ypo さん プロフィール

  •  
ypoさん: 千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2
ハンドル名ypo さん
ブログタイトル千葉県発二日酔いまでの後悔街道の2
ブログURLhttp://2chibahatu.blog.fc2.com/
サイト紹介文千葉県ブログの続きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2013/10/05 17:16

ypo さんのブログ記事

  • 市原市永吉 これはなんですか
  • 市原市永吉にこんな変わった建物がありました。かつて見たことのある、サーカス小屋の小型のもののような感じでした。2018年2月の写真なのですけど、今はどうなっているのでしょうか。グーグルマップで見てみれば4月18日現在ではこの建物はないです。なにやら楽しそうですけど、勝手に中には入れません。話は変わりますけど、私は今年の3月の後半に富山県と石川県に行きました。時間的に全く余裕も無くて、また天気にも恵まれなか [続きを読む]
  • 栄町請方 十九番大師堂
  • 印旛郡栄町請方の十九番大師堂です。十九番大師入口と言うバス停がありまして、もしかしたら人知れず??すごいものがあるのかもしれない。と立ち寄ってみました。着いてみればこじんまりとした建物でしたが、彫り物が立派でした。柱にはこんな防御がありました。簡単に折れてしまうだろう木にはこれがいいと思います。そして十九番大師の謂れが、分からないので、調べてみました。布鎌地区は四国の八十八番大師の信仰が厚く、地区内 [続きを読む]
  • 大多喜町筒森 名も無きトンネル
  • 2017年のとある日、私は千葉県では有名な弘文洞跡に行こうと思いました。いつもいつもほとんど人が行かない場所ばかりではなくて、多くの人が行く所で、ちゃんと写真を撮ろう、とさして意味の無い使命感にかられたからです。そして近くまで行きましたが、少ない駐車場に開きスペースにはふてぶてしいばばぁが立っていて、一台とめれなくなっています。そしてもう空きスペースが無いです。止められないなら仕方なし他に行こ。、後か [続きを読む]
  • 銚子市高神東町 石尊神社
  • 前回から見たほうが分かりやすいかもしれません。水の音がかなりして、その方に歩きます。これが結構水量が多かったです。すぐ横はこんなになっていて、龍がいました。その上にも龍がいて、普通はこの口から水が出るのではないですか??他にはお堂がありました。ここはグーグルマップによると石尊神社と言うそうです。堂の後ろには祠らしきものがありますが、確認できません。この写真は三脚を立てて10秒で撮っています。見た目では [続きを読む]
  • 銚子市高神東町 小畑池
  • 銚子市高神東の小畑池からです。この日は他にも色々と見て回って、もう暗くなっているのですけど、せっかく国のとっぱずれと言われる銚子まできたのだから、どこかもう一ヶ所でも写真を撮ろうと急いで車を走らせます。大体は私の旅はいつも焦っています。そして犬吠駅の近くで池を見つけました。ただの溜池かと思ったのですが、見晴台のようなものがあったので何かあるかもしれない、と立ち寄ってみました。でもただの池でした。海 [続きを読む]
  • 四街道 大土手山の桜
  • 四街道の大土手山からです。ここは何度か載せていますが、昼の桜のものは初めてなので載せます。階段を登ります。そして、あれま登った先のスペースの写真が無い・・・。ここには何度か来ているので、見慣れた場所として無意識に省略していたようです。過去のもここを載せていますので、気になる方は(そんな人は居ないでしょうが)四街道のカテゴリで見てください。この山の下には桜があって、広場もあってお花見をしている人がいま [続きを読む]
  • 冬の鴨川16 夕海三連発3鴨川
  • 前回と同じ江見の海だと思うのですが、少し場所が違います。そして前回の写真は2015年のもので今回は2016年のものになります。日が沈みます。実際はこの位の明るさだって気がします。この時間は僅かでかので、急いで良いポイントはないものかと探します。この写真の左側にはサーファーがいます。もう暗いのに危険ではないのでしょうか。iso感度を上げないと手持ちではきつくなってきました。それでもまだ頑張って手持ちで撮ってい [続きを読む]
  • 冬の鴨川15 夕海三連発2
