ポポ さん プロフィール

  •  
ポポさん: 世界一タメになる ダイエット情報
ハンドル名ポポ さん
ブログタイトル世界一タメになる ダイエット情報
ブログURLhttp://diet1955.blog.fc2.com/
サイト紹介文スリムでカッコいい体になるための本当に役立つダイエット情報を提供します♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2013/09/20 20:43

ポポ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • くりぬき法での粉瘤(アテローム)切除。9回目。
  • ※手術画像が表示されているので閲覧注意下さい。くりぬき法での粉瘤(アテローム)切除の9回目(8月2日火曜日)です。今回は顔の左側部分(2か所目)です。背中の左右を透明フィルムが剥がした後に傷パワーパッドで湿潤療法したら皮膚が盛り上がらずフラットだったので今回、顔で初めて試します。■切除個所■手術中■手術後傷パワーパッドを使用した背中の左右が平らに皮膚再生しているので顔部分でも傷パワーパッドを使用してい [続きを読む]
  • くりぬき法での粉瘤(アテローム)切除。8回目。
  • ※手術画像が表示されているので閲覧注意下さい。くりぬき法での粉瘤(アテローム)切除の8回目(7月9日土曜日)です。今回は背中の左側部分です。■切除個所■手術中■手術後今回は前回に引き続き、透明フィルムがはがれた後、キズパワーパットを張りました。※軟膏を付けない前回の右側と同様に盛り上がりが平らに治っています。やはりキズパワーパッドは私には効果的だと再確認しました。次回は顔部分で傷パワーパッドで効果が [続きを読む]
  • くりぬき法での粉瘤(アテローム)切除。7回目。
  • ※手術画像が表示されているので閲覧注意下さい。くりぬき法での粉瘤(アテローム)切除の7回目(6月4日土曜日)です。今回は背中の右側部分です。■切除個所■手術中■手術後今回は前回に引き続き、透明フィルムがはがれた後、キズパワーパットを張りました。前回は軟膏をつけて張ったので、今回は軟膏を付けずに水で洗い流して張りました。最大5日間張って2回ほど張り替えましたが、前回の中央部分よりは皮膚の盛り上がりがかな [続きを読む]
  • くりぬき法での粉瘤(アテローム)切除。6回目。
  • ※手術画像が表示されているので閲覧注意下さい。くりぬき法での粉瘤(アテローム)切除の6回目(5月7日土曜日)です。今回は背中の中央部分です。■手術中■摘出した粉瘤(アテローム)今回は手術後に皮膚の盛り上がり(ケロイド)ができやすいので透明フィルムを剥がしたあとにキズパワーパットを試して張りました。ただ、あとで気づいたのですが何もつけずに張らないといけないところを軟膏を付けて張ってしまいました。次回は [続きを読む]
  • くりぬき法での粉瘤(アテローム)切除。4回目。
  • ※手術画像が表示されているので閲覧注意下さい。くりぬき法での粉瘤(アテローム)切除の4回目(3月11日金曜日)です。今回は1〜3回目と同じ顔の右側の一番大きな粉瘤を切除します。■切除個所■手術中トレパンでくりぬき中。今回は広範囲にわたる粉瘤なので今まで一番大きな空洞ができております。下の別の粉瘤にも届きそうなぐらいの空洞です。今回は大きく切ったので血の塊ができる可能性がありますが、切除個所が大きくなっ [続きを読む]
  • くりぬき法での粉瘤(アテローム)切除。3回目。
  • くりぬき法での粉瘤(アテローム)切除の3回目(2月27日金曜日)です。今まで2か所の切除を受けました、多少皮膚の盛り上がりがありこれが落ち着くまでは大体半年以降で落ち着くということです。■切除個所■手術中■粉瘤を取り出しているところ■摘出した粉瘤(アテローム)ちなみに粉瘤が存在した箇所はなんと、、、約2センチぐらいの空洞が存在します。※前回の摘出の時もそうでしたその空洞分、粉瘤の袋が中の皮膚と癒着して [続きを読む]
  • くりぬき法での粉瘤(アテローム)切除。2回目。
  • くりぬき法での粉瘤(アテローム)切除の2回目(1月9日土曜日)です。2週間前の手術跡がどこか分からないほど綺麗に穴が塞がりました。前回は術中に少し痛みがあったので痛みがあったので麻酔を大目に投与してもらいました。今回の手術もくりぬき法です。ちなみに、いくつかの都内の皮膚科形成外科にてくりぬき法で切除できないか確認しましたがどこも炎症を繰り返していてダメでした。中にはくりぬき法を数多くしていると謳って [続きを読む]
  • くりぬき法での粉瘤(アテローム)切除。1回目。
  • くりぬき法での粉瘤(アテローム)切除の1回目(12月24日木曜日15時)です。※外科手術の画像のため、苦手な方は見ないで下さい。手術前の画像。10年余り放置しているため何度も炎症を起こしケロイド状になっている状態です。今回の切除個所。麻酔直後。切除後。切除した粉瘤。こんな大きな袋状のものが手術時間は10分も終了。軟膏を塗って、透明シートを張って完了です。当日は出血が増えるので、お風呂やお酒・運動はダメです。 [続きを読む]
  • 粉瘤(アテローム)の手術経過を記録します。
  • 粉瘤(アテローム)の手術経過を記録します。粉瘤とは皮膚の下にできる原因不明の袋です。たまに炎症を起こすと膨れ上がり、破裂するとニキビのように油がでてくるもので見た目にも目立つ厄介な病気です。私の場合は顔の顎両脇付近や背中にできています。発症時期、2002年に頬にできて、2005年ぐらいから顔の顎両脇や背中にできるようになりました。症状が出てから10年近くたった後にようやく、傷が目立ちにくい「くりぬき法」で [続きを読む]
  • 過去の記事 …