ヒジャイ さん プロフィール

  •  
ヒジャイさん: 沖縄に内なる民主主義はあるか
ハンドル名ヒジャイ さん
ブログタイトル沖縄に内なる民主主義はあるか
ブログURLhttp://hijai.ti-da.net//
サイト紹介文沖縄から民主主義を考える。
自由文沖縄で沖縄タイムス、琉球新報、革新系学者、識者を批判する季刊誌「沖縄 民主主義」を出版して孤軍奮闘中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供201回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2013/09/25 05:53

ヒジャイ さんのブログ記事

  • 連合も保守と左翼が混在する民進党状態である
  • 連合も保守と左翼が混在する民進党状態である 民進党が保守の希望の党と左翼の立憲民主に分裂することによって、連合内部も希望の党を支援する右派と立憲民主党を支援する左派に別れた。 右派は旧同盟系のUAゼンセン、自動車総連、電力労連など日本の主要産業の労組が中心である。UAゼンセンは、繊維・衣料、医薬・化粧品、化学・エネルギー、窯業・建材、食品、流通、印刷、レジャー・サービス、福祉・医療産業、派遣業・業 [続きを読む]
  • 細野氏の対談で分かる希望の党の二大政党への可能性
  • 細野氏の対談で分かる希望の党の二大政党への可能性 民進党が共産党と共闘することを嫌い、離党したのが細野豪志氏である。離党してから希望の党結成の一翼を担った。 細野氏の考えは、経済から政治問題まで現実的であり、共産党とは違う。希望の党であれば自民党に代わる政党になれる。 「沖縄内なる民主主義14」で「細野氏の『たった一人の反乱』が二大政党への一歩になってほしい」を掲載したが、こんなに早く実現するとは [続きを読む]
  • 新発売・少女慰安婦像は韓国の恥である
  • 新発売新発売・沖縄内なる民主主義13 A5版  定価1380円(税込み) 新発売・台風十八号とミサイル 定価1450円(税込み) 本土取次店 (株)地方・小出版流通センターhttp://neil.chips.jp/chihosho/ TEL.03-3260-0355 chihosho@mxj.mesh.ne.jp県内取次店 株式会社 沖縄教販 電話番号098-868-4170 shopping@o-kyohan.co.jp本土取次店 (株)地方・小出版流通センターhttp://neil.chips.jp/chihosho/ TEL.03-3260-0355 chihosho@ [続きを読む]
  • 新発売・沖縄内なる民主主義14
  • 新発売新発売・沖縄内なる民主主義13 A5版  定価1380円(税込み) 新発売・台風十八号とミサイル 定価1450円(税込み) 本土取次店 (株)地方・小出版流通センターhttp://neil.chips.jp/chihosho/ TEL.03-3260-0355 chihosho@mxj.mesh.ne.jp県内取次店 株式会社 沖縄教販 電話番号098-868-4170 shopping@o-kyohan.co.jp本土取次店 (株)地方・小出版流通センターhttp://neil.chips.jp/chihosho/ TEL.03-3260-0355 chihosho@ [続きを読む]
  • 小池代表の「踏み絵」は当然の行為だ  ダイヤモンド・オンライン
  • 小池代表の「踏み絵」は当然の行為だ  ダイヤモンド・オンライン ダイヤモンド・オンラインに上久保誠人立命館大学政策科学部教授の「小池代表の『踏み絵』は政策別政界再編を目指す上で当然の行為だ」が掲載された。 希望の党に公認申請した民進党出身の候補者に対して、小池代表は独自の基準で選別する「排除の論理」を持ち出した。その結果、公認を得られず路頭に迷った「自称リベラル派」の議員が「立憲民主党」を結成した [続きを読む]
  • 前原代表の決断を認める記事が産経から出た
