にゃん太 さん プロフィール

  •  
にゃん太さん: にゃるめる日記
ハンドル名にゃん太 さん
ブログタイトルにゃるめる日記
ブログURLhttp://leonyanko0514.blog.fc2.com/
サイト紹介文福音バプテスト宣教団栗山地の塩キリスト教会の牧師のブログです。キーワード:聖書、猫、教会
自由文日々考えていることや近況について綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2013/10/08 00:05

にゃん太 さんのブログ記事

  • この頃考えているビジョン
  • 今回はちょっと、この頃考えているビジョンについて語ってみます。この頃考えているビジョン、それは一言でいうと、「地域宣教」です。人口の少ない過疎の町にこそ福音を!!というのが、この頃のmy合言葉です。このビジョンに向けたことを、何かやりたいわけです。何故なら、人口の少ない町で開拓教会を実際に行なっているからです。そしてもう一つのキーワードは、「眠っているクリスチャンの再燃焼」日本の中にクリスチャンは [続きを読む]
  • 神山みささん、Chiyoさん
  • 先日の水曜祈り会に、ゴスペルフォークシンガーの神山みささんと、ロックバンド「サルーキ=」のChiyoさんが来られて、小さなライブを行ってくださりました。近所の方、また、隣町からファンの方が来て下さり、暖かな交わりが与えられました。音楽も素晴しかったのですが、何より、今までの神様との関わり色々お話ししてくださって、その語り口にとても引きこまれる魅力を感じました。音楽やトークができるっていうのは、賜物だな [続きを読む]
  • 新レイアウト&ウクレレカフェ
  • 外を覗くニャル。・・・さてさて、今日はウクレレカフェでした。8名の参加でした。すみません、またまた記録の画像撮り忘れてます^^;導かれるままにやっています。記録がないというのも導きかな??ウクレレを弾く目的の人はほとんどおらず、ほとんど雑談でした^^;それでもとても楽しくて意味のある時間だったと思います。終わった後、明日の礼拝準備をするのに際して、礼拝のレイアウトを少し変えました。これからはこれで行き [続きを読む]
  • 失われた尊厳の回復
  • 今日の礼拝では、国際飢餓対策機構の総主事である、田村治郎先生の礼拝メッセージを頂きました。教会に集うひとりひとりが、田村先生からの励ましを受け取ることができ、大変感謝な、満たされたひと時でした。礼拝メッセージのタイトルは、「失われた尊厳の回復」でした。社会的な立場を失い、生きている甲斐を失っている人が、イエス様を知り、尊厳を回復できるよう、イエス様を紹介するという事が、教会のコンセプトのひとつです [続きを読む]
  • 朝の祈り会
  • ここでの告知がまた遅れてしまいましたが、朝の祈り会は、日が長くなった頃から週五回の開催を再開してます。火曜、水曜、金曜、土曜、日曜日の、朝6時から7時までです。どなた様もお気軽にお越しください。土曜日に時々半日仕事がありますが、仕事のない土曜日が一番ゆっくりできます。土曜日の朝はスカイプをオンラインにしているので、全国どこからでもコールして下さい。右上のブログパーツでコールしてくださったら、グループ [続きを読む]
  • イースター礼拝&愛餐会
  • 昨日はイースターでしたね。イースターおめでとうございます!!この世界は神様が創ったと考えた方が、絶対いいです!!どんなふうに創られたのかなんて、そんな事、人間の小さい頭じゃわからない事です。それは興味深いトピックで、研究したい人は勝手に研究すればいいと思うけど、神様が本当にいるのかどうかという事よりも、神様がいるとしたら、どう生きていったらいいのか、という事を考えた方が、人生を充実させるためにはよ [続きを読む]
  • 2018.1.23 韓国料理教室&異文化交流食事会
  • 今日は、韓国料理教室&異文化交流食事会、という催しが行われました。毎年この時期に、韓国から学生宣教チームが来て、あちこちの教会で奉仕をします。うちの教会では、教会のスペースを使ってできる、食事会という形で、学生たちと交流のできる機会を作っています。こんな感じで、料理の作り方を紹介してくださりました。横で通訳している女性は、学生ですが、日本語ペラペラです。裏でご馳走を作っている学生たち。みんな、とて [続きを読む]
  • 早天祈り会の冬時間
