風の遊子 さん プロフィール

  •  
風の遊子さん: 風の遊子の楽がきノート
ハンドル名風の遊子 さん
ブログタイトル風の遊子の楽がきノート
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kyuukazan
サイト紹介文定年から10年余。趣味のお絵かきや街歩き、仲間たちとのふれあいの成果を、水彩画やエッセーで。
自由文水彩画を趣味にしたのは、子供のころ苦手だったことに挑戦してやろう、が動機。カルチャーセンターの教室に通ったり、出会った多士済々の仲間たちとの「課外研究」を楽しんでいます。雑記は70代の目線で、エッセー風に。
ブログタイトルの「風の遊子の楽がきノート」は、旅人を意味する「遊子」のように気ままに書き、描いていこうというわけです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供217回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2013/10/01 15:42

風の遊子 さんのブログ記事

  • 楽描き水彩画「教室のスケッチ会で愛知県半田市の亀崎地区へ」
  • 水彩画教室のスケッチ会で、愛知県半田市の亀崎地区へ出かけてきました。31の山車が、知多湾沿いの浜に勢ぞろいする亀崎潮干祭に代表される歴史と文化の街です。1886年(明治19年)の建築で、日本最古の現役駅舎といわれるJR武豊線「亀崎」駅で下車。古い街並みと坂の街を歩きます。 歴史を感じる民家や商店、由緒ある老舗料亭、知多四国霊場の札所である寺・・・。「セコ道」と呼ばれる狭い路地を抜けると、そこにも古い民家が [続きを読む]
  • 楽書き雑記「庭のユリが一気に開花を始めました」
  • 庭のユリが、雨の上がるのを待っていたかのよう咲きはじめました。3年前、近くの農業センターの収穫祭会場で買った詰め放題1000円の球根。翌年には10本が咲き、昨年は12本、今年も12本が蕾を付けました。この間、球根を掘りあげて分球するなどはしないまま。そのせいか、花が少し小ぶりになり、匂いも弱くなった感じです。 今年は掘りあげるべきかもしれないけど、分球して増える球根の植え付け場所を狭い庭で確保するのは大変。 [続きを読む]
  • 楽書き雑記「用意周到に狙った一瞬=富士山百景写真展in名古屋2018」
  • グランプリ    霧晴れて 飯田龍治 金賞    狙った並走    粕谷達郎   金賞    Mt.Fuji of Mars    植松之裕世界文化遺産「富士山」をテーマにした写真コンテスト「富士山百景写真in名古屋」を、名古屋市民ギャラリー栄で見てきました。10日まで。 静岡県富士市とその周辺の富士山麓の観光情報を発信している、一般社団法人の企画によるコンテストは13回目。 富士山が美しく見える100の [続きを読む]
  • 楽描き水彩画「公園内の苔むした小さな石橋です」
  • 名古屋・鶴舞公園内の散策道にある、幾つかの小さな架け橋の一つを描いてみました。6号サイズです。 町中の本格的な橋とは違って、小さな噴水や流れ、手入れの行き届いた庭木などと同様に、いわば箱庭の中の風景です。だから、どうしても装飾的なつくり物に見えてしまい、これまで描く対象にしたことはあまりありません。しかし、歳月が経つにつれて組まれた石は苔むし、隙間から伸びた草など、結構絵になるものですね。 雨が続か [続きを読む]
  • 楽書き雑記「ご主人と描き合う絵の中から、ご夫人の個展」
  • 名古屋市民ギャラリー栄で開催中の個展「永井まさみ 洋画展」を見てきました。 名古屋近郊の東海市で暮らす永井猛さん(84)と、まさみさん(78)夫妻は「お絵かき夫婦」。今回の展覧会は、まさみさんの初めての個展だとか。会期は27日(日)まで。 子供のころから描くことが好きだったという猛さんは、勤め仕事の時代も時おり絵筆をとり、現役を卒業した70歳から本格化。美術団体に所属して創作を楽しんでいるそうです。 こ [続きを読む]
  • 楽書き雑記「散歩道の桑の実で味わったうまくて嬉しい時間」
  • 散歩道に張り出した大きな桑の木自宅近くにある雑木林沿いの散歩道で、ちょっとうまくて嬉しい時間がありました。桑の実にまつわる話です。名古屋市内といっても都心から離れたこの地域は雑木林が点在、そこには以前は農村だった名残りである野生化、巨木化した樹木が数多く見られます。 下駄や家具を作った桐、たわしや縄の材料にした棕櫚(しゅろ)、養蚕の餌だった桑・・・。この日歩いたコースでは、たわわに実をつけた桑の木 [続きを読む]