ワタナベきうじ さん プロフィール

  •  
ワタナベきうじさん: 走ることについて語るときに僕の書くブログ
ハンドル名ワタナベきうじ さん
ブログタイトル走ることについて語るときに僕の書くブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/henasoul/
サイト紹介文マラソンレースを走ったり休んだり、映画を観たりの記録。
自由文タイトルはもちろん村上春樹のエッセイをレスペクトして拝借、、の割に一回しか読んでない。覚えにくい、、笑
ワタナベのHNはあの小説の主人公からきてません。w
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供225回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2013/10/03 22:12

ワタナベきうじ さんのブログ記事

  • 雨の中を走ることについて語るまえに僕の語ること。
  • このジョリジョリ小雨の中、 走り始めて一秒経っても雨粒に当たらない確率は、、、そうだな、、、50%。 そう決めよう。 さらにもう一秒、雨粒が当たらない確率も50%。 つまり二秒後に全然濡れていない確率は25%になる。 そうすると、、、 たとえば三十一秒後にまだ濡れない確率は? 「ありえない…」君はそう言うかもしれないけど、ないとは限らない。 2の30乗分の1。・・・オーケイGoogle? 2147483648分の1。 つまり21 [続きを読む]
  • 雨に物怖じしないウェア。
  • カントー地方では雨続き。 よぎなくランオフの方も多いかも。 おいらは雨の日にはこのヒミツウェア。リーボックのフーディなんですがフード部分に特長あり。 ふだんはこう。 でもこんな具合にかぶると雨と寒さに対抗する機能が、 これ。…秘密工作員Aなんですかと職質されるパターン。 息苦しくねえのか?口元に穴は開いてるので呼吸は可能。だけどウットーシー。 うん。それはそれで低酸素高地トレーニング効果が望める段取り [続きを読む]
  • 金沢マラソン10日前のスピード練習は。
  • 10日前、いわゆる卒検ビルドアップすると疲労残しそうだったんで、20分の閾値走。、、でカンベン。でも新設定の0410に足りない、旧設定0415。ツメが甘っ。ま、いっか。深く考えない。にほんブログ村にほんブログ村市民の方の邪魔にならないよういわゆるスピード練習はひと気のない夜間。すれ違うひともマレなマイコースで。トラックで走る時間と金があればいいんだけどね、それでも上には上がいることはほとんどの人は分かってます [続きを読む]
  • 5ちゃんねる
  • 最近、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)に出入りしており、映画「君の膵臓をたべたい」の板。いままでバスケットボールの板を閲覧することはあった。けど投稿したり毎日読んだりするのは初めて。んで、刺激的。 だって、お話できる相手がいないのですもの。 たとえば、この映画を観たリアル人に 「ねえねえ、桜良の戒名なんて書いてあったか覚えてる?」 とたずねても妙な顔をされるだけ。たいていの人は一回しか観ていないから [続きを読む]
  • 外山文治監督短編作品「此の岸のこと」、「わさび」、「春なれや」
  • 外山文治監督短編作品「此の岸のこと」、「わさび」、「春なれや」を観ました。それぞれ30分。 以下にネタバレなしであらすじと感想を書きます。 「此の岸のこと」痴呆症で車椅子が必要な妻と、介護を続きながら自らの老いを自覚している夫の話。 →通してセリフは一切ない。音楽は終盤になって効果的に使われる。言葉のない映像は詩情を観客に換気させる。言葉で説明がないぶん観客は自らのコトバで映画の結末を感じて、各々考え [続きを読む]
  • 「竜二」 〜感情の余白に
