴染のマドンナちゃんから、電 [続きを読む]
  • ”志摩太郎君事件”はめでたく解決したのです
  •   運命は偶然より必然である。”運命は性格の中にある” と  いう言葉は、決して等閑に生まれたものではない。               芥川龍之介  偶然と思うがそれはハッとして気ずいてみれば必然なのかも               フェアリーグランマ そうですよね。 感じることがありますものね。今日朝早くから、病院へゆきました。 すごい人でね。患者さんの多いのにビックリします。受付の後、検査、 [続きを読む]