kurazoh さん プロフィール

  •  
kurazohさん: 教育失敗学から教育創造学へ
ハンドル名kurazoh さん
ブログタイトル教育失敗学から教育創造学へ
ブログURLhttp://f-sekiya2005.cocolog-nifty.com/novel_miyagitani/
サイト紹介文使命感をもった教師とは? 子どもの未来のために本当に必要な教育改革とは? 望ましい教師教育とは?
自由文公立学校に子どもを預け,PTA活動に参加した保護者・指導主事としての行政経験をもつ中学校の現役教師の目から,「本物の覚悟」ができる教師のあり方を考えています。本気で「本物の教師教育」のあり方を考えている人,教職について壁にぶつかっている人のうち,自分が「壊れてもよい」覚悟のある人に読んでもらえれば…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供360回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2013/09/23 23:40

kurazoh さんのブログ記事

  • 反対派は「潰す」ものではなく,「気づかせる」もの
  •  ときどき学校に介入しては,責任もなく去っていくような「パートタイマー」にも,教育を語る資格はある。 心にもないお世辞で教員のやる気を高めようとする人間では教育現場は変えられないと思っていたが,私が指導主事としての研修を受けているときは,ストレートな「助言」は避けるように指示されていた。 しかし,まともな教師が求めているのは,きちんとその教育実践の課題を指摘してくれる「専門家」である。 今はそうい [続きを読む]
  • 小1の熱中症死亡で変わる教育計画
  •  学校の教育活動の中で,また尊い命が失われてしまった。 わずかな時間の校外学習で子どもが亡くなるリスクまで,学校は想定していなかっただろう。 「どうしてこんな炎天下で子どもを歩かせるのか」と言い出したら,外での運動(体育の授業)など一切できなくなってしまう。 中学生ですら,ちょっと動くと口癖のように「疲れた」と言う子どももいる。 小学校1年生の「疲れた」という一言に対して,引率の教師はどのくらいの [続きを読む]
  • だれでもマネが出来ることが「奥義」?
  •  経営の世界の「実力者」の方々は,だんだん理論というより精神論というか宗教がかった「信ずれば成る」みたいな話にずれていく傾向があるように思います。いういう人たちの話を曲解して道を踏み外し続けてきたのが「本当のこと」から目をそらすタイプの「経営者」なのでしょう。 教育の世界では,それほど影響力をもった「教祖」がいないのが救いです。 昔,小学校の教師たちが好んで読んだ「実践家」の名前など,もう忘れ去ら [続きを読む]
  • 子どもそっちのけで学校説明会に集う親たち
  •  小学生の親なら,仕方ないか。 これが,中学生の親になると,ガクンと割合が減る。 まだ親の言うことを聞く小学生。 親との会話がほとんどなくなる中学生。 こういう関係を知ってか知らずか,先進的な学校は, 高校での募集をやめている。 賢い選択かもしれない。 学習指導要領などは守らない。 これも,賢い選択かもしれない。 自由度が高いことよりも,きちんと時間を費やしたかどうかだけに関心のある管理者。 こう [続きを読む]
  • 「正しさ」とは別の「作法」の原理はどこにあるか?
  •  読書編でもふれた内容だが,挨拶などの「作法」の原理を「正しさ」「ルール」として教えようとする人がいるが,それは誤りである。 「作法」には様々なものがある。たとえば社会人として身に付けるべき「作法」を「形」として教えている人がいるが,それは「批判されない」「恨まれない」「憎まれない」ことが目的であって,「常識」として教えてしまう「作法」は,ただの「ルール」として伝達されていくだけのものになってしま [続きを読む]
  • 心にないことは相手に伝わらない
  •  指導がうまくいかない,授業がうまくいかないと悩む教員は少なくない。 どんなにベテランでも,「悩む」人の方がより有望である。 子どもへの愛情がある一方で,現状と限界がわかっているということだから。 学校には,「悩まない」タイプの教員が存在する。 「うまくいっていない」という現状認識すらできないタイプの人もいる。 先日,ある会合が開かれて,様々な年齢層の方々が集まった。 会合の主催者側は,集めた人々 [続きを読む]