  • 前原代表の決断を認める記事が産経から出た 産経新聞に「民進党にけじめをつけた前原誠司氏 彼は『言うだけ番長』だったのか」という記事が載った。書き手は政治部の杉本康士氏である。 杉本氏は毎日新聞の2日付朝刊に前原代表を「言うだけ番長」だと書いている記事を見つけた。毎日新聞には、民進党支持団体の連合幹部は前原誠司代表(55)を「言うだけ番長」と呼び、「民進党をズタズタにしただけだ」と憤ったと載っていた [続きを読む]
  • 与野党から批判される希望の党に期待が膨らむ
  • 与野党から批判される希望の党に期待が膨らむ 希望の党の公約を与党の自民党、公明党そして、野党の共産党、社民党、立憲民主党が一斉に批判した。 与野党から批判されるということは与党にもなれないし野党にもなれない行き場のない中途半端な政党のイメージてある。しかし、そうではない。与党が批判する公約の箇所と野党が批判する公約の箇所は違っている。そのことがむしろ希望の党が幅広い政治をやる政党になる可能性を暗示 [続きを読む]
  • 前原代表、思い悩み、眠れぬ日々をツイッターで告白
  • 前原代表、思い悩み、眠れぬ日々をツイッターで告白  民進党を小池百合子東京都知事が率いる希望の党へ合流させることは、事実上の解党になる。希望の党との衆院選候補者調整で前原代表は「思い悩み、眠れぬ日々が続いた。前原代表が6日に17回にわたって連続投稿したツイッターの全文は次の通り(原文のまま)。1 私がなぜ、今回の政治決断に踏み切ったのか。フォロワーの皆さんには、自分の言葉でお伝えしたく、筆を執りま [続きを読む]
  • 小池代表を云々するのは馬鹿らしい
  • 小池代表を云々するのは馬鹿らしい 小池百合子東京都知事は65歳である。彼女は64歳で東京都知事選に立候補しようとしたが自民党の推薦を受けることはできなかった。それでも彼女は東京都知事に立候補した。彼女は自民党推薦候補と対決したのである。選挙に100%当選する保証はない。自民党の推薦なしで立候補すれば落選する可能性は高い。それでも小池氏は都議選に立候補したのである。残り少ない政治生命を東京都知事とし [続きを読む]
  • 断言通りだ!共産党公約に経済政策はない
  • 断言通りだ!共産党公約に経済政策はない共産党の衆院選公約の要旨は次の通り。【憲法】安倍政権による9条改定に反対。現行憲法の前文を含む全条項を守る。【違憲立法】安全保障関連法、特定秘密保護法、「共謀罪」法の三つの「違憲立法」を廃止し、立憲主義、民主主義、平和主義を取り戻す。集団的自衛権行使容認の閣議決定を撤回する。【原発】原発ゼロを政治決断し、原発再稼働を中止。全ての原発で廃炉プロセスに入る。【税制 [続きを読む]
  • 希望の党が出したあ!左翼が絶対出せない経済政策を
  • 希望の党が出したあ!左翼が絶対出せない経済政策を 共産党は安倍政権の経済政策アベノミクスを非難するが、アベノミクスに代わる経済政策を出したことはない。共産党は経済政策を絶対に出せないのだ。反資本主義に徹している共産党は、資本主義の日本社会では経済を発展させれば大企業が儲けるだけで労働者には還元されないと決めつけている。だからアベノミクスも大企業が儲けるだけで労働者の貧しさは変わらないと批判するだけ [続きを読む]
  • 前原代表 民進分裂「全て想定内」
  • 前原代表 民進分裂「全て想定内」時事通信 民進党の前原誠司代表は3日、枝野幸男元官房長官が立憲民主党を旗揚げし、結果的に民進党が希望の党と立憲民主党に分裂したことについて「全てが想定内だ。政権交代可能な状況をつくらないといけない。自分の判断は正しかったと思っている」と強調した。民進党本部で記者団に語った。  前原氏は「枝野氏とは24年間、全て同じ党で過ごしてきた。初めて別れることになり、残念だ」とも [続きを読む]
  • リベラル派左翼と徹底して戦う希望の党は素晴らしい
  • リベラル派左翼と徹底して戦う希望の党は素晴らしい 希望の党は3日午後、第一次公認候補192人を発表した。若狭前衆院議員は発表の場で、「非常に今後の政権交代を目指すということが、十分可能な状況になってきていると思います。出身母体は違うにせよ、一致団結して、あるいは力を合わせて、この選挙戦を何が何でも今の国政政治を変えていくという思いで選挙戦を戦っていきたい」と述べた。しかし、まだ発言力が弱い。「政権 [続きを読む]
