麻の葉 さん プロフィール

  •  
麻の葉さん: 古布や麻の葉
ハンドル名麻の葉 さん
ブログタイトル古布や麻の葉
ブログURLhttps://asanokofu.exblog.jp/
サイト紹介文古布藍染木綿で洋服、バッグなど製作しております。古布に魅せられた暮らし手づくり4に掲載されました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供380回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2013/09/24 20:08

麻の葉 さんのブログ記事

  • あぁ!スマホ
  • 今までも数々スマホに泣いて来ました。もう直ぐ購入して2年になるので、バッテリーの加減か充電をしょっちゅうしなければならない。新しいスマホに変えると今のさえやっと使っているのに又覚えなくてはならない。バッテリー交換にドコモショップを訪れる。話を聞くと修理は10日〜2週間かかり預ける時は初期化にしなければならない!!今と同じスマホに交換は出来るか聞くと「出来ます」良く聞くとや... [続きを読む]
  • 遊庵にて ちくちくの集い 3
  • 参加者のワンピースを解いて、裏に布を当てちくちく補修お客様が提げてきたマカロン型葡萄籠見覚えがあるね〜遊庵の店内はお宝の山襤褸コート売約済襤褸ジャンパースカート沢山の作品が並んでいてどれも撮影したいけれど、編集でヘトヘトになりそうなので少しだけ。襤褸プルオーバーもう少し黄土色です。襤褸刺し子風呂敷よりパンツ遊庵さんもインスタ... [続きを読む]
  • ちくちくの集い 2
  • 襤褸パンツのほつれをちくちく中繕い完了上の方が穿いて来た遊庵作 襤褸パンツ道中合羽の台形を上下交互に逆さまにして四角の布にして制作縫い合わせを表側にしてあります。斬新!後ろ側藍返しの型染のポケットカッコイイね!遊庵さんの作業スペースの床には襤褸のお宝が転がっています。 [続きを読む]
  • 遊庵にて ちくちくの集い
  • 久々のちくちくの集い参加者と遊庵のお客様と古布談義に盛り上がる。午前中は試着したり布を見たり、おしゃべりしたりで、座って針を持つどころではありません。油単からのフレンチ袖ワンピ試着クラフトえんさんのチョーカーとブレスレットこの方が着て来た鯉のぼりワンピース赤のベストに以前買って下さった蚊帳オーバースカートあけびに葡萄を絡めた籠バッグ... [続きを読む]
  • パソコンもスマホも使っているけれど
  • 夕方パソコンを見ていたら突然、バ〜ンと真ん中に文章が出て来て、音声が流れた。あなたのパソコンはセキュリティで守られていません。専門用語が何チャラこうチャラ......解決するにはこの番号に今直ぐ電話を.....こちらで解決方法を指導します。その間にも音声はずっと流れ、パソコンの電源を切らないで下さい.....書いてある03発信の番号に電話をする。相手が出ると日本語... [続きを読む]
  • 大江戸骨董市
  • いつものオシャレマダム2人「映しても良い?」声を掛けるが、話に夢中で気づかない。もう勝手に映しています。籠好きは幾つあっても又欲しくなる。下画像いつも全身襤褸のこの方「あれ!今日はどうしたの?」「○○だから」フムフム本日の状況を先読みですね!シンプルな濃い藍のワンピースにアクセサリーでさりげなく青森より襤褸ワンピース裾のラインが斜... [続きを読む]
  • 大江戸骨董市
  • 隣に出店の長野より、藍ちくちく日記さんhttps://kkuroneko5.exblog.jp/葡萄バッグも襤褸帽子も売れて行きました。らくやさんhttp://ameblo.jp/kofuraku/斉藤慶子さんhttps://nunonuuno.exblog.jp/26804154/持ち手が金具の個性的な葡萄籠集まると古布の話で盛り上がる。寝不足... [続きを読む]
