骨しゃぶり さん プロフィール

  •  
骨しゃぶりさん: 本しゃぶり
ハンドル名骨しゃぶり さん
ブログタイトル本しゃぶり
ブログURLhttp://honeshabri.hatenablog.com/
サイト紹介文本とアニメを繋げるブログ
自由文読んだ本の紹介がメイン。
本とアニメを強引に結びつけるスタイルで更新中。
ほぼ週刊。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2013/09/27 19:32

骨しゃぶり さんのブログ記事

  • はてなブログに警告機能が欲しい
  • はてなブックマーク的にアウトな記事なら、それを公開する前に教えて欲しい。事後に対処するより、事前に対処できたほうがお互いのためだ。By Wing-Chi Poon - Own work, CC BY-SA 3.0, Linkはてブ八分前回の記事が「はてブ八分」を食らった。ブクマがついても人気エントリーはおろか、はてなブログ特集の新着にすら載らなかったのである。honeshabri.hatenablog.comセルクマは規約で許されているし*1、他の記事でもやっているが問 [続きを読む]
  • なぜ断面図は性欲を掻き立てるのか
  • 断面図を見ると人は興奮する。12億年かけて進化した有性生殖というシステムを、ポルノはどのようにハックしたのか。この壮大な謎を解き明かすため、性欲システムの内部を覗いていく。By ayustety from Tokyo, Japan - Flickr, CC BY-SA 2.0, Link素朴な疑問断面図という表現がある。断面図とは、1. 立体物を切断した時の切断面を図としたもの。内部構造を図解するために用いられる。2. 2次元のアダルト向け作品で使われる、性器の [続きを読む]
  • 慣習は万象の王だが、俺は習慣の奴隷である
  • 「ゆるぎない習慣は、精神力の涵養につながり、感情の波に流されるのを防ぐ」アメリカの心理学者ウィリアム・ジェイムズはそう言った。人は生活の一部を無意識に送れるようにすることで、頭脳に余裕ができるのだと。しかしそれは、環境が変化しないことを前提にしている。慣習の力ヘロドトスは『歴史』の中で「慣習(ノモス)こそ万象の王」とピンダロスが歌ったのは正しいと書いた。By Pe-Jo - Own work, Public Domain, Link慣習と [続きを読む]
  • 人生の壁が多すぎる問題
  • 人生には多くの「壁」と「危機」が待ち構えている。知っていれば覚悟することもできるし、対処することもできる。人生に向かい合う時が来た。By en:User:Bigdaddy1204 - Photograph taken in June 2006 in Istanbul by en:User:Bigdaddy1204. All credits go to him., CC BY-SA 3.0, Linkこんな記事を読んだ。20代後半から30代前半は『クオーターライフ・クライシス』と言って人生最悪の時期であるらしい。人はこの時期に、自分が [続きを読む]
  • 実写版『ジョジョの奇妙な冒険』の住民的な感想
  • 初日に見てきた。俺、完全に杜王町の住民目線だった。シッチェスに行ったのはオレです。行った、観た、書いたついに実写版『ジョジョの奇妙な冒険』が公開された。さっそく見てきたので感想を書く。原作を読んでいる人間にとってはネタバレにならない。原作を読んでいない人間は、まず1巻から読むことを薦める。あの映画は原作を知っている前提の作りだ。それで感想なのだが、観ながら一貫してこう思っていた。俺は… この道に見覚 [続きを読む]
  • タイムスリップが多発する信長の歴史を統一する
  • 織田信長は天下統一を目指した。ならば俺は歴史統一を目指す。By 狩野宗秀 (Kanō Sōshū, 1551 - 1601) - en:Image:Odanobunaga.jpg, パブリック・ドメイン, Link日本史の問題日本史に関する問題の中で、特に有名なのが「信長の周囲に未来人が多すぎる問題」である。15世紀末から16世紀末にかけての日本は戦乱が勃発し、政治的に不安定な社会であった。そのためか時空も不安定な状態にあり、タイムスリップが頻発していた。中で [続きを読む]
  • 読書の習慣をつけるのに向いた精神的コストが軽い本5選
