sion77dog さん プロフィール

  •  
sion77dogさん: 77歳を生きている
ハンドル名sion77dog さん
ブログタイトル77歳を生きている
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/sion77dog
サイト紹介文晩年の生と死を見つめようというブログです。
自由文この歳になると死ぬことを嫌でも考えざるをえない。そこで死をどうやって受け入れるか考えてみたい。
と同時に、生きることがますます大切に思えるので、ああ精一杯生きたと思えるように、日々楽しみや喜びを拾って行きたい。
花、鳥、俳句、畑、ご近所レジャー、旅行、星などなど楽しんでいる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2013/09/26 19:59

sion77dog さんのブログ記事

  • ある末期がんのブログから・・差し迫った余命を知った時
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )自分の死を忘れないために末期がんのブログを読むことにしているが、これまで実に多くのことを学んできた。感謝に絶えない。小林麻央のブログでよくわかったが、ブログは読む人に勇気を与えることはもちろん、読まれることで書き手もまた励まされることがよくわかった。そこで、私が学ばせて貰ったブログの応援の意味でここに記して置く。差し迫った命を記したブログである。な [続きを読む]
  • 瀕死の白鳥は美しい・・・ドラマ「トツトちゃん」から
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )ドラマの楽しみ方はいろいろあるけれども、印象に残るセリフもその一つ。「トットちゃん」で父親の守綱が言った言葉「瀕死の白鳥は美しい。苦しいものを美しくするのは芸術だ」(文意以外は私の言葉)。本当にそうだと思う。死や老いを美しいというのは嘘だと思う。しかし、芸術だけが、死や老いを本当に美しいものにする。もちろん、「美しい」という言葉の意味が変わってしま [続きを読む]
  • [陸王」など期待する秋ドラ
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )夏ドラは「セシルのもくろみ」以外は記憶に残っていない。私にとっては不作だった。さて、秋ドラ。今のところ見たいドラマが目白押し。まず「陸王」、池井戸潤作で半沢直樹以来見ているので少し鼻についてきたが、それでも、困難を乗り越えて行く姿は好きだ。「先に生まれただけの僕]、櫻井翔。何気なく見たら面白い。サラリーマン校長が学校を立て直してゆく話。陸王といい、 [続きを読む]
  • 田中邦衛の消息など、同時代人茫々
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )田中邦衛がテレビから消えたので、どうしているのだろうと思っていたら、仕事をしなくなり7年、この2年は老人ホームに入っていたそうだ。近頃、車いすで自宅に戻るという観測。84歳。私にとっては若大将シリーズの青大将から好きな俳優だったが、なんといっても著名にしたのは「北の国から」。独特の味わいは貴重だった。数年前北海道に行ったとき「北の国から記念館」?にいっ [続きを読む]
  • 老化(身体的)対策がますます増える
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )老化対策としてこれまでやってきたのは、1 眼の体操2 転倒予防の開眼片足立ち3 スクワット40回4 頭痛対策の体操というところ。ジムでの筋トレや有酸素運動、卓球、散歩(5000歩以上)はこれにプラス。しかし、腰痛になって・腰痛予防体操が増えた。それに眼をつぶってはパッと開く運動を追加。瞼が下がると信号などが見えにくくなるらしい。老化予防体操に一日40分は費 [続きを読む]
  • ラグビー故平尾誠二と山中伸弥教授の友情
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )平尾誠二といえば、日本の代表的なラガーマンで、精悍な風貌と見事な肉体で、魅力的なスポーツマンだった。肉体的な頑健さと病気とは直接関係ないとはいえ、こんな偉丈夫が53歳の若さで癌で死ぬなんてとても思えない。むしろ不思議である。山中教授と呑んだ何日かあとに癌で余命3か月を宣告される。15年9月のことである。それから13か月、二人三脚の闘病が始まる。山中教授はこ [続きを読む]
  • 藤田弓子、山本陽子、財前直美の終活を読んで
