不倫問題研究家 さん プロフィール

  •  
不倫問題研究家さん: きっと不倫の恋も恋だから  不倫の作法
ハンドル名不倫問題研究家 さん
ブログタイトルきっと不倫の恋も恋だから  不倫の作法
ブログURLhttps://ameblo.jp/yukioabe6195/
サイト紹介文不倫には避けようとしても避けられない時がある。そんな不倫を正面から見据え前向きに語るブログです。
自由文女性だけを不幸にしない不倫を本気で考えるブログです。誰しもが、夫や妻が嫌いで不倫に堕ちて行くわけでもありません。人生と言う大海原を航海していたら、飛び魚が突然飛ん来て貴方の心と言う甲板にポンッと落ちて来たんですよね。そんな突然訪れた道ならぬ恋を前向きに考えましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2013/09/27 09:50

不倫問題研究家 さんのブログ記事

  • 「不倫相手」にシテはいけない男たち
  • 今週、次男の結婚相手の両親に会いに行ってきた。 立派なお嬢さんを育て上げただけあって、とても素敵がご夫婦だった。相手のご主人 を観ていて「こいつは不倫してんなッ」と直感し、この笑顔の裏には様々なことが動 いめいているんだろうと自分の人生と重ね合わせてしまった。 不倫を無理なく自然にしている男性に、なんとも特徴的が空気感が漂っている。この 50代のお父さんのように、さもない顔をしているが、フットワーク [続きを読む]
  • 女の不倫・理不尽な恋に打ち克つ「免疫力」
  • 不倫中、或いは、中高年男性に口説かれているかも知れない貴女が、先ず、肝に銘じ て置かなければならない事は、真っ当に生きてきた男には「家庭」を壊す気などサラ サラないということです。 貴女に声を掛けてきたり、貴女が素敵だなと思っている「妻子持ちの男」は、貴女の 目の届かない所で、自分の帰るべき「巣」を守ろうと一生懸命でなのです。 端的に言えば、不倫をすると言うことは「こんな卑怯な男」を相手をすると言う [続きを読む]
  • 「彼の奥さんに絶対に負けない世界」を創る
  • 不倫中の男には、ときどき訳もなく相手の女性がうざくなる時がある。 なぜか、昨日まであんなに愛おしく思った女性の躰が面倒なただの肉の塊にしか思え なくなる時がある。 一番のきっかけは「こんな私って、本当は面倒で、重い女って思ってじゃない」とか さらに「捨てたいなら、捨ててもいいよ」と自虐的に攻めてくるときだ。 男も、この女は「別れる気がないのに、俺を試してるな」と容易に感じ取る。そして 別れる気などさら [続きを読む]
  • 50代男性の 手のうち・胸のうち
  • 不倫とは、ある意味「男と女の闘い」だ。言ってみれは「我慢くらべ」みたいなもの で、どちらかが耐えきれず。先に手を出したほうが負けになる。だが総じて、こらえ 性がないのは、男ほうである。「いい女」に会って、欲しいとなると、無性に欲しく なる。もう少し我慢すればいいものを、つい先に手を出して火傷をする。 不倫の恋の初期は、男が誘って先に手を出すが、いったん「女」が本気になり、恋愛 にのめり込んでくると、 [続きを読む]
  • 女の性(さが)・ 不埒さ と 純潔 と
  • 女性が、不倫自体をどう見るかは、年齢でもずいぶん変わってくるし、モテる女とモ テない女でも変わってくる。 体験の数もあるし、いい目にあっている人とあってない人でもまったく違う。こうい うブログで言うと問題がありそうだが、嫌われついでに言えば、モテない女というこ とで「屈折している人」もいっぱい居るし、すくすく生きてあっけらかんとしている 女もいる。 すこし古い言葉になるが、女性では「貞節」にこだわる人 [続きを読む]
  • 男が惚れる女・美しさと愛しさと
