淋しくて さん プロフィール

  •  
淋しくてさん: 淋しくて隠れ家日記
ハンドル名淋しくて さん
ブログタイトル淋しくて隠れ家日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ha3e
サイト紹介文酒に読書にサッカー観戦、家内と二人で道の駅、昼はうどんかラーメンか、回るお寿司も炭水化物!。
自由文昔の青春歌謡が大好きとです。
今、流行の歌は全然知らんとです。

それでも♪潮騒のメモリーだけは知っているとです。
ばってん上手く歌えんとです。
歌っても誰も聴く人がおりません。

最近口ずさむ歌は♪東京五輪音頭が多いとです。
7年後ば先取りしておるとです。
ばってんその時生きているかどうか不安とです。
考えると淋しくなるけん前向きに生きて行くとです。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供160回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2013/10/01 17:01

淋しくて さんのブログ記事

  • 読 「犯罪者クリミナル」 上・下 太田 愛
  • 上下巻というのは読む前から疲れてしまう気がするとです。ばってん、この本はグイグイと最後まで読ませてくれて疲れは感じやったとです。物語は静かな町の駅前広場で連続通り魔殺人事件が発生したとです。駅前で誰かと待ち合わせ中の男女4人が亡くなり奇跡的に生き残った修司は事件後すぐに犯人は薬物中毒で死亡しておって事件は既に解決したと言うとに修司は謎の男に命ば狙われ続けるとです・・・・・何故?やがて修司を守る刑事 [続きを読む]
  • 読 「もらい泣き」 冲方 丁
  • 「天地明察」の冲方さんが周りの人から聞いた泣ける話ば編集した33話のコラムです。親子、夫婦、恋人、友情、出会いと別れ・・・・・・お話はどれもよか話です号泣まではいかんでもグッとくるもらい泣きばしたとです。ばってん連載の途中で作者自身が福島県在住で東日本大震災に遭わた後に書かれた支援組織の人件費で9割がた消える寄付金やら不必要な支援組織は作るな!と言うマザーテレサの言葉ば受けた一人の日本人男性が義援団 [続きを読む]
  • 読 「切り裂きジャックの告白」 中山 七里
  • 物語は被害者の全ての臓器が鋭利な刃物で抜き取られる連続猟奇殺人事件が発生するとです犯人は「自分は現代に蘇った切り裂きジャック」と犯行声明ばするとです。犬養刑事と古手川刑事の二人は犠牲者の全員が臓器移植手術を受けていた事実ば突き止めやがて、ドナー、脳死、移植に関わる現場の中にいる犯人像に迫り真の動機が掴めないままジャックの正体ば突き止めるとです・・・。読後感はお約束のどんでん返しもあったばってんそ [続きを読む]
  • 読 「婚活中毒」 秋吉 理香子
  • 題名でお分かりになると思いますばってん結婚がなかなか出来ん男女が繰り広げる結婚までへの4つのお話です。物語は結婚相談所で紹介された男は理想の男でプロポーズまでされたとに・・・街コンで知り会った美女の謎・・・・・・婚活テレビ番組に挑む女・・・・・・・当事者抜きの親同士のお見合いとは・・・・・。以上、作者独特の毒に笑ってしまったとです。ばってん今の世の中、スマホやらネットやらで見知らぬ相手には簡単に出 [続きを読む]
  • 読 「悪い夏」 染井 為人
  • 26才の守は公務員です。現在、彼は気が弱くて人の良か社会福祉事務所の職員とです。彼の仕事は生活保護の受給資格が適切かどうかば調べる為に受給者の家ば定期的に訪問するとです。ばってん彼は明らかに不正受給者と判っていても性格が災いして何も出来んとです。そんなある日、守は上司の職員が受給者の22才の女性と淫らな関係であるとば知った日から彼の周りの不正受給者ば利用した欲望の渦と犯罪に巻き込まれてしまうとです。 [続きを読む]
  • 読 「眼鏡屋は消えた」 山田 彩人
  • 読み終えて読メの読んだ本に登録したとですそしたらこの本は6年前に読んでいたらしかとです。ばってん、まるで記憶に無かとです・・・・・。そこで当ブログで検索ばしたらやっぱ無かとです。そりゃぁ読んだ本は時々忘れる事はあるばってんそんでも読み始めたら大抵思いだすとです。ばってん、この本は本当に初めて読んだとしか思えんとです。スンマセン どげんでもよか事でした・・・・・"(-""-)"。物語はオイと同じく?記憶ば失 [続きを読む]
  • 読 「四〇一二号室」 真梨 幸子
