アトリエ10 さん プロフィール

  •  
アトリエ10さん: アトリエ10美術研究所
ハンドル名アトリエ10 さん
ブログタイトルアトリエ10美術研究所
ブログURLhttps://atelier10.blog.fc2.com/
サイト紹介文文京区にある子どもの絵画造形教室です。 楽しい作品をご紹介。
自由文大人顔負けのセンスにびっくりしたり、子どものころを思いだしたり・・・きれいで楽しい作品をご紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/10/05 10:12

アトリエ10 さんのブログ記事

  • まねきねこと花かざり
  • さんびきプラス1のまねきねこです。プラス1というのは、ここ、あたまの上に。作者は小学2年生の男の子。水彩画です。実物のまねきねこを見ながらかいたので、福という漢字がさかさまになっています。この漢字はまだならっていませが、ここでおぼえてしまいました。まねきねこのまわりには、なわとびのなわのように花のかざりが大波小波をつくっています。これはテーブルマットの柄を作者が自分流にアレンジしたもの。とり [続きを読む]
  • 小さなカルーセル(回転木馬)
  • 大人のアトリエ より画像からみると大きそうに見えますが、木馬の高さは16センチほど。手のひらに乗るくらいの大きさです。細部まで克明に鉛筆でえがき、濃淡で立体感をだし、数カ所、水彩絵の具で彩色しました。この小さな回転木馬は、小学生にも大人にも人気があります。かつてフランスへ旅行したとき、蚤の市で見つけ、船便で日本へおくりました。それがいまや、脚やしっぽが欠け落ち、残っている頭数も少なくなってしま [続きを読む]
  • 京野菜
  • 鹿ヶ谷かぼちゃ くわい 聖護院だいこん 海老芋 金時にんじん 万願寺とうがらし・・京野菜に興味をもったのは、京都にもいるおばあちゃんの影響だそうです。京野菜って形も色も、なんておもしろいんだろう。作者は小学5年生の女の子。おもしろい目のつけどころですが、それだけに絵にするにはむずかしさがありました。ごらんのように根菜類は茶褐色。とうがらしのグリーンはあるものの、あとは大根の白。この地味な色彩を [続きを読む]
  • Happy Halloween ! 総集編
  • アトリエ10の人気ナンバーワンはなんといってもハンサムなドラキュラくんです。ことしもおおいに活躍していただきました。あとはハロウィンの当日、街へくりだしていただくだけです。 してごらんください。↓もうハロウィンの季節おどろくなよーTrick or treat.赤い空のドラキュラハロウィンパーティへようこそたのしいハロウィンを!ランキングに参加しています。 で応援をお願いいたしま [続きを読む]
  • ハロウィンパーティへようこそ
  • Enjoy happy halloween !作者は小学2年生の男の子。上半分は白と黒の空間。下半分ではさまざまな楽器がいっせいに鳴りだしたような色、色、色。色をつぎつぎに選んではぬっていくスピード感のなかに、作者のあかるい感性がひかっています。ドラキュラの黒いマントと白と黒のチェックのもようがそれらをきれいにまとめてくれました。司馬遼太郎さんは『少年少女世界の美術館』のなかで子どもたちのためにこんな文章を寄せて [続きを読む]
  • ハロウィン特集 赤い空のドラキュラ
  • ドラキュラがマントをひるがえすと夕焼けなんかよりもっと美しい、もえるような赤い空が・・。ドラキュラはマジシャン?作者は小学3年生の男の子。下半分ではあざやかなオレンジ色がぱっと目にはいってきます。この二つの色をじょうずにつないでいるのが赤むらさき。赤の親戚(しんせき)の色です。 水彩画なのでぬりなおしはできません。えがきおわってみればこの色しかない!作者の色彩感覚が絵をなんとも楽しく、美しいも [続きを読む]
  • ハロウィン Trick or treat!
