税理士・世利 さん プロフィール

  •  
税理士・世利さん: 税理士・世利の、岡目八目
ハンドル名税理士・世利 さん
ブログタイトル税理士・世利の、岡目八目
ブログURLhttp://www.seri-tax.jp/blog/
サイト紹介文福岡の、中小企業と個人事業に強い税理士が、税金・経理・総務の話、本の話、その他色々書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2013/09/23 10:16

税理士・世利 さんのブログ記事

  • 危険! 経営者の思い出づくり
  • 福岡市の税理士・世利です――会社の私物化。このワナにかかる経営者が、間々いらっしゃいます。同族企業なら、経営者イコール大株主の場合がほとんですから、確かに”自分のもの”といえます。しかし当然ですが、経営者だけで会社は成立していません。従業員がいて、従業員の家族がいます。皆の今後の人生がかかっています。成功し、経営者がある程度の年齢になったときに、「これを集大成に」「これがやりたかった、夢だった」な [続きを読む]
  • 目標・ハーフマラソンへの遠い道 16、
  • 福岡市の税理士・世利です――よかったことのさらにさらに続き。暑さにも寒さにも強くなります。なにしろ、真夏でも走ります(熱中症対策は万全)真冬でも走ります(雪がちらついても走ればポカポカ)途中で雨が降っても走ります(多少なら大丈夫)健康のために走っていて、救急車を呼ぶ羽目になっては本末転倒でカッコ悪い!ので、決して無理はしません。それでも、「雨上がりの緑はこんなにキレイ」とか、「雪が天から湧いている [続きを読む]
  • 少数なら長期間だませる
  • 福岡市の税理士・世利です――少数なら長期間だませる、多数でも短期間ならだませる、多数を長期間だますのは難しい。何かで目にした文章です。確かに!会社はもちろん、色々な集まりで三人以上なら「組織」組織にあっては”少数を長期間だます人”が間々現れます。まったくの私見ですが、コワいのは男女を問わず、”弱さのアピールが上手な人”こういう人は”権力者の支援”を受けるのも上手で、これもやはり生き抜く才能なのだと [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -126
  • 福岡市の税理士・世利です――[水泳で右往左往 14.]……平泳ぎ、40かき平泳ぎを始めた最初、数えてみたら40かきでした。ヒドイ!前呼吸ですから、浮けば進む、という点では、取り組みやすい泳ぎ方です。でも実は相当難しい、テクニカルな泳ぎ方だと思います。キックが独特なのはモチロンですが、力を抜く、正しい姿勢を取る、そしてのびる。これが出来ないことには、うまく進みません。クロールの息継ぎがうまくいかず、 [続きを読む]
  • ロクなことが……あらっ、ロクって?
  • 福岡市の税理士・世利です――ず〜いぶん昔でうろ覚えですが、市原悦子の舞台(井上ひさし作?)で、印象に残った台詞。「女一代、そんな口のきき方をしているようじゃあ、 ロクな月日は来やしないよっ!」『そうかあ、口のきき方、大事よね』と、若かりし私は胸に刻んだわけですが、さてそれが実践できたかどうかは……?ところで、この”ロク” あらっ、ロクってなんだろう?・最近、ロクなことがない・あんなことしてたら、ロ [続きを読む]
  • ”相乗効果”のつもりで”相互依存”
  • 福岡市の税理士・世利です――アリストテレス曰く、「全体は部分の総和に勝る」これを目指したはずなのに、往々にして逆になったりします。チーム○○、△△プロジェクト、部署を横断して作り、これで大丈夫! のはずが、・自分以外の誰かがやるだろう・悪い結果は自分以外の誰かのせい「みんなで合議で決めましょう」は素晴らしいのですが、その動機が「責任回避」では目も当てられません。相互依存・責任転嫁が横行し、誰も決断 [続きを読む]
  • 目標・ハーフマラソンへの遠い道 15、
  • 福岡市の税理士・世利です――よかったことのもうひとつ。自分の体・体調に敏感になります。ちょっと体重が増えても、重く感じ、ちょっと睡眠不足でも、走りづらい。なにしろ、いくら風景を眺めているにしても、走っている間はヒマですから、手、足、身体、すべての変化にすぐ気づきます。そしてさらにもうひとつ。気がかりでずっと頭の中にひっかかっていること、その問題解決のアイデアがわきます!どういうわけか、ピン!とひら [続きを読む]
  • おばさんの流儀〔いまごろ気がついた〕
  • 福岡市の税理士・世利です――・バターを冷蔵庫にしまうとき箱のまま冷蔵庫に入れていました。あの銀紙もそのまま。使うときは銀紙をそっとめくってバターナイフで。使いづらい! 銀紙が変に破けたりして気になる。ですが、そういうものだと思い込んでいました。ある日、「最初に全部切ってから、しまっておけばいいんじゃない?」包丁で適当に、サイコロ状に切ってからタッパーに。使いやすい! 我ながら目からウロコが。・茶葉 [続きを読む]
  • 宝くじが当たったら、会社どうします?
