御浦 さん プロフィール

  •  
御浦さん: 御浦さんの-[マメなbonsai]
ハンドル名御浦 さん
ブログタイトル御浦さんの-[マメなbonsai]
ブログURLhttps://ameblo.jp/soushuumiura/
サイト紹介文ミニ盆栽と小鉢作り・添配作りを楽しんでいます。
自由文ミニ盆栽きらく会で木作りと鉢作りを楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2013/10/06 12:01

御浦 さんのブログ記事

  • 季の風さんに初訪問
  • 季の風さんにはこれまで何度か伺う機会はありましたが、都度、諸事情により断念せざるを得ない状況に業を煮やし、単身初訪問させていただきました。看板犬の「ハチ」とても良い子でいつまでも撫でてあげたかった。名前の由来を伺い、可愛がられているのだなと感じます。また会おうね。こちらの鉢をいただきました。 落款はカタカナ表記に変換しますと「サワヤマ」はじめ、サワヤマを知らなかった私でしたが木村さんにこれは初期の [続きを読む]
  • 保湿で良い加減
  • うちはミニ盆栽を置くトレーに人工芝を敷いてます。自動潅水底面給水式と人工芝の保湿力を併せて水切れ予防対策としています。賛否あるかと思います。環境によっては苔が蔓延る。カビが発生するおそれがある。人工芝に雑草が生える等々。それら全て、時々掃除してやれば問題にもなりません。枯らすよりマシだ。手に負えないほど鉢数多くて面倒だと言われる方はやらない方がいいですよ。それ理由にしちゃう人は管理そのものが億劫 [続きを読む]
  • 梅雨入りは近い?紫陽花見物に人がごった返す時期の雨は必要そして大切です。気象関係にとても関心があります。梅雨の雨量もですが、8月の日照時間も気になるところです。 [続きを読む]
  • コイタヤカエデ
  • 某雑誌の通販で入手したイタヤカエデの小型種であるコイタヤカエデの葉刈りを敢行します。葉と土の様子を見る限り、施肥はされているなと判断しました。全葉刈り。数量物ですからどんな素材が届くかはギャンブルです。胴の曲下で取り木も有りですが、イタヤ系ですので立ち上がりからの力強さを捨てずにこのまま作っていこうと思います。古さが得られたら雰囲気出るかなと。取り敢えず、木の体力維持の為に優しい液肥は与えました [続きを読む]
  • ライト付きヘッドルーペ
  • 頭に被り細かい作業を行う際に使用するライト付きヘッドルーペです。職場の方から頂きました。私は昔から遠視ですので、老眼になるのは割と早かった。小さな鉢を作っているとよく見えないようになってきたので入手出来て良かったです。見えにくいものを見ようとすると疲れるんですよね。度もバリエーションが揃っています。今のところは一番低い倍率で充分かな。昨日、鉢を作っている時にヘッドルーペを買おうかなと考えていたの [続きを読む]
  • 石州鶏血釉
  • 先日の日本小品盆栽協会の交換会で競り落としたものです。この鮮やかな赤色に時代が相まっており、競り前の品定めで狙っていたので入手できて光栄です。こちらの鉢を出された荷主様にも感謝申し上げます。世間はG・Wなんですね。私は仕事、仕事、仕事...休みなく働いてますので大盆栽市なるものに伺えずに居ますが、大いにギャランティーを稼ぎ出そうと前向きに取り組んでます。やるからには半端な気持ちでは働きません。そして元 [続きを読む]
  • 老爺柿にジベレリンと名も知れぬ草
  • あまりたいした木ではありませんが、今年が初成りの老爺柿です。確か楊貴妃だったと朧げに記憶してますが、正直なところこの老爺に関しては忘却の彼方っぽい感じですから定かではありません。それを確認するべくジベレリンを噴霧し、取り敢えずは着果しそうではあります。うまく管理出来たら実の様子を確認出来るので秋が楽しみです。ま、でもね、別に楊貴妃じゃなくてもいいさ。老爺柿なんて新品種が生産されてはべらぼうな値段 [続きを読む]
  • うっかり琴姫