  • 最初に つ ぶ や き「何ね?アンタは又、真梨幸子の本ば読んだとね・・・ ふ〜〜ん あんた よっぽど好いとるとね・・・。女性の怨念やらばドロドロ、ギトギトの描写でアンタ達ば不快にしてニヤリと笑い最後に、ありゃダマされた!と驚くアンタ達の顔ば見て喜んでおる真梨幸子の本ば・・・。」すんませんやっぱオイは真梨幸子さんの本読んだ後は、いつもこげな思いになるとです(^^)/。物語は偶然にも前回と同様 小説家と編 [続きを読む]
  • 読 「小説王」 早見 和真
  • 小説家の吉田豊隆は18才で新人賞デビューしたばってん今はバイト暮らしの売れない小説家になっておるとです。その豊隆と小学校で同級生だった小柳俊太郎は毎日、上司から怒鳴られてばかりの編集者になっていたとばってん昔から豊隆の小説にほれ込んでおった俊太郎は編集者として豊隆と再会したとです。やがて二人は厳しい出版業界ばってん再び豊隆の本ば世間に認めてもらうために小説家と編集者として読者の心に寄り添いながら新し [続きを読む]
  • 読 「ひろいもの」 山本 甲士
  • 生きる力ば無くし劣等感やら悲しみの日々ば過ごしていた人達が落とし物ば拾った日から自分の人生が変わって行くと言う5つの「ひろいもの」の短編集です。それぞれの登場人物が繋がって行く話は楽しか気分になるとです。山本さんの優しか本はホッとするとです。 [続きを読む]
  • 読 「モダンタイムス」 伊坂 幸太郎
  • だいぶ前の本ばってん今頃読むとは分厚い本だったからと言う何ともツマラン理由です"(-""-)"。物語はオイの頭では追いつけんとこもあったばってん検索しただけで国家から監視される不気味さ国民はシステムの中で動かされている・・・・と言う大筋の箇所は理解するとに少々疲れたばってん権力に立ち向かう恐妻家の主人公と奥さんの活躍がガバイ面白かったです。伊坂ワールド満載でした。 [続きを読む]
  • 読 「クリスマスを探偵と」 伊坂 幸太郎
  • 紹介してもらって読んだ本です。ばってん確かに図書館にはあるとにどこば探しても見つけきらんかったとです。仕方無いけん職員の方に頼んだらようやく見つかったとです。伊坂さんの棚の上段の空間に斜めに置いてあったとです。本のサイズが大きか絵本やけん場所がそこしか無かったとです・・・。職員さんから手渡された時、見るからに絵本の表紙にオイは何か知らんばってん少し恥ずかしくなったとです"(-""-)"。お話はクリスマスの [続きを読む]
  • 読 「空色の小鳥」 大崎 梢
  • 敏也27才は数年前に亡くなった財産家の跡取りだった義兄の妻「千春」と6才の幼子「結希」が住むアパートば訪ねるとです。大企業の総氏である義父にも他の誰にも秘密で母子の存在と所在地ば敏也は探していたとです。貧しい母子の暮らしば助けながら余命わずかの千春に結希ば自分に託して欲しいと願うとです。やがて千春は結希が小学校の入学前に息ば引き取るとです。物語は周りの人達の力ば借りながらも懸命に結希ば育てる敏也と彼 [続きを読む]
  • 読 「1981年のスワンソング」 五十嵐 貴久
  • オイの好きなタイムスリップの話やったです久しぶりに何も考えんで楽しく読めました。やっぱ本は楽しか気持ちになるとがよかですなぁ(笑)。物語はタイムスリップした主人公「松尾俊介」29才は2014年から1981年へと言う中途半端さに愕然とするとです。何で自分が生まれる4年前の1981年なのかと疑問に思いながら腹ば空かして町ばうろついておる時、ギターで路上ライブばしとる若者二人に出会いひょんなことから俊介は未来のヒット [続きを読む]
  • 読 「秋山善吉工務店」 中山 七里
  • 今回もどんでん返しの中山七里さんのイメージとは違う表紙と題名で選んだとです"(-""-)"。物語は 4人家族の秋山家は仕事ば辞めた父親の「史親」と母親の「景子」夫婦そして小学生の「太一」と中学生の「雅彦」の兄弟やったとです。ばってん、ある日、2階の父親の部屋から出火して家は全焼するとです。逃げ遅れた父親は焼死して残りの3人だけは助かったとです。旦那さんば亡くした景子たち母子は住む家も無く旦那さんの実家に同居 [続きを読む]
  • 読 「亀と観覧車」 樋口 有介
  • 今回はワザと樋口さんのイメージとは違うごたる表紙の本ば選んだとです。いつもとは違うとばってん流石に読ませますなぁ最初からはまってしもうたとです(笑)。物語はホテルの清掃員ばしながら夜間高校に通う16才の涼子が住むアパートには父親が無職で部屋にこもってネット中毒、鬱病でパチンコ中毒の母親は家事の全部ば娘の涼子に押し付けとる3人家族が暮らしておるとです。勿論、生活保護ば受けとります。毎日の両親の世話か [続きを読む]
  • 読 「ご用命とあらば、ゆりかごからお墓まで」 真梨 幸子
