sion77dog さん プロフィール

  •  
sion77dogさん: 77歳を生きている
ハンドル名sion77dog さん
ブログタイトル77歳を生きている
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/sion77dog
サイト紹介文晩年の生と死を見つめようというブログです。
自由文この歳になると死ぬことを嫌でも考えざるをえない。そこで死をどうやって受け入れるか考えてみたい。
と同時に、生きることがますます大切に思えるので、ああ精一杯生きたと思えるように、日々楽しみや喜びを拾って行きたい。
花、鳥、俳句、畑、ご近所レジャー、旅行、星などなど楽しんでいる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供177回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2013/09/26 19:59

sion77dog さんのブログ記事

  • 手紙 親愛なる子供たちへ、されど死ななくてはと思う
  • 樋口了一 「手紙」頂いた「手紙」の歌詞を読む。歌のように子供への老人の願いではなく、過ぎ去った子供への思いが込み上げてきた。そうだ、子供たちが食べ物を零しても、なんども同じ本を読まされても、おもらしをしても、それは嫌なことではなく、微笑みをもって受け止めていた。同じことが老人になると、汚く思え、うんざりし、情けなく思える。歌のように、子供たちが優しい眼を注いでくれるのなら、それはいい。しかし、80 [続きを読む]
  • 曽野綾子 水なし、電気なしからの幸福論
  • [https://senior.blogmura.com/ranking.html ]曽野綾子とボートピープルで7回失敗しながら、日本に帰化して医者になった方の対談を見た。曽野はいつも言っていることだが、水が自由に飲め、電気がある国は世界ではむしろまれである、そこを出発点とすれば、日本人は幸福そのものであるという趣旨のことを言っていた。幸福を考える場合に原点になにを置くかだ。原点との比較で、人間の幸福感はきまってくる。それはその通りだと思 [続きを読む]
  • 高校野球校歌・学園歌 済美逆転満塁ホームラン
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )昨日なんとなくテレビをつけたら、高校野球の二度目のタイブレーク?どうなるのかと見ていたが、とても劇的なシーンを見せてもらった。高校野球では、横浜高校の松坂シーンが焼き付いている。あの試合を見れたことは幸運だった。そこまではいかないが、今日の星稜・済美の試合は偶然見ることができ、幸運だった。済美は7点差に追いつき、延長12回のタイブレークで2点ビハイ [続きを読む]
  • 盆支度と魂の存在
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )昨日から盆の支度を始めた。仏壇とは別に盆棚を作り、ここに位牌を移つし、特別の飾りをする。昔は、飾りつけが大変だったが、子供の代では無理だろうと思い、簡略化に寒緑化を重ね、今では生け花風の飾りつけで済ましている。私は50代くらいから一貫して、死後の世界や魂などはないと思っている。しかし、感覚的には、死ねば父母などに会えると思えるし、お墓や仏壇の前や盆 [続きを読む]
  • 死に至るまで・・月単位から時間単位まで
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )死の床についてからどんなプロセスで死に至るかについては断片的な知識しかなかったが、かなりまえの週刊新潮で記事を見つけたので記して置く、癌が比較的プロセスが決まっているので癌で代表させる。記事以外の情報も入っている。月単位・・・たくさんの人の事例を見てきたが、大体死の3か月前くらいに入院する。いいかえれば、3か月前では、通常の生活が送れる可能性が高い [続きを読む]
  • 我が家の花暦 30・8・7
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )写真に写つているのは、コスモス、フェンネル、ガウラ、コレオプシス、ペチュニア、メドウセージ、槿、ジャスミン、キバナのコスモス、ガザニア。花芽を持っているのは、向日葵、花虎の尾。コスモスは元気だが、びっくりしたのは酷暑のせいか向日葵が伸びず,葉が枯れあがっている。初めての経験である。とりわけ元気なのは、キバナのコスモスぐらい。他に咲いている花は、桔梗、 [続きを読む]
  • 神奈川 大山と県立生命の星・地球博物館へ
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )大山えは、大山寺の不動明王像にもう一度会っておきたいのと体力測定も兼ねて行った。不動明王は、眼光鋭く健在(当たり前か)していたが、体力の低下は驚くほど。6年前には、石だらけの男坂を下り、膝は痛めたが、体力的にはどうということもなかった。山道を3時間は歩けると思った。今回は、猛暑ということもあるが、両側を店が並ぶ参道を15分歩いただけでへたばった。頂 [続きを読む]