  • 草・雑木類の植え替えを済ませ、松柏類の植え替えに移行していた近況でしたが、この木の植え替えを見落としていましたよ。取り木から素焼き鉢で暫く培養し、根を充実させてましたので今年は植え替えの頃合いでしたからうっかりというものは怖いものです。朝、昨夜からの強風突風で木が随分と転げているだろうと思い、棚場に向かい案の定倒れた木を直していたら気がつきました。風様様?物は考えようです。さて、今年は己に課した [続きを読む]
  • 良き出会い
  • はまゆう展示会の即売でこちらを買いました。木はピラカンの花芽付き。鉢を見て何か気になりましたので、こちらの宇野さんの鉢に絵付けをしている会員さんにそれとなく六面に地蔵を描いた理由を教えていただきました。2011年の東日本大震災を受けて鎮魂の意味を込めて六面に地蔵を描いたのだそうです。そのお話を伺って少し驚きました。私も同じ意味を込めて地蔵尊の添配を作っていたからです。その様な意味や思いを込めて作る・ [続きを読む]
  • 第71回清香会小品盆栽展
  • スナップ形式で掲載させていただきます。一記事15枚までの掲載制限の為、まだまだ撮影した画像を載せたいところですが..私からは当記事のみと言うことにさせていただきます。残念ながら展示会訪問が叶わなかった知人等方々には、後ほど別媒体で画像を送ります。清香会の皆様、ありがとうございました。 [続きを読む]
  • 清香会さんの展示会へ
  • 中野清香会さんの春の展示会が今日から開催されております。本日伺い、潤いチャージさせていただきました。ありがとうございます。明日も開催されてますので、お時間とご興味のある方は如何でしょうか。即売でシモツケがありましたので連れて帰りました。早速植替えを済ます。鉢が深い印象かと思われますが、少し意図的な部分と言うか..狙いはあります。春の新葉の色合いも秋の紅葉も好きな木です。この木との出会いにも感謝しま [続きを読む]
  • 草物、子狸らん開花
  • 草物について私が選ぶ基準は、健強であること、主張し過ぎない姿であることの点を基準に選んでます。大前提は気に入った草であることは当然ですが..画像の草、見覚えのある方も居られるかと。狸の尻尾に擬えて子狸らんと言います。数年前からこの茶釜の鉢に居続けて今年も元気に咲いてくれて感謝。管理の基本ベースとして、草は植え付け後、二週間経過してから液肥を施しその後は二週間に一度くらいのペースで液肥をやってます。 [続きを読む]
  • 再開します
  • 昨年末より三ヶ月間の充電期間を経て、私の中で一つ楔を打つことが出来ましたので、ブログを再開させていきたいと思います。一度はブログというものは辞めようと思いましたが気が変わりました。ゆっくりと、ゆっくりと歩を進めるべく適度な距離感を保ちつつ再開させていただきます。ま、はっきり言うとプライベートやらなんやでブログまで気を回す余裕が無い感じでしたからね。他の方のことは存じませんが私にとってブログは余剰 [続きを読む]
  • 第47回全国小品盆栽名品展のお知らせと私から
  • 平成30年1月6日(土)から上野グリーンクラブにて全国小品盆栽名品展が開催されます。ご興味のある方は是非に!私から最後にお伝えしたいことがあります。御浦さんの【マメなbonsai】は、今回をもちまして最終回とさせていただくことになりました。長い間、私の拙いブログを読んでくださった方々、ありがとうございました。またいつか違う形でお会いすることになりましたら、その時はどうぞ宜しくお願いします。では!にほんブログ [続きを読む]
  • 木固めエースと収穫
  • ジン・シャリなどに使いたかった木固めエース。ようやく私の手元に辿り着きました。単に今まで買わなかっただけですが...ちょっと冬の作業が楽しくなる予感です。うちの老爺柿、今年はよく実が付きました。この種を撒いて少ない確率を楽しんでみようかなと。まず雄木ばっかだからなぁ。宝くじよか確率はいいと勝手に思ってはいますが。概ねではありますが、まだ若木の段階で花を咲かせない老爺柿の雌雄を判別する目安として、小枝 [続きを読む]
  • タグの色分け管理
