ぽけんた さん プロフィール

  •  
ぽけんたさん: これが僕のHIVとの生き方
ハンドル名ぽけんた さん
ブログタイトルこれが僕のHIVとの生き方
ブログURLhttp://koreboku.blog.jp
サイト紹介文2013年8月にAIDSを発症。僕なりの闘病を書いています。
自由文30代のゲイでHIV感染者です。2013年8月15日にAIDSを発症しHIVの宣告を受ける。まだまだ奮闘中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/09/28 23:29

ぽけんた さんのブログ記事

  • 吐き気の副作用
  • 昨日は抗うつ剤のレクサプロを服薬した。向精神薬はちらほらと服薬した為どれがなんだかジェネリックもあったりと過去の記憶を整理したが抗うつ薬は初めてのようだ。昨日も記載した通り夕飯後に抗ウイルス薬等と共にロフラゼプとレクサプロを服薬しフワフワと脱力感があった。ルネスタでとどめをさしすんなりと入眠。途中起床はあったのだが眠れた感があった。iPhoneアプリの睡眠管理を見ると浅い眠りしか取れておらず知らないうち [続きを読む]
  • 抗うつ剤の追加
  • 今日は心療内科の通院。睡眠状況が悪く前回、医師から提案のあった薬の追加を、お願いした。現在、抗不安薬のロフラゼプを服薬している。抗うつ剤のレクサプロを服薬し始める。レクサプロの効果が実感できるまで二週間はかかるようでロフラゼプとレクサプロは一次併用となる。状態を見て徐々にロフラゼプを減薬する予定である。夕飯後にロフラゼプとレクサプロを含めて服薬したのだが早速、ふわりとリラックスというやら脱力感があ [続きを読む]
  • 深く眠れていない状況が続く
  • 睡眠状況がかんばしくない。Apple watchのアプリで睡眠の深さ・心拍・途中起床が測れるのだけども浅い上に途中起床。これが随分と長い期間続いている。ルネスタの効果がここ最近は薄れてきて入眠のタイミングがわからない。前回の心療内科で薬剤の追加を提案されたのだけれども様子を見たいと断った。辞めようとしているのに反し追加になるのにためらったからだ。睡眠時間の確保と環境作りに尽力しないといけないのはわかってはい [続きを読む]
  • 気分の上がり下がり
  • 秋の満月の光が水面に映る。ゆらゆらと揺れながら波の音が聞こえる。並んだ漁船同士が時折コツコツとぶつかる。海風が鼻先にあたる。海の香りがするのだが山の香りと混ざり澄んだ空気が肺に入る。こんな景色と出会えるなんてここならではである。東京に居続けたならばと僕は考える時がある。六本木ヒルズから見える夜景はキラキラと宝石をちりばめたようである。輝く世界を失ったと共にHIV患者としても生き生きと生きられる環境を [続きを読む]
  • 通院と開けるべき風穴
  • 今日は転院先にと考えている病院へ行った。担当医となる医師と顔合わせをして決めてみてはどうかと担当看護師からの提案を受けたからだ。診察というよりも”面接”という雰囲気であった。話だけお互いにし合った。今通院している拠点病院とその医師とは連携しており以前は今の病院へ在籍していた。僕の情報も以前から共有されており受け入れ態勢は整っている。しかしながら拠点病院としての認可は降りていない為医師にはHIV治療の [続きを読む]
  • 答えを出す為の気分転換
  • 昨日は姪っ子達を連れてスペースワールドと太宰府天満宮へ行った。“スペースワールド”という施設は北九州の八幡にあるテーマパークであり今年いっぱいで閉園する。アトラクション目的もそうだが父や母、叔父叔母。家族の足跡を探すようであった。25年前に描いた線をもう一度指でなぞるように。懐かしさとどこか漂うレトロさの連続であった。午前中に絶叫系は乗り尽くした。それが功をそうしたのか時間が余ってしまいぷらぷらと散 [続きを読む]
  • 判断をしないといけないよね
  • 8月が過ぎ暑さが和らいだ。朝晩と寒くなりすっかり秋模様のまま9月が過ぎようとしている。明後日から10月になりそうこうしていると11月になる。“転院するか否か”答えは出しつつも確実に自分の中で消化して最終判断を下すつもりでいる。あれだけもらった時間も着実になくなってきた。精神的に指摘を与えるのはよくないとはカウンセラーに助言を受けた。転院への判断を下す材料が欲しくて助言に反し、次々に刺激を与えている。点を [続きを読む]
  • 生命保険と会社とHIV