  • 「カエル症候群」の悲哀
  •  現状に不満がある人は,よりよい方向に「変わる」ことを期待し, 何かに手をつけて「変える」ことを望みます。 しかし,手をつけるべき問題がたくさんありすぎて,結局は簡単にできる(しかしどうでもいい)ことだけを変えて,改善しないので元に戻す・・・同じ場所に「帰る」・・・こんな「改革」を繰り返しています。 こういう「病気」を私は「カエル症候群」と名付けています。 ちなみに,何か本を読んで,その通りに実行 [続きを読む]
  • 「改革」の先導者は「変わりのようのない人間」
  •  今までの教育改革の最大の問題は, 「変わりようのない人間」たちが先導してきたからである。 これは,決して悪いことではない。 そもそも「変える必要がない」ものが教育にはたくさんあるからである。 同じ内容に対して,「看板の掛け替え」だけで商売が成り立つ業種だからである。 今後,「本当の教育改革」が必要になるときが来る。 そのときの「先導者」はだれであるべきか? 「変わりようにない人間」たちから主導権 [続きを読む]
  • 不正の温床
  •  企業における「不正の温床」は,厳しいノルマにあると言われる。 官僚の「不正の温床」は,「金」で人間を操れる権能にある。 そして,「忖度文化」も「不正」を「守る」武器となる。 学校教育で「自己主張」を徹底的に封じ込めてきた「成果」でもあるだろう。 人々は何と引き替えに「自由」を奪われていくのだろう。教育問題・教育論 ブログランキングへ [続きを読む]
  • 夏休みは31日以内で
  •  日本列島は細長く,南北にのびていることで,地域によって気候は多様である。 だから1学期の終わりと2学期の始まり(3学期制の場合)の時期は,地域によって自由に変えてよいはずである。 ただ,教室等のエアコンが完備されると,全国一律の休業日の設定も可能になる。 アメリカとの戦争が始まった翌年の1942年の『少国民新聞』に,「大戦下の夏休み 三十一日以内の事」と文部省が定めたという記事が掲載されている(「戦 [続きを読む]
  • なぜ東大を選ぶのか?
  •  3年前に中学校を卒業させた私のクラスの生徒3人にたまたま会って,東大の入試問題の話になった。 意見が一致したところは,やはり東大の問題は良問が多いということである。 良問の定義は様々であろうが,「基礎的な知識と技能,それなりの思考力と表現力があれば解くことができる問題」と呼べるだろうか。 知識問題=「知らなければ解けない」という印象を持っている人が多いと思うが,いくつかの知識を組み合わせれば,出 [続きを読む]
  • 【特別警報】 小中学生にもできること
  •  毎年のように「記録的大雨」が続くようになると,「平均雨量」にも変化が見えるようになってくるでしょう。 今年は,広範囲にかけての警戒が必要ですが,被害を避けるための情報はピンポイントで必要です。 テレビの情報待ちではなく,気象庁が発表している内容をスマホで見ることができる小中学生は多いでしょう。                     (気象庁HPより) 広島県の中部から東部にかけての河川が心配で [続きを読む]
  • 子どもの心が読めない大人の悲劇
  •  教師の中にも,ごく稀に子ども心が全く読み取れない人がいる。 子どもにはそれがわかるから,ある人はからかいの対象となり,別の人は「利用する」対象となる。完全にコミュニケーションが取れなくなる場合もある。 会話をしながら相手の心がつかみ取れる人は,道徳の授業などバカらしくてやってられなくなるかもしれない。 授業で建前を言い合ったところで,実生活には何の役にも立たないことが「お互い」にわかっているから [続きを読む]
  • 「根腐れ組織」を「根絶やし」にする狙いか
  •  特ダネは,ただ早ければよい,というものではない。 「出すタイミング」も大事。 「こんな組織に入るなんて,恥ずかしい」と思わせる狙いを感じる。 将来の「人材」を根絶やしにして,思い通りに操れるようにすることが狙いなのだろうか。 一方で,「どうして今回はバレたのだろう?」「バラされるはずがない話なのに」と呑気に考えている人がいるかもしれない。 海外に向けて,「恥ずかしいニュース」が流れ続けている。  [続きを読む]
  • 「だれにも止められない子ども」をどうするか?