  • 江見漁港の近くからのものです。夕焼けとんびです。日が沈んで行きます。ですがまだ海水に濡れた砂が色を残しています。もうだめだ日が完全に沈む。でも横にずらせばまだ撮れます。派手な色の出るペンタックスカメラ、派手な色が好きな私、派手な色になる縮小ソフトをぬかすとこんな色だったような気がします。でも色は出ているほうがいいと思うのでこのように撮ります。いわゆる写真がうまいと思っている方と話をすると、私は随分 [続きを読む]
  • 冬の鴨川13 東宮神社
  • 鴨川市宮にある東宮神社です。今回意味も無く続けていた、冬の鴨川の写真は晴れの日のものが多かったですけど、日差しの弱いこんな日のもある意味冬っぽいかなと思って載せます。高鶴山が見えます。以前このブログで、千葉県では珍しい独立峰として載せましたが、こうして見るとななるほど独立した山に見えます。それでは行ってみましょう。石垣が印象的でした。良い意味で、渋い感じのする神社でした。これにて東宮神社を終わりま [続きを読む]
  • 冬の鴨川12 天津ループ橋
  • 鴨川市天津の波切不動寺に行きました。かなり有名なお寺なのでちゃんと見てみたいと思いました。が家族総出で外にいて、子供たちは喧嘩をしている。それを怒るお父さん。何よりも歓迎する雰囲気ではなく、これは中へは入れません。お寺と言えどそこに住んでいる人もいますのでここは遠慮するしかないです。入り口近くのこの石造五大明王を撮っておきました。しかし十体以上あるなかのどれが石造五大明王なのかは分かりませんでした [続きを読む]
  • 冬の鴨川11 吉保梅の里
  • 鴨川市宮山の鴨川吉保梅の里です。前回の亀田酒造の近くにあります。はじめてこれを見たときにはびっくりしました。巨大古墳か城址か、ただの小山なのかって言う割にはうまく撮れていませんが、それ位大きくみえました。これは近くに行って見るしかありません。もしかしたらこれは堀の跡なのか?などと妄想しました。旅って予備知識が無い所こそ面白いと思うのは私だけでありましょうか。ん??なんだこりゃ??どうやら墓石のようであ [続きを読む]
  • 冬の鴨川10 亀田酒造
  • 鴨川市仲の長狭街道にある亀田酒造です。ここは直売所はもちろんのこと、大吟醸甘酒を無料で振る舞っていたり、酒蔵見学をほぼ通年でやっていたりと(人数限定)頑張っている酒造所です。私は千葉県の酒蔵には進んで行かねばなりません。ここのhpを見てみれば、亀田酒造株式会社は全国で唯一、明治神宮にご奉納するお酒を造っています。との事であります。これは杉玉と言います。新酒が出来たことを知らせる役割を果たしています。こ [続きを読む]
  • 冬の鴨川9 天津の歩道橋から
  • 前回の二タ間川河口と同じ日に撮ったものです。外房黒潮ラインと言う、ここでは狭い国道128号線の歩道橋からです。ここに来た理由は・・・・実はこの建物を撮りたかったからです。本当に申し訳ないのですが、この時まで新興宗教の施設だと思っていました。なので近くまで行って写真などは怖くて撮れません。後で調べれば、鴨川市立安房東中学校でした。大変申し訳ありません。それにしても市立の中学校としては豪華な建物です。そ [続きを読む]
  • 冬の鴨川8 天津 二タ間川河口から
  • 鴨川市天津の二タ間川の海に程近い橋から撮りました。歩道なのですけど、橋の名前は忘れました。これは春となると、小魚たちが湧いて出そうです。鳥たちがいました。これはカモメでしょうか。なぜ逃げるー! !。本当は最初に鳥がいて、逃げて行ったので、上の三枚を撮ったです。これにて2016年1月以来の二桁更新となりました。それにしてもこの市は載せていない所が多いので、こうなれば、3月になっても冬の鴨川をやります。 [続きを読む]
  • 冬の鴨川7 太海の海
  • さして意味も無く続けている冬の鴨川ですが、どうも山の方に偏っているので、今回は太海の海です。右に見える建物は千葉県立鴨川青年の家です。魚見塚展望台も見えます。しかし望遠が足りません。この時は2014年の1月で、レンズは望遠が125mmですのでどうしても足りません。今は250mmなので随分楽になりましたが、出来たら400mmと思います。私の使うレンズは所謂安便利ズームなので18-400mmだと画像の劣化が酷いとは思います。です [続きを読む]
  • 冬の鴨川6 打越の棚田
  • 鴨川市畑の打越の棚田です。どうした訳かネットで調べても情報が出てこない棚田です。規模はそれほど大きくありません。しかし地味にいい所だと思いました。ここの近くにある、少し有名な星ヶ畑の棚田にも行きましたが、あまりに出来が悪くて載せられません。悔しいので一ヵ月後位に行ってみれば、猪よけなのかの鉄線が張られていて行けませんでした。この周辺と言うか、鴨川の山間部をグーグルマップで見ると、本当に棚田が多いで [続きを読む]
