taka さん プロフィール

  •  
takaさん: 伊達の将棋愛好家
ハンドル名taka さん
ブログタイトル伊達の将棋愛好家
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/taka11281/
サイト紹介文北海道伊達地区の情報を中心に将棋関係の情報などをお伝えします。
自由文将棋ニュースのほか、将棋初心者、中級者の方の参考になる記事も書ければと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2013/09/26 10:56

taka さんのブログ記事

  • 実戦の詰将棋(427)
  •  図は、実戦を基に作成した詰将棋です。 答えを白文字で記入しました。  答え ⇒ ▲1四金△同玉▲1二龍△2四玉▲1三龍△2五玉▲1五龍までの7手詰 基になった将棋は第77期順位戦C級2組、矢倉規広七段対中田功七段戦の投了1手前の2図です。将棋ランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 石田五段、順位戦3勝目〜第77期順位戦対長岡五段戦
  •  11月8日に第77期順位戦C級2組6回戦、長岡裕也五段対石田直裕五段戦が東京将棋会館で行われました。 戦型は角換わり腰掛け銀となりました。 色々な駆け引きを経て1図となりました。 名人戦速報では当日の立会人、窪田義行七段の解説でそのあたりの先手、後手の狙い、思惑が詳しく書かれていて勉強になりました。 1図から後手の石田五段が△6五歩と仕掛け、以下、▲1五歩△同歩▲6五歩△9五歩〜と戦いが続きました [続きを読む]
  • 金3枚の矢倉風〜第68回NHK杯、羽生、高野戦
  •  A図は第68回NHK杯2回戦、羽生善治竜王対高野智史四段戦(2018.8.26放送)で高野四段の△4六角の6八の金取りに羽生竜王が▲7八金打としっかり受けたところです。 結果として金三枚の凹み矢倉風囲いが出現しました。 1図はA図の少し前の局面で、△4六馬の飛車取りに▲7八金打ちと受けた局面です。 2回現れた▲7八金打のしっかりした受けが印象に残った一局でした。 将棋は97手で羽生竜王が勝利しました。将棋ラ [続きを読む]
  • 実戦の詰将棋(426)
  •  図は、実戦を基に作成した詰将棋です。 答えを白文字で記入しました。  答え ⇒ ▲2一角成△同玉▲3三桂△3一玉▲2一金△3二玉▲2二金△3三玉▲4五桂までの9手詰将棋ランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 穴熊戦の戦い方
  •  11月11日(日)に自民党総裁杯室蘭・伊達地区予選が東室蘭支部道場で開催されました。 Aクラスには10名の参加があり4名、3名、3名の予選リーグの後、予選リーグを突破した6名による決勝トーナメントの結果、次の2名が地区代表となりました。 Aブロック優勝:佐々木大地 さん Bブロック優勝:糸 真伸 さん また、Bクラスには3名の参加がありリーグ戦の結果、次の2名が地区代表となりました。  多田さん      [続きを読む]
  • こども将棋教室(11/10)の結果
  •  11月10日(土)の教室には13時30分から4名、14時から1名の合わせて5名の参加がありました。 初めに詰将棋を2問と対棒銀対策を少し勉強しました。 次に生徒さん同士の対局をして少し休憩時間を取りました。 休憩後、詰将棋を2問勉強しました。その後、生徒さん講師を含めて対局をし、15時になり4名が帰宅しました。 残った一名と講師で対棒銀対策と8枚落ちを勉強して本日の教室を終了しました。将棋ランキングにほんブ [続きを読む]
  • 対中飛車▲3八飛急戦〜加藤九段対中原王将戦
