テニス好きのフェデ朗 さん プロフィール

  •  
テニス好きのフェデ朗さん: 試合に勝てるテニス上達術!!
ハンドル名テニス好きのフェデ朗 さん
ブログタイトル試合に勝てるテニス上達術!!
ブログURLhttp://xn--zckzap3601al1rcz8af88a.com/
サイト紹介文フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打てるようになるテニス上達術をもとにお伝えしていきます!!
自由文自分は全然試合に勝てない時期がありました。
それは、テニスの練習時間が足りなかったせいではなく、完全に意識の違いによるものでした。
それに築いてから試合に勝てるようになり、よりうまく打てるようになりました。
今では優勝多数し、入賞はたくさんしています。
全然勝てなかった僕が勝てるようになった秘訣をどしどし公開しているので、ぜひ見てください!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2013/09/29 08:27

テニス好きのフェデ朗 さんのブログ記事

  • フェデラー バックハンド 弱点の克服
  • フェデラー選手はプロデビューからしばらくしてからにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑完成度の高いプレーヤーとしてオールラウンダーと評価されてきましたが、ナダル選手にバックハンドの高い打点を狙われるようになってから、バックハンドの弱点がでてきました。いままでの選手はフェデラー選手の弱点をあぶりだす前にフェデラー選手が圧倒するか、バックハンドの弱点を出させるだけの攻撃力がな [続きを読む]
  • フェデラー リターン 構えとグリップ
  • フェデラーのリターンはリラックスした構えとにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑グリップから、想像もできないリターンを打ってきます。片手打ちバックハンドの選手は大概、リターンが苦手というのが相場ですが、フェデラー選手は全く違いますね。セイバーというリターンもあれば、↓フェデラー SABR 動画通常の下がってトップスピンをかけるリターンも得意です。特に2017年からリターンの精 [続きを読む]
  • フェデラー サーブ&ボレー 動画とポイント
  • フェデラー選手の2018年がスタートしていますが、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑初戦のホップマンカップでもシングルスで大活躍でした。現代ではここまで上手いネットプレーはいないというくらいのサーブ&ボレーと超絶のテクニック、スピードをつけたストロークで相手を圧倒していました。前年の2017年ではズベレフ選手にシングルスで負けてしまいましたが、通常、年齢的に差が開く一方のはず [続きを読む]
  • テニス スマッシュ 当たらない原因
  • テニスのスマッシュが苦手な選手に多いのは、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑そもそも当たらないという人が多いです。スマッシュは仕上げのショットで、これが苦手な選手は多いですが、スマッシュが苦手だと、試合では勝ちにくくなるでしょう。仕上げ、最後の最後、詰めがあまいとなると、ある程度の選手からはポイントを取ることができなくなります。私もそうですが、相手がスマッシュが苦手と [続きを読む]
  • テニス フォアハンドアングルショット 打ち方
  • テニスではアングルショットを使いこなすことで、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑コートを広く使えます。このアングルショットをうまく使う選手といえば、フェデラー選手、ナダル選手ですね。特にナダル選手は外に逃げるアングルショットを、相手のバックハンドにうてるため、非常に有利です。アングルショットというと、クロスのボールだけをイメージしそうですが、私は違います。アングルショ [続きを読む]
  • テニス フォアのランニングショット 打ち方
  • フォアハンドのランニングショットはにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑かっこいいテクニックで、私の世代の選手はみんなあこがれました。ダンクスマッシュもそうですが、このランニングショットはかっこいいですね!フェデラー選手がでてくるまえは、サンプラス選手がまさにパワーテニスというべきプレーでナンバー1でしたが、弱点がありました。それは、バックハンドのリターンだったんですね。 [続きを読む]
  • シャポバロフ 片手バックハンド グリップとポイント
  • シャポバロフ選手はカナダ出身で、身長183cmとにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑長身とは言えない部類の選手ですが、非常に俊敏な動きとオールラウンドなプレースタイルで天才的な選手です。たとえるなら、「左利きのフェデラー」のようなプレーです。まあ、左利き特有のキレるサーブや相手バックハンドへクロスのフォアハンド攻撃など、いろいろありますが、一番は、オールラウンドでプレー [続きを読む]