  • Trick or treat!これははアメリカやイギリスのハロウィンでご近所をまわってお菓子をもらってくるこどもたちの定番の言い方。お菓子をくれないといたずらをするぞ。てもこの絵のドラキュラもかぼちゃもとてもかわいらしくてわるさをするようには見えません。作者は六年生の女の子。油絵ですが、うすぬりの技法で、あかるい色彩の世界をつくりあげています。 みんなで記念写真をとったから、さあ、出発だ。声がちいさいーい [続きを読む]
  • ハロウィン特集 おどろくなよー
  • がいこつ だぞー。どうだ! ぜんぜーん。どくろ だぞー。どうだ! ぜんぜーん。ハロウィンには、おばけやドラキュラなど、こわいものが登場します。でも、みんな、どこかかわいらしく、あいきょうがあって、見ていても楽しいものばかりです。作者は小学1年生の女の子。黒いマントは、ほかの色をくっきりとみせる効果ばつぐん。このじまんげな顔!それにこのシャツ、なかなかおしゃれなドラキュラです。そのあたりもちゃ [続きを読む]
  • もうハロウィンの季節 アトリエ10
  • いよいよハロウィンの季節がやってきました。なんといっても主役はこのドラキュラ。きらびやかな色彩で黒のマントをひときわ美しくひきたてています。 もうひとりの主役、かぼちゃだって負けていません。かぼちゃくん対かぼちゃの対決です。どちらも色彩が美しく、オープニング・セレモニーにはふさわしいとりくみ。この対決はひきわけといったところでしょうか。こうもりの審査員も同感してくれることでしょう。 [続きを読む]
  • アトリエ10の歴史
  • おとうさんがアトリエ 10にかよっていたころは銀座のギャラリーで作品展をひらいていたと自慢しています。ほんとうですか。ほんとうです。子どもの展覧会を銀座のギャラリーでやるのがとてもめずらしいとテレビ局が取材にきました。一年に一度。それを25回つづけました。目標を達成したので、いまはひとやすみです。おとうさんにもこどもの時代があったことを想像してみてください。かわいいい女の子にそんな自慢ができるな [続きを読む]
  • 第65回 日本ジュニア展 その3
  • 油絵には水彩とはまたちがった色彩のおもしろさがあります。日本ジュニア展の一画には、アトリエ10からの作品がならびました。「うちの玄関」で取り上げたものはふだん見なれたものばかりですが、キャンバスの上での構成力と色彩感覚でこんなふうに変身しました。 うちの玄関 12才 油絵 入選花火のむこうにひろがる、墨(すみ)をとかしたような黒、ほたるを美しくみせてくれる青みのある黒、生活のなかにとけこん [続きを読む]
  • 第65回 日本ジュニア展 その2
  • あれ、もしかしたらぬいぐるみ?どうぞ近づいてゆっくりとごらんください。この色彩のかわいらしさ!見ている人にも楽しさがつたわってきます。「けいととねずみさん」 9才 水彩 入選絵と、絵を見る人の距離はさまざまです。距離のとりかたによっても絵の見えかたはちがってきます。猫が好きな人は、それがどんな絵であっても、ぱっと目にはいってくるとか。いたいた、こんなところに・・・・。ねこがいっぱい [続きを読む]
  • 第65回 日本ジュニア展 その1
  • 第65回日本ジュニア展 その1アトリエ10 からの入賞・入選作と会場のようすをお伝えします。この日は記録的な猛暑にくわえ、台風20号が西日本に上陸。でも空の上では気持ちのいい風と雲。トップパッターは「たのしいひこうき」 6才 水彩  入選毎年、日本ジュニア展の会場では子どもたちのための「やってみよう」コーナーがつくられます。今年の企画はこれ ↓なにに見えますか。紙でつくる「くつづくり」もう少し [続きを読む]
  • 夏休み特集 ぬいぐるみの世界
  • かわいらしさをそのまま表現したもの、物語のなかに登場させたもの、自分がぬいぐるみになりきったもの、今回はそんな楽しい作品をご紹介します。 今回、エントリーした作品のなかに一枚だけ男の子のかいた絵がはいっています。それはどれでしょう。もしかしたらこれかなあ・・そんなふうに思いながらごらんいただくと、いつもとはちがった発見があるかもしれません。こたえは一覧の最後にあります。まずはこのかわいらし [続きを読む]
  • 夏休み特集 わにくんのぼうけん
  • あついときには水あそびがいちばん。おーい、たこくーん、なにしてるのぉ?いっしょにあそばない?ぶくぶくぶくぶく。ぶくぶくだけじゃわからないないよー。たこくんって友だちがおおいんだね。そうだ、友だちをさがしにいこう。 ここはどこなんだろう。きれいな海で、ヨットもうかんでいる。あそんでくれる友だちがいるかなあ。すごい。こんなにたくさん!おーい、だれか友だちになってくれませんかぁ〜。あれれ、 [続きを読む]
  • 夏休み特集 わたしたちはペアです