  • これで24年間続いた保守・左翼混在が解消した
  • これで24年間続いた保守・左翼混在が解消した民進党のリベラル派のリーダーである枝野幸男代表代行が「立憲民主党」結成を表明した。これで保守政党が自民党、希望の党、維新の会、左翼政党が共産党、社民党、立憲民主党となり、政党は保守政党と左翼政党にはっきりと分かれた。保守と左翼の混在は1993年の細川内閣からはじまり、自民党が社会党と連携したりして、延々と民進党まで24年間も続いた。民進党が前原代表の政治 [続きを読む]
  • 1次公認発表先送りにしてリベラル派に先手を打たれた若狭氏には呆れた
  • 1次公認発表先送りにしてリベラル派に先手を打たれた若狭氏には呆れた 希望の党の若狭氏は2日、同日に発表する予定だった第1次公認の発表を3日以降に見送ることを決めた。これにはあきれてしまう。選挙は戦争であり、リベラル派とも主導権を巡った戦争である。前原代表が先手を打ってリベラル派との主導権戦争を有利に進めたのに、若狭氏は2日に発表する予定だった第1次公認の発表を3日以降に見送ったのだ。若狭氏の怠慢で [続きを読む]
  • 選挙は戦争だ。その意識が欠落した若狭勝は駄目だ
  • 選挙は戦争だ。その意識が欠落した若狭勝は駄目だ 若狭勝はNHKの番組で、小池氏の国政参加について、「今回の選挙で確実に政権交代になるという見通しがあれば、小池代表が国政に出ることもあり得ると思う」と小池代表が今回の衆議院選に出ることを否定した後に、「次の次ぐらいの(衆院選の)時に、確実に(政権)交代できるような議席数にまで達する思いでいる」と、今回の衆議院選で希望の党が過半数を取れることを否定して [続きを読む]
  • リベラル派よ「話が違う!」と不満爆発させても、もう遅いよ
  • リベラル派よ「話が違う!」と不満爆発させても、もう遅いよ新党「希望の党」への合流を決めた民進党の前原誠司執行部に30日、希望者全員の公認を求める地方組織や連合が「話が違う」と不満を爆発させた。党本部で開いた全国幹事会は激震に見舞われたが、前原代表は、「民進党が独自の力で乗り越えられる状況ならば、こういった選択肢はなかった。安倍晋三政権をストップさせるのが野党第一党の責務だ」と、説明して一歩も引かな [続きを読む]
  • 橋下徹氏でも見抜けなかった前原・小池代表の策略
  • 橋下徹氏でも見抜けなかった前原・小池代表の策略 橋本徹氏は前原代表が民進党の希望の党への入党を全員入党できるような説明をして、リベラル派の排除を小池代表に任せたことをツイッターで批判した。「認権を小池さんに委ねずに、自ら公認権を駆使してポンコツ議員を切りまくった方がよかった。希望の党への入党の可否は早速しがらみが影響している模様」 前原代表に課せられていたのは超短期間でリベラル派を排除することであ [続きを読む]
  • リベラル派排除に政治生命を賭けた前原代表
  • リベラル派排除に政治生命を賭けた前原代表希望の党への合流を積極的に進めた前原代表であるが、自分は希望の党に入党しないで無所属で出馬することを決めた。 民進党の希望の党への合流を積極的に進めたのは小池代表より前原代表であった。普通に考えれば前原代表が先頭に立って希望の党への入党をやるだろう。しかし、前原代表は希望の党に入党申請をしないで無所属で出馬することを決めたのである。参議員議員は民進党に残るか [続きを読む]
  • 「リベラル派は排除する」小池代表が明言
  • 「リベラル派は排除する」小池代表が明言 新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事は29日の記者会見で、希望の党からの出馬を望む民進党の立候補予定者の絞り込みについて、「リベラル派を『大量虐殺』するのか」と問われ、「(リベラル派が)排除されないということはない。排除する」と言い切った。その上で、小池氏は「安全保障、憲法観といった根幹部分で一致していることが、政党構成員としての必要最低限」と重ねて強 [続きを読む]