  • キリオス サーブ スピードを出すコツ
  • キリオス選手はオーストラリアの選手でにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑かなり天才系、センスのある選手です。190cmを超える長身でありながら、とても器用で俊敏、そして、ストロークは超強烈ですw特にサーブは本当に強烈な武器で、世界トップではないかと私自身思っています。スピードもさることながら、長身を生かしたコースや確率、ブレイクポイントなどの重要な場面で強いという特徴が [続きを読む]
  • ディミトロフ ジャックナイフのコツ
  • ディミトロフ選手といえば、片手打ちバックハンドの選手としてにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑有名です。フェデラー選手とそっくりなフォームとプレースタイルからベビーフェデラーと呼ばれていますが、片手打ちバックハンドについては、本家フェデラーを部分的には超えています。片手打ちバックハンドのプレーヤーの弱点といえば、バックハンドの高い打点ですね(-_-;)ここにサーブを集められた [続きを読む]
  • テニス ストレートアーム 安定のコツ
  • テニスでは人によっていろいろな打ち方がありますし、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑合う合わないがあったりします。フォアハンドだけでとってみると、大きな違いとしては、ストレートアームとダブルベンドがあります。簡単に説明するとストレートアームは名の通り、腕を伸ばして打つフォーム。ダブルベンドは腕を曲げて打つフォーム。この違いですね。ストレートアームはフェデラー選手を皮切 [続きを読む]
  • フェデラー サーブ 回転のコツ
  • フェデラー選手のサーブは世界トップクラスのサーブとにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑言われています。回転、スピード、コース、どれをとっても完璧といっていいレベルですね!!ビッグサーブといえば、スピードが注目されがちです。もちろん、カルロビッチやアンディロディックはスピードがとてもつもなく速く、わかっていても反応できるかどうかわかならいくらいのサーブを打ちます。しかし、 [続きを読む]
  • テニス ドロップショット 対策
  • テニスのドロップショットの対策は得意でしょうか?にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑以前はプロでもドロップショットをつかうのは、クレーコーターと呼ばれる選手が多かったです。もう、今の時代では死語に近いかもしれませんが(笑)以前はクレーコートのスペシャリストというジャンルのプレーヤーがいました。コリア選手なんかはその最たる例で、クレーコートでの勝率は以上に高く、ベースライ [続きを読む]
  • ゴフィン プレースタイルのポイント
  • 新年あけましておめでとうございます!!今年は頑張ってみんなのテニス上達に本気で取り組んでいきたいと思います!!にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑さて早速ですが、ダビド・ゴフィン選手が非常に勢いがあります。デビスカップでは決勝で絶好調のツォンガ選手を破り、しかも、ツォンガ選手と対戦する前の、試合では、若手期待の選手でもあるプイユ選手も圧倒する試合内容でした。そのプレース [続きを読む]
  • テニス フォアハンド 胸を張る
  • テニスのフォアハンドでは胸を張る動きも重要になってきます。にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑フォアハンドには、いくつかのポイントがありますが、大事なポイントは体を連動させることになります。大きくは体幹と足ですが、プラスアルファとして、肩甲骨、そして、胸があります。いいフォアハンドを打っている選手は、肩甲骨をうまく使うこともそうですが、胸の張りもうまく使っているんですね [続きを読む]
  • テニス お金 かかる
  • テニスを続けるには、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑お金がかかります。厳しい現実ですが、意外と費用がかさんでいるんですねwwテニスラケット代、テニスウェア代、テニスバッグ代、テニスシューズ代などなど、消耗品の中でもあまり消耗しないものは、こんな感じですが、細かく上げると、グリップテープ、ガットはよく変えないといけないものです。子供がテニスをすると、非常に費用かかりま [続きを読む]
  • テニス ブックメーカー 投資と勝ち方
  • テニスのブックメーカーをご存知でしょうか。にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑投資であったり、勝ち方もあります。私自身、ブックメーカーへの投資で、かなり資金を増やしています。とはいっても、お小遣い程度ですが(笑)テニスはお金がかかります。特にテニスラケット一つ、テニスウェア一つとっても、数万円はしますし、しっかりと用具をそろえるだけでも、10万円くらいはかかってしまいます [続きを読む]