  • 種蒔きなどに使用するタグを作ろうと思います。今回はホームセンターで100円で売られていたパステルA4クリアブックを利用します。クリアファイルではペラペラ過ぎるので、硬過ぎず柔らか過ぎない物を選ぶ事がキモです。かつ安価ならば最高ですね。裁断する為のラインを引き、よく切れるハサミでカットするだけ。それなりの数をカットしますので、ハサミは自分が使いやすい物を使用した方が疲れません。A4片面だけでこれだけ出来ま [続きを読む]
  • 自作鉢
  • 作陶について私はあまりキッチリ作らず、雰囲気みたいなものを求める事が自分の作風だと思い、これまで鉢や添配などはその様に求めてきましたが、たまには気分転換のつもりで自分らしくない感じの物もやる時もあります。やはり自分らしくないですね。でも、自分なりに良い感じに楽しみながら作る事が出来ました。まるで30分2,980円のマッサージでもしてもらった様な気分です。マッサージなんてしてもらった事は無いんですけどね [続きを読む]
  • 添配・ぶさかわ地蔵
  • 昨日、地蔵の添配を作るにあたり、まずはサンプルを作りまして、概ねこの雰囲気で行こうと纏まったので、本日はサンプルを参考にサンプル第2弾を作ってみました。右が削りと磨きを終えたもので左が製作途中のものです。もしかするとサンプルではなくなるかもしれませんが...。サイズは大きい方でこれくらいです。私は猫も添配も「ぶさかわ」が好きですね。庭でドベ受けを中性洗剤で洗いピッカピカにしてあげました!タワシなどは [続きを読む]
  • マツブサ
  • 松房(マツブサ)の素材です。こちらは来春に取り木をするつもりですのでカルスを溜める為に半年前から針金を巻いておきました。松房は充実した短枝に花芽をつけ、秋になると青い実を下垂させます。なかなか綺麗な姿ですし、貴重な青実です。剪定しても株に力さえあれば胴吹きも易しいですが、蔓性ですので太りを得るのは難しく小枝を作り込むというより蔓性盆栽らしく短枝に実をつけてもらう事を心掛けた方が良いかと思います。つ [続きを読む]
  • 種まき
  • ヤマコウバシの種を一晩水に浸け、本日まきました。先日お伝えしたようにヤマコウバシの種の発芽は今まけば発芽は再来年になりますので、忘れない様にタグをさしておきます。22粒のうち、半分をまいて残りは保存をして来春にまきます。それぞれの道を歩いてもらい、結果を見届けたいとの考えから。小さな一歩の始まりです。うまくいくと良いのですが...。注意すべき点は霜による種の露出ですね。日々観察です。棚下の有効活用の為 [続きを読む]
  • 種・紅葉・湯
  • 久しぶりに近場で温泉旅行を満喫してます。月末の平日月曜から随分と贅沢なものだと揶揄しないでください。永年勤続特別休暇、有り体に言えばリフレッシュ休暇ってやつを頂いたので。とても綺麗な色のグラデーションを見て癒されました。出来たて茶饅頭をその場で食べ箱根ベーカリーでのランチではラクレットを作るシーンを撮影させて頂きココナッツの効いたカレーとラクレットのドッグを頬張り運動を兼ねて勾配21%の坂をずっと登 [続きを読む]
  • 深山らっきょう作業企画
  • 鉢の時代付けも兼ねてずうっーーと植えっぱなしだった深山らっきょうをいよいよ分球させていきます。本記事は分球植え替えまでの簡易作業計画書みたいなものになります。??作業時期・・・葉が枯れたら??土・・・赤玉主体に桐生砂を少々??肥料・・・元肥にマグァンプを少量混入この深山らっきょうを植え付ける鉢は既に作りました。おそらく足らなくなるかもしれないので、追加の製作はしておくつもりです。 [続きを読む]
  • 何だ。黒ポット苗かよ。と思われたらその時点でフェードアウトです。これは津山檜の挿し木素材ですが、当然剪定も行いますよ。明日ね。他の参考書の様な記事内では剪定時期についてあまり触れてないものが多いので補足的に書かせていただきますと、私の経験上では檜の剪定は一年中OKと言えます。挿し木は4月〜6月。檜の挿し木、とても活着率が高く今まで失敗した事はありません。あくまで経験上での中身ですので、ご興味のある方 [続きを読む]