Kumo さん プロフィール

  •  
Kumoさん: FX初心者のためのKumoFX研究所
ハンドル名Kumo さん
ブログタイトルFX初心者のためのKumoFX研究所
ブログURLhttp://fxteclab.seesaa.net/
サイト紹介文FX初心者が陥り易い罠とは?利益を上げるには?基礎知識研究所です。トレード日記も掲載してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2013/09/28 16:38

Kumo さんのブログ記事

  • 環境認識:主要通貨の今週(4月11日〜15日)の見通し
  • おはようございます。Kumoです。チャート画像を表示できるようになりました。原因は不明ですが、一安心です。ユーロやポンドを中心にした主要通貨ペアの今週の見通しをテクニカル的に分析しました。(環境認識)また、サブウィンドウにはオシレータ系指標であるRanking Correlation Index(RCI)を表示しています。(日本語では「順位相関係数」)注)記載方法を統一しておきたいと思います。4時間足→H4足、15分足→M15足。RCIの9 [続きを読む]
  • イベントスケジュール(4月11日〜15日)
  • こんばんは!Kumoです。先週の日銀金融政策決定会合では、追加緩和説が浮上しているものの、政府要人による円高牽制発言については、「何を言っても、売られてしまう」状況・・・。ドル円ではレンジを明確に下抜けたことで下落リスクが高まっていますが・・・?ドル、ポンド、ユーロ、円に関連する米国、英国、ユーロ(ドイツ、フランス・・・)、日本と南ア、トルコ、中国などの新興国市場を対象に重要度の比較的高いものを掲載し [続きを読む]
  • 全て決済・・・!(4月8日)
  • さて、本日はドル円は、2014年10月27日以来の安値(107.66)まで売り込まれた反動でショートカバーが先行。政府要人から円高けん制発言が相次いだことで為替介入への警戒感が高まり、買い戻しが強まった。一時108.83円まで値を上げたものの、その後は108.80円を挟んでもみ合っている。ユーロドルは、円絡みの取引が中心となったため、1.1365ドルを挟んだ狭いレンジでのもみ合いとなった。欧州勢参入後にドル円の上昇をきっかけにユ [続きを読む]
  • ドル安トレンド継続か・・・?!(4月7日)
  • さて、本日はドル円は、財務省幹部の見解が、政府・日銀による為替介入への警戒感を高め円売り・ドル買いで反応。一時109.89円まで値を上げたものの、日本の為替介入は困難との見方から戻り売りなどが優勢となり、節目の109.00円を下抜けてストップロスを誘発。欧州勢参入後も円高・ドル安の流れが継続。日経平均先物の下落や安倍首相自ら為替介入に慎重な姿勢を示したことなどからドル安トレンド継続の公算大との声が聞かれ、一時 [続きを読む]
  • FOMC議事要旨に注目!(4月6日)
  • さて、本日はドル円は、日経平均株価や日経平均先物の動向に左右されて、110.40円を挟んで大きな方向感は出ていない。ユーロドルは、ドル円の上昇やユーロ円などの下げ、ユーロ豪ドルなどユーロクロスの下落でユーロ売り・ドル買いが進み、一時1.1340ドルまで下押しした。昨日安値(1.1335)が意識されると売りは一服したものの、戻りも限定的だった。ユーロ円は、125.65円を挟んで方向感に乏しい動きが続いたが、ドル円と同様に株 [続きを読む]
  • ドル円やクロス円軟調!(4月5日)
  • さて、本日はドル円は、日銀、財務省、金融庁の幹部会合開催報道で政府・日銀による円売り介入への警戒感や菅官房長官の発言などで値を上げる場面もあったものの、日経平均株価の大幅下落でリスク回避姿勢を強め円買い・ドル売りが進行。欧州では、日経平均先物や欧州株の下落が進み、一時110.26円と2014年10月31日以来の安値を付けたが、政府・日銀による円売り介入への警戒感も意識され、一本調子で売りが進む展開にもなっていな [続きを読む]
  • 環境認識:主要通貨の今週(4月4日〜8日)の見通し
  • おはようございます。Kumoです。GBP/JPYチャート画像のアップロードで、エラーが発生し、表示できません。どうすれば良いのか・・・?取敢えず今回は画像なしで投稿します。ユーロやポンドを中心にした主要通貨ペアの今週の見通しをテクニカル的に分析しました。(環境認識)また、サブウィンドウにはオシレータ系指標であるRanking Correlation Index(RCI)を表示しています。(日本語では「順位相関係数」)注)記載方法を統一 [続きを読む]
  • イベントスケジュール(4月4日〜8日)
  • こんばんは!Kumoです。3月米雇用統計の結果は、以下の通りです。             |  予想     |  結果非農業部門雇用者数(前月比)| 20万5000人増 | 21万5000人増 ↑失業率          |   4.9%   |   5.0%   ↓平均時給(前月比)     |  0.2%増   |  0.3%増   ↑米雇用統計など発表された米経済指標は予想より強い結果が目立ったものの、ドル売りが優勢の [続きを読む]