  • Vcore SV 95インプレ
  • vcore sv 95を打ってみました!!にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑西岡良仁選手が活躍していますね。特にナダル選手を圧倒するようなポイントもあり、格上相手にちゃんと打ち合って勝っていく様は本当に圧巻でした。また、イズナー選手との打ち合いも見事ですし、リターン、パッシング。本当にあこがれのプレーヤーですね。あの身長で、本当に応援したい選手です。さて、西岡選手が最近から使っ [続きを読む]
  • テニス ナダル フォアハンド 動画
  • ナダルのフォアハンドの動画を見ると、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑いろいろな気づくことがあります。ナダル選手のフォアハンドはいろいろなコートでかなり効果を発揮しますが、特にクレーコートでは尋常ではないです。摩擦が大きいクレーコートでは球足が遅くなるので、ナダル選手が特にフォアハンドに回り込みやすく、そして、しっかりと構えて、フォアハンドを打ってきます。構えたときの [続きを読む]
  • テニス フォアハンド ジャックナイフ
  • テニスのフォアハンドでジャックナイフを打つ機会がにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑あるでしょうか。ジャックナイフは両手打ちバックハンドでよく知られている技術ですが、片手うちバックハンドでも使っていいですし、フォアハンドでももちろん大丈夫です。背の低い選手はジャンプして打たないといけないときもありますし、フットワークが追いつきそうにないときなんかは、ジャックナイフで早め [続きを読む]
  • テニス フォアハンド 最強
  • テニス界のフォアハンドで最強の選手といえば、だれになるでしょうか。にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑フェデラー選手もその候補に挙がりそうですが、フォアハンドだけをとると、ほかにもいそうです。スピードボールを打つのが世界一の選手。スピンを打つのが世界一の選手。対応力が世界一。いろいろありますね。フォアハンドが総合的に最強というのはどういうことをさすのでしょうか。フォアハ [続きを読む]
  • テニス バックハンド イップス
  • テニスのバックハンドでイップスになったことがあるでしょうか。にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑私は何度か経験があります(笑)イップスって本当に怖いですよw昨日まで打てていたバックハンドが急にできなくなるんです。しかも試合中に限るというわけではありません。練習中もイップスになってしまうんですね。私の場合はテニスをする時間を空けてテニスをしたときにおこりやすいんですが、本 [続きを読む]
  • テニス サーブ ボール 選ぶ
  • テニスのサーブを打つとにボールを選んで打ったことがにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑あるでしょうか。プロであれば、試合中に8ゲームごとにニューボールを使うので、常に新品の状況で打っている、そして、大会も試合ごとに新しいボールを使っているので、いつも新品のボールで打っていると思っている人もいるかも知れませんが、それは大きな間違いです。プロレベルだと、8ゲームで交代とはいっ [続きを読む]
  • フェデラー フォアハンド 変化
  • フェデラーのフォアハンドがにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑時代に応じて少しずつ変わってきています。時代に対応するように変化しているんですね。フェデラーの初期の段階は、スピンをかけるスタイルでしたが、今はご覧の通り、フラットドライブを打ちまくるスタイルです。すごくスピードのあるボールをうちつづけて、そこで、バリエーションとしてスピンを使いますが、以前のようなヘビースピ [続きを読む]
  • フェデラー ボレー 足
  • フェデラーのボレーの足運びはにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑まさに世界一です。フェデラー選手のボレーは世界最高のボレーで、タッチもそうですが、非常にいいフットワークを持っています。そもそもですが、ボレーがうまい選手を上げてみると、足がよく動き、そして、体をしっかりと動かして非常に素早くボレーします。サンプラス選手はダンクスマッシュができるほど、素早くボレーの打点に入 [続きを読む]
  • フェデラー バックハンド ライジング
  • フェデラーのバックハンドはライジングショットが多いです。にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったら お願いします↑片手うちバックハンドの選手としては、非常にするどく、いまや世界一のバックハンドといっても過言ではありません。全豪オープン2017では、優勝しましたが、ナダル選手のフォアを相手に完全に打ち勝つこともありました。ライジングで左右にバックハンドで振り、そして、自在にダウンザライン、クロ [続きを読む]