  • 福岡市の税理士・世利です――いつの間にか賞金がスゴイ額になっている宝くじ。会社員の方で「宝くじが当たっても、私は会社を辞めない」という方、どのくらいいらっしゃるでしょう?会社に所属していても、設計や研究をされていれば、引き続きやろう!と思われるかもしれません。けれど、大多数のごく一般的な”会社員”は……。生きていくために働く方法は、3通りです。①誰かに雇われる側になる②誰かを雇う側になる③一人で仕 [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -125
  • 福岡市の税理士・世利です――[水泳で右往左往 13.]……ブレーキとアクセルとりあえずなんとか泳げます、というレベルで言うのは気が引けますが、バタフライは”体のうねり”がポイントのように思います。(あくまで、結果的に、自然に発生するうねり)そのために、バタフライの〔イルカとび〕は大切な練習です。特に大人になってから始めた人は、この基本中の基本を繰り返しやった方が良いと思います。イルカとびができてこ [続きを読む]
  • 「随所に主となれば〜〜」
  • 福岡市の税理士・世利です――「随所に主となれば、立つところ皆真なり」禅語ですけれど、とても好きな一文です。意味は、私なりの解釈では、「主体性をもって生きよ」情報があふれかえっている現代こそ、周囲に惑わされないために大切だと思います。協調と付和雷同は異なり、尊敬することと盲従してしまうことも異なります。なんにおいても、あるときには孤独・孤立を恐れない気概をもちたい。世情騒がしき昨今、目をみ開き、耳を [続きを読む]
  • 目標:ハーフマラソンへの遠い道 14、
  • 福岡市の税理士・世利です――ところで、走ることの効用。数多くありますが、まず何といっても、気分が前向きに!脳のどこだかがどうでああで……と夫に教わりました。器質的に、走るととにかく脳が活性化するようです。それはもう、毎回実感します!悩みがあっても、腹がたつことがあっても、走ればスッキリ!走っている最中から、どんどん前向きで明るい気分になります。まして春・秋は、風は心地よく、風景も美しく。もう少しで [続きを読む]
  • 白井明大:〔日めくり七十二候〕
  • 福岡市の税理士・世利です――詩人・白井明大が教えてくれる”365日”文がよくて、絵もよくて。季節の味覚、行事、折々の詩歌もふくめて、日本の四季が贅沢に紹介された一冊です。”今日の日付”のページをよく開きます。今日、9月14日は日本酒・ひやおろしについて。……初秋の日本酒、いいですね。次の日が中秋の名月、その翌日は「月見どろぼう」について。詩人の言葉には、あたりまえですが、ひとつの弛みも澱みもありま [続きを読む]
  • コワいお知らせ、給与差し押さえ
  • 福岡市の税理士・世利です――すぐに差し押さえるわけではありませんが、私が経験したなかで多かったのは、従業員の”住民税の滞納”によるものでした。……住民税は後払いですから、会社を退職したあと、失業期間中に滞納してしまうケースがほとんどでした……例えば、昨年中途入社した社員がいたとして、今年の1月には当然、”給与支払報告書”を当該役所に出します。アラッ、コノヒト、ここで働いてる!と役所が思うかどうかは [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -124
  • 福岡市の税理士・世利です――[水泳で右往左往 11.]……ふたたび、誤解していましたビート板キック以外のドリル。大好きでした。片手クロールや、気をつけキック。特にクロールの息継ぎで四苦八苦していたころは、とりあえずドリルなら、途中で立っても自然です。息継ぎして続けなくても変じゃない!のでキラク。練習した気分にもなれます。なにしろ当時は、「今日も出来なかった」「永遠に息継ぎできないの?」と、へこたれ [続きを読む]
  • 嫌いな人は褒めておけ
  • 福岡市の税理士・世利です――はるか昔に読んだ、有吉佐和子:〔木瓜の花〕……〔芝桜〕のいわば続編です。この中に出てきた台詞がコワくてコワくて。まったくうろ覚えですが、意味としては、「嫌いな人間は褒めておくに限る。そうすれば勘違いして、そのうち自分で勝手に転ぶ」なんてコワい真実。少しは長く生きてきて、人を誤らせる最大のものは、〔傲慢〕だと思っています。「お世辞は嫌いだ。そんなもの自分には通用しない!」 [続きを読む]
  • 中小企業個人事業の総務・給与・年末調整 -69