  • 米雇用統計やISM製造業景気指数に注目!(4月1日)
  • さて、本日はドル円は、3月日銀短観が予想以上に悪化したことで、日経平均が大幅に下落するとリスク回避姿勢を強め円買い・ドル売りが進み、一時112.05円まで値を下げたものの、3月30日安値(112.01)が目先サポートとして意識されると徐々に買い戻しが進んだ。欧州株が大幅に下落しダウ先物が失速すると徐々に弱含んだ。ユーロドルの上昇に伴う円買い・ドル売りも入っている。ユーロドルは、円絡みの取引が中心となったため、狭い [続きを読む]
  • 米経済指標や期末フローに注意!(3月31日)
  • さて、本日はドル円は、月末・年度末を迎えた国内輸出企業の売りが散見されたようで、一時112.23円まで値を下げたものの、その後は年度末の実需のフローに左右されやすいようで一転急上昇するなど、明日の3月米雇用統計や日銀短観(3月調査)控え方向感に乏しい動きが続いている。ユーロドルは、ドル円が上昇や豪ドルやポンドなどに対してドル高が進んだ影響を受け、ユーロ売り・ドル買いが進み、一時1.1310ドルまで下げた。欧州で [続きを読む]
  • ADP全米雇用報告などに注目!(3月30日)
  • さて、本日はドル円は、前日のイエレンFRB議長の発言が改めて材料視され、円買い・ドル売りが先行。買い戻しはあくまでポジション調整のようで、日経平均株価が下落したことでドル全面安となった流れに沿って一時112.01円まで値を下げた。売り一巡後は徐々に下値を切り上げている。ユーロドルは、新規材料に乏しく円絡みの取引が中心となったため狭いレンジでの値動きが続いた。欧州に入ると前日にイエレンFRB議長が利上げに慎重な [続きを読む]
  • イエレンFRB議長の発言に注目!(3月29日)
  • さて、本日はドル円は、日経平均株価の下落で円買い・ドル売りが先行したものの、仲値通過後は日経平均の持ち直しによる買いや期末・年度末を前に本邦実需勢の買いが観測された。その後、日経平均株価を睨んだ動きが続き一時113.79円まで値を上げたものの、16日高値(113.81)が目先の上値目処として意識されると失速。日経平均先物の下落や米10年債利回りの低下が嫌気され売りに押された。その後は、方向感に欠ける動きになってい [続きを読む]
  • 環境認識:主要通貨の今週(3月28日〜4月1日)の見通し
  • おはようございます。Kumoです。ユーロやポンドを中心にした主要通貨ペアの今週の見通しをテクニカル的に分析しました。(環境認識)また、サブウィンドウにはオシレータ系指標であるRanking Correlation Index(RCI)を表示しています。(日本語では「順位相関係数」)注)記載方法を統一しておきたいと思います。4時間足→H4足、15分足→M15足。RCIの9本線→RCI-9、RCIの52本線→RCI-52。フィボナッチ比率の161.8→Fibo161.8と記 [続きを読む]
  • イベントスケジュール(3月28日〜4月1日)
  • こんばんは!Kumoです。来週は、国内外の重要経済指標の発表が集中しており、神経質な相場が続きそうだが、米経済指標が強い内容となり、利上げ時期が近づいたと受け止められれば、リスク回避ムードが再燃する恐れも・・・?28日はイースターマンデーでオーストラリア、ニュージーランド、香港、ドイツ、スイス、フランス、英国などが休場となるが、米重要指標を控えているため、月曜から気が抜けない展開かも・・・?ドル、ポンド [続きを読む]
  • 様子見ムードが広がる!(3月25日)
  • さて、本日はドル円は、週末の5・10日(ゴトー日)にあたり仲値に向けた買いや日経平均株価の上昇で113.31円まで値を上げたものの、日経平均株価が上げ幅を縮小したほか、利益確定の売りが出て112.88円まで失速した。グッドフライデー(聖金曜日)で欧州勢をはじめ多くの市場参加者が休暇に入るなか、113.00円付近で値動きが細っている。ユーロドルは、ドル円の上昇に押され1.1154ドルまで下押ししたが、海外主要市場がグッドフラ [続きを読む]
  • 米経済指標に注目!(3月24日)
  • さて、本日はドル円は、下げて始まった日経平均株価の下げ幅縮小や仲値に向けた円売り・ドル買いが進んだものの、その後は112.75円前後でのもみ合いが続いていた。欧州勢が買いで参入すると前日高値(112.90)を上抜け113.00円まで上げたが、原油安を背景にダウ先物や欧州株が下落したことでリスク回避の売りに押されたほか、米10年債利回りが低下したことで値を下げている。ユーロドルは、ドル円中心にドル買い圧力が高まり値を下 [続きを読む]
  • ブリュッセルでの爆発事件報道に注意!(3月22日)