  • 何度目だろ?「竜二」を観ました。1983年作品。羽振りのいいヤクザの竜二。妻子と一緒に暮らすために一旦はカタギになるが、、、。というハナシ。「おめえ、いくつだ?30にもなってエンコ飛ばしてたらこの世界じゃバカって呼ばれんだバカ」(大意)。竜二が舎弟に言ったこの台詞からうかがえるように、任侠人情の東映ヤクザ映画路線から、リアルなヤクザ生態を描いた作品だと言われています。実際、主演脚本をつとめた金子正次は渡 [続きを読む]
  • 金沢マラソン、二週間前の30km走。
  • 金沢マラソン二週間前。先週 、体調不良で30km不発。練習としての30kmにこだわってるんじゃないんですけど、本番の試走としてやっておきたい。二週間前にはやらないのが定番ですが、平気じゃね?前にbjさんもやってたしね? と。 27kmでヤメ。ヒザにピリッと痛みが走ってダメ。相変わらず甘い気持ちのツメ。終わってみればただの筋肉痛だったみたい。YO!2km毎にウオーキングブレイク入れるパターン。基本、0440〜0445で巡行。0435 [続きを読む]
  • 【速報】ちょっと聞きにくかったマラソンとSEXのはじまりについて訊きました。
  • 寒いす。15度くらいでした。大会の朝みたいな気温でしたので大会デジャブがよぎりましたよ。あと、金沢マラソンまで二週間ちょっとかあ。昨日の拙記事、誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいマラソンとSEXのはじまりについて訊きましょう。」を読んでいただきありがとうございました。大会速報並みのアクセスもらいました、。「床運動」の充実がマラソンを始めた同期だったんだよお、という方はバーナー押してくだちい [続きを読む]
  • 俺の三連敗と君のココロのようなユニクロTシャツ
  • ペースランに出かけて10kmくらい走ってすごすご帰ってくる・・・を繰り返しました。体調わろし。 金沢マラソン三週間前だっつうのに、せっかくの三連休だっつうのに。 脚は軽い。呼吸循環系が不調すぎる不調。安静時38→5km地点で160で85%超え。LT域にすぐ達してしまふ。 そしたら嫁とか周囲の人々も「のどが痛い」、とかいうわけで、やっぱりおいら平熱の風邪だったみたい。熱は出てないんだけどね。 で、唐突なんだけどユニ [続きを読む]
  • 昭和時代劇「秋日和」で司葉子を観ました。
  • 浜辺美波が9/27日刊スポーツのインタビューにて 「司葉子さんには憧れます。何度か作品を拝見しましたが、関わった作品の数がすごい。いらっしゃるだけで絵になる。私も大好きなミステリー小説に出てくるような、弁が立つ、かっこいい女性を演じられるようになりたい。」。 と言ってました。「驚き驚き驚き!そんな17歳いる?」、司葉子の作品を何度か観たことのある17歳にまず驚き。俺は司葉子は観てない。多分ない。でもまあ、 [続きを読む]
  • 映画「君の膵臓をたべたい」の感想が未だ書けない。
  • 「君の膵臓をたべたい」を観て、劇中の山内桜良においらの花火が上がっちゃったもんだから横から見ても下から見てもこの作品がどんだけ〜、、、なのか迷走してて、花火がまぶしすぎて、視えない。、肝心なものは目に見えない?いや、いや、ほめてるんじゃないのです。不可解に近い。だって映画館で複数回観たのは「転校生」ぶり、だってパンフ買ったの「ミッドウェイ」ぶり、だってサントラ買ったの生まれて初めて、ガッキーがかわ [続きを読む]
  • 金沢マラソンでのペースを決めたいレースペース走。
  • 12km PR、0435で巡航。2キロ毎に15秒のウオーキングレストを入れました。計算上、0435と0445を繰り返すハズ。だけど遅れてます。覚悟が足らない。心拍数は12kmまで83%とボチボチ理想的。どの時点でドラフトするのか、週末のロングランで見極めたい。ピッチは映画「君の膵臓をたべたい」中で使用されたサントラ曲、「お泊まり旅行」の速さ。主人公桜良の「君も(お泊まり旅行をする)覚悟を決めなさい」というセリフの後に流れる軽 [続きを読む]
  • 「それでも、生きてゆく。」
