ワタナベきうじ さん プロフィール

  •  
ワタナベきうじさん: 走ることについて語るときに僕の書くブログ
ハンドル名ワタナベきうじ さん
ブログタイトル走ることについて語るときに僕の書くブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/henasoul/
サイト紹介文マラソンレースを走ったり休んだり、映画を観たりの記録。
自由文タイトルはもちろん村上春樹のエッセイをレスペクトして拝借、、の割に一回しか読んでない。覚えにくい、、笑
ワタナベのHNはあの小説の主人公からきてません。w
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供309回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2013/10/03 22:12

ワタナベきうじ さんのブログ記事

  • 踵痛のあと
  • 踵痛を出した20kmジョグの後、中一日。朝ランしようとしたら踵痛くて至らず2kmくらいお散歩して終り。夕方、痛みがひいてきたのでジョグ+ドリル。まあまあ。スピード練からスピード持久力をつけてくフェイズかな。 にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • ほめられたいこと、しかられたいこと。
  • えっへん。 ほめてもらいたいポイントはふたつ。 一つ目この前こわい思いしたとこを走り抜けたこと。勇気。今朝は悪霊はいませんでした。でも、、書きながら気づいたんだけど、いまは盆。この世の者じゃない方々ばかりなのでした。怖っ。 二つ目三角がスタート地点。20km走る予定。ゴールの自宅前は四角地点。ゴールしたときの距離は20.02km、誤差20m…!成り行きで走ったわりに、こんなふうにジャストで終ると気持ちよいです。 [続きを読む]
  • 愛媛マラソン 段取り完了
  • 2019/2/10 愛媛マラソンに出場するのでアスリート枠にエントリーしてました。先ほどようやく、宿やヒコーキの手配が終わってやれやれというとこです。あとはエントリーの払込みだけ。ランネットの満足度ではね?去年、金沢マラソンに出たときご一緒した方々に各地マラソン大会の評判を聞いたら出て来たのが愛媛、そして北九州マラソンでした。九州は別府大分で走っていたので今回は愛媛かな、と。楽しみ。嫁同行で土〜月の日程です [続きを読む]
  • リリイシュシュ的ランニングコースで
  • 不機嫌で不穏な空。ドビュッシーが聴こえて、「リリイシュシュ」的で、大好きなマイランニングコース。距離と時間と心拍数は否応なく本当のことを伝えてくれる。「リリイシュシュ」は岩井俊二監督作品。下劣で醜悪なヒトの心を詩的な美しさで映像化した稀有な作品。好き嫌いも解釈も分かれるから名画。世の中はいびつで残酷なほどに美しい。映画はそう伝えてる。「努力とは馬鹿に恵えた(あたえた)夢である。」(立川談志)そうい [続きを読む]
  • 「少女邂逅」 おんなのこはリリックなの、おとこにはわかんないの
  • JK小原ミユリ(保紫萌香)は同級生にいじめられ声が出せなくなった。ミユリは紬(つむぎ)と名付けたカイコを大事に飼い心の拠り所にしていたが、いじめっ子たちに知られ捨てられてしまう。しかし翌日、東京からの転校生、富田紬(モトーラ世理奈)が現れミユリとの交流が始まる。自由奔放で謎めいた紬と過ごすにつれ言葉も出てくるようになったミユリ。友だちも増え、化粧も覚える。紬はミユリと沖縄旅行の計画を立てるのだが… [続きを読む]
  • 7キロビルドアップ走はおおむね成功です。
  • 今、期分けだとスピード養成期なんす、なんす、タンスにゴン。だから、週毎のポイント練習は、閾値走+インタバル+ミドルとか閾値走+閾値走+ミドルとかでした。来週あたりから距離を走る練習してかないとです、とです。どですかでん。でも、昨日は暑いんでジム走り。ジムだけに地味に。地味に、タンスにゴン。閾値を刺激したいビルドアップです。2+2+3km を0440→0430→04109kmビルドアップの予定だったけど、時間の都合で変則 [続きを読む]
  • 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 青春啓蒙映画ではない。
  • 志乃(南沙良)は吃音症。家や独り言では不自由しないのに人前では言葉が流暢に出てこない。高校入学後の自己紹介でつまずきクラス内で志乃は孤立。周囲の理解も得られないまま過ごしている。そんな折、とある経緯で同級生の加代(蒔田彩珠)との交流が始まる。加代はミュージシャン志望だが音痴だった。加代の提案で志乃が歌い、加代がギターを弾くデュオ「しのかよ」を組んで文化祭で演奏することになった。ためらう志乃だが [続きを読む]
