atsumi さん プロフィール

  •  
atsumiさん: atsumi一家のひとつ屋根の下
ハンドル名atsumi さん
ブログタイトルatsumi一家のひとつ屋根の下
ブログURLhttps://ameblo.jp/atsumi-ikka/
サイト紹介文舅は転倒骨折の約2年後94歳で他界。前期高齢者の夫は同時期発病入院。姑90歳は今年3月老健入所。
自由文一人娘が嫁いだ後定年退職した夫と2012年の暮れに夫の故郷(田舎)に戻り年老いた舅姑と平屋で介護同居生活していました。その後舅を見送ったり夫の発病やらで毎日バタバタ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供236回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2013/10/01 13:00

atsumi さんのブログ記事

  • ダンナの体調が落ち着いているので
  • 夜が明けたらダンナと二人で関西に向かいます。 この秋のダンナの(私もですが)楽しみの一つ関西でのイベントに参加するためです。 二年前の同イベントの記事はこちら 台風が近づいているというのに。。。 退院後体重が増えたとはいえまだまだ元の体重には戻っていないダンナは以前の洋服からずいぶんサイズダウン。 退院後は出掛けることもないのでスエットのようなものしか必要なかったけれど今回はブレザーとズボンとシャツを [続きを読む]
  • 私の知らないうちに
  • 東京ほど寒くはなかったけれどこの地域でも最高気温が16度と冷え込んだ昨日。 夕方から床暖房のスイッチを入れたけれどなんだか喉の調子がおかしくどうやら風邪気味。 そんな昨日朝5時45分ごろ玄関の戸を開ける音に気付いた私。窓から外を見ると傘をさしているダンナの姿。 あれっ? 歩行車は玄関にあるから杖をついて出て行ったのかな?それなら傘もさしてるしすぐに帰ってくるかも。 なんて思っていたら、、、20分すぎても [続きを読む]
  • 空振りの運動会
  • 姑が世話になっている老健に義次弟が面会に行った際「今度の運動会に是非参加してください」と言われたとのこと。 運動会の日同窓会に参加するダンナの送り迎えをするつもりだった私は娘夫婦が帰省してくることもあってその日は動けない。 義次弟と義妹にはすでに予定があったので結局、老健には義末弟が行ってくれることになった。 で、当日、義末弟が大勢集まっている広間に行き姑(義末弟にとっては実母)を探した。 居ない。 [続きを読む]
  • 胎動
  • はじめてママ&パパになる人たちを対象にした講習が病院で先週末に開かれ、娘夫婦が揃って参加。 一時間半ほどの時間赤ちゃんの抱き方やおむつの替え方も教えてもらったらしい。 娘は看護師だからある程度の知識はあるけれど知っていたことと異なる部分もあったとか。娘のお腹はずいぶん大きくなって赤ちゃんは母体内でよく動いている。そばで見ていてもお腹がグイーンと変形するのがよくわかり赤ちゃんは元気そうでうれしい限り。 [続きを読む]
  • この秋の楽しみ
  • 自宅療養中のダンナにとってこの秋楽しみにしていることが三つある。一つは地元で開催される小学校と中学校の合同同窓会。 この合同同窓会は数年前にダンナが中心になって企画しスタートしたもので今回で二度目。(数年前に参加した人が後日新聞に投稿し 掲載されたことがある。) 楽しみにしていたその同窓会が昨日開かれ、ダンナも参加すると言うので娘夫婦(一昨日の夜遅く帰省してきた)が会場まで車で連れて行った。 でもや [続きを読む]
  • ダンナの散歩
  • 夏の時期、ダンナは体調の良い朝は草取りをし(草取りに関しては先日先生から「やめてください」と 指示があったのだけど、草取りは一段落したあと。。 汗)そのあと散歩に出かけていた。散歩と言っても大した距離ではない。歩行車を押して途中休憩しながら往復15〜20分くらい。 でも、ここ最近の散歩は距離がのびている。片道1キロ弱のところまで出かけることができるようになった。それも途中で休憩しない日もあるらしい [続きを読む]
  • ダンセイストッキング
  • 先日の老健看護師長さんとの打ち合わせのとき「『〇〇さん(姑)はダンセイストッキングを着用するように』と  先生から指示されています。」と聞いた。 弾性ストッキングは舅やダンナが入院手術後に使っていた。身体を動かせないことでおこる「エコノミークラス症候群」発症を回避するためだった。 身体を動かせるけれど脚がひどくむくんでいる姑の場合。血液の流れを促進し浮腫の治療目的で着用するとのこと。 「そのストッキ [続きを読む]
  • 終末期の意向確認
