アンティーク着物愛好会 さん プロフィール

  •  
アンティーク着物愛好会さん: 邸宅で見るアンティーク着物展
ハンドル名アンティーク着物愛好会 さん
ブログタイトル邸宅で見るアンティーク着物展
ブログURLhttp://yaplog.jp/kimonopatra/
サイト紹介文2017年11月3日-5日 邸宅で見るアンティーク着物展Vを文京区目白台、松聲閣にて催します!
自由文大正〜戦前は、アールヌーボー、アールデコが流行し、大正ロマンが花開いた時代。
その斬新なデザインを着物に取り入れ、また、卓越した染色技術や刺繍・織りの技術により、着物が頂点を極めた時代だと思っています。
 日本が誇る素晴らしい着物の文化を、多くの皆様に知っていただきたいと思い、アンティーク着物を愛してやまない着物友だちたち(中毒患者ともいう・・・)とこのイベントを企画しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/09/25 01:23

アンティーク着物愛好会 さんのブログ記事

  • 結果発表3
  • お待たせしました最後に総得票数による順位をお知らせします第1位バレンタインの華やかなピンクのコーディネートと冬のパーティの緑の振袖が同数でしたバレンタインのコーディネートは華やかアンティークでした合わせている帯はストライプに薔薇の刺繍。後ろ姿もパッと花が咲いたようでした同じく一位の緑の振袖は、彩色象牙の舞妓さんがつけるようなぽってりした帯留が逸品だったんですよ第3位第3位に滑り込んだのは羽織ありのト [続きを読む]
  • 結果発表2☆
  • 続いて「また見てみたい」部門です。同じく5位まで発表しますね第1位 シーン:冬のパーティ「着てみたい」部門2位の菊のお振袖が首位を奪還しました第2位 シーン:バレンタイン第2位になったのが「着てみたい」部門1位のバレンタインコーデ。次回発表の総合部門(合計総得票数)ではどちらが上なんでしょうか第3位 シーン:春を待ちわびて今回羽織を使ったトルソーは一体のみでしたがその一体がランクインしました。アール・デコな雰囲 [続きを読む]
  • ありがとうございました&結果発表1
  • 今年も邸宅で見るアンティーク着物展、無事に終了いたしました今回はお天気に恵まれ、速報値での目録購入数は1550強と聞いております。ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました今日は会場で実施していた人気投票の結果発表をしたいと思います総投票は625票でした。まずは「着てみたい」部門です第1位 シーン:バレンタインこちらのトルソーが着てみたい部門の一位ピンク系コーデが可愛いというコメントも頂戴しており [続きを読む]
  • 本日最終日です☆
  • 邸宅で見るアンティーク着物展、本日が最終日です秋晴れの一日になりそうです本日10:30より18:00まで(最終入場17:30)となります。ご来場(再来場も!)お待ちしております二階ではギャラリートークを常時上映中です。また、椅子席や座布団を増やしました。2階からの眺望も良いので、是非お二階の景色もお楽しみください二階からの眺めです少しですが会場の様子をご案内いたします。概要名称邸宅で見るアンティーク着物展V 〜 Scene [続きを読む]
  • 変更: ギャラリートークについて!
  • いよいよ本日13時より「邸宅で見るアンティーク着物展」が始まりますお天気に恵まれた1日になりそうです本日は直前に変更がありましてお知らせします。ビデオギャラリートークですが、1日2回と告知しておりましたが、皆さまからご要望頂き、混雑緩和のために、松聲閣様の許可を得て、終日上映されることとなりました邸宅で見るアンティーク着物展期間中、開場時間より終了時間までエンドレスで上映させていただきます。上映時間は [続きを読む]
  • 11/2 本日の松聲閣の様子☆
  • 11/2 の松聲閣の様子です公園の名称が肥後細川庭園に変わりましたので、昨年ご来場いただいた方も、真新しく感じるのでは?という正門です正門入って左手にある松聲閣。威風堂々たる建物です庭園入ってすぐの景色。少し紅葉が始まっていますね探せばもっとあるのかもしれません皆さまのご来場をお待ちしています初日のみ13時オープンですのでご注意くださいませ概要名称邸宅で見るアンティーク着物展V 〜 Scene 〜 アンティー [続きを読む]
  • 今回初の写真スポット
  • 写真スポットにもいろいろありますが(今流行りのフォトプロップスとか。。)、今回「邸宅で見るアンティーク着物展」初の試みとして、顔出しNGの方でも使えるフロアシールを準備してみました建物の外(かつ、屋根のあるところ)に2箇所設置予定です足元や着物や洋服などを写り込ませて是非記念撮影してみてくださいこちら山種美術館さんのですが。。こんな感じで、来場記念に是非ご利用くださいませ概要名称邸宅で見るアンティーク着 [続きを読む]
  • 今年も絵葉書作りました☆
  • 今年も着物展で使われる着物や帯の柄の絵葉書作りましたどれでも一枚100円です昨年のものもご用意がありますので、ぜひご来場記念にどうぞ受付で販売されますまた、松聲閣さん企画の熊本応援グッズの販売もありますこちらもぜひ◆蛍丸サイダー 300円◆くまモンのパッケージ入り黒糖ドーナツ棒 140円◆やまが復刻紅茶 540円いずれも税込。概要名称邸宅で見るアンティーク着物展V 〜 Scene 〜 アンティーク着物のある情景会場 [続きを読む]
  • 今年も人気投票あります!