  • 「ヒポクラテスたち」1980年作品
  • ストーリーの内容にふれています。ハラハラドキドキ奇想天外に展開するたぐいの映画とは思えませんが気になる方は読むことをおすすめしません。 荻野愛作(古尾谷雅人)たちは京都の洛北医科大学の最終学年6回生。臨床実習を通して資格試験の勉強と進むべき分野を模索するモラトリアム。恋人に妊娠の疑いがある主人公荻野、学業優秀だから医学部に進学しただけのみどり(伊藤蘭)、親が医者だから進学しただけの河本(光田昌弘) [続きを読む]
  • ただいま 閾値走
  • 市民ランナーきうじ(ワタナベ)が閾値走を葛藤しながらも走る20分間を描いた短編映画。きうじは昨年夏に踵痛が発症して以来、計画的な練習が出来ずにいる。一時は走ることを自棄してやさぐれたこともあった。それでもこの四ヶ月は走るポイント練習を止め、エアロバイクやバーピーなど脚に負担をかけないようなトレーニングをしてきた。しかし、それらもカラダには無理があったようで腰周りが痛み始める始末。加えて踵痛は変わら [続きを読む]
  • さよならタバタ、エアロバイク。
  • 30度超えだとヒイヒイ12km走るんとこ。昨夜26度で気持ちよく走れました。心拍数も140拍の通常ジョグ、76%。今朝も早くから走っとけと起きるべきを無理ぽで安定のZ。それでも腰、踵は痛い。腰はナゾ。タバタプロトコルのパービージャンプからきてるのか、エアロバイクの悪姿勢からきてるのか、腰を意識したフォーム改善の影響なのか。フォーム改善の影響だとやだな。八方ふさがりになるから。とりあえずタバタプロトコルもエアロバ [続きを読む]
  • 健康で文化的な最低限のランカツ荷物(ユニクロ、無印良品)
  • 年は夏、映画は21:30会社から駅まで○分、駅から映画館まで●km。駅着20:40、キロ6分で走ると開演執行に間に合う、、、的なギリギリの走り方が好きです。「開演ゼロの疾走人」、なんちゃって。(謎)えーと、健康(ランニング)で文化的(映画カンショウ)で最低限(キロ6分)のランニング活動(ランカツ)で、困るのは会社帰りに着替えなきゃなんないこと。めんどくさがりやのおいら。勤め服とランシャツを兼ねた服を導入。着替 [続きを読む]
  • 「センセイ君主」 浜辺美波の変顔
  • 告白7連敗中の佐丸あゆは(浜辺美波)は、恋に憧れるJK。クラス担任代理の数学教師、弘光由貴(竹内涼真)に恋をする。あゆはの「センセイをおとしてみせます」の売り言葉に、弘光先生の「おとしてみなよ」の買い言葉。あゆはの猛アタックが始まるが・・・。 月川監督は、観客主体の映画づくりをする方。ちょうど1年前、「君の膵臓をたべたい」でのインタビューで自身の映画に対するスタンスをこう語っている。「僕にとって映 [続きを読む]
  • 自称ランニング依存症のぼくが反省するとき読む文章
  • つまり、反省よりも先に安心しろと。安心が依存症対策の最強「反省」だと井上不二子さん((山肉デリ 店主))は言ってくださる。 ぼくにとってランニングは依存症チックなところがある。 ケガをおして走る、とか距離にこだわる、とか脚を止めない、とか とかとか、・・・。 でも、 考えたら、ぼくちゃん。心配をするほどのことしてねえじゃん、 って気がついた。安心。そして、反省。 でも、とりあえず。 今日は「センセ [続きを読む]
  • 休息のめど、負傷のめど、怒るかど。
  • 、とはいえおいらはマフェトン理論を採用。安静時心拍数より5以上高い時には休息と決めてます。ただし「休息」と言ってもポイント練習はしないということ(この我流。マフェトン理論とは別)。5キロくらいの疲労抜きジョグかドリル練習はします。先日、20kmくらい走ろうとして12kmで終了。左踵の痛みが勃発。たいていは、走り始めは痛いけど温まったら消失(ソレでよいのかはなはだ疑問。措く)のアルパチーノだったけど、シビレ [続きを読む]
  • 大好きな「映画通信シネマッシモ」閉鎖。
  • 渡まち子さんのブログ映画通信シネマッシモ。ファンの方も多かったのではないでしょうか。ご存知の通り4月から更新がストップしてました。当初の予告とおり本日7/31で閉鎖されます。「一身上の都合」とのこと。残念でなりません。 端的で短く、明晰な分析。熱くなって五行くらい書きたくなるようなトコをさらり「忘れられない一本」、などとあっさり終わらせる気風のよさ・・・。いや、ぶれないんですね。ブログは読む人が主役。 [続きを読む]
  • 「下衆の愛」 カメラを止められない!