  •  1図は1979年(昭和54年)2月7.8日に対局された第28期王将戦七番勝負第5局、加藤一二三九段対中原誠王将戦の中盤入り口の局面です。 ここから先手の加藤九段は▲5五歩と仕掛けました。中飛車に対しての5五歩ですので意外な感じです。 以下、△同歩▲4五歩△同歩▲同桂△2二角▲4六銀△4四歩▲3三歩△同桂▲同桂成△同金▲5五銀で2図となりました。 居飛車側は普通はなかなか捌けない右桂を捌きました(振り飛車 [続きを読む]
  • A級棋士の切れ味〜第68回NHK杯、竹内四段対阿久津八段戦
  •  第68回NHK杯1回戦、竹内雄悟四段対阿久津主税八段戦(2018.7.29)は阿久津八段の攻めが筋に入り、A級棋士の強さを見せつけられた将棋でした。 将棋は相振り飛車でした。 1図の▲3一角に阿久津八段は熟慮して△2一飛と角に当てて引きました。 以下、▲2二銀△3一飛▲同銀不成△3六歩▲同歩△6四角で3図となりました。 どうやらこの△6四角の先手玉への睨みが相当厳しいようです。 先手は▲5三歩と5二歩成を [続きを読む]
  • 実戦の詰将棋(424)
  •  図は、実戦を基に作成した詰将棋です。 答えを白文字で記入しました。  答え ⇒ ▲2一金△4一玉▲5一と△同玉▲6一龍までの5手詰 基になった将棋は第77期順位戦B級2組、先崎学九段対中田宏樹八段戦の投了1手前(1図)の局面です。将棋ランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 序盤の銀捨て〜長沼七段対島本五段戦から
  •  1図は第77期順位戦C級2組、長沼洋七段対島本亮五段戦(2018.10.11)の序盤の局面です。 後手の島本五段が腰掛け銀から△6五歩と突っかけて▲同歩△8八角成▲同銀△6五銀▲6六歩と進んだところです。 後手は一歩を手に入れましたので△5四銀と引き、次に△6二飛から攻めを狙って満足ということかなと見ていますと何と△7六銀と銀捨ての攻めに出ました。 ▲同金△6七角で2図となりました。 7六金を取らせるのは無 [続きを読む]
  • こども将棋教室(11/3)の結果
  •  11月3日(土)の教室には2名の参加がありました。 初めに講師と生徒さんで六枚落ちと8枚落ちで二面指しを行いました。 今日は生徒さんの一人が将棋の入門書を持ってきてくれました。 朝日新聞出版発行の「マンガと図解で早わかり 強くなる!こども将棋入門」です。 今年の2月発売で。藤井聡太氏の師匠の杉本昌隆七段の監修です。 自分の持っている子供向けの入門書は羽生善治氏のものばかりで、この本は知りませんでした [続きを読む]
  • 自民党総裁杯室蘭・伊達地区予選(11/11)の開催
  • ※ ---以下は東室蘭支部のブログからの転載です。 壮瞥町、洞爺湖町、豊浦町の方も参加出来ますので、ご都合のつく方はぜひご参加ください。 級位者も参加しやすい大会です。   変更があるかもしれませんので、最新情報は同ブログでご確認ください。-------------------次のとおり将棋大会を開催しますので、ご案内します。<大会名> 自民党総裁杯 室蘭・伊達地区予選<日時> 11月11(日)9時40分受付、10時開 [続きを読む]
  • 「冬の将棋大会in伊達」の開催
  • 「冬の将棋大会in伊達」のご案内日時:平成30年12月16(日)9時40分〜受付、10時開始会場:だて歴史の杜カルチャーセンター 2階 集会室2   (伊達市松ヶ枝町34―1)参加資格:特にありません。参加費:支部会員500円(会員以外1,000円)    高校生以下300円試合方式:駒落ち5回戦(下手が希望する場合は平手戦)     (参加人数により変更あり)申し込み:当日、会場で行います。その他 [続きを読む]
  • 千日手後に3勝目、第77期順位戦、屋敷九段対菅井七段戦
  •  第77期順位戦B級1組8回戦、屋敷伸之九段対菅井竜也七段戦が11月1日東京将棋会館で行われました。 菅井七段の先手中飛車対屋敷九段の居飛車左美濃の対抗となりましたが22時12分に千日手となりました。 上の図が千日手となった局面です。先手の菅井七段が4三に駒を打ち込み、後手の屋敷九段が4一金と受け、先手が3二の駒を取り、後手が4一金で取り返すという手順を繰り返し千日手となりました。 指し直し局は22時42分に [続きを読む]
