keikoparis さん プロフィール

  •  
keikoparisさん: パリ通信 - KSL
ハンドル名keikoparis さん
ブログタイトルパリ通信 - KSL
ブログURLhttps://keikoparis.exblog.jp/
サイト紹介文パリ在住21年、ライター・コーディネーターがお届けするパリ情報です。
自由文レストラン、スイーツ、ホテル、イベント、パリからの小旅etc 雑誌に載らない(載せられない?!)パリの「今」を是非!
角野恵子オフィシャルサイト:http://keikosuminoleblanc.wix.com/keikoparis
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/09/27 14:27

keikoparis さんのブログ記事

  • パトリック・ロジェ初の彫刻エキシビション @21_21 DESIGN SIGHT
  • 超人気ショコラティエのパトリック・ロジェさんがショコラティエとしてではなく彫刻家、アーティストとして来日します!!2018年6月1日〜7月2日まで、21_21 DESIGN SIGHTにて彫刻作品のエキシビジョンを開催。東京都港区赤坂9-7-6tel: 03-3475-2121ロジェさん、ついに夢を実現します!!一ファンとして、私もとても嬉しい!!!ロジェさんのショップには必ず彼の彫刻作品が展示されているので、彼の彫刻家、アーティストとしての活 [続きを読む]
  • パリの桜新名所 〜 フランス国立図書館、パリ植物園、プチパレetc
  • 4月ももう半ば。日本の関東地方は桜の話題もとっくに一段落していると思います。パリの方も、さすがに満開を通り過ぎ・・・パリ植物園の名物桜は先週末が満開でした。夕方4時半頃に見に行くと、それはそれは、ものすごい人の出!この巨大な桜はなんと一本桜で、詳しい品種名は分かりませんがなんにしてもものすごい大木です。花の色は白。立派な枝ぶりをくぐって、木の下に入ると万華鏡の中はこんな感じ?! と思わせる別世界があ [続きを読む]
  • パリ13区にボローニャ発見! case della mamma カーサ・デラ・マンマ
  • 「いや〜〜〜〜 今も有ってくれてありがとう!」思わずそうさけびたくなる店や場所、ありますよね。パリ13区のカーサ・デラ・マンマはまさにそんなお店です。ボローニャ生まれのおばあちゃんがたった一人で切り盛りするイタリア総菜店。実はここ、去年の夏からずっと行きたい、行きたいと思っていたのですが、これがなかなか開かない。バカンス中、ということもありましたし、そうでなくても営業時間が不思議な時間帯で・・・で、 [続きを読む]
  • growthey 〜 グロウゼイ、住まいの中に菜園を!
  • 2018年3月22日パリ13区のオーガニックスーパー『ビオコープ』で室内菜園のアトリエ。家の中で?コンポストもできるの?と興味を持ち、参加しました。「庭もない、バルコニーもない、そんなパリの住人だってアパートの中に家庭菜園は作れます!」という新コンセプトを提案する『グローゼイ』によるアトリエです。参加して驚きましたが、『グローゼイ』を立ち上げたジョアンナさんは、2016年12月にそれまでの仕事(メディアの世界で [続きを読む]
  • LOURS Paris ルウスパリ 〜パリのボボな子供服
  • 「日本の友達のお土産に子供服を買いたいんだけど、日本にはまだ入っていないブランドでオススメあるかな?」と、よく聞かれます。ボンポワン、ボントン、アニエスベー・アンファン。。。人気のブランドはほとんど日本で買えますから・・・そこで、オススメしているのが LOURS Paris ルウス・パリ!ファッションジャーナリストのオードレイ・ムーランさんが2017年に立ち上げたブランド。made in France のクオリティーにこだわり [続きを読む]
  • 速報! パトリック・ロジェ マレ店がオープン
  • パトリック・ロジェ、といえば今や数少ない「日本未上陸」の超人気ショコラティエ。(アラン・デュカスさんのショコラマニュファクチュールもついに日本橋にオープン。ジャン=シャルル・ロシュー さんは南青山に。)そんな中、パトリック・ロジェさんはせっせとパリ市内に店舗を増やし・・・先週の水曜日、2018年3月21日パリ7店舗目となるマレ店がオープンしました!アルチザンとアート。ロジェさんの永遠のテーマが一つになっ [続きを読む]
  • 女性バーテンダー3人によるカクテルバー COMBAT コンバ