  • 以前に映画祭で賞をとったきり、今は売れない映画監督テツオ(渋川清彦)は実質無職パラサイトニート。映画で一発当てたいと思うくせに女優志願の娘さんたちを自室に連れ込む下衆生活を繰り返し映画撮影は始まらない40歳だ。そんな折、主宰する劇団に加入してきた新人女優ミナミ(岡野真也)に惚れ込みテツオの映画熱が再燃するが…? 2016/2公開映画。キャストは渋川清彦、津田寛治、内田慈、細田善彦、木下ほうか、古舘寛治、岡 [続きを読む]
  • 「ワンダー 君は太陽」 正しさより親切
  • 遺伝子上の疾患、トリーチャー症候群を患ったオギー(ジェイコブトレンブレイ)は人と異なる容貌のためコンプレックスを持っていた。宇宙飛行士用ヘルメットで顔を隠し10歳になるまで家庭で学習を続けてきた。両親(オーウェンウィルソン、ジュリアロバーツ)は新学期を機会に通学を決めたがオギーは容姿を理由に早々にいじめを受けくじけそうになる。しかし勉強が得意でユーモアを持つオージーと交流したがる同級生が現れ始め…。 [続きを読む]
  • 村上春樹さんがDJをつとめるときに僕が聴くラジオ。
  • 村上春樹氏がラジオのDJをするらしい。 …という告知を①なぜおいらが、②なぜこのサイトが、しなきゃならんのかとゆうと二つある。 ①なぜおいらが? →ブログのタイトルがソレっぽいから。 「走ることについて僕が語るときに僕が書くブログ」、覚えるの大変。これは村上春樹さんのエッセイのタイトルからパクってきたもの。 飲み会などで、「もちろんワタナベさんは村上春樹さんのファンなのですよね。」という前提で「な [続きを読む]
  • 7月23日 後半〜 MINATOシティマラソン再度募集の件
  • 【前回まで】 「お気に入りフォロー者数が19→18に減ったことで暗雲漂うワタナベの未来。せめてMINATOシティマラソンにエントリーの名乗りを上げアドレナリン噴出させやうと企むのであるが…そんなフォーリンダウンの感情…。が、しかし20:00から始まるMINATOシティマラソンのエントリーにインして、大会アドレナリンゲットでレッツゴー!!のダンどドーリィに浮き浮き(欧文化)。ところが、しかしこんな具合。まあまあ、つくばん [続きを読む]
  • 「未来のミライ」 評価が分かれるのは宣伝が適切じゃないから
  • くんちゃんは妹が出来たのでおにいちゃんになった。しかし4歳児、精神的にすぐ「おにいちゃん」の自覚が出るはずもない。むしろ両親の関心を惹こうとわがまま全開で共働きの両親を困らせる日々。ある日、自宅の庭から時空を超えてトリップ。さまざまな人々といろいろな出来事を体験します・・・。 賛否ある作品だけど宣伝が的を得てないのが原因。HPには「“ミライちゃん”に導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つ“くんちゃ [続きを読む]
  • 7月23日 前半
  • 朝から気持ちが落ち込んでいた。正体はにわかに分からない。なんとなく引っかかりが心に残っていて、はて何だっけ? と気持ちを集中させるとピコンピコンピコンと心の地図上で点滅してる箇所がある。ああ、これかあ…。「お気に入りにフォローされている人数」が19→18人に減った事実。以前、怪盗さんが例年の長期離脱をする前に「お気に入りを外さないで、結構落ち込むんです」って書いてて、おおっなんてナイーブなんだっ!!俺 [続きを読む]
  • 夕暮れ、林の中ですれ違った「ひと」。
  • 片道9kmのマイ非舗装コース。昨日の日曜はちょいと不思議なことがあったので書いてみようかなと。この非舗装コースは自分が見つけて開拓していったコース。田んぼを突っ切ったり林の中に入っていったり。道にはなってるんだけど農道のたぐい。だから街灯なんてない。日が暮れたらたちまち足元が見えなくなるので夜ランできるのは一部だけ。いまの季節だと朝日が昇る前か、夕方日が沈みかけたトワイライトのみ。日曜はちょいと遅れ [続きを読む]
  • 月光と伴走
  • 「心拍数を図ると体調管理できるよ」と嫁に告げたらアプリをインストルしてはかり始めた。ウオーキングをたしなむ嫁の安静時心拍数は60〜70。一方、ボクちんは40前後。 生涯に心臓が鼓動する回数は決まっていると思い込んでるボクちゃん。安静心拍数の比からボクの余命は嫁の1.5倍と安易な計算をしてその旨を告げると、 「あたいが20年生きるとしてきうじは30年。」ああ、30年は長いな。会社勤めとそう変わりはないじゃないか。「 [続きを読む]
  • 「パンク侍・」他 最近観た映画短評
  • 期待なしで観たら拾い物の細田守モノ。「おおかみこどもの雨と雪」。おおかみこどもを育てるには山奥がよいだろとひっそり暮らす親子三人。子どもの、、、と思いきやお母さんの成長物語。ホントより風光明媚。雪山のスキー?のシーンはカイカン、カイカン。週末の「ミライの未来」に備えて「サマーウォーズ」。思った方向と違う方向に進むストーリー。意外性が楽しい、、、とゆうよりも、表現のためにこの手法かあ?と疑問を感じた [続きを読む]