  • 大江戸骨董市 5月
  • 先月が雨で中止でしたので2ヶ月振りの出店夜何故か寝付かれず、2時過ぎまで布団の中で寝返りをうったり、腹式呼吸をしたりその内寝付いても4時の目覚ましで起こされる。体調不良 (:_;)これで真夏日の様だったら、熱中症になりそうでしたが、会場は冷たい風が吹き抜け、寒さで膝が小刻みに震える。そんな事はお構いなしに、会場は古布ファッション 襤褸ファッションの皆さんの凄いパワーであふれてい... [続きを読む]
  • 裂き織りに当て布
  • イベントから戻り、疲れで大した事をしないまま水曜日です。途中になっていたマットに縁を付けました。これから当て布にチクチク刺していきます。黄色の格子布団皮が可愛い!子供の頃こんな布団で寝ていたな。 [続きを読む]
  • 古布を楽しむ会in宇都宮 2
  • インスタで知り合った@haha325_yさん自作の葡萄籠に襤褸を付けて斜め掛け山葡萄のアクセント付き財布山葡萄下籠にちくちく刺し子ポーチ分かりづらいですが、細かな刺し子がびっちりのパンツ一日30分ずつ刺し進めた大作端切れを合わせてちくちく刺し子バッグ会場を4時半に出て、東北道に佐野辺りから久喜まで所要時間70分の渋滞... [続きを読む]
  • 古布を楽しむ会in宇都宮
  • 八戸よりでがい商店毎回用意されるこぎん夜着筒描き主催者のくのいち工房状態の良い対馬麻丸紋の筒描きが上品です。贅沢な津軽のつづれ刺し子からコート静岡より檳榔樹百花繚乱の縮緬子供祝着麻の葉ブース筒描きも用意しました。静岡よりもち乃木科布の暖簾入口より右側がもち乃... [続きを読む]
  • 裂き織り 2
  • 搬入日の前日、午前に洗濯をして午後乾いたので、やる気の勢いで裏を貼りしつけを掛ける。昭和の布団皮使用傷箇所に当て布待ち針で留めたらミシンでガ〜この所ずっとテンションが上がらない日々でしたが、久々のやる気!後はイベントから帰って来て縁を付けます。 [続きを読む]
  • 裂き織り
  • 宇都宮の準備に倉庫の下をガサガサしたら、出て来た。色目も悪い 襤褸とも言えない単なるボロ取り立てるセールスポイントも思い当たらない裂き織売れる気が全くしない!眺めていたらハタと閃く!そうだ当て布をして得意のちくちく刺し子を施し、小さなラグマットを作ろう。俄然やる気がわいて来た!!このやる気イベントから戻るまで続いてくれ! [続きを読む]
  • 北陸の浜着 糸ザックリ
  • この様なマニアックな物は、もう仕入れるまいと思っていましたが、良い具合にこなれて柔らかくなっているこれを見たら、買わずにはいられなかった!長年身についた性です。経糸が麻 横糸が木綿密に織ってあるので、経糸が見えない一見コージュロイの様な畝が特徴袖は木綿の絣 [続きを読む]
  • 護国神社 フリーマーケット
  • 護国に行く時は大体6時頃家を出て8時頃には帰るので、古布ファッションの方には殆ど出会わない。襤褸ギャザースカートを軽やかに着こなしている方声を掛けて撮影お願いしたら、知っている方でした。「スカートしか映したらダメよ」ウエストから下がった所でギャザー切り替え細縞の襤褸話をしましたら、ラビッシュオーナーの作でした。展示会の時に2番に並んで手に入れたそうです。ヤッパ... [続きを読む]
  • 藍無地 接ぎ合わせ
  • 洋服など作ると、使えない布が出る。片付けを兼ねてバッグを作ります。綿蚊帳を土台に待ち針で留めて行きます。全部埋まりました。グレーの糸でジグザグ継ぎ足し2枚出来ました。これ以上やると足がつる恐れがある。 [続きを読む]
  • チマチマと一人籠編み教室
  • 以前作った小物大きすぎて売れないこのまま置いていても仕方がないので、サイズを小さくします。この位のサイズなら買ってもらえるかな?あけびの乱れは2個完成した所で、やる気のスイッチが切れてしまった。左端はくるみの花結び。 [続きを読む]