  • 冬の鴨川5 大山不動尊2
  • 大山不動尊、正式名高蔵山大山寺にやってきました。山号が高蔵山ですが、この山自体も高蔵山と言います。高蔵山は、鴨川市域の西端に位置する標高219メートルの山で、長狭平野の奥の、最も高い場所に位置する。嶺岡山系にも近く、古くから山岳信仰の地であった。そうです。子犬を従えた狛犬がいます。。。あれ?お寺なのに狛犬??その答えはwikiに出ていました。不動堂を2頭の狛犬が守るほか、山頂の高蔵神社の祭礼では、神輿が不動 [続きを読む]
  • 冬の鴨川5 大山不動尊1
  • 前回に波の伊八の生誕地をやりましたので、今回は伊八に関係のある、大山不動尊です。この山の上のほうにあるのですど、見る角度によっては、もっと高い山の上にあるように見えてこれがなかなかいいのですけど、車の往来のある長狭街道ですので、ここの写真だけにしました。大山不動尊に行く道に、こんな看板がありました。千葉県指定天然記念物バクチノキ群生地と書いてあります。バクチノキって何??どれ?多分これだろうと写真を [続きを読む]
  • 冬の鴨川4 波の伊八生誕地
  • 鴨川市打墨に波の伊八生誕地の看板がありました。千葉県南部のお寺を回っているといると、よく聞く彫刻家です。波の伊八と呼ばれるだけあって、波の彫刻で大変な名のある人です。そしてちょっと情けないのですが、このお方は一代だけではなくて、五代にわたっていて、初代は1751年生まれで、五代目は1954年没と昭和29年まで、波の伊八は存在していた、と知りました。私は勝手に伊八とは一代で名を残し、それも江戸時代の中期、いや [続きを読む]
  • 冬の鴨川3 東大千葉演習林天津事務所
  • 東大千葉演習林天津事務所です。東大千葉演習林と言うのはもちろん知ってはいましたが、実は全く興味が無かったです。理由は後述。しかしこの建物が気になったので、写真を撮っておきました。なにか地味に趣のある建物でした。大正15年(1926年)の建物だそうです。地図で見ると、大変な広範囲で演習林があるようです。そして年に数日の一般公開しかしていないようです。全く、自衛隊じゃあるまいし、あらされるのがいけないことは当 [続きを読む]
  • 冬の鴨川2 水田三喜男先生顕彰碑
  • 鴨川市仲町のあまり目立たないところにこんなものがありました。南国のようであり、山国のようでもある、鴨川の一面が垣間見れます。海のイメージが強いですが、山深い所だと思います。もちろん千葉県ですから標高は低いですけど。このやしの木?の影が邪魔をして見えずらい写真になりました。これは慰霊塔です。まだ何かあるようなので見てみれば水田三喜男先生顕彰碑がありました。このお方は(1905年4月13日 - 1976年12月22日)日 [続きを読む]
  • 冬の鴨川1 棚田に雪
  • 冬の鴨川を冬と呼べるうちに載せていこうと思います。ここは鴨川市の畑(と言う地名)です。。雪が残っていました。ですが、雪の量は少ないです。それでも千葉県ではこんな景色は珍しいので、なんとか少しでも、ましなものを撮るのだと、意味もさしてないのに孤軍奮闘です。こうしてみると、雪に全てが埋もれなくて、緑の葉っぱが見えて、これはこれで良かったなと思います。鴨川の棚田では大山千枚田が有名ですけど、山の方に行くと [続きを読む]
  • 鳥居と灯篭と夕方
  • 館山市の布良崎神社のものです。ここは鳥居と富士山が一緒に撮れるポイントとして知られています。もちろん撮りましたが、今日の所は今月はまだ一回も更新していなかったので、取りあえずの一枚載せです。なにか特集らしきものをやりたくなっていますが、これが結構手間がかかるものでして、どうしようかと迷います。でも特定の市ばかり写真がだぶついていて、それで余計面倒になって後回しになります。少しでも解消すべくやる気を [続きを読む]
  • 佐倉市山崎 これはなんですか
  • 佐倉市で車を走らせていると、こんなものがありました。ここは何度も通っていますが、夜にこんなに光っていたか?なんだろこれは?と言う事で車をおりてみました。よくよく見れば、なにか凄い像でした。正直に言いますと、かなりびびっての撮影です。この像もなのですけど、監視カメラもあってより一層怖くなりました。ですので写真の出来とか言ってられません。ただ急いで撮りました。もう何がなんだか分かりません。この写真は今年 [続きを読む]