  • 姑が世話になっている老健の看護師長から「看取りについて話したい」と電話があったのは先々週くらい。 今年三月に亡くなった舅が二年半ほど前にこの老健に入所した際はダンナと一緒に入所手続きをした。そのとき舅は寝たきり状態だったということもあり何かあったときは延命などの治療はせず自然に…とお願いした。 舅が亡くなったあと同三月に姑が入所。そのときダンナは入院中だったので私が一人で手続きをした。姑は寝たきり状 [続きを読む]
  • 二合半から三合へ
  • 昔から田んぼでうるち米(白米)ともち米を作っていた舅姑は白米やお餅が大好き。年に何度も餅をつき、三食ともにご飯を食べて、パンはおやつでしかなかった。 姑が在宅時はダンナと私三人で毎日二合半弱の米を炊いていた。 姑が施設に入り、ダンナが病気になってからは米を炊くのは三合ほど。 三合?! 一日三合ではなく、、(笑)それで一週間はもつ。 食欲がずいぶん落ちたダンナは朝からご飯は食べずコーンフレークやグラノーラ [続きを読む]
  • 6回目の破砕は、、、
  • ダンナがせ〇ね外来を受診した一昨日は同時に結石破砕6回目の予約も入れていた。 病衣に着替えてレントゲン撮影。その後、結石破砕の技師さんにダンナを任せてからはいつも約一時間半ほど院内で時間をつぶすことになる。 いつものように私は図書コーナーへ。ダンナの病関係の本を探し読んでいると後方で「〇〇さんいらっしゃいますか?」と聞こえた。 振り返るとさきほどの技師さん。 うわぁ!ダンナになにかあった?!わざわざ私 [続きを読む]
  • 手術から半年経って
  • ここ一か月以上ダンナは調子がよければ朝6時前後に起床し庭の草とりをしていた。 雑草が目に付いていた夏の夜の夢に「庭の草」が出てきたそうだ。雑草に追いかけられる夢でも見たのかも。(笑) 「腰(せぼね)のことを考えると 無理な姿勢での草取りなんてしない方がいいんじゃない?」と私。 言っても聞かなかったダンナ。 でも、その甲斐あってこのところ庭の草が無くなりすっきり。(除:花壇)これからの季節は草も生えにく [続きを読む]
  • トイレの手すり(2)
  • トイレの手すりを設置してもらい こちら 使いやすくなったダンナだけど「手すりを持つとき痛い」そうな。 発病以前の体重にはなかなか戻らないダンナ、そういえば、以前「洗面台の端が身体に当たって痛い」と言ったから洗面台にヨガマットを置いてるものねぇ。。 こちら で、トイレの手すりにキッチンスポンジを載せテープで止め その上にカバーをつけてみた。 とりあえずは「 verry good ! 」らしい。(笑) 今日も来たよ〜のし [続きを読む]
  • 茗荷
  • 茗荷を食べると物忘れがひどくなる…なんてよく言われてるけれど、、ダンナは茗荷が大好き。 でも、スーパーなどで買うと1パック(3個入り)200円くらいと結構高いのでなかなか買わない私。(汗) 茗荷を自宅で収穫できる義妹がときどき届けてくれるのでダンナも私も大喜び。(笑) 二年ほど前に茗荷の苗を植えたダンナ。でも、なかなか茗荷にお目にかかることがなかった。 なんでかな〜なんて思いながら二年過ぎ、、、先日茗 [続きを読む]
  • トイレの手すり(1)
  • 我が家のトイレにははじめから手すりをつけている。 左側 ところが右側は手すりではなく飾り格子。 ダンナがトイレで用を足し(大小ともに座って用を足す)立ち上がる時右側の飾り格子を持つのは不安定なので「右側にも手すりがある方が良い」との希望。 右側に手すりを設置してもらおうと住宅メーカーに来てもらった。う〜〜ん、大掛かりな工事になりそう。。 その後、いろいろ検討した結果介護リースでこれを設置してもらった [続きを読む]
  • 施設二か所からの電話
  • 我が家近くの曼殊沙華(一週間ほど前、ちょうどお彼岸の頃撮影) 施設二か所から電話がかかってきた。施設からの電話にはいつも悪いことを想像し恐る恐る応対することになってしまう。 一つは姑が居る老健から。「〇〇さん(姑)ですが、事故と言いますか、 けがをされたようで腕にあざができていました。。 今日気が付いたのですが、先週『腕が痛い』とおっしゃってたので ひょっとするとその時になにかあったのかもしれません [続きを読む]
  • タンスの中
  • 姑のところには週に一度面会に行く。そのときダンナの体調がよければダンナも一緒に。ダンナが姑と話している間などに洗濯物の交換をする。専用の部屋から汚れ物をまとめて持ち帰り洗濯し終わったものはタンスの引き出しに入れる。引き出しは4段あるので上から1.下着(シャツ類)、靴下2.ブラウスなど上半身の衣類3.ズボンなど下半身の衣類4.タオルやバスタオルその他に分けて収納。 あ〜それなのにそれなのにいつも姑は [続きを読む]
  • ビフォーアフター