  • 福岡市の税理士・世利です――■総務業務 -38 (終)総務は会社の女房役、と昔はよく言われていました。現在はどうでしょう?地味ですがなくてはならない役割です。いわば潤滑油で、なくては会社が回りません。しかし表舞台には立たず、スポットライトは浴びず、あくまで裏方でヒッソリ。役員についても従業員についても、”個人に関する情報”を一手に掌握しますから、守秘は必須!たまに”王様の耳はロバの耳”とやりたくなり [続きを読む]
  • 目標ハーフマラソンへの遠い道 13、
  • 福岡市の税理士・世利です――呼吸は好きにする、と決めて、さてフォームのうち、すぐに気になったのは”着地”でした。何しろヒザの故障が心配なので、着地は重要です。たまたまTVで、スロージョギングというのを見たとき、「つま先から〜〜」と言っていたようでした。やってみましたが、どうもうまく行きません。足の爪が2カ所、真っ黒になってしまいました。おそらく私のやり方がまずかったのだと思います。ある本には「まっす [続きを読む]
  • ハネカクシの研究
  • 福岡市の税理士・世利です――昆虫は大の苦手ですが、以前何かで目にした〔ハネカクシの研究〕羽を瞬時に収納し、瞬時に開いて飛び立つ、昆虫界一のノウハウだそうです。自然にあるものを、人はついに超えられない。”色”はすべて自然にあったものだそうですし、技術もそうなのかもしれません。では、未だ見ぬ深海には想像を絶するものが?!ヒアリの恐怖が喧伝されていますけれど、向こうに言わせれば”人類が新参者”どんな昆虫 [続きを読む]
  • ”先送り”が好きな人
  • 福岡市の税理士・世利です――会社の中で、何でも先送りする人がよく口にする言葉。・部署に持ち帰って・仕切り直しで・ゼロベースであらまた持ち帰り? 何度目でしょうか……仕切り直しって、仕切り直したから議論しているのに……ゼロベースって今さら、カタカナ使えばいいってものじゃ……この癖、私の知っている限りでは直りません。なぜ直らないか?周りが困り果てて、周りがなんとか解決するからです。本人は、おなじみの言 [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -123
  • 福岡市の税理士・世利です――[水泳で右往左往 12.]……泳ぎ方がこんがらがるほんとうにシッカリ泳げるかたにとっては、そんなバカな!と言われそうですが、平泳ぎとバタフライがこんがらがることがあります。特に、しば〜らくプールから遠ざかったあと。平泳ぎをしようとしてバタフライのようにキックをしたり、バタフライをしようとしてキック無しにしたり。もちろん最初だけです。(そうでなければ、年齢からいって他の問 [続きを読む]
  • 情報の力が変えるもの
  • 福岡市の税理士・世利です――伝播させる力はともかくとして、誰でも”発信”ができるようになりました。わざわざ自分のサイトを作らなくても、ブログを書かなくても、SNSで”発信”は容易にできます。そのリスクももちろんあります。半永久的にネット上をさまよう”自分が発した言葉”ちょっとそら恐ろしい気がします。はるか江戸時代などには、”落首”があって、この伝播力もかなりのものだったようです。いつの時代も、為政者 [続きを読む]
  • 中小企業個人事業の総務・給与・年末調整 -68
  • 福岡市の税理士・世利です――■総務業務 -37求人・面接・採用32(中小企業・中途採用の場合)提出物=雇用保険被保険者証、年金手帳。これで多い問題は、仕事にブランクがあった場合などです。・転居による住所変更、結婚による氏名変更、を放置しているケース。・現物を紛失してしまっているケース。現在はデータベースがしっかりしていますから、手続きは容易です。余談ですが、雇用保険被保険者番号、基礎年金番号、マイナン [続きを読む]
  • 目標ハーフマラソンへの遠い道 12、
  • 福岡市の税理士・世利です――やっとようやく、15分なら走れます、になったので、公道を走ってみよう!と思いたちました。走ってみました。挫折しました。あたりまえですが、人が歩いていて、モノがあって、車も走っています。普段は歩いて目にしているそれらが、走っているので、ビュンビュン通りすぎてゆきます。(亀より遅いくらいでしたが体感としては……)風景が流れる速さに驚き、コワい!  無理!すごすごと公園に戻り [続きを読む]
  • バルブの王国
  • 福岡市の税理士・世利です――事務所で熱帯魚を飼っています。昨年も繁殖したゴールデンバルブは、今年もチビが九匹育ち、王国が築かれそうな繁栄です。以前からいる大人の三匹は、食事以外はほとんど泳ぎもせずに物陰で休みっぱなし。「ごはんは、探さなくてももらえる〜♪」とシッカリ学習したようです。(魚もカシコイ)チビたちはまだ学習していませんし、育ち盛りですから、ずっと泳ぎまわっています。するとそれに触発される [続きを読む]