  • 今回も百貨店関連の本やったとです。ばってん前回のファンタジーの「百貨の魔法」とはまるで違うとです。当然です、あの「殺人鬼フジコ」の真梨幸子さんが作者やけん"(-""-)"。お話は殺人以外なら「ゆりかご」から「お墓」までお客さまの優越感と売り上げの為にお客さまのあらゆる願いば身ば呈してお世話ばする「万両百貨店」外商部の凄腕と言われる「大塚佐恵子」と部下たちの物語とです。たくさんの女性たちが出てきて戸惑うとば [続きを読む]
  • 読 「百貨の魔法」 村山 早紀
  • 小さか町の星野百貨店は地域の人々に愛されて創業50周年ば迎えようとしております。ばってん今、時代の流れば受けて経営の危機に瀕しておるとです。そんなある日、「結子」と言う謎の女性が百貨店のコンシェルジュとして入社して来たとです。誰も彼女の素性ば知らんとばってん誰からも慕われる結子が起こす小さか魔法と奇跡とは・・・・。よか人ばっかしが出てくる夢のようなお話かもしれんばってん小さか頃、百貨店に行くと [続きを読む]
  • 読 「完璧な母親」 まさきとしか
  • 内容「BOOK」データベースより幼くして死んだ兄の代わりに産み直された波琉子は母の絶大なる愛情を注がれ空洞として生き続けている。やがて兄の死の秘密を知るもうひとつの家族の告白が波琉子を揺さぶる・・・。****************************************母親の異常な子供への愛情が周りば不幸にして行くとばってんそれしか自分が母親として生きていかれんとが哀れかったとです。重たか読 [続きを読む]
  • 読 「駐在日記」 小路 幸也
  • 時代は昭和50年代とです。周平は新妻「花」の療養のため横浜での刑事生活から自ら希望してのどかで平和な小さか村の駐在所に赴任してきたとです。夫婦と地元の人々との温かい交流と村で起きた小さか事件ば周平が「罪を憎んで人を憎まず」で解決する人情物語です。そんで周平が日報には書かなかった事件のお話が妻の「花」が書いたのがこの駐在日記やったとです。ばってん今なら事件ば報告せんやったら大ごとになる気もするばって [続きを読む]
  • 読 「すべての若き野郎ども」 久保寺 健彦
  • 除籍本・・・無料配布があったとです。オイは何も知らんで図書館に行ったら教えられたとです。時間は夕方やったけんまもなく終了やったとです。もう本はあんまし無かったとです。その残りの本の中の一冊がこれです。10年前の本ばってん、誰かに読まれてる痕跡が見当たらんとです。汚れも何も無いとです綺麗すぎるとです。ばってん図書館には置いてもらえんとです。除籍本・・・・悲しい言葉だと思うとです。ばってん仕方無いかもし [続きを読む]
  • 読 「影の中の影」 月村 了衛
  • 月村ワールドです。「土獏の花」の日本版です・・・・・と思います(^^)/。お話はフリーの女性ジャーナリスト曜子は母国から逃れて日本に潜伏しとるウイグル人亡命団の老人とやっと取材が出来る事になったとばってん待ち合わせ場所で何者か達に二人は襲われ老人は亡くなるとです。曜子の腕の中で息ば引きとる老人が彼女に言うとです。「カーガーに助けを求めるのだ・・・・・」とウイグル人亡命団の危機を救うのがカーガーと言うの [続きを読む]
  • 読 「氷結の森」 熊谷 達也
  • 内容(「BOOK」データベースより)第一次世界大戦後、過去を引きずる柴田矢一郎は故郷の秋田を離れ樺太の鰊場、伐採現場…と流浪の生活を続けていた。そんな彼を姉の仇と狙う男が出現し…樺太、ロシアを舞台に描く過酷な男の人生。********************************************************「邂逅の森」から始まった森シリーズの最終章と言う事で読んだらいきなりニシン漁から始まったけんエッ海?と思ったばってんやっぱ主人公 [続きを読む]
  • 読 「衣更月家の一族」 深木 章子
  • 内容(「BOOK」データベースより)「すぐ来て下さい!姉が…、私の夫に殺されたんです」凶器の花瓶には通報者の夫の指紋が付着、その夫は逃走中…。これを捕まえれば万事解決、当初は単純な事件と思われたのだが数日後に男が出頭、そこから思わぬ展開を見せ始める…。********************最初の事件から関係の無いごたる事件が続く?とです。それがどげな展開になるとかいなぁと読んでおったばってん何かダラ [続きを読む]
  • 読 「カーテンコール!」 加納 朋子 (BGM付き"(-""-)")
  • 以前「トオリヌケキンシ」ば読んで好きになった加納朋子さんの本です。やっと良か本ば読んだけん前回までのモヤモヤが吹っ飛んだ気がするとです(笑)。物語は経営難で閉校が決まり最後の卒業式ば終えた女子大があるとです。ばってん、その女子大ばそれぞれの悩みと事情ば抱えて卒業出来んかった生徒達がおるとです。何とか卒業させたい願う理事長が提案したのは半年間の補講と理事長家族達との合宿生活だったとです。寮での共同生 [続きを読む]