  • つ「映画『君の膵臓を食べたい』が全く泣けない理由【ネタバレ注意】」、というタイトル(タイトルは原文ママ)の記事を読んで、僕らが映画を観て泣くのはどんな心理なんだろう、とかを三分間くらい(それ以上は無理)考えた。努力した。 そしたら、「切ないから泣く」に落ち着いたので、切なさマイスター小田和正師に「師匠。切なさってなんすかね?」を仰ぐと「『東京の空』を聴きたまえ」の言葉が下りてきた。それを聴いており [続きを読む]
  • ながい習慣の終り。
  • 今年の四月にバスケットチームの指導者をやめた。土日祝日朝は体育館にいる、っていう生活をええっと、延べ25年くらい続けていたからサビシクなるかと思っていたらそんなでもない。それなりに他のことをして暇つぶしできるからだろうか。 キュキュッというバスケシューズの音や、ドリブルの音が館内に響く音や、掛け声やら、なんやら。かんやら。どこへやらだ。 それでも先日、選手を駅で見掛けてハイタッチをしあったりすると愛 [続きを読む]
  • 金沢マラソンからの召集令状。
  • 今シーズン、最初のフルマラソンは金沢マラソン。一ヶ月を切りました。招集令状来ました。 ブロックは B になりました。S〜KでのBだからかなり前のいいポジション。浜辺美波の姿も見えそう。ちなみに申請タイムは0315でした。 ペーサが、3時間から6時間まで15分刻みに登場。「驚き!驚き!驚き!!こんな」大会「ってある?」!くらいな驚き。 いままで大会でペーサについて走ったことがないです。申請通り0315。場の力を借 [続きを読む]
  • 閾値走と30kmをタイトルにしとけばいい感じで。
  • 、、、だということはちみのすけ氏の記事で分かった。だからそれっぽいタイトルにしといた。いや、実際に閾値走したんですが。土曜の30km轟沈後、日曜はとりあえず閾値走しとくことに。でも20分間閾値走っつうだけじゃ、奥さーん、いまどきインポイントもらえない上にブログ映えいまいちで、練習にならない。だから閾値走の後、休みなしでペースランを10kmくらい追加しとこうかな、そーだな、タイトルを「閾値走ビルドダウン変化走 [続きを読む]
  • 「ドリーム」 〜「数字は正直」
  • 1960年代、NASAに勤めるインテリ黒人女性たちが黒人差別、女性差別を受けながら業績を残す実話。ーーーー面白かった。ストレスなし。すげえよかった。隣の嫁は「泣く場面とかあったっけ?」、だけど自分的にはポイントたくさんありすぎで水分枯渇。NASAというと目的のために極限まで合理化された組織。そんな私的イメージがあったんだけど女性差別や黒人差別が横行してた組織だったことに驚き。差別と闘う、、って書いちゃうと社会 [続きを読む]
  • 筋書きのないもの。あるもの。
  • 土曜、朝。30km PR。 撃沈。 調子、よいと思ってた。足が軽くて最初の2キロぶっこんじゃってる。 5km辺りで汗が流れ始めて身体が動き始めた。10km過ぎで一旦、苦しくなった。でも大丈夫。慌てる時間じゃない。心拍数がちょいと上がった結果だから、とひるまない。続ければカラダの方で諦めて走るモードに入ってくれる。 でも呼吸がゼーハーし始め、どうにも苦しいままだ。 で、 やめちゃった。 10分ほど休んで再び走り始めた [続きを読む]
  • 35
  • 木曜日、夜。10時スタートの有酸素走=快適走。くるしゅうないスピードを探って走ると0500〜0520あたりに落ち着きます。月火とランオフ。水はユルジョグ+流しで6km。するってえと、足は軽い。体も軽い。この軽さは体重が軽さじゃない。体の動きが軽いってこと。なんで軽く感じるかというと筋肉の疲労がないから。そして、分かりにくいかもしれないけど、自分の体がどのように動いているか分かる感触。連結能力っていうのかな。フ [続きを読む]
  • 「ラン・ローラ・ラン 」 と わたしの東京マラソン。
  • みんな、おそよ〜♪( ´ ▽ ` )ノ? 1998年公開の古い映画。でも「古臭さ」は感じない。ってか、新しさって何?分かってないんだけど、マンガっぽくて意欲的。タイトルロゴも石ノ森章太郎っぽい。 ローラは恋人の命を救うため走る。走る行為は彼女の意思を体現してる。一生懸命。タイムリミット20分が映像にキンチョー感をもたらす。テーマ的、キーワード的には、、、運命の分岐点、ってやつ?袖すり合うも他生の縁とか?。ま [続きを読む]