  • 男にとっても「別れ」は、辛いものだが、中高年になってからの「それ」は辛さの色 合いが全く違う。 若い頃の恋なら、理由がある程度分かるもので、「あのとき、あ〜しておけば良かっ た」と悔やみ、やがて忘れ、気がつくとまた新しい恋に堕ちている。 でも、不倫と呼ばれる恋には、賞味期限があってその時期がくれば黙っていても消滅 するし、終わっても陽は差しては来ない。代わりに、なにも知らない「妻」の笑顔だ けが、贖罪 [続きを読む]
  • 駆け込み寺の門・「 男の嘘 スピンオフ編 」
  • 昨夜は、僕の批判コメントへの対応の不慣れから、激励・援護射撃下さった皆様、な にも知らずに、アクセスされた読者の皆様にはご不快な思いをさせてしまったことを この場を借りてお詫びを申し上げます。 その後も同じ複数の人物による不快な投稿が続いた為、7時間ほど記事搭載を中断し ました。それでも一万近くのアクセスを頂いたことは感謝に堪えません。誠にありが とうございました。        価値の多様性・「 男 [続きを読む]
  • 男の嘘
  • この恋で、女を美しくするものは「緊迫感」しかない。緊迫感の漂う美しさをもつ 女には、どこか鬼気迫るものを男は感じるものだ。 この緊迫感が薄れると、それは馴れ合いとなって、女は新鮮な輝きを失い、清涼感も 希薄になり、互いの緊迫感の相乗効果で成り立っていた関係は、あっと言う間に崩壊 してしまう。そんな時、男は嘘をつき始める。 この恋で男が一番忌み嫌うのは「馴れ合い」だ。馴れ合いが進むと、装いも、会話も 立 [続きを読む]
  • 「別の男」・ 好きだけど 許せない男の純情
  • 純愛は、なにも女だけのものではない。男にも純愛はある。もっとも、50代以上の 男性にとっては、正確に言えば「性的純愛」となるのだが、それも相手の女性が奔放 で、淫らで、賞味期限をわきまえた女なら、危険と知りつつ追い求めていく。 男は、不思議なことに50歳を過ぎたあたりから「純情」になる。いや、よみがえる 言ったほうが正確かも知れない。 慣れ親しんだ己の妻以外の女の実態をよく知らない。逆に言うと、浮気と [続きを読む]
  • 「 喧嘩 」・ 許されざる男と女 スピンオフ編
  • 昨日のある投稿者に「ジジイの不倫なんてキモいッ」と言われました 確かにキモいですよね そう言えば、不倫して何か良いことあったかな ただ 僕の妻を裏切り続けた最悪感だげが 宙を舞っているだけだ 昨日 彼女と 大喧嘩しました なめんじゃねぇぞ と言われました 女性からこんな「凄いことば」を聞いたのは 初めてです 彼女のイメージが ガラガラと 崩壊しました 若い女の 本音かもしれない てメェなんか 金 [続きを読む]
  • 許されざる男と女 「その凄まじき性」
  • まさしくここだけは、科学も文明も介入し得ない生身の男と女が裸で触れ合ってしか 辿り着けない「知恵」であり、「文化」である。 そして、SNSで自撮りでもしない限り、表に出ることは先ずない、そう言う意味では 一代限りのことで、この空間だけは進歩も退歩もない。皆それぞれに体験と実感から 徐々に学び、良かれと思うことを試み、その結果に一喜一憂する空間だ。 いずれにせよ、性というものは、ときとして、それまでの自己 [続きを読む]
  • 不倫男の心の声・「このハゲ〜ッ、違うだろう!」
  • この声は、中高年男性には、別な意味で心に響いて居たに違いない。 朝、顔を洗って、髭を剃りながら「今夜はあの子とデートだな」としみじみ、鏡に映 る己の顔を観る。そして、薄くなった髪の毛を気にしながら「老けたなァ」と顎を撫 でる。 その時、良心の呵責から「このハゲ〜ッ、違うだろう!」と「もうひとりの自分」の 声がする。明らかに本来あるべき「夫婦のあり方」とは違う。「不倫なんて、こんな ことしていちゃいけな [続きを読む]
  • 男性が不倫相手にして欲しくない「妻との比較」
  • 妻に与えているものは法的に保障され、はっきり目に見える。しかし、不倫相手に に与えているものは極めて「プライベート」なものだけに見えづらいから、様々な 憶測や誤解が生じて「苦しい恋」になってしまう。でも、妻のいる男が、その女性 に捧げている精神的・肉体的な献身は、決していい加減がものではないことだけは わかって欲しい。 だから僕は、己の妻の悪口を言いながら「他の女」を口説く男は嫌いだ。「離婚」を チラ [続きを読む]