  • こんにちは。冬真っただ中の今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。この頃思うのですが、冬には冬の体内時計が時間を刻んでるなと思います。現代みたいに屋内照明とかなかった時代は、日の出とともに目を覚まし、日没とともに寝たのです。それが普通だったのです。野生動物だって、冬の間は冬眠するのです。神様がつくられたこの自然環境の中で、自然としっかりと呼吸する生き方をしたいのなら、冬の間はガツガツとやらないで、夏 [続きを読む]
  • 新年のご挨拶・年末感謝礼拝・元旦礼拝
  • 新年明けましておめでとうございます\(^o^)/ブログを読んでくださっている皆さんへのご挨拶が、一日遅れてしまいましたm(__)m大晦日は年末感謝礼拝、その後実家へ行き年越し、元旦は元旦礼拝とありました。年末感謝礼拝には、なんと18名が出席し、大変恵まれました。公民館などを借りて礼拝している教会が近隣に何件かあり、大晦日に会館が使えないという事で、うちに来てくださったという方とか、帰省とか特殊な事情で、普段の [続きを読む]
  • 2017.12.24 クリスマス礼拝
  • 今日はクリスマス礼拝でした。クリスマス礼拝とは言っても、特別なことは先週ほとんどやってしまったので、いつもとあまり変わらない礼拝でした。それでもクリスマスという事で、この教会の事を覚えて、いつものメンバーじゃない方が3名来られました。感謝です!!\(^o^)/いつも教会にいらっしゃっている、愛する仲間が、こんなケーキを作って下さりました。ロールケーキも作って下さりました。昨日、最近教会に来られてお知り合 [続きを読む]
  • 2017.12.20 燭火礼拝
  • 今日は燭火礼拝でした。礼拝堂を暗くして、ロウソクの明かりだけで礼拝するという事を、毎年12月24日の夜に行ないますが、今年は12月20日に行ないました。こんな感じで、テーブルの中心に蝋燭を灯すという形でした。平日の夜ですし、大勢集まる見込みはなかったので、テーブルを囲んでの礼拝という形を取りました。礼拝後の歓談のひと時、にゃる吉(♀)くんが、なんと降りて来て、くつろいでくれました!!「光が、やみの中から輝き [続きを読む]
  • 2017.12.17 ファミリークリスマス礼拝&祝会
  • 今日はアドベント第3週ですが、「ファミリークリスマス礼拝&祝会」と題して、いわゆる「教会でのクリスマスパーティー」をやりました。今回は教会のメンバーと、イベント毎に来てくださる馴染みの何人かの他、札幌、千歳、苫小牧から、今年知り合ったウクレレ仲間が来て下さり、みんなでワイワイとやることができました。・・・・・・というか、その辺の画像が何にもなくて、全く様子をレポートできずごめんなさいm(__)mウクレレ仲 [続きを読む]
  • 読んでくださっている皆さんへ。
  • 毎週土曜の朝に記事を上げていましたが、明日の記事から、ちょっと上げる先を変えます。このブログ自体を移転するわけではなくて、このブログは教会の活動報告として続けていきます。もう少し、福音宣教の意味合いを含めた内容で、別のブログで、今までやって来たことを引き継いでいきます。☆にゃん太のウクレレ☆↑このブログで、今まで書いてきたことを続けていきますので、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m何故移転するの [続きを読む]
  • ウクレレカフェ Vol.4
  • ここでちょっと、ブログの使い方を見直してみよう、ということを思いました。最近このブログは、毎週土曜日朝に書いているやつしか更新していないのですが、それを別のブログに引っ越す事を予定しています。このブログは「栗山地の塩キリスト教会」の、活動報告ブログという形で今後使って行こうと思います。さて、25日は「ウクレレカフェ」でした。今回は香港出身の宣教師が5名で来て下さったり、思いがけない展開でした。その時 [続きを読む]
  • 2017.11.25 人間って、もともと、
  • 人間って、もともと、自分のためには不便にできてる、という話を聞いたことがあり、本当だなぁと思いました。自分で自分の背中を掻くって、なかなか大変だけど、誰かに掻いてもらったら簡単なんです。あと、自分の目で、自分自身の顔を見ることはできません。鏡を見れば自分の顔が見れますが、それも左右反対の顔だったりします。人間を誰かが設計したのだとしたら、もともと、誰かの手を借りられた時に、一番いい形で力を発揮でき [続きを読む]
  • 2017.11.18 生きる原動力って
  • 生きる原動力って、人それぞれで、多様性のあることかもしれません。しかし、人間にとって、一番人間らしい原動力ってあるのかなと思います。冷蔵庫は、電源を入れて、冷蔵庫としての機能が果たせます。冷蔵庫がものを