  • ペアはふたりでひと組をつくること、ふたつをならべることであたらしい関係とあたらしい空間がうまれます。それぞれのデザイン的な感覚もみどころのひとつです。かれらの話し声にも耳をかたむけてみてください。「フリルをひらひらさせて踊ってみたくなったわ」「さんせい、でものぞかれている」「ほんと?」「窓の月に」「なんかいった?」「べつに。・・じぶんじゃないの」「そっちのじぶんだろ」「そんない [続きを読む]
  • 夏休み特集 おもしろくてふしぎな絵
  • うーん、これはなに?思わずそういいたくなるようなおもしろくてふしぎな絵を特集しました。あなたの想像力・空想力にチャレンジする絵ばかりです。クレパスとマーカーでこつこつかいているうちに気がつけばふしぎな世界にとりこまれていました。ならんでいる。くねくねしている。おちそうでおちない。メッセージ性があって小さな子どもから、高校生や大人にまでなんだかおもしろいと思わせてしまうふしぎな絵。 [続きを読む]
  • 夏休み特集 夏の花 夏の庭  
  • カラーという花の名前はどこからきたのでしょうか。すずしげな形は夏の花にぴったりです。となりにいるネコもかわいらしいのでちょっとご紹介。夏の庭にきてほしいのはやはり蝶々。むしホテルなどというものがあるなんてこの作者におしえてもらうまで知りませんでした。とまるのは「ごめんなさい」ですが、見学だけでいいのなら・・・。ひまわりはなんといっても夏の花。画用紙いちまいぜんぶ、ひまわりの花。そ [続きを読む]
  • 夏休み特集 キャンプ 家族旅行 ともだちと
  • なつやすみだ。どこかへ行きたいね。うん。そんな相談をしているのにちがいありません。家族でふだんとはちがったところにお出かけ。カウンターがあって板前さんがいて思わずきょろきょろ。おすしはおいしかったし、かっこいい板前さんだし、しょうらい、なってもいいかなあ、なんて。はりきってキャンプにいったのにどしゃぶりの雨。かみなりまでが・・。あわてふためいています。でも一生すわれることのない、いい思い出に [続きを読む]
  • 夏休み特集 プールや海で
  • いちまいの絵からでも楽しい歓声がきこえてきますゴッツン! キャッあっかんべえー なによぉ、それ。シンクロだぞー!こちらは室内プール。背およぎの練習です。すーいすーい。プールもいいけれど、夏だからやっぱり波がほしいなあ。波にさらわれるーっ。ハワイの海でのんびり・・・いいなあ。もとの作品一覧ランキングに参加しています。 で応援をお願いいたします。↓ホームページ [続きを読む]
  • わたしのファッションイメージ
  • 水のなかに一滴のインクを落としてみる。それがひろがっていくとき頭のなかにあったイメージが、少しずつ具体的な形をとりはじめる。そのインクの役割をはたしたのがこのファッションキャラクターです。だいたんにも斜めにおかれています。作者は小学六年生の女の子。油絵。どうして斜めなんでしょう。ながい手足がキャンバスにおさまらなかったから?それもあったかもしれません。なによりもこの不安定さのなかに動きがあり、そ [続きを読む]
  • アメリカの木彫りの人形
  • ふたりのガンマンをはさんで海賊とインディアン。アメリカの木彫りの人形です。顔をみるとヒーローというよりもアンチヒーローといったつらがまえ。 アンチヒーローとは、ヒーローの足をひっぱったり、敵になったりしてヒーローに対立するわき役です。ずいぶんとあやしげな顔だなあ。作者は5年生。男の子。油絵です。片目の海賊で、一本足。冒険小説「宝島」の船長、ジョン・シルバーですが、ものがたりを知らなくても「この顔 [続きを読む]
  • 花柄のテーブルクロスとお人形
  • 手と足をふわっと投げ出したようなすわり方。これがいかにも人形的で、まねをしてやってみてもパントマイムの名人でないと決して人形にはみえないでしょう。作者は小学六年生の女の子。油絵です。眉と眉のあいだからまっすぐに線をひくと、えプロンのまんなかをとおって、きれいに左右対称になります。正面をみすえたひとみとともにシンメトリー(左右対称)であることで、この人形にはふしぎな魅力がうまれました。むなもと [続きを読む]
  • おさかながいっぱい
  • 大きいの、ちいさいの、ほそいの、ふといの・・おさかなたちはぶつかりあったりなんかしません。みんなゆっくり、ゆっくり泳いでいます。作者は一年生の男の子。この絵をかいたときは保育園の年長さん。いちばん大きいのは両腕でかかえられないほどの大きさ。いちばんたくさんの色をつかったのはこのおさかな。むらさき、きみどり、きいろ、あお、あかこのならべかたがとてもきれいです。おさかなには頭があってしっぽがある。 [続きを読む]
  • ことしのお正月のかざりもの
  • 小さくてかわいらしいもの。。それを大きな画用紙に小さくかわいらしくえがく。・・そんなことできるのかなあ。いえ、ごらんいただければわかります。作者は小学二年生の女の子。これをかいたときは一年生です。だるまさん、おそなえもち、まねきねこ、ふくすけ。みんな陶器でできています。これがとても小さいことはそばにおかれたものからもわかります。せのたかい正月かざり。こちらの人形は張り子でできていて、鯛(たい)の [続きを読む]