atsumi さん プロフィール

  •  
atsumiさん: atsumi一家のひとつ屋根の下
ハンドル名atsumi さん
ブログタイトルatsumi一家のひとつ屋根の下
ブログURLhttps://ameblo.jp/atsumi-ikka/
サイト紹介文舅は転倒骨折の約2年後94歳で他界。前期高齢者の夫は同時期発病入院。姑90歳は同年3月老健入所。
自由文一人娘が嫁いだ後定年退職した夫と2012年の暮れに夫の故郷(田舎)に戻り年老いた舅姑と平屋で介護同居生活していました。その後舅を見送ったり夫の発病やらで毎日バタバタ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供191回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2013/10/01 13:00

atsumi さんのブログ記事

  • カバンがない?!
  • 老健から電話があった。内容は 今日は皆で花見に出かけた。 戻ってくると姑が「カバンがない」と騒ぎ始めたらしい。 出掛けるときには持ってなかったけれど本人は納得しない。 黒いカバンらしいですが。。 「あらあら。。」 黒いカバンなんて自宅から老健に持って行ってないはず。姑の思い込みだろう。 スタッフさん、お困りの様子。 「昨日私が面会に行ったので 『そのときに持って帰ったのかも』と言っていただいてもいいで [続きを読む]
  • 一周忌法要(5)
  • ずいぶん間が開いて、今更ですが、、、(汗) 一周忌法要の記事の続きです 法要(1)法要(2)法要(3)法要(4) 法要当日の朝9時にインターホンも鳴らさず入ってきた。(これはいつものこと)義妹夫婦+その孫一名。 11時開始なので10時には用意を済ませようと思っていた我が家はそのときはまだバタバタの真っ最中。誰もまだ黒い服に着替えてないしお茶の準備もできていない。 義妹夫婦「まだ用意できてないの?」なん [続きを読む]
  • 洗濯時のストレス
  • 昨年秋に洗濯機を買い替えて (そのときの記事は こちら )はじめて使ったときとっても驚いたことがある。洗濯物がバラバラにほぐされている!!! それまで使っていた洗濯機は洗濯物が絡まりあって仕方がなかった。なので袖のあるものやズボン類は結んで、絡まりが少しでもマシになるよう気をつけていた。 新しい洗濯機は何ひとつ絡まりあうことなくスムーズに取り出せる。洗濯機の中に小人でもいてひとつひとつほぐしてくれて [続きを読む]
  • それぞれの気分転換
  • それでも、、っていうかダンナのことを心配しながらもダンナの入院中私はお風呂に入りがてらスポーツクラブに数回通うことができたけれど退院してからはまだ一度も足を運んでない。(涙)ダンナは身体が少しずつ回復してきているということもあって本人の気分も良いのだろう。「午後から久しぶりに麻雀をする」と言う。 麻雀仲間が何人か居るのだけれどそのうちの三人が我が家に来るらしい。 この麻雀仲間もダンナの身体を心配し病 [続きを読む]
  • ダンナの不安
  • 今回のダンナの急変の原因はいくつか可能性としてはあるようだけれど確定できるものはないらしい。 でも、血液内科…以前はたしか伏字にしていたけれどいつのまにか伏字にしてない(汗)…での今回のような点滴治療はもうやめようということになった。循環器では万が一に備えAEDを自宅に置くことを考えて先生に相談しメーカーの話を聞いたりもしたけれど結局AEDは自宅に置かないと決めた。ダンナの不安感が増すと困るので。。不安 [続きを読む]
  • 「帰りたい」って言われても…
  • 昨日久しぶりに姑がいる老健にダンナと一緒に行ってきた。ダンナが倒れる前に行ったきりだからもう40日ぶりくらい。 私が行けなかった間は義次弟が毎週洗濯物を届けに行ってくれていた。 義次弟はまず我が家に寄り洗濯したものを持って老健へ。 そして姑のベッドそばの箪笥にしまい 汚れ物置き場にある洗濯物を引き上げ我が家に持ってくる。 そして私が洗濯。。 昨日久しぶりに姑のところに行くと姑はダンナの身体のことがわ [続きを読む]
  • 傘がない
  • 今日は朝から雨。ダンナが世話になっている病院玄関の傘立てには雨の日はたくさんの傘が入ってるので私はいつも透明ビニルの傘袋に入れて、院内に持って入ることにしている。 ダンナがICUに居たその日も雨が降っていた。なのでいつものように傘袋に傘を入れてICU入口に行きロッカーに荷物を入れロッカー横に傘を立てかけておいた。 ダンナを面会後、ロッカーまで戻り自分の荷物を出し横を見ると、、、傘がない!! えっ〜?!ど [続きを読む]