  • 50代男性が考える理想的な「女の性」
  • 一般的に、若い頃の性というものは、繰り返されるたびに新鮮さは失われ、快感その ものも、新鮮さに引きずられように衰えていくものだ。しかも、それは下半身のみで しか営まれない。 しかし、男も50歳を過ぎ体力も衰え始めた頃に、自分でも驚くほど性技も己の快感 も多様化してくるのだ。若い頃には想像もつかなかったような、快感や技巧に目覚め 高まるのである。当然、攻める場所も方法も、そして強弱も変わってくる。 「 [続きを読む]
  • 空に星があるように
  • 僕の青春時代にヒットした様々な歌謡曲を聴いているうちに、自然と涙がこぼれてき ました。人生の終盤に「忘れかけた恋心」を沸き立たせてくれるような女性と出会い 「今」という時間を、大切にして生きています。 しかし「時の流れ」は残酷なもので、この恋もいずれ「終わり」を迎えるでしょう。 そんな日が来た時に「自分」がどうなるのか、「想い」を巡らしてみました。 小道に コスモスが 咲いているように 湖畔に 小さく [続きを読む]
  • 己の存在の「証し」
  • 中年を過ぎた男性は、その婚外に於いて好きになってしまった女が、如何に嘘つきで あろうと、悪女であろうと、手を焼かせる女だろうと、我儘であろうが、あまり意に 介しないものだ。 なぜなら、このくらいの年齢になると家庭も社会的立場もおおかた安定して、余裕も でき、女という情愛の対象のなかには、女の本然的な性愛しか求めなくなるからだ。 だから平気で、その女の前では、年甲斐もなくヘラヘラと「無様・ぶさま」になれ [続きを読む]
  • 不倫の終焉とその「喪失感」について
  • 石川啄木の詩集の中に、こんなものを見つけた。    猫を飼はば その猫がまた 争ひの 種となるらむ かなしき我が家 別れが近くなると、待ち合わせの遅刻、LINEの返事の有無、メールの内容、それぞれ 他人が聞くと他愛のないものが、二人の間では、憎しみ、罵り合うきっかけになる。 しかも、なにが、いつ、争いの原因になるか、当の二人にさえ予測がつかなくなる。 そして、結果的にその未来のない恋愛を呪うことになる。   [続きを読む]
  • 「生きること・愛すること」に 疲れるということ
  • 愛すること、或いは、生きることに疲れた貴女は真面目に生きてきた。貴女は真面目 であることが望ましいことと思い、「真面目」を信じて生きてきた。 しかしその間、真面目な自分の「心の底」に何が堆積されているのか、注意を払わな かった。 よく人は「人生に疲れた」と言う。「愛することに疲れた」と言う。 しかし、人生に疲れたのではない、愛することにも疲れたのではない。正確には、己 に内包する「憎しみ」を「抑圧する [続きを読む]
  • 不倫で悩む「中年男」の胸の内
  • 結婚は牢獄ではない。身は家庭に囚われていても、「母」という機能を内在する女性 と比較すれば、男の心は自由だ。 不倫の恋は「堕ちるもの」と言われるが、真面目な男は、その官能的な恋に堕ちてし まったら、もがけばもがくほど深みにはまってしまう。 特に、家庭と恋人の間でもがく働き盛りの中高年男性たちには、更に、仕事上の様々 なストレスと、不倫には避けて通れない、経済的な行き詰まりが加わり、自らの心の 行き場を [続きを読む]
  • 「子供を持つ女性」の不倫と その光と影 
  • 一般的に男性の不倫は、相手との関係性より、先ず「性欲」ありきで、偶然であれ なんであれ、出会いとタイミングさえ合えば、簡単に女性に手を出す。「夫」として の責任と役割の重さに「男」という性を失い窒息しそうな男性が、その「性」を取り 戻すために「淫靡(いんび)な性」を婚外に求める。 したがって、その「淫靡さ」が満たされれば、精神的にも落ち着くので、不倫にあま り深入りすることもなく、比較的容易に足を洗え [続きを読む]
  • 男って「女々しい」と言うけれど ....