  • 習慣を身に着けたいのであれば、コストを軽くすることが肝心である。読書においてもそれは変わらない。いつでも好きなタイミングで読める。そんな本を紹介する。精神的コストの軽い本読書をした方がいいと思っていても、なかなか読めないという人は多い。その原因は「金が無い」「時間が無い」「字が読めない」と人それぞれであるが、その中に「読書の精神的コストが高い」というものがある。読書の習慣が付いていないため、読書が [続きを読む]
  • 俺はパワーレンジャーに変身できない
  • 『パワーレンジャー』を見てきた。あれでは俺が変身できない。「Power Rangers (2017 Movie) Official Trailer ? It’s Morphin Time! 」よりめんどくさいオタク初日に見てきた。スーパー戦隊をハリウッド化したらこうなるのかというのが率直な感想だ。設定がジュウレンジャーと異なることについては特に気にならなかった。これはあくまでもパワーレンジャーである。変身するのが高校生だったり、守護獣が完全に乗り物化している [続きを読む]
  • 小学生をめぐる終わりなき戦い
  • 「ランドセル」に相対する二つの流派あり。一つ、セイバンのランドセル「天使のはね」一つ、ハシモトのランドセル「フィットちゃん」長きに渡る戦いの軌跡がここにある。『DAIGO天使』編 天使のはねランドセル 30秒ver.【セイバン公式】 - YouTubeより終わりなき戦い「ニチアサ」の根幹には戦いがある。『スーパー戦隊』『仮面ライダー』『プリキュア』は言うまでもなく、今は無き6時30分枠*1や『ヘボット!』で終わる7時枠*2につい [続きを読む]
  • フォロー外から失礼する技術
  • 「フォロー外から失礼する技術」こそ現代人が会得すべきものである。その一言で世界を変えるために。SNS時代に求められる能力一億総SNS時代と呼ばれる現代、日本では数あるSNSの中でもTwitterが人気である。しかしその使い方は人それぞれだ。見知らぬ人と積極的に繋がる人もいれば、リアルの知り合いとしか関わろうとしない人もいる。そんな混沌とした環境の中で生まれたのが「フォロー外から失礼」という概念だ。繋がりが無い相手 [続きを読む]
  • 『エロマンガ先生』の限界と『ダビデ像』
  • これから「性器」の話をしよう。芸術と表現について考えるために。とはいえ中学生でも読める内容なので安心して欲しい。中学生はそういう話が大好きだからな。『エロマンガ先生』第2話より『エロマンガ先生』最終話『エロマンガ先生』の最終話を見た。誰かが「これは『俺妹』の大型アップデートパッチだ」と言っていたが、最後まで見た上で同意する。特に「妹のかわいさ」に関しては、刀を鍛え研ぐように完成度を高めてきている。 [続きを読む]
  • 落ちこぼれはオーストラリアへ向かうべき
  • 昔はお前のような情報科だったが、膝にポインタを受けてしまってな……だからオーストラリアへ渡ったのだ。By John Hill - Own work, CC BY-SA 3.0, Link3つの質問から無言ブクマの多い3つのジャンルがある。エロ、英語、そしてプログラミングである。なぜ多くなるのだろうか。これはブクマカーに質問してみればすぐに分かる。あなた彼女いまして?英語は使えるんですの?じゃあ、プログラミングが得意とか?多くの人の答えは、ど [続きを読む]
  • 続・TOEIC300点で行く海外一人旅
  • 俺の英語力の上昇よりも、テクノロジーの発達の方が速い。一人で海外へ行くハードルは年々下がっている。前回から時が経ち以前こんな記事を書いた。これから1年以上が経ち、さらに2回海外へ行く機会があった。相変わらず俺の英語力は上がっていない。しかし、以前に比べて難易度は下がっているように感じる。それは慣れというものもあるだろうが、世の中がどんどん便利になってきているというのも大きい。サービスによって足りない [続きを読む]
  • なぜVLOOKUPを使えるとExcel中級者なのか
  • Excel中級者の定義は、VLOOKUPを使えることである。 この力を手にした時、人は神を追放する。Excel中級者「Excelが使える」とはどの程度のことを指すのか。企業の募集などで「Excelが使える人」と言う場合、それはExcelの達人を求めているわけではない。かと言って使える関数がSUMとAVERAGE程度の、初心者を指すわけでもない。ここで必要とされるのは「Excel中級者」である。求められているのが「Excel中級者」ならば話は早い。VLO [続きを読む]