  • 邸宅で見るアンティーク着物展では、第3回目からトルソーの人気投票を実施していますお遊び企画の一環としてのもので、一位を当てても何も出ないのですが(スミマセン)、ご自身の選んだトルソーがどれくらいの順位になるのか、発表を楽しみにしてくださる方もいらっしゃいます今年も人気投票実施致します参加は義務ではありませんので、面白そうだな、と投票いただける方のみで大丈夫です各トルソーには番号が振ってあります。会場 [続きを読む]
  • Good Morning Cafe
  • 展示の後にオススメのお茶スポットとしてまずあげたいのは椿山荘さん(目録配布時に割引券が付きますので)や松聲閣内の喫茶室「椿」(限定数で普段は出ない菊の和菓子が出ます!なのですが、もう少しカジュアルな感じに。。という方にオススメしたいのがGood Morning Cafe 早稲田店さんです。入り口だけ見るとこじんまりしてそうですが、奥の方にも席があるので案外広いです。そしてお茶もお酒もピザもパスタも美味しいです距離は松 [続きを読む]
  • 上野公園からのバスルート
  • こちらも昨年の記事ですが再掲いたします。松聲閣の職員の方に教わった、隠れルートです。上野公園からバス一本で松聲閣近くのバス停に着きます上野公園内の美術館では人気の美術展がいくつも開催中です。上野の森美術館「怖い絵」展や国立西洋美術館「北斎とジャポニズム」などなど。。美術展の混雑度合いはちょっと心配ですが、乗り換えなしで松聲閣と上野公園間を移動できるのはわかりやすいと思いますアンティーク着物展の後で [続きを読む]
  • 高田馬場からバスを使うルート
  • 昨年載せた記事ですが、同じ場所での展示となりますので再掲いたします!ちなみに、高田馬場駅からタクシーを使うことも可能です(およそ千円位なので、3人〜4人まではタクシーが便利かもと思います)。タクシー乗り場は駅前の商業施設ビッグボックスの前です。高田馬場駅から都バスを使ったルートをご案内いたします「高田馬場駅 早稲田口」を降りましたら、正面の横断歩道を渡ります。向かいの壁面には、手塚治虫さんの漫画キャラ [続きを読む]
  • 今回の展示のテーマ
  • 邸宅で見るアンティーク着物展Vの今回のテーマは〜Scene アンティーク着物のある情景〜です。今回は、これまでに頂いていた、「どんなシチュエーションでアンティーク着物を着ればいいの?」という質問に、私たちが日ごろどのようにンティーク着物を愉しんでいるか、 理想や妄想も含めて紹介できればとの企画です。12のシーンを想定し、38体のトルソーを提案します。過去に登場した着物や帯は出てきません。今回も新しいコーディネ [続きを読む]
  • 松聲閣ボランティアガイドツアー
  • 今日は「邸宅で見るアンティーク着物展」期間中に松聲閣さんで主催されるイベントのお知らせです「邸宅で見るアンティーク着物展Ⅴ」の開催期間中、かつては同じ細川家の敷地であった4つの施設を、ボランティアガイドがご案内します。<松聲閣ボランティアガイド 〜細川家のゆかりをめぐるツアー〜>日程:11月3日(祝金)〜5日(日)受付時間:13:00〜15:00ごろまで随時※少雨決行(荒天中止)※天候等により早めに終了する場 [続きを読む]
  • 目録の特典
  • このところ雨が多いですね。。。例年、10月はお天気が良く、着物でお出かけ日和が多かった気がしているのですが。これからは晴れ間が続くと良いですね。今日は目録の特典のご紹介です目録をご購入いただいた方に以下の特典が用意されています。ホテル椿山荘東京 10%割引券レストランやカフェでの飲食にご利用頂けます。アンティーク着物展の後に優雅なお茶はいかがでしょうか?永青文庫 100円割引券松聲閣は日本庭園を通じて永青 [続きを読む]
  • ギャラリートークをします!