  • 実戦の次の一手(93)
  •  1図は第67期王座戦一次予選、小森悠太四段対大橋貴洸四段戦(2018.10.25)の終盤の局面です。 大橋四段の△5七歩成に小森四段が▲4八金と打ち(これを△同とで後手が勝ちだったようです)△5六歩とつないだところです。 ここで先手の小森四段が指した次の一手をお考えください。 正解は  ……  ……  …… △5八歩(2図)でした。 その後も後手が嫌らしく迫り、自分が先手ですと寄せられているところですが、さ [続きを読む]
  • 第3期どうなん王将戦の開催(11/11、今金町)
  • 標記大会が11月11日(日)に今金町で開催されます。 11月9日までに事前申し込みが必要です。 なお、変更等があるかもしれませんので、詳細は主催者ホームページなどでご確認ください。 以下は、今金町教育委員会のHPに掲載されている開催要項です。第3 期どうなん王将戦開催要項(平成30 年度)1.趣 旨 日本の伝統文化である将棋を通じて、広く今金町内外の方々の交流機会を設けて親睦を深め、健全な心の涵養と開催地今金町 [続きを読む]
  • 急戦と見せての持久戦〜神崎八段対折田アマ戦(第27期銀河戦)
  •  上の図は第27期銀河戦Aブロック1回戦、神崎健二八段対折田翔吾アマ戦(2018.8.30)の序盤の局面です。 先手の神崎八段は振り飛車かな、後手の折田アマは急戦を狙っているのかなと思わせる局面です。 ここから先手は▲7八飛と三間飛車にし、以下、駒組みが続き1図となりました。 後手は△9四歩〜8四飛〜7五歩と攻める狙いでしょうか。 1図から▲4六歩△4四歩持久戦調に進みました。 しばらく進んで2図となりました [続きを読む]
  • こども将棋教室(10/27)の結果
  •  10月27日(土)の教室には2名の参加がありました。 初めに講師と生徒さんで六枚落ちで二面指しを行いました。二人とも指し方は違いましたが、香車を捨てて端を破ってきました。生徒さんに勝ちがある局面もありましたが惜しくも敗れました。  次に【決定版】駒落ち定跡(平成12年3月第第1刷、著者:所持和晴、発行所:日本将棋連盟)を教科書にして六枚落ちを勉強しました。 同書には六枚落ちの指し方が六つ解説されています [続きを読む]
  • 叡王戦の特色(2)
  • ※ 叡王戦は第3期からは全棋士参加のタイトル戦になった旨のご指摘を受けました。  間違った記事を書いてしまいました。訂正しお詫びします。           (2018.10.28.AM4時45分追記) 点線以下は、2017.10.1に当ブログに掲載した「叡王戦の特色」という記事です。 当時の日本将棋連盟のホームページなどの情報をもとに新棋戦の特色をまとめたつもりの記事でしたが大切なことが一つ漏れていました。 それは、 [続きを読む]
  • 居飛車系での▲6一角、▲4一角は好手の場合が多い
  •  8月12日放送の第68回NHK杯2回戦、松尾歩八段対山崎隆之NHK杯戦の解説者は谷川浩司九段でした。 1図は松尾八段が▲6一角と打ち込んだところです。 この手を見て、谷川九段が「居飛車系の将棋での▲6一角や▲4一角と打つ手は好手の場合が多い。」と解説されていました。 なお、将棋は途中まで先手の松尾八段の方が指し良い感じでしたが山崎NHK杯が秒読みの中、終盤力を発揮して勝利しました。将棋ランキングに [続きを読む]
  • 実戦の次の一手(92)
  •  1図は第54回NHK杯準々決勝、郷田正隆九段対久保利明NHK杯戦(2005.2.13)の終盤の局面です。 今、後手の久保NHK杯が△6五馬と銀を取ったところです。これを▲同歩は△5七香成から金銀を並べて詰みのようです。 ここで先手の郷田九段が指した次の一手をお考えください。 正解は  ……  ……  …… △8四歩(2図)でした。 2図から△同玉▲9六桂△9五玉▲8四角で3図となりました。 「王手で打った [続きを読む]