  • 義妹
  • 先日、義末弟夫婦のことを記事にしたので今日は義妹夫婦のことを。(今までも何度か記事にしたことがあるけれど) ダンナが入院前、義妹夫婦は週に1〜2度は我が家にやって来ていた。夜10時過ぎまで我が家に居たことも何度もあるけれど最近はだいたい夜7時頃から9時ごろまでかな。 その義妹夫婦、ダンナが入院中は一日おきに面会に来てくれた。日中の仕事を終え、帰宅後夕食をとってから車を走らせ病院に来てくれた。道路が混 [続きを読む]
  • 食生活の見直し
  • ダンナが退院して自宅での生活を再開するにあたってダンナと相談。食生活の見直しをすることにした。 1.減塩(薄味で) 関西生まれなのでもともとは薄味の私。   姑から「味がない」とか「甘い(薄いってことだと思う)」など言われ続けた挙句 徐々に味付けが濃くなっていたようで   娘に言われた。「お母さん、味が濃いよー」。2.減糖(甘いものはできるだけ食べない)3.牛乳はやめて豆乳にする。4.野菜は今 [続きを読む]
  • おかげさまですありがとう
  • ダンナが一昨日退院しました。退院前に病室で薬剤師さんから服薬のこと栄養士さんから食事のことそして次回の外来予約表も受け取りそろそろ病衣から私服に着替えて帰ろう、、と思っているときダンナの友達が見舞いに来てくれ、一時間ほど滞在。 今回の入院では一般病棟よりもICUに居た日数(16日間)の方が長かったので見舞いに来てくれた友人も一年前の入院時と比べると多くはなかったけれどそれでも心配して、駆け付けて来て [続きを読む]
  • 近々退院?!
  • 入院中のダンナここ数日夕方になると空腹を覚え「腹減った〜」などと口にし、夕食を待ちわびている様子。 今日の晩御飯も完食! フロアーを、杖をつきながら一日数回、行ったり来たりのリハビリもしています。 ご心配おかけしましたが先生から「退院」の話も出始めました。 自宅に迎える準備、しないとね。 今日も来たよ〜のしるしに、応援 よろしくお願いします。 ↓ ↓ ↓ にほんブログ村 にほんブログ村 福祉・介護 ブロ [続きを読む]
  • 楽〇市場を装った迷惑メール
  • 最近、頻繁に行われる楽〇セール。ついついのせられあれこれ買ってしまう。先日のセールは流石にそれどころではなかったけれど。 ***** ダンナのケータイは私が今も預かったままで届いたメールはプリントアウトしてダンナに持って行っている。 先月そのダンナのケータイに届いた楽〇からのメール。件名は「【楽〇市場】注文内容ご確認(自動配信メール)」 あれっ?楽〇市場に登録しているのは私の名前。ダンナの名前では登録 [続きを読む]
  • うな重
  • 今日で3月も終わり、明日からは4月。春ですねぇ。私は病院までの運転中、窓から時々見える数本の桜で花見。 去年はどうだったかなぁ、、と記事を振り返ってみたら、、、「桜」の言葉を一言も書いてなかった。。。(涙)それもそのはず。去年の春はダンナの入院後舅が亡くなり姑のショート利用、そして入所と、大忙しだった。。(涙) ***** 入院中のダンナの病院食は普通食と選択食(+108円)というものがあってメニューを [続きを読む]
  • 義末弟夫婦
  • 先日用事があって(お彼岸参りやその他いろいろ)我が家に来た義末弟嫁が「『お義姉さん(私atsumi)はすごい人だ』と○○(義末弟)が言ってた」と教えてくれた。 私「なんで?」と訊くと 義末弟嫁「『大変なときでも笑顔があった』って。」 私「そういえば、△△(我がダンナ)が目が覚めてから、一緒に大笑いしたことがあったね。」 義末弟嫁「そのときもそうだろうけど それよりも前、最初の日に先生から話があったときだと思 [続きを読む]
  • ICUから一般病棟へ
  • 義妹や義末弟嫁が言います。「お義姉さん(私atsumi)、お兄(お義兄)さんの病気やその治療のことよく理解できてるね〜」って。 娘がこちらに居るときは専門用語を使って先生が説明し、娘がそれをかみ砕いて私に説明してくれたのである程度理解できたけれど、今日午後一番での主治医の説明、どんな話が聞けるやら。。。 *****「ダンナが孫に会えた!」の続きです。 そんなこんなで娘家族も関西に戻ったあともダンナの状態は [続きを読む]
  • ダンナが孫に会えた!