  • 邸宅で見るアンティーク着物展Vでは、昨年に引き続き、今年もアンティーク着物に関連するギャラリートークを行います内容は以下です。ウィッグを使った簡単着物ヘア短い帯でも簡単柄だし帯結び自分で出来る引き抜き帯の結び方講師確認中の一コマです昨年の反省点を踏まえ、今年はちょっと方法を変えました違いその1今回はビデオによる上映とさせていただきます昨年の2種類のギャラリートークはライブだったので、どちらも時間オー [続きを読む]
  • 松聲閣(しょうせいかく)とは
  • 今年の会場は昨年に引き続き、松聲閣 (しょうせいかく)です。「松聲閣(しょうせいかく)」は、文京区目白台1の肥後細川庭園内(旧称:新江戸川公園内)にある、大正期に建てられた肥後細川家ゆかりの建物です。細川護熙元首相が幼いころに暮らしていたこともある由緒正しいお屋敷です。こちらの建物は毎日新聞の記事でも紹介されています。2016年1月に、約10年間の休止期間(修復耐震工事含め)を経てオープンしたばかりです。松聲 [続きを読む]
  • アンティーク着物愛好会とは
  • event checker様のサイトでご紹介いただいたので(ありがとうございます)、邸宅で見るアンティーク着物展を初めて知り、主催しているアンティーク着物愛好会って?と思った方もいらっしゃると思うので。。。今日は自己紹介させていただきますアンティーク着物愛好会は「邸宅で見るアンティーク着物展」を主催する有志のアンティーク着物愛好家の集まりです。私達は着物や骨董を販売する業者ではありません。本業がそれぞれ別にあり [続きを読む]
  • 邸宅で見るアンティーク着物展のあゆみ
  • 初めてこの着物展に興味を持ってくださった方もいらっしゃると思うので、ここで一度「邸宅で見るアンティーク着物展」のあゆみをご紹介しておきます「邸宅で見るアンティーク着物展」は過去4回開催されています。会場となったいずれの邸宅も保存のための耐震工事や修復をしていて、長く大事にされてきた建物です。今回はそれらの邸宅とアンテイーク着物の組み合わせの妙を写真でご覧ください記念すべき第一回は鎌倉の西御門サロー [続きを読む]
  • 今年も撮影可能です!
  • 邸宅で見るアンティーク着物展へ過去いらしてくださった方はすでにご存知かと思いますが、今年も場内(トルソーや室内など)の撮影可とさせていただきますFBやツイッターを含め、ご自身のSNSやblogへの画像掲載も構いませんが、お願いが2点ございます。1)フラッシュ撮影禁止トルソーを一点ずつ鑑賞頂くのが目的ですので、近くでフラッシュを焚かれると他のお客様が鑑賞に集中できなくなります。そのため、フラッシュ撮影は禁止とさせ [続きを読む]
  • 目録表紙出来ました★今年も再入場可です★
  • おはようございます!11/3からの「邸宅で見るアンティーク着物展V」に向けて、急ピッチで打ち合わせを進めているアンティーク着物愛好会です今日は今年も作る目録のチラ見せです表紙が仕上がってまいりましたアール・デコな仕上がりです今年も、会場入り口でお渡しするこの目録をご持参いただければ、会期中何度でも再入場可能ですお一人で、またはお友達と、別のお友達と、はたまたご家族と、何度でもご来場下さいませ皆様のご来 [続きを読む]
  • フライヤーを置かせていただいてます!
  • ついに10月になり、袷の季節がやってきましたね今年もあと3カ月。。1年が経つのはあっという間です。そして邸宅で見るアンティーク着物展開催までちょうど残り1カ月となりました!邸宅で見るアンティーク着物展Vのフライヤーは以下の店舗、施設様に置かせていただいておりますので、もし機会がありましたらお手にとってみてください東京都内目白Luncoさま銀座アンティークモール銀座さま銀座WINGさま銀座ファイブゆか里さま八王子 [続きを読む]
  • フライヤー出来ました☆
  • こんにちは!ご無沙汰しております!雨多めの8月が終わり暑さがぶり返すのかなと思いきや、着物日和な気温の9月の週末でよかったです邸宅で見るアンティーク着物展Vのフライヤーが仕上がって参りました打ち合わせも続いておりまして、今年もみなさまにお越しいただけるような展示にすべく頑張りますフライヤーは順次ご協力いただける店舗・施設様におかせていただきます。置いていただける店舗・施設様の情報はまたお知らせします [続きを読む]
  • 今年の邸宅で見るアンティーク着物展日程
  • ご無沙汰しております取り急ぎ日付のみお知らせさせていただいておりましたが、時間帯も決まりましたので、あらためて、ブログでもお知らせさせていただきます今年度の邸宅で見るアンティーク着物展は、以下の日時で開催いたします。場所は昨年と同じ松聲閣です2017年11月3日(祝・金)13:00-18:00 (最終入場 17:30)2017年11月4日(土)10:30-18:00 (最終入場 17:30)2017年11月5日(日)10:30-18:00 (最終入場 17:30)展示のテーマ、期間 [続きを読む]