  • 昨日は生命保険の件と皮膚科、心療内科の受診と色々と立て込んだ。生命保険はHIVともなると面倒だ。会社が個人に生命保険をかけるようになった。死亡の時に保険金が下りる。昼に生命保険をかける社員を集め説明会と申し込み手続きが行われた。僕は病気の申告時にC型肝炎を盾によく使う。記入欄に目を通すと生命保険ともなると通院歴等、記入が面倒である。HIVで障害手帳を持ちC型肝炎の既往歴があり皮膚科、心療内科へ通院している [続きを読む]
  • 保険金と建前・本音
  • 会社が保険に加入するようで死亡保障金の受取人を決めておくよう総務部から伝えられてから考えた結果”姉”にするようにした。その旨は、兄以外の家族へ伝えた。なぜ”姉”なのかの説明を添えて。今日、姉へ伝えた。快諾してくれた。「あの人には遺産は取られたが死亡金までは取られたくない死んだ場合は葬儀はしないからその金は好きに使ってくれ」建前で話してもしょうがないからと上記の言葉を添えた。いわゆる僕の本音である。 [続きを読む]
  • 変われ僕が
  • ”変われ”ここのところ何事もやる気が出ない。これまでは仕事への影響はなかったものの仕事へのやる気が薄れてきた。唯一の救いは業務量自体は減っておらず質も同じく維持ができている。なのに何だろうか?この充実感のなさは。何をやっても。潮風に吹かれても気持ち良いと感じず海に沈む夕日を眺めても美しいとも心の底から思えない。気分転換に遠くへ出かけた。長い階段の先には長年、生き続けてきた樹があった。僕が死んでもこ [続きを読む]
  • 自分への刺激と自分探し
  • 今日も含めてここ三日間。向不案薬のロフラゼプを夜服薬するとベットでゴロゴロといつの間にかうとうとと寝入ってしまう。抗不安効果もさながら筋弛緩効果もある為疲れが溜まると自然と寝入るのは当たり前かもしれない。『ここ10年も恋愛していないんだ同年代で楽しんでいる人を見ると輝かしく見えてしまう』先日、同性愛者の集いへ行った際に後ろの人の会話が耳に入った。その言葉がずっと僕に残っている。今日は講演会を聞きに行 [続きを読む]
  • 事故りました、追突されました
  • 事故りました。信号で停車中に追突されました。相手は脇見をしてたようでブレーキの踏みが甘かったみたい。若い子で彼女乗せてたからちょっと浮かれていたのかな。こちらも急ブレーキ気味だったから。相手がどう出るか?わからなかったもので示談にするのか、事故証明を作って修理代を保険を通すのかどうするの?と聞いたら『”示談”って何ですか?』と言われたのでイケると睨みあーだこーだ説明後にこちらのペースで通常処理をし [続きを読む]
  • HIV闘病開始から5年目
  • 「はっ!五年目!」夜の暇つぶしでYouTubeで動画を漁りながら色々と考えていたところにはっと僕は思い出した。HIV闘病から四年が過ぎ五年目に入っていた。去年の記事を改めて読み返すと五年目、十年目と過ごすのだろうなと記事を記していた。しかしながら五年目に入る時はまさかの忘れかけるとは。十年目に入る頃はそれを越してきっと気づかないだろう。“HIV”の認識そのものが僕の中で変化している。今考えるべき問題を的確に捉 [続きを読む]
  • 皮膚科と心療内科の受診
  • 今日は皮膚科、心療内科の通院日。通院に通院が重なったのと盆明けの混み具合で帰りは遅くなってしまった。皮膚科はなんとか弱レベルのステロイド軟膏と保湿剤を混ぜ薄めたものでしのげている。しかし全身が痒い。前回からは若干改善されたもののまだ全身が痒い為に軟膏は現状維持で多めを全身に塗る。心療内科は前回の悶々としない状況は相変わらず変化はないと医師に伝えた。表情や話し方を見る限り悪くはなさそうだけどなんだろ [続きを読む]
  • 葛藤し過ぎて、何が葛藤かさえわからない
  • 今日でお盆休みが終わり明日からまた仕事。初盆のお参りも含めて今年は予定を毎日入れ今日は天候予想ができなかった為に何も予定を入れなかった。お盆明けになると年末まで仕事は後半戦といったところであろうか。『次のステップが見られるようになったのではないか?』と心理カンセラーの先生に言われたのを内面が不明確になりそうな時にいつも思い出す。肝炎治療や抗ウイルス薬の変更を経て状態が落ち着いたからこそ見えなかった [続きを読む]
  • 叔母の初盆と自分自身の影
  • 自分がどこで詰まっているのか。何を求めているのか?わかってはいる。しかしながら視界に霧がかってくるようによくわからなくなってくる。“命”“病気”“本来の自分”の問いを延々と繰り返してしまうのだ。今日は叔母の初盆の為に親戚宅へ伺った。寝不足もあったもので昼頃にお参りに伺い雑談を交わしながら夕方に一足早く姉達と帰宅。昨日の寝不足の為に一時仮眠を取り姉から誘われた花火大会へと向かった。甥っ子や姪っ子達と [続きを読む]
  • ただ風に吹かれよう