  • 姑たちが旧居で使っていたもので新居では使っていないものが倉庫に山ほど置いてある。 舅が亡くなり、(うるさい)姑が施設に居る今少しずつ片付けている。先日倉庫の奥の方から棚を見つけた。 捨てる前にどこかで使えるかな、、とも思うのだけれど錆びてるし家の中には置きたくない色合い。 ということで、、、チャレンジ! ビフォー アフター 気になる部分は多々あるけれどじっくり見なければ大丈夫〜?!(笑) 今日も来たよ [続きを読む]
  • 肩の荷が少し軽くなった
  • ダンナ関係で片付いたことがふたつ。 ひとつは歯医者通い。ダンナ本人の体調が悪くどうしても行けない時など何度かキャンセルしたこともあったけれど先日やっと終わった。 ふたつめはダンナの運転免許証。ダンナが入院中の3月に運転免許証の有効期限が切れた。退院後も書き換えに行くことができず失効したまま半年。この間何度か更新センターに電話して確認はした。期限が切れた免許証の書き換え手続きには特別な書類が必要とのこ [続きを読む]
  • 慣れた?3000発
  • 気持ちの良い秋晴れの今日ダンナは午後から平熱になったけれど体調はイマイチで昨日も一昨日も発熱。昨日は7度台の微熱で一昨日は8度を超えた。 そんななか、昨日は受診日。 いつものように病院玄関前でダンナを降ろすと病院スタッフさんが車いすでダンナを検査室まで連れて行ってくれたので本当に助かる。 私はいつものように車を駐車場に停めてからダンナが待つ採血室へ。駐車場に入るのに、混んでいるときは30分以上並ぶと [続きを読む]
  • 姑の施設探し
  • 昨日は敬老の日と言ってももひとつピンとこなかったのは姑の面会に昨日行かなかったからかも。。(汗) ダンナの従妹の舅さんが100歳以上67,824人のうちの1人で、104歳だったかな。去年までは結構しっかりして皆感心していたけれど今年になってからはほぼ寝たきり状態とのこと。在宅で介護しているダンナの従妹、本当にお疲れ様。(20日の朝刊に県内の100歳以上の名前が載ってた。なんと107歳ですって!) 姑が3階に移ることを老 [続きを読む]
  • 廃インク吸収パッド
  • 肌寒かった今日はダンナ用に長袖を引っ張り出してきた。長袖の下に下着シャツも着てるけどそれでも「寒い」って。私は買い物などで外出するときは七部袖だったけど家の中ではまだ半袖。 ***** プリンターで印刷できなくなった。小窓に出たエラーメッセージは「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました。修理窓口に…etc.」 廃インク吸収パッド?ナニ?それ?(吸収パッドっていうと姑の尿パッドくらいしか思い浮かばな [続きを読む]
  • 3度目の「ESWL」と夕焼けと
  • 今の時期、夕方の空が美しいです。グラデーションが見事な昨日の夕焼け雲。 ダンナの熱は下がり一昨日から平熱に戻っている。昨日は朝11時過ぎに家を出てダンナの受診。いつものようにまずは血液検査。週に一度は血を抜かれてる(笑)けれど貧血が余計にひどくならないのかしら?ちょっと心配。 その後いつもの主治医の受診「熱があったようですね。 今週の治療はお休みしましょう 今日の血液検査では 先週悪かった数値が少 [続きを読む]
  • スワッ!40度!
  • こんな時間(今現在夜明け前3時30分ごろ)に起きてパソコン触っているなんて何年ぶりだろう。。 先週水曜日に治療が再開したこともあって身体のダルサが終日続いているダンナ。 それまで気分のよい時は朝夕歩行車を押して散歩にも出かけていたけれどここ数日はそんな気持ちにもならない様子。 そして一昨日からまた発熱。一昨日はまだ微熱程度だったからまだよかった。でも、解熱剤を飲んでも6度台にはならず。。 昨日も朝から [続きを読む]
  • 老健から電話 (2)
  • 昨日の記事 の続きです。施設側は「〇〇さん(姑)にお話しして了解をいただいています」と言う。外面よしこの姑はスタッフさんに「移ってくれる?」なんて言われたら「いやだ」とはきっと言えないのだろう。う〜〜〜ん。。。 姑がよければ私があれこれ言うことではないけれど。。でもねぇ。。。 ここ最近は姑が同じテーブルの人と話をしている姿をよく見るし同室の人とも親しくなってきたようにも思う。 これらは以前はなかった [続きを読む]
  • 老健から電話 (1)
  • 先日の夕方おそく姑が世話になっている老健から電話があった。施設からの電話にはいつもドキッとする。何かよくない連絡かと考えてしまう。 私は週に一度は洗濯物の交換がてら姑の面会に行くのである程度の姑の状態は把握しているつもり。先日も特にかわったことはなかったけれど。その後、何かあったのかな? こちら側が不安になることは施設側もわかっているようでこういうときスタッフさんはまず一番に「〇〇さん(姑)はおかわ [続きを読む]