  •  親にも止められない,学校の教師にも止められない,事故を起こすまで,警察にも止められない,そういう子どもをどうしたらいいのか。 私の父親は保護司をしていたので,「そういう子ども」たちを私もよく見てきた。 「どうしてこの子が?」という印象の方が,「なるほどこの子がね」という感じよりも強い。 大きな問題があって,周囲が騒いだ後は,しばらくの静寂が訪れるが,油断した途端に再び噴火が起こる。この繰り返しの [続きを読む]
  • 不道徳の見本としての日本サッカー
  •  こんなタイトルで記事を書くと,サポーターから何をされるかわからない怖さもありますが,ゲームでは必死にブーイングされていた方もいらっしゃいますし,朝日新聞デジタルでも紹介されていましたから,「決勝トーナメント進出」という目的のために「規範破り」を実行した日本代表とそれを指示した代表監督への批判があることについて,ふれておきたいと思います。 「道徳」的に言えば,アウトでしょう。 フェアプレー・ポイン [続きを読む]
  • 「キレる親」をどうするか
  •  「キレる人間」を容赦なく攻撃できる時代になった。 しかし,現実の社会では,直接的な行動は取りにくい。 目の前で,親が異常な勢いで子どもを叱っている場面を見たとき,人はどう思うだろうか。 親に注意できる人間がいるだろうか。 子どもに優しい言葉をかけることができる人はたくさんいるかもしれないが, 「異常な怒り」に震えている大人にかける言葉を持っている人は多くはないだろう。 隣の家で,激しい子どもの泣 [続きを読む]
  • 子育てが上手くいかないのは当たり前
  •  子育てが満足にできない「親」が増えていると嘆く,自分も子育てが上手くいっていない教師がいる。 「お互い様」である。 誤解を招くかもしれないが,私のそれほど広くなく長くない教員生活で,「子育てが上手くいっている」ように見える教師の子どもはとても少なかった。「問題児」もいたし,「不登校」もいた。 教師という職業が,いかに「過酷」なものかがわかる話かもしれない。 教師だけでなく,医者も特に子育てに苦労 [続きを読む]
  • 集団による「いじめ」と個人による「いじめ」の区別がつかない人がいる
  •  長く教員をやっている人の中にも,集団による「いじめ」と個人による「いじめ」の区別がつなかい人がいます。 子ども社会と同じように,職場にも教員社会にも,子どもの「いじめ」に当たるような現状は起こります。 大人の場合,「いじめ」加害者になる側に,「罪の意識」などはありません。 だれが悪い,何が悪い,これが原因だ,と言い切るタイプの人間には,「いじめ」が起こるメカニズムは絶対にわからないでしょう。こう [続きを読む]
  • 自分で自分を誠実だと言える力は必要か?
  •  日本の道徳教育には,欧米の常識とバッティングする部分があります。 「誠実であろう」とする態度や気持ちが大切であることは教えますが, 「自分は誠実である」と宣言するような姿勢は重視しません。 そんな態度の子どもを見たら,「言葉を慎みなさい」とか,「態度で示していれば,言葉にしなくてもよい」などという声かけをします。そんなことなら,道徳なんてやる必要はない,という意見も全くその通りなのですが,「不遜 [続きを読む]
  • 日本サッカーの「壁を越える力」
  •  セネガル戦には,大勢の日本人サポーターが駆けつけたということである。 今大会の最大のツボは,初戦の開始早々,日本が得点を決めたことにある。 しかし,ただラッキーなだけではなかったことが,セネガル戦で示されたと指摘する人が多い。 2度リードされたが,どちらも追いついた日本チーム。 試合内容としては,むしろ日本が勝っていたとセネガルのメディア関係者が語っていた。 日本サッカーが本当に「壁を越えた」の [続きを読む]
  • 部活動で人間性を高めた人が,教員になっていないということですか?
  •  そういうことかもしれませんね。 残念ながら。 昔は,大学で部活動に精を出していた人でも合格できたのが教員採用試験でした。 授業に出てなくても,単位がとれたんですから。 今は,大学で教職に必要な単位をとるのがやっとの,バイト経験もない人しか,教員になれないのでしょうか。 いいえ,大学で真面目に授業に出て,知識や技能も指導力も高い人しか,教員になれないのです。 ただ,部活動は,やる気がないんです。経 [続きを読む]
  • チェック段階でも間違える場合,どうしたら「正しい」結果が出せるのか
  •  サッカーでは「シミュレーション」という用語を使っているようだが,要するに「インチキ行為」に当たる動作で自分のチームを有利に導く「技」が認知されてしまっているスポーツでは,「ビデオ判定」を望むこともないだろう。 広いフィールドなのに,わずかな数の審判で判定しなければならないのはつらい。 サッカーの「シミュレーション」は,私から見れば,書店やスーパーでの万引きと同じようなものである。 判定は判定とし [続きを読む]
  • 全国の「ブロック塀」問題
  •  尊い命がまた地震によって奪われた。 「その命は奪われずにすんだはずだ」という声は,どんな災害でも,必ず上がってくる。 あのブロック塀は,明らかに「高すぎ」だった。 「目隠し」目的で継ぎ足したブロックの代わりに,もともとあった「金網」にシートをつければよかったはずだ,ということは後になって考えれば,だれでも思いつく。 「業者の点検によれば,安全だった」のならば,「安全」の基準が間違っていたことにな [続きを読む]