  • パリ19区、ベルヴィル界隈といえば、中国&北アフリカの移民で賑わうミックスカルチャーエリア。でも最近は本当にボボで(*ボボの説明はもはや必要ないと思いますが、ブルジョワ・ボエムの略で現代のざっくばらんな富裕層のこと)オーガニックの食材店や、セレクトワインのショップ、人気ビストロなどがたくさん!それなのに、なぜかカクテルバーはありませんでした。そんなベルヴィルに、2017年夏オープンした『コンバ』!!女性 [続きを読む]
  • アサンブレ・ナショナル フランス国民議会のお土産ショップ
  • 2年前、こちら に書きましたが、もう一度。そのくらい私はフランス国民議会 アサンブレナショナルのお土産ショップが好きです💗自分でも「なんでだろー」と不思議なくらいこのお店に入ると盛り上がる・・・ノート、鉛筆、革製品、傘、食器、Tシャツetcここにある全てがオリジナルで、しかもmade in France !うっかり中国製などを選んでしまう心配がないので(というか、モンマルトルなど観光地にあるお土産やさんの品はだ [続きを読む]
  • パリの手芸屋さん frou frou 〜フルフル
  • パリの街歩きをアレンジするとき、思いの外リクエストに上がるのが手芸屋さん。ラ・ドログリー やマレ地区の手芸店 ラ・メルスリー・パリジェンヌなどは日本でも有名で、ぜひ行きたい! と憧れる方が多いよう。以前は、百貨店のボンマルシェに手芸店の集まるフロアがあって、そこを見て回るのも楽しかった〜〜〜で、今、私のオススメはフルフルです!!なぜオススメかというと、オリジナルの布やリボンが買えるから。たとえいく [続きを読む]
  • L'Empire des Thés - ランピール・デ・テ パリで極上中国茶
  • パリでもお茶が人気です。一昔前は(例えば私が引っ越してきた頃、20年前)、お茶の専門店といえばマリアージュ・フレールくらいでした。それが今ではチェーン展開しているブランドがいくつもあります。例えば、パレ・デ・テ、クズミティー、ダマン・フレールなど。私のお気に入りだった(今もですけど!)ジョルジュ・キャノン こちら!はパリ6区に1店舗あるだけなのでそこを目指しでわざわざ買い物に行っかねばなりません。( [続きを読む]
  • 寿司Bでランチ!
  • パリで寿司と言えば、ミシュラン1つ星花田雅芳シェフの sushi B !前々からとても気になりながらなかなか行く機会がなかったこのお店に、昨年、ようやく、ランチに。ランチなら、58ユーロ〜 食べられます。1つ星で58ユーロ、というだけでコスパ十分、加えて、パリではめったに食べられないクラスのお寿司なんですから、言うことなしです!ちなみに、ここ、昨年2017年12月に発売された英仏バイリンガル雑誌『TLmag』で取材させ [続きを読む]
  • Taiyaki Paris パリ13区のたい焼き屋さん タイヤキパリ!
  • パリ13区・・・どんなイメージがありますか?旅行ガイドでは全然話題に上らない区ですが、パリに詳しい人であればチャイナタウンをご存知だと思います。インドシナからの移民が作った独特の街、東南アジア&中国文化むんむんのショッピングセンターもあります。そこを歩けば、パリにいながらにしてベトナムのマーケットを散策している気分?!今、検索したらばかの中村江里子さんが13区を紹介されています →Asahi Shimbun digital [続きを読む]
  • TLmag 28 Paris - Tokyo フードページ担当しています。
  • デザインとライフスタイルの英仏バイリンガル雑誌TLmag 28号発売中です。2017年12月発売でしたがお知らせが遅れてしまいました。今回もフードページを担当。パリと東京の最近の動きは? との編集長のリクエストに以下の5店舗の情報で応えました。まずは ミシュラン1つ星のお寿司屋さんSUSHI Bカウンター8席のみのミニマル空間で繰り広げられる、味覚世界のHAIKU 。 花田雅義シェフ(写真左)が目指す100%フランス産の寿司、 [続きを読む]
  • Paris in Four Months by テ・エ・ボーテ ラデュレ
  • Paris in Four Months のカリン・オルソンさんとラデュレの『テ・エ・ボーテ』がコラボ!素敵なフレーバーティが誕生しました。こちら!にも書きましたが、テ・エ・ボーテはラデュレの紅茶とアロマキャンドル専門店。(テ はフランス語でティーのことボーテ はビューティー。韻を踏んでいますね〜)香りの館、という感じ?ラブリーなお香もあります??こちらがコラボ作品のフレーバーティ。カリンさんはスウェーデン人。子供の [続きを読む]