  • "自分に何が足りないか"僕にはもう、わかっているんだ。HIVもゲイも自分の一部であって隠し続けるのは自分が自分であって自分ではないような感覚だ。ずっと自分ではない何かを演じ続けるのは以前からそうであったしこれからもそうだし些細な負担だ。微細ながらも負担には変わりはなく顔を洗った後の鏡の中の自分を見つめるとあれは自分ではなかったとその都度実感するんだ。自分であれる時間を作らなけばならない。田舎だからこそ [続きを読む]
  • 通院と自分自身
  • 今日は通院日。消化器内科は血液数値は問題なし。感染症科も血液数値は順調である。CD4は500前後のままである。朝の出発が遅れてしまったのと想定外に病院が混んでいた為時間に遅れてしまった。その為に、心理カウンセリングが短時間になってしまった。混沌とした今の心理状況を手短に話した。転院の話が固まってきた。厚生労働省よりHIV拠点病院としての認可は降りていないが更生医療の審査は通ったようだ。その為に転院をしても [続きを読む]
  • 自然とHIVとの狭間で
  • "ハグロトンボ"というトンボがいる。漢字だと"羽黒蜻蛉"と書き幻想的なのだが別名"神様トンボ"というようだ。オニヤンマ等のトンボと異なる飛び方をする。ひらひらと曲線を描くように舞う。留まった姿も美しい。羽を開いたり閉じたりするのだが四枚の羽を一枚に重ねそこからまた四枚の羽に開く。神秘的で田舎ならではの巡り合わせである。職場で、このトンボを見かけるようになれば夏が来たんだなと実感する。澄んだ空気にヒグラシ [続きを読む]
  • 全身が汗で痒い痒い痒い
  • 痒い痒い痒い。先日は皮膚科の受診であった。このところ順調に時間をかけてステロイド軟膏の強さを弱めてきたのだがここにきて全身が痒い。医師に相談したところ背中の部分だけを診ると順調ではあるようだ。背中に塗っていたロコイドと保湿剤とを合わせた軟膏の量を増やし全身に塗るようにした。これで経過観察をする。『夏場の人?冬場の人?』と前回の診察で問われた。夏に汗に反応するタイプなのか冬に乾燥に反応するタイプなの [続きを読む]
  • 放置で綴りたい内容が多々あり長文へ
  • 今日は叔母の49日。綴りたい内容は多々あれども更新に至るまでの気分でなく今日まで放置した。今日は残しておきたいと感じる為文字同士を繋げ書くに至った。残す内容は三つあり”母に対して””心療内科受診””叔母の49日法要”である。”母に対して”先日、母の誕生日祝いと共に母が骨折をしていたための兄弟揃って快気祝いをした。母との問題以来母の誕生日を祝うのは実は三年ぶりである。三年前、僕は誕生日を忘れられた。両親 [続きを読む]
  • 体調不良でまた欠勤
  • 今朝は起床時に38.4℃。この時点で出勤は無理だろうと欠勤の連絡を入れて休んだ。咳が酷く、頭痛、悪寒。無理矢理バナナを口にしカロナールを服薬。解熱ができてくると今度は発汗で蒸し暑い。その繰り返しで解熱ができてもしんどい。このところ発熱が多く不調が長引く。 [続きを読む]
  • また発熱
  • 今日は日中酷く咳が出る。咳し過ぎて肺が痛い程。調子が今ひとつだなと感じカロナールを朝、昼、夕と服薬し調子を整えた。脂汗のような変な汗が出る。調子が悪い。熱っぽいと先程検温したら38.2℃。夕飯もあまり喉を通らない。通常の半分はなんとか食べた。こういう時程健常者が羨ましい。健常者に扮してそれ以上の働きをしようと自分の体にムチ打っても中身が違う。体がついていかない現状に地に落とされる気分だ。誰かに愚痴でも [続きを読む]
  • 昨日は発熱で不調の一日であった
  • 昨日は38.4℃の発熱。朝から寒気があった熱っぽいと感じ体温を計測すると案の定、熱があった。恐らく前日にきちんと眠れてなかったのと寒いと感じながらもパジャマを着ず、上掛けもかけてなかったからだろう。先月は拗らせたばかりで今回も拗らせなければと考えながらカロナールで解熱し様子を見た。カロナールが切れた頃にまた調子が悪くなり発熱。そしてカロナールで解熱といった状態であった。今日はいつもの習慣を崩すと調子が [続きを読む]
  • 眠剤増量の効果がテキメン
  • 眠剤の効果が覿面に出ている。ルネスタを2mgから3mgに増やした。疲れの取れ具合が違いこちらはぐっすり眠れているようだ。結局、途中起床はするのだがそれも朦朧としておりまた深い眠りに落ちる。以前は、途中起床をしてしまうと起床の心配がありそこからの眠りが浅かった。ルネスタ2mgを服薬しても眠れない日もあり追加でゾルピデムを飲んだ時もあった。精神的にも順調で徐々に落ち着いてきている。反面、口の中の苦々しい感じも [続きを読む]