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )哲学者や宗教家などより、俳優とかタレントとかに学ぶことがとても多い。観念でなく人生を自分の足で生きているからであろう。週刊誌「女性自身」から、女優3人の終活。藤田弓子   72歳。これまで縁のあった人々と縁を結びなおすことに一生懸命。      断捨離などしている暇はない。*私も、これは心がけた。友達が少ないので、数年前に名古屋までいったりして、あと会 [続きを読む]
  • 曽野綾子の「夫の後始末』について
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )曽野綾子は、三浦朱門の生前中から「週刊現代」に夫の介護について書いていたが、私の記憶では、断りなしに中断してしまった。その後表に出ないので、病気になってしまったのかと思っていた。夫を見送って以来、微熱が続いているそうだし、脊柱菅狭窄症で毎週一回麻酔を打っているそうだから、かなり身体的に辛い状態にあるようだが、『夫の後始末』という本を出版したとのこと [続きを読む]
  • 我が家の花暦 29年10月1日
  • にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ(文字を )庭の花は本当に少なくなった。元気なのはキバナノコスモスとマーガレットコスモスくらい。ゼラニウム、日日草、インパテイエンス、サフィニア、ガウラ、コレオプシスは咲いているけど疲れてきた感じである。花が復活してきたのはスイートアリッサム。花は少なくなったが、小菊は蕾を持ったし、ペチコート水仙など水仙類は元気に芽を出している。挿し芽した薔薇などがある [続きを読む]
  • ご機嫌な一日のためのこころの準備体操
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )もう人生の残り時間は少なくなったのだから、ご機嫌に,機嫌は悪くとも充実して一日を生き切ることをテーマとしている。思うようにはいかないが。そのために、朝のスタートに以下のこころの準備体操を必ずしている。朝のスタートに・気の重いことをチェックし、一定の結論を得てしまう。 *例えば、眼科の検診は、不安なのだが、不安のままでいいと結論をだしてあとは考えないよ [続きを読む]
  • 橋田壽賀子の安楽死宣言 NHKを見て
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )安楽死を望む一番の理由は、人に迷惑をかけたくないということのようだ。これまで一人で生きてきたから、死ぬときも人に迷惑をかけたくないということらしい。人はそれぞれなので自分はというニュアンスで話していたが、特に説得力を感じなかった。番組は橋田の考えを掘り下げるというのではなく、安楽死についての話題を提供したという印象を受けた。橋田もいっていたように、 [続きを読む]
  • NHKBS[医師の闘病から読み解く・・・」これは推薦番組だ!
  • にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ(文字を )放映されたこの番組はなかなか充実していた。余命を宣告されたら、もう一度見て、背筋を伸ばしたい。正確ではないが記しておく。構成は、癌の闘病経験(非常に深刻な)のある医師6人?闘病経験のない一人の医師。司会は坂上忍。個々の具体的な話の内容は覚えていないが、全体の印象は、癌と前向きに対処していること、医師だからということがあるかもしれないが、闘うと [続きを読む]
  • 「落ち込め、泣け、受け入れろ」余命ゼロから生還 小西博之
  • にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ(文字を )欽ちゃん軍団の人だそうだが、生きているだけで150%とかいう本を出した。さんまは、「生きているだけで丸儲け」が信条のようだが、芸能人には哲学がある人が多い。小西さんは、2005年に癌の宣告を受け、即死してもおかしくない状態の「余命ゼロ」を告げられたという。その絶望状態を支えたのは、欽ちゃんの言葉「落ち込め、泣け、受け入れろ」だったのだそうだ。そこ [続きを読む]
  • 看取りのプロのがん死 僧侶・医師 田中雅博の場合
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )田中雅博は注目していた人なので、NHKのドキュメンタリーを2回、以前放映された心の時代の映像も改めてみた。確か1000人以上の看取りをし、看取り仏教師?の養成を主宰し、なにより医師と僧侶というのは、理想的な死を実現できる最良の条件がそろっている。死を軽く見るということもいっていた。さてその田中さんの最期はどうだったのか。一言でいえば、かなり悲惨な死であった [続きを読む]
  • ひどい腰痛 動けない!