  • 小宇宙高い系なのでギリシャの神殿にアテナ像を立てる
  • 神話の時代よりアクロポリスは聖域であった。今ここに、伝説が蘇える。アテネへ2017年のGWはギリシャへ行ってきた。例によって聖地巡礼の旅である。聖闘士星矢 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)作者: 車田正美出版社/メーカー: 集英社発売日: 2013/10/04メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るヒストリエ(9) (アフタヌーンコミックス)作者: 岩明均出版社/メーカー: 講談社発売日: 2015/05/22メディア: Kindle版この商品を [続きを読む]
  • 何がヒロインを決闘へと駆り立てるのか
  • ヒロインは問題解決手段として「決闘」を選択する。それは彼女たちが信心深く、努力を怠らず、そして名誉を尊ぶためである。この世界の起源と構造、この世界を支配する法則。決闘はそれらを解き明かす鍵となる。『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』1話より2017年4月、運命が覆される時2017年春アニメも出揃いつつある今日このごろ。前期よりも放映数が多い中、ひときわ興味を引くのがこの作品。『ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカ [続きを読む]
  • 聖書のバナー広告で悔い改めよ
  • 宗教は、文化を備えた社会を維持していくために必要不可欠である。2代目ローマ国王のヌマ・ポンピリウスはこう考え、宗教を基礎とした国家を築いたと聞く。今ここに、スマホネイティブに向けた布教方法を提示する。人を釣る漁師現代の日本において、宗教の勧誘ほど胡散臭いものはないだろう。多くの日本人は「聖書を読んでみませんか」と言われたら、聖書に興味を持つよりもその人から距離をとろうとするだろう。ではどのようにし [続きを読む]
  • 「ポストけものフレンズ」の探し方
  • 「ドミネ・クォ・ヴァディス (どこへ行かれるのですか?)」季節の変わり目にアニヲタの間でかわされる挨拶である。ジャパリパークが閉園した後、次に行くべき場所の探し方を教えよう。『けものフレンズ』11話よりけものフレンズ・ロス『けものフレンズ』が終わろうとしている。正確に言えばアニメ『けものフレンズ』が終わりを迎えるのだ。メディアミックスプロジェクトとしての「けものフレンズ」は100年続くコンテンツを目指して [続きを読む]
  • 「おでん屋」こそが道徳の教科書にふさわしい
  • 文科省はくだらない指摘をするわりに、徹底さが足りていない。なので俺が文科省が求める道徳の教科書について、あるべき姿を提示したいと思う。友達の家は「おでん屋」にしなさい。By jetalone from Ginza, Tokyo - Flickr, CC 表示 2.0, Link小麦より小豆今週末に話題のニュースといえばこれだろう。小学校の道徳の教科書に対する初の検定が行われたというものである。文科省の求める道徳観がろくでもないと言われており、中でも [続きを読む]
  • チキン南蛮という世界史
  • 陸の道と海の道。その二つが極東で交差する時、チキン南蛮は生まれた。世界史を味わえ。By {{{photographer}}} from Okinawan and Kyusyu restaurant Diamond Head in Tsukishima, Chuo, Tokyo - Flickr, CC 表示 2.0, Linkチキン南蛮久しぶりに食の話をしよう。今回取り上げるのはチキン南蛮である。それも「おぐら」発祥のタルタルソースをかけたものを指す。俺はこのチキン南蛮という料理が好きである。少なくともこの一ヶ月、 [続きを読む]
  • 読書習慣が皆無なまま京大に入る奴に薦める本
  • 英雄的な偉業は正しい教育のたまものである*1。自らを教育するならば読書するのが一番だ。しかし今まで読書をしてこなかったお前は、何から読めばいいか分からないだろう。この記事はそんなお前のために書いた。はじめにタイトルそのままのとおりの相談を受けた。全くと言っていいほど読書をしなくても入れるとは京大もチョロいなと、自分が入ったわけでもないのに思ったが、それは置いておく。今からでも読書をしようというのは悪 [続きを読む]