  • この週末、ダンナはICUから一般病棟に移ることができました。やれやれです。 といっても、首にはまだ点滴がいくつか繋がっていたり胸には心電図の電極が貼られてあるけれど。。 そして明日、循環器の主治医から今後について話を聞くことになりました。 ***** 「ICUに孫の写真」の続きです。 ダンナの呼吸器が外され、覚醒してからは体外式ペースメーカーもとれ各種点滴も徐々に減量、そして飲み薬に移行。 少しずつ口から [続きを読む]
  • ICUに孫の写真
  • ICUにはケータイ電話は持って入れない。本人はもちろん面会者も使ってはいけないことになっている。 大事な機械がたくさん動いているからね〜。それらに支障があっては大変! なので、ダンナのケータイは私が預かり電話やメールをチェックしている。履歴を見て(もちろんダンナの許可を得て)ダンナの友人(私も知ってる人)からの電話には折り返し電話を入れて事情を説明したり、メールを返信したり。 皆さん、驚いて絶句。言葉に [続きを読む]
  • 入院9日目(3/14) 眠りから覚めた
  • 先日看護師さんに訊いてみた。「結局何度くらい電気ショックを受けたのでしょうか。」ICUでの電気ショック(いわゆるAEDではなくDCというものらしい)は20回は繰り返したそうです。 一年前に亡くなった舅やご先祖さま、そしてあの世に逝った親類等が皆総出で「こっちに来るのはまだ早すぎる!」と追い返してくれたのでしょう。ありがたいことです。 ***** 入院6日目(3/11)の日曜日 からの続きです。その後、 [続きを読む]
  • 入院6日目(3/11)の日曜日
  • 今日は春分の日なのに真冬並みの寒さ明日はまた気温が上がるとか?!体調に気をつけないと! *****ICUの看護師さんは土曜日曜昼夜関係ないシフト、人数で働いているらしい。 一般病棟では看護師一人が何人もの患者を担当するようだけれどICUでは看護師一人が看る患者は二人とのこと。 ここ数日ダンナを担当してくれている看護師さんはICUに入ったとき世話になった看護師さんでダンナの快復ぶりにとても喜んでくれて [続きを読む]
  • 入院3日目 ICUで面会
  • 父親(我がダンナ)のことが心配で、この10日間この地に残っていた娘と孫だけれどこの週末に娘婿が迎えに来て一昨日関西に戻って行った。 孫が居る間は気持ちが癒され辛さも忘れることができ涙を流すこともなかったけれど一人になるとやはりちがう。。。 なので昨日は面会の合間に久しぶりにスポーツクラブに行ってヨガレッスンを受けたりエアロビクスレッスンを受けて大汗をかいた。その後は温かいお風呂と水風呂を行ったり来た [続きを読む]
  • 入院3日目 ICU
  • ICUの面会は一日三回、時間が決まっている。9時〜10時12時〜14時18時〜20時 お昼の面会の後は夜まで4時間ほど空くので一旦帰宅。自宅から片道35分〜45分の病院まで毎日2往復する。でも、ダンナの身体につながっていた管や機械が毎日一つずつ外れていくのでこのところ気持ちは軽くなり、辛くはない。 ***** 「入院3日目 AED」 の続きです 病室で何度かAED処置が行われたけれど不整脈(心室細動) [続きを読む]
  • 入院3日目 AED
  • ダンナはまだICUに居るのですが一日一日状態が良くなっていてつながっていたいろんな管や機械がひとつひとつ取り外されていっています。昨夕(15日)から口からの飲食が可能になったようで看護師さんに水をストローで飲ませてもらったりおかゆやゼリーを食べさせてもらいました。***** ここからは先週の話です入院三日目(8日)の面会後私が「帰る」と言ったのでダンナは見送るつもりでベッドから起き上がろうとしたけ [続きを読む]
  • 入院3日目(3/8)のこと
  • ダンナは重篤な状態に今も変わりないのですが山をひとつ超えたように思います。ご心配いただきありがとうございます。。 ***** 6日の火曜日に新薬治療のため入院こちら 7日の水曜日に新薬の点滴治療開始こちら 8日の木曜日面会開始の午後2時、病室に入るとダンナは不在。しばらく待っていると「風呂に入ってきた」とさっぱりした顔で戻ってきたダンナ。その後水分補給のためお茶を飲んだあと持って行ってたいちごを食べな [続きを読む]
  • 急変
  • 入院三日目の木曜日ダンナの体調は夕方まで穏やかで良好でした。 が、その後、急変しました。 今日現在状態は少し、ほんの少しですが落ち着いたので私は今こうやってブログ記事にすることができています。 でも、ICUはまだしばらく出られそうにありません。 ダンナは頑張っています。 今日も来たよ〜のしるしに、応援 よろしくお願いします。 ↓ ↓ ↓ にほんブログ村 にほんブログ村 福祉・介護 ブログランキングへ 励 [続きを読む]
  • 入院2日目
  • 入院二日目の昨日、ダンナの病室に入るとベッドでの点滴治療がはじまっていた。 酸素チューブが鼻から入っている。副作用からか呼吸が辛いようだ。発熱のため「寒気がする」と言うのでナースコール。掛布団をもう一枚追加で持ってきてもらった。 看護師さんは様子を見ながら点滴スピードをゆっくりしたり早くしたり、中断したり。。 ダンナは次第に落ち着いていったけれどさすがに夕食を口にすることはできず横になったまま吸い飲 [続きを読む]