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )この二日間、腰痛でひどい状態になつた。腰をひねったせいだが、一瞬にして機能不全になること身に沁みた。寝返りが打てない。ベットから起き上がれない。パンツがはけない。10センチの段差が下りられない。便座に座れない。力を入れられないので、排便困難。洗浄できない。咳や笑いは響いてできない。座れないので立ったまま食事。傘を杖代わりによろよろと歩く。この程度の問 [続きを読む]
  • 永六輔の残した言葉 お孫さんの本から
  • にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ(文字を )20歳の東大生のお孫さんが永六輔の大遺言?とかいう本を書き、女性週刊誌にさわりが載っていた。その中から、少し。*生きているだけで面白い。今が一番楽しく、喧嘩しているくらいが一番幸せ。・・・喧嘩しているくらいが訳が分からなかったが、この言葉は、貧しい時代の永六輔、黒柳徹子、渥美清が、中華料理屋で、「エビチリ」を取り合った言葉だそうだ。そう聞いてし [続きを読む]
  • こころを元気にする言葉と身体エクササイズ
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )この数日、調子がダウンしていたのが回復したと思ったら、今日はトーンダウン。疲労なのか、精神がたるんだのか、老化なのか、どうも原因が分からない。元気になる言葉はいろいろあるが、今日はホリエモンの「いつもフルスロットル」という言葉を反芻しながら、過ごす。この言葉は、精一杯生きるとか、生き切るとか、全力で生きるとかという言葉と同じ意味だが、フルスロットル [続きを読む]
  • 若い頃好きだった言葉 過去のノートから
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )石原慎太郎のエッセイを読んでいたら、「人生の言葉との出会い」という章があった。その中で「ナタナエルよ、君に情熱を教えよう。行為の善悪を判断せずに行為しなければならない。・・・」という言葉を一番に引いている。確か石原が30代の頃、書いた本にも引用していたから、実に50年以上こころにあった言葉である。石原はこの言葉の影響で高校を1年間休学したそうだ。私は小心 [続きを読む]
  • 悩みに対処する三人の自分
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )悩みや嫌な感情に対処する方法として二人の自分ということを考えてきたが、この考えは正しいとますます思えてきた。その前提は、人間の感情や不安は、不随筋みたいなもので自分の意志ではどうにもならないということである。不安や嫌だと思う感情は遺伝子に組み込まれている。人間は、プラスの事よりマイナスのことを多く考えるということは、心理学的に実験済みだそうだ。生物 [続きを読む]
  • 死は目覚めない眠りのようなもの ・・・死を軽く考える
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )養老孟司は、「人生は点線のようなもの」といっている。高齢になるとこの言葉がピーンとくる。意識は眠る時、切れてしまう。だから、毎日意識が切れる体験をしているわけだ。「死ぬということは最後に意識が切れてもう戻ってこない状態です」。その通りだ。だから、死に対する気持ちは、「寝る時と同じくらいに考えておけばよい」。そうなんだろうと思う。死なんてそんなものだ [続きを読む]
  • 健康・病気備忘録29・9・7
  • にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ(文字を )3か月ごとのPSAマーカー(前立腺がんマーカー)の検査に合わせて記録している。体重 63、8キロ (BMI 24) *鎌田實は26まで可と言っている)。65キロ(BMI 24.37)血圧 141−78*70歳代150−90降圧目標 80歳代169−90 日本高血圧学会。   ハンドグリップ・減塩しているが効果のほどは不明。血圧はいいが、上下差の動脈がよくない [続きを読む]
  • 中村メイコ 人生終い支度 追加
  • [https://senior.blogmura.com/ranking.html ]昨日書き忘れたことを追加。メイコはこう書いている。海外旅行から帰って来て「少しづつ体が弱ってきていることをつくづく感じました。ところが、そのことがいやではない。むしろ、しめしめ、とほくそえんでさえいるのです。そろそろ体が死にじたくを始めたぞ、これはいい兆候だぞ、と。」嵐山光三郎は「死ぬのは最後の楽しみだ」と書いているが、その理由は書いていない。メイコも老 [続きを読む]
  • 中村メイコの人生終いじたく
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )多分中村メイコは82,3歳だから、78歳くらいの時に書いた本。同じことを考えていると思って読む。・子供の世話にならず、買い物など身の回りのことができるのは、私の場合80歳くらいが限度。*実際にはまだ元気だからこの予想は外れたわけだが、私もあとやく年の80歳ぐらいが私の死に時くらいの気がする。オリンピックの直前なのは残念だが。・死を恐れることもないし、はねつけ [続きを読む]
  • 我が家の花暦 29・9・1
  • 向日葵がすっかり枯れて、朝顔は葉をかなり落とした。花虎の尾、メドウセージ、ガザニア、エフリニア、ゼラニーム、リュウゼツラン、ジャスミン、ハクチョウソウ、マーガレットコスモス、コレオプシス、チェリーセージ、桔梗、ランタナなども咲いてはいるが、もう弱っている。元気なのは黄花のコスモス、槿、日日草、それに仙人草くらいか。野草では水引草、ホトトギスが咲いている。もう一息はシュウメイギク。気候がよくなり、わ [続きを読む]
  • 頭部MRIで動脈瘤(首)と頸椎の老化発見
  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ(文字を )頭痛が依然としてあるのと、朝起きた時指に少し違和感があるので脳梗塞の疑いを感じて、検査。結果は私としては無事。良かった。脳梗塞はマヒを伴うので、死ぬまでできるだけ避けたい。ただ、首の左右に3ミリくらいの動脈瘤があった。脳だとくも膜などが起こり突然死もあるが、首は経過観察でよいとのことで、半年後にMRI。頸椎の老化は仕方がないと諦める。びっくりしたのは握 [続きを読む]