  • 「逢うは別れの始めなり」という言葉があるように、出会いがあれば、いずれ別れの ときが訪れるもので、この「別れ」に対して、「どうせ別れるなら、きれいに別れた い」と多くの人は思う。 「美しい別れ」とか「別れの美学」とかいう言葉は耳触りがいいが、どこか、きれい ごと過ぎて信用できない。 とくに深い性的関係があり、男は単に「新鮮な肌」を求め、女はそれを「愛」と勘違 いしている「不倫」に於いての「別れ」は、決 [続きを読む]
  • スピンオフ編・「都合のいいオヤジの本音」
  • この記事は確か2〜3年前に書いもので、誰が昨日「いいね」してくれ、改めて読み直しみると、当時と気持ちが全く変わっていないのに我ながら驚いた。現在は、事が終わるとチッシュ・ペーパーを僕の顔にかけて手を合わせる。そして「倫太郎は、逝って、イッてしまたァ〜♪♪」と清水アキラ風に歌いながら微笑んでくれてます。彼女にとっての「都合のいいオヤジ」の本音が書かれているので、スピンオフ編として再投稿しました。先日 [続きを読む]
  • 50代以上の男の心構え・「都合のいいオヤジ」
  • こうしてみると「女々しい」という漢字は、「男々しい」と書くべきだと最近、本気 でそう思うようになった。 ・ なんで、僕みたいなオヤジと付き合ってくれるの? 彼女は「なんとなく倫太郎が好きなだけ、理由なんてないよ」と言う。家庭を壊す気 もなく夫も大切で、でも「恋愛ごっこ」と「お金」はもっと好きな「彼女」とっては 野暮な質問をする僕は、「チョー・ウザい」存在に違いないが、それ以上に「都合の オヤジ」なのだ [続きを読む]
  • 指輪・マリッジ リング の 幻影
  • 不倫をする既婚男性は、一般的に「妻」よりも彼女の方に気持ちが向いてる。でも それは「愛」と呼ぶべきものとは程遠いもので、むしろ新鮮な女の肌への「好奇心」 と称した方が適切だと思う。 真っ当な男の軸足は、常に「妻」が守る家庭にあり、彼が本当に「女性として」愛 し、尊敬しているのは「妻」である。 では、なぜ「男」は大切な妻に「深慮な沈黙」と「優しい嘘」をもってしても、新鮮 な女の肌を求めずにはいられないの [続きを読む]
  • 「妻のいる男」に溺れない為の心理学
  • 信頼できる恋人と出会っていても、誠実な夫に恵まれていても、その人が信じること ができず、「遊び」だけが目的のような不誠実な男に走ってしまう女性がよくいる。 彼女は自分も信じられないが、相手の誠実さも信じないのである、いや、信じる能力 が欠如しているのである。 それは、親がナルシスト(自己陶酔型の人・うぬぼれや)で「自分の現実」と「他人 の現実」が「違う」ということが分からなかったり、他人を愛する能力 [続きを読む]