  • さて、本日はドル円は、日経平均株価の上昇に連れた反面、本邦輸出勢の売りに押されるなど、111.80〜112.15円のレンジ相場が続いたが、ブリュッセル空港や地下鉄駅での爆発を受けて全般リスク・オフの動きが強まったほか、日経平均先物の下落や米10年債利回りの低下で一時111.37円まで値を下げた。一巡後は、前日安値(111.21)が目先の下値目処として意識されると株価の買い戻しとともに反発している。ユーロドルは、ドル円の伸び [続きを読む]
  • 環境認識:主要通貨の今週(3月21日〜25日)の見通し
  • おはようございます。Kumoです。ユーロやポンドを中心にした主要通貨ペアの今週の見通しをテクニカル的に分析しました。(環境認識)また、サブウィンドウにはオシレータ系指標であるRanking Correlation Index(RCI)を表示しています。(日本語では「順位相関係数」)注)記載方法を統一しておきたいと思います。4時間足→H4足、15分足→M15足。RCIの9本線→RCI-9、RCIの52本線→RCI-52。フィボナッチ比率の161.8→Fibo161.8と記 [続きを読む]
  • イベントスケジュール(3月21日〜25日)
  • こんばんは!Kumoです。米連邦公開市場委員会(FOMC)を受け、米利上げペースの鈍化が意識されたことでドルを積極的に買いづらい状況。また、政府・日銀による介入警戒感も再び高まってきており、一方的に下値を探る展開も想定しづらく、重要イベントを終えた来週は、株価や米長期金利の動向を睨みながらの様子見ムードかな・・・?ドル、ポンド、ユーロ、円に関連する米国、英国、ユーロ(ドイツ、フランス・・・)、日本と南ア、ト [続きを読む]
  • 昨夜の急騰には手が出ず・・・(3月18日)
  • さて、本日はドル円は、日経平均株価の下落を嫌気してリスク回避目的の売りが強まり110.81円まで下げたものの、政府・日銀による円売り介入への警戒感が広がるなか、買い戻しも見られたなど、総じて111.30前後で一進一退となっている。ユーロドルは、1.13ドル台前半で目立った方向感は見られなかったが、欧州勢が参入すると足もとの大幅上昇に対する利益確定の売りが広がり、一時1.1255ドルまで値を下げた。売り一巡後は1.1280ドル [続きを読む]
  • 米重要指標に注目!(3月17日)
  • さて、本日はドル円は、米連邦公開市場委員会(FOMC)を受けて年内利上げペースが鈍化するとの見方から前日NYで急落。その後やや持ち直すも東芝の米子会社が減損損失を隠した疑いで米司法省(SEC)の調査を受けているとの報道で日経平均株価が下落。連れる形で値を下げたほか、米10年債利回りの低下を背景に欧州勢がドル売りで参入。全般ドル安が優勢となった影響を受けたほか、日経平均先物が下げたことで値を下げている。ユーロド [続きを読む]
  • FOMCに注目!(3月16日)
  • さて、本日はドル円は、日経平均株価の下落を受けて113.01円まで下げたが、国際金融経済分析会合に出席したスティグリッツ氏の見解や黒田日銀総裁の発言を受け持ち直した。その後方向感に乏しい動きが続いたが、欧州勢参入後はドル高が強まった流れに沿って、一時113.75円まで値を上げる場面があったものの、その後は、日経平均先物が伸び悩んだほか、ユーロドルが下げ渋ったことなどで上値が重くなった。ユーロドルは、ドル円とと [続きを読む]
  • 米重要指標に注目!(3月15日)
  • さて、本日はドル円は、113.80円を挟んで神経質な動きが続いた後、日銀金融政策決定会合の結果公表を控え思惑的な売買が交錯した。日銀は金融政策を維持したが、一部で追加緩和期待もあっただけに日経平均株価が下落。連れる形で下げ足を速めた。欧州勢参入に伴い、ユーロ円の売りや原油安を受けた資源国のクロス円も下落。米10年債利回りの低下や日経平均先物の下落で一時112.92円まで値を下げた。一巡後は対欧州通貨を中心にドル [続きを読む]
  • 環境認識:主要通貨の今週(3月14日〜18日)の見通し
  • おはようございます。Kumoです。ユーロやポンドを中心にした主要通貨ペアの今週の見通しをテクニカル的に分析しました。(環境認識)また、サブウィンドウにはオシレータ系指標であるRanking Correlation Index(RCI)を表示しています。(日本語では「順位相関係数」)注)記載方法を統一しておきたいと思います。4時間足→H4足、15分足→M15足。RCIの9本線→RCI-9、RCIの52本線→RCI-52。フィボナッチ比率の161.8→Fibo161.8と記 [続きを読む]
  • イベントスケジュール(3月14日〜18日)
  • こんばんは!Kumoです。来週は日米金融イベントがあります!内容次第でドル円は、上下どちらかにブレイクする可能性もあるのでは・・・!ECBが大規模な追加緩和に踏み切ったことで、一部では日銀への緩和期待もあり、結果公表後や黒田日銀総裁の会見内容を受けた動きには要注意!また、FOMCも金利の据え置きが織り込まれているが、金融市場の混乱を受けた声明文や経済・金利見通しの変更、イエレンFRB議長の見解には要注意です!ド [続きを読む]