  • 即効 血管年齢を若返らせる 週刊朝日より
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )血管系疾患は、治っても後遺症が残るので避けたい。とはいえ、血管が老化するのは仕方がない。出来るのは抵抗すること。私の場合には、脈圧?(上下の血圧との差)が60を越えることが多いので、動脈硬化が少し心配。でこの記事に注目。野菜を食べるかとか、運動するかとか生活習慣の20項目があるが、血圧を除いてあとはすべてクリア。さて、即効対策は、1 ウォーキング  [続きを読む]
  • オウム豊田死刑囚の最期、日大アメフト問題
  • にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ(文字を )オウム死刑囚の最期の様子はあまり伝えられていない。麻原教祖は、なんども念を押されて遺骨を四女に渡す意志を示したというが、なんだか意識はもうろうとしていた感じである。豊田死刑囚は、2回目の死刑の6人のうちの一人で、早くから自分の罪を悔いた人である。6人には麻原らが死刑になったことを告げ、その日から自殺を恐れて、筆記具、タオルなどはもたせなかった [続きを読む]
  • 会田桃子のタンゴを聴きに
  • リベルタンゴ "Libertango" 会田桃子月に1回はなるべく、音楽会などを聴きに行くことにしている。昨日は会田桃子のタンゴを聞きに行く。日頃、裕次郎からベートーヴェンまで聴いているが、ジャンルで何が好きかといつもうと、今はタンゴとフォークソング、それに童謡になってきた。タンゴは切れのいいリズムと哀愁があるのがいい。 会田桃子は初めて聴く。ネットではネオタンゴとか書いてあるが、伝統的なタンゴに比べると、自作 [続きを読む]
  • ふくらはぎは第二の心臓、みんな大事にしよう(週刊朝日より)
  • [https://senior.blogmura.com/ranking.html ]ふくらはぎが、つりやすい、むくむ、だるい、かゆいという症状が出たらふくらはぎに注意しなくてはいけないそうだ。私の場合は、最近つりやすい。むくみは1か月ごとに医者が見ているが、水分補給との関連があるので許容範囲ということだ。怖いのは、ふくらはぎの血栓が肺や脳に飛ぶこと。梗塞を起こして死に至る場合がある。なぜかといえば、ふくらはぎは第二の心臓で、心臓から送ら [続きを読む]
  • 死因の一位は?コスモスがちじれている等・・・つぶやき
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )死因の一位は悪性腫瘍ではなく、中絶だとドラマで言っていた。生まれ出なかったいのちも、生まれ出たいのちも「いのち」という目で見れば同じである。定かでない記憶を思い出した。胸に疼くものがある。もっと見たいテレビを中断したり、もっと食べたいものを我慢したりする。つまり、小さな楽しみを先に延ばして置くと、不思議なことに心が満たされてくる。目の前の人参という [続きを読む]
  • 高齢者に良い食べ物など 週刊ポストより
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )高齢者(75歳以上)によい食べ物の記事(週刊ポスト)。・豚のひれ肉   ビタミンB1が豊富。同量の魚より2倍以上。認知機能によい。*年寄の動物性たんぱくの必要性は定説になりつつある。小太りが良いことも。楽しみのために肉は食べない半菜食主義者としては、少し抵抗があるのだが。・みそ汁   レシチンが動脈硬化によい。*これも定説になりつつある。ただし、汁と [続きを読む]
  • 北海道 風のガーデンへ
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )マイルの無料で妻と北海道へ。花と北海道の雄大な景色と、ドライブの楽しさを求めて行ってきた。運転は、車を返上したので、免許証は生きているが、多分最後のドライブになる。19日 美瑛のぜるぶの丘。数年前紫竹ガーデンなど北海道花街道には行ったが、一面ラベンダーの写真によくある花畑は初めて。こういう整然とした花畑は好きではないが、綺麗とは思う。ひまわり畑も初 [続きを読む]
  • 小さな小さな幸せ 五感があれば
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )幸せは小さきを持って極上となすと小沢昭一が言ったが、至言。私の日々の小さな幸せを五感で考えてみた。ダントツなのは味覚。今はガリガリ君とナッツにはまっている。ガリガリ君はチョコレートの新製品が出たがこれが美味しい。カロリーが高いので一口一口食べている。次は視覚。毎日花を見るのはかなりの楽しみ。今は朝顔とコスモス。次は聴覚。仕事の合間、仕事しながらユー [続きを読む]
  • 軽度認知症障害(MCI)からの回復は可能 サンデー毎日?
  • [https://senior.blogmura.com/ranking.html ]認知症はこの歳になると癌以上に怖い。これまで認知症は進行を止めるだけで回復は不可能とされていたように思うが、この記事を読むと回復の希望が持てる。簡単に要約すると1 社会脳を鍛える。これは人と話すことでいい。話すことは脳をフル回転させる。2 ウオーキング。これは定評がある。週3回、30分以上。筋トレ、ストレッチも効果があるといわれるようになった。3 パズル [続きを読む]
  • 学んだり知識を得たりすることは晩年の喜びだ
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )神谷美恵子の精神化ということを読みなおして、「学ぶ」ことは本能ともいえるほど喜びだということを改めて思った。神谷の例は、戦犯になり絞首刑の前夜、岩波文庫を読了して「この書を読み終えたことは、最後の喜びを与えてくれた」と書いた戦犯刑死した青年。ハンセンシ病の定時制高校の生徒たちが、熱心に動詞の変化を勉強したことなど。共に役立つという点から見れば、無意 [続きを読む]
  • 瞑想の力・・・タイの少年たち
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )もう40年以上瞑想をかじっているので、今度のタイの少年たちがパニックに陥らなかったのは、瞑想によるという記事はとても興味を持った。どんな瞑想法を用いたのかとても知りたい。今朝のテレビの解説は初歩的で浅い説明しかなかったので、まるで役に立たなかった。6日?くらいの日が3日ほどに感じたというのは明らかにかなり深い瞑想状態に入れたということだと思う。私も [続きを読む]
  • 5年刻みで健康は考える…週刊ポストから
  • 五年ごとに体調が変化するといわれるが、医学的にもある程度言えるらしい。もちろん個人差があるので、一般論であろう。それでも参考になる。癌の手術・・・胃、大腸、肺は90歳になっても手術可能。あとのガン例えば前立腺がんなどは75歳が打ち止め。*私は一応すべてのがんの手術をやめるつもりだが。食事・・・ダイエットは75歳まで。それ以上は、やせる方が心配。小太りが長生きという説に合致(BMI26まで)。糖質制限 [続きを読む]
  • 平凡な日常を生き生きとさせる嵐山光三郎的方法
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )気軽に読めて気分を明るくする本として、嵐山光三郎は気に入っている。彼が書くと、つまらない平凡な日常生活が生き生きとしてくる。あるいはユーモアが生まれる。なぜだろう。それは、気づきと記憶を重ねる(時間の重層化)、と同じことを畳みかけることにあるように思う。もちろん、豊富な体験がそれを支える。例えば、入院した時のことをこう書いている。「病院では人がよく [続きを読む]
  • オウム松本死刑囚刑執行など
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )刑が執行された。63歳だった。幹部クラスの死刑囚も同時に死刑の執行がされた。非常に特異な事件のように伝えらえるが、我々普通の人間も彼らと同じような残酷な犯罪を起こしかねない。紙一重だと思う。誰かが「歴史から学ぶことは、絶対の正義などないということだ」と書いていたが、まったく同感である。宗教や政治的観念などいわゆるイデオロギーに分類されるものは、いつ [続きを読む]
  • ストレス解消ならこの本
  • [https://senior.blogmura.com/ranking.html ]鈴木祐『超ストレス解消法』という本はストレス解消のあらゆる技法を集めているとても良い本だ。私がこれまでここに集めてきた方法がほとんどすべて書かれている。非常に重宝する。これから実行しようと思うものを記して置く。1 7−11ブリージング  息を吸いながら7まで数える  息を吐きながら11まで数える      *禅の10まで数える数息観やマインドフルネスの吐 [続きを読む]
  • 我が家の花暦30・7・2
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )7・2日の庭に咲いている花。洋酒瓶に活けたのは、萩、桔梗、ガウラ、水引草、コレオプシス?、メドウセージ、ジャスミン、矢車草、フエンネル、ミソハギ、あと名前の分からない黄色とピンクの花。紫陽花は最後の花を咲かしている。ナデシコやホタルブクロ、西洋ノコギリ草が辛うじて残っている。夏は花が少ない。これから咲くのは、コスモス、キバナのコスモス、向日葵くらい。 [続きを読む]
  • 睡眠負債は怖い・・・認知症、癌、肥満(週刊朝日から)
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )寝不足は、認知症などを引き起こす。寝ている間に脳にたまった老廃物を流すことができないかららしい。この怖さもあるが、寝不足だとなにより元気が出ない。6時間余り寝ているので高齢者としては十分かもしれないが、私には不足感がある。それに夢を見続けている。フイットビットを使って睡眠の質を計っているが、中途覚醒が7回ぐらいあることもある。最大の理由は夜間頻尿だ [続きを読む]
  • 猫は退屈しない・・・上野動物園にて
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )国立博物館の縄文展を見るつもりだったが、日にちを間違え(最近3度くらいある)てしまったので、死ぬ前にもう一度と思っていた上野動物園に行く。10年ぶりくらいだが、すっかり変わってしまった。私の記憶がおかしいのかも知れないが。パンダはスルー。見たかったのは、サル山のサル、ゴリラ,象、ライオン、トラ、熊。それにフクロウ類。サル山のサルは、数が少なくなってい [続きを読む]