税理士・世利 さん プロフィール

  •  
税理士・世利さん: 世利の、まぜこぜブログ
ハンドル名税理士・世利 さん
ブログタイトル世利の、まぜこぜブログ
ブログURLhttp://www.seri-tax.jp/blog/
サイト紹介文福岡の、中小企業と個人事業に強い税理士が、税金・経理・総務の話、本の話、その他色々書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2013/09/23 10:16

税理士・世利 さんのブログ記事

  • (さらに続き)業務独占⇒ブラックボックス
  • 福岡市の税理士・世利です―― よくある対応策としては、詳細なマニュアルを作ってもらうこと。……マニュアル作成は、認知・能力の把握にも有用です……ただしこれも、あえてポイントを伏せる可能性があります。 根本的な方策は、経営者の〔決心〕だと私は思います。創業期、会社が小さなときからともに歩いてきた社員は、多少のことがあっても、終身雇用しようとする決心。それが人件費のバランスに影響を及ぼしたとしても、 [続きを読む]
  • (続き)業務独占⇒ブラックボックス
  • 福岡市の税理士・世利です――■創業期の入社組と、発展期以降入社組との違い求人を出しても数人しか応募がなく、即時採用した創業期。対して発展してからは、応募者の質・量に格段の差があります。応募者3人で、3人とも採用された内の一人なのか。応募者100人で、3人採用された内の一人なのか。創業期に入社した人の中には、あとからの入社組に対して強い警戒心を持つ人がいます。それもわからないではありませんが、情報開 [続きを読む]
  • 業務独占⇒ブラックボックス
  • 福岡市の税理士・世利です――いつの間にか業務がその人、またはその部署に独占され、ブラックボックスになってしまう。成功した創業企業でよくみられるケースだと思います。属人化は何故起きるのでしょう。理由は多々あるのでしょうが、根底にあるのは、〔不安と不信〕だと思います。そしてうまれるのが〔保身〕。■創業社長が気分屋で、朝令暮改、コロコロ変わってしまう。……だからこそ赤字の時期に耐え、資金繰りに立ち向かえ [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -169
  • 福岡市の税理士・世利です――[4泳法Again]カナヅチから4泳法へ加えて足首のストレッチ。(これが後々、平泳ぎのキックにとても役立ちました)お風呂あがりに正座をして、その状態のまま、上に脚を持ち上げるというやり方です。座ったついでに、他のストレッチもしたので一挙両得?……ストレッチは面倒ですが、ひとつやると他のもやりたくなります。大人が何かを始めるとき、「かっこ悪い」は結構なハードルです。自宅でなら [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -168
  • 福岡市の税理士・世利です――[4泳法Again]カナヅチから4泳法へ自宅では鏡の前で、ストロークの形と姿勢の練習。水泳で(他のスポーツでもそうだと思いますが)いかに姿勢が大切か。本を読んでもネットの情報でも、姿勢、姿勢、姿勢。姿勢を保つためには、実は筋力が重要で、腹筋や背筋がある程度ないと姿勢が保てないということは、随分あとになって知りました。(そんなことも知らず……)しかし、とにかく姿勢が重要そう! [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -167
  • 福岡市の税理士・世利です――[4泳法Again]カナヅチから4泳法へコースでできる練習は限られています。陸上でできる練習があれば陸上で、水中ウォーキングでできる練習があれば、ウォーキングしながら。下半身の動きはもちろん無理ですが、上半身なら動かせます。自己練習では、キックで四苦八苦しているときも、集団レッスンはどんどん先に進みます。……私が当時行っていたスポーツクラブは、初級で、3ヶ月を目処にプログラ [続きを読む]
  • (さらに続き)経理・総務の情報資産は、
  • 福岡市の税理士・世利です――組織内で共有すべき情報、職位によって知るべき情報、なるべく情報格差は最小限にすべきですが、〔紙〕ではなく、データだと情報の持ち出しが容易です。金銭なら、現金事故を防ぐための対応策をとっているはずです。同様に、情報についても注意深く扱う必要があります。情報管理規程を実際につくるかどうかは別として、細部までつめて論議しておいたほうが良いと思います。ところで「ウチの経理・総務 [続きを読む]
  • (続き)経理・総務の情報資産は、
  • 福岡市の税理士・世利です――中小零細企業では、部署はそれほど細分化していません。○○兼△△兼□□はザラです。私も、一人経理で総務もやり、多少は法務もやり、あれもこれもという経験が相当の期間あります。幅広く業務を経験したのは、今でも役に立っています。……しかも、むか〜しはすべて手書き、手計算。書いていて、総勘定元帳の貸借が合わなかった思い出が!分厚い元帳が二冊! 悪い夢をみそうです……。あらゆる情報 [続きを読む]
  • 経理・総務の情報資産は、
  • 福岡市の税理士・世利です――近年耳にする言葉「情報資産」情報そのものだけではなく、情報機器、システム、人的資源、かなり多岐にわたるようです。では、経理・総務の情報資産は?中小零細企業においては、経理は、会社の財務・経営情報をすべて把握し、総務は、会社の「人」に関する情報をすべて把握する、そういうケースがほとんどだと思います。経理と総務を一緒にしている場合も多いようですし、もっと小規模なら、営業事務 [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -166
  • 福岡市の税理士・世利です――[4泳法Again]カナヅチから4泳法へドリルを数種類とビート板キック。交互にやって、全部あわせても300メートルくらいの練習で、あとは水中ウォーキングをしていました。かなりの期間、これだけをやり続けましたが、水中ウォーキングのときにも、ただ歩くだけではなく、水泳の上半身の動きを意識していました。傍からみると、?だと思いますが、ストレッチにもなります。ドリルは、集団レッスン [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -165
  • 福岡市の税理士・世利です――[4泳法Again]カナヅチから4泳法へ気をつけキック、今でも好きなドリルです。腕を動かさないので、キックに集中できます。ただし、まだそのまま前で息継ぎなどできないので、数メートルで立って息継ぎし、また〜の繰り返しです。力を抜く、が一応できていれば、これは容易な練習です。上半身はただ水底をみているだけで何もしませんから、下半身の自分の動きが、とてもよくわかります。キックの練 [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -164
  • 福岡市の税理士・世利です――[4泳法Again]カナヅチから4泳法へプールへ行ったら、とにかくビート板キックと決めて、音に集中しながら100メートルはやりました。(笑われそうですが、それが精一杯で……)それとは別にドリルをいろいろ。キックなら、片手キックや気をつけキック。片手キック、一応できました。なにしろ浮くのは得意ですし、力を抜くも少しはできています。しかし、沈む、沈む。何をしているんだろうと周り [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -163
  • 福岡市の税理士・世利です――[4泳法Again]カナヅチから4泳法へ・その22延々と少しずつ「太腿から」をやっている最中も、集団レッスン、たまに個人レッスンも受けました。あとから思えば、キックだけが上手になるのは無理で、ほかも少しずつ改善されて、キックも出来るようになったようです。レッスンでは、板なしキックもやりました。浮くのは皮下脂肪のおかげか得意ですし、呼吸がくるしくなったら立つので、一応できまし [続きを読む]
  • 切れ離れのいい人
  • 福岡市の税理士・世利です――〔切れ離れのいい人〕気前が良いという意味もあるようですが、現実の使われ方を考えると、〔執着しない人〕のほうが合っているように思います。潔くてとても好きなこの言葉、最近耳にしなくなりました。何を大切にして執着するのか。切れ離れよくしていられるものは何か。これは生き方そのものだと思います。年をとるほど、両手に持てるものは限られます。幼いころ、海でよく見かけたヤドカリでも、欲 [続きを読む]
  • 意地と意固地
  • 福岡市の税理士・世利です――意地を通す、は良い意味でも使われます。意固地になる、これは頑なになるのでよくありません。言葉は本当に考えられていると思います。意地が固くなって、意固地。意固地になれば、視野が狭くなり、柔軟性を失います。企業・組織に順応・適応すると、いつの間にか客観的な捉え方ができなくなったりします。中小企業で、中途採用の社員がはいってきたら、実は既存社員にとって視野を広げるチャンスです [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -162
  • 福岡市の税理士・世利です――[4泳法Again]カナヅチから4泳法へ・その21ビート板キック、音を聞きながらやってみました。ピッシャンピッシャン。やはり、これはどうも違う感じ。あとは試行錯誤を延々と繰り返すのみです。顔を上げてやるようにしたので、恐怖感はありません。ビックリするほど進みませんが、ちゃんと泳げない初心者練習コースを使っていますから、途中で立っても、くじけて歩いても、マナー違反ではありませ [続きを読む]
  • 草笛光子:〔いつも私で生きてゆく〕
  • 福岡市の税理士・世利です――大変失礼ながら、この文庫を書店で見たときは「このタイトルは???」と思ってしまいました。〔なりたい自分〕だとか、〔私らしくありのままで〕だとか、そういう感じかと受け取ってしまいました。それでも購入したのは、ただただ好きな女優だからで、御年八十五歳。最近出版されたスタイルブックでも表情が豊かに美しく、カッコいい。そして読後。このタイトル以外にない!私は残念ながらTV・映画で [続きを読む]
  • えっ、あの人が!の法則
  • 福岡市の税理士・世利です――随分昔に読んだ本に、「不正を働く人間は、人生をかけてやっている。見抜くほうにも同じ覚悟が必要だ」とありました。企業においては、金銭関係の不正が多いと思いますが、「えっ、あの人が?」と、よく言われるのは確かです。その不正を働くために細心の注意を払い、時間とエネルギーと情熱を費やし、まさに人生をかけてやっているからなのでしょう。表向きを巧みに取り繕いますから、上層部の目には [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -161
  • 福岡市の税理士・世利です――[4泳法Again]カナヅチから4泳法へ・その20音、という情報を得たサイトに、「腰掛けキック」についても詳細が記述してありました。コースエンドに腰掛けて、脚だけキック。うまくやれていない→あちこちシブキが飛ぶうまく出来ている→噴水のように、ゴボッゴボッと泡があがるそのコースに誰〜もいなくて、かつ、プールがガラガラの日にやってみました。見事にシブキがあちこち飛びます。パッシ [続きを読む]
  • ほぼ茶碗蒸し、のレシピ
  • 福岡市の税理士・世利です――好きでも、なかなか作らない茶碗蒸し。・具にそれぞれ火を通したりして、冷ます・出汁を作って、冷ます・冷めたら卵と混ぜ、濾して、具を入れて蒸すこの〔冷ます〕が2種類あるので延べ時間が必要なうえ、濾し器を使い、〔蒸す〕があるので蒸し器まで使い、食器も普段使わないので棚の奥からひっぱり出す。いろいろ面倒な割に、あくまで添え物おかず。最近、一応茶碗蒸し、というレシピを思いついたの [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -160
  • 福岡市の税理士・世利です――[4泳法Again]カナヅチから4泳法へ・その19自分のキックが、飛沫がビシャビシャ四方八方に飛び散る、そういうキックだとは認識できました。なにより、コーチにかかったしぶき!同じような他の人を見て「ああ、私のもこれだ!」キックのしぶきも二通りあって、・キチンと太腿から打っていて、スピードが出ている良いしぶき・膝から下だけで打っていて、なんにもならない?迷惑なしぶきこの区別も [続きを読む]
  • 姫の領分
  • 福岡市の税理士・世利です――日本の四季には、それぞれ姫様がいらっしゃるそうです。春は佐保姫、夏は筒姫、冬は宇津田姫、そして酷暑をやっと乗り越えた、秋は錦秋の女神、竜田姫。竜田姫といえば竜田川。竜田川といえば在原業平。「ちはやぶる 神代もきかず竜田川からくれないに水くくるとは」そしてそして、おいしい竜田揚げ!これも紅葉になぞらえたのが語源のようで、なんてハイセンスなネーミング!……でも、紅葉のように [続きを読む]
  • 決定権と愛社精神
  • 福岡市の税理士・世利です――職務権限規程のある中小企業は、どのくらいの割合でしょうか?年商が10億超えているのに、数千円の経費を、代表取締役が決済していた企業を数社知っています。私自身、経理部門の管理職をしていたのに、文具購入の決済権さえなかったこともあります。それは社内のモチベーションをアップするでしょうか。それは経費削減につながるでしょうか。それは営業利益を増加させるでしょうか。私の経験では、 [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -159
  • 福岡市の税理士・世利です――[4泳法Again]カナヅチから4泳法へ・その18ビート板キックの方法は、自分なりに決めました。そして大命題は「太腿から打つ」これがわからない、わからない、サッパリわからない。コーチは、「ムチがしなるように」「脚をやわらかく使って」「膝から下だけで打つのではなく、太腿から」「ホントはさらに上、腰から動かします」どのコーチも、判で押したようにおっしゃいます。しかしこちらは、? [続きを読む]
  • 厄災と酷暑の夏が過ぎ、
  • 福岡市の税理士、世利です――地球に優しく、どころか地球は厳しく、人が健気に生きていても、厄災は容赦がありません。災害が次々に人の日常を奪った夏でした。朝起きると、まずiPadを使うのですが、ニュースが○件、などとアプリに表示されていると、開くのが怖くなる夏でした。災害で死傷者の数字が増えていくと、その数字の一人ひとりに、大切な人があり、大切に思ってくれる人があり、それぞれにとって、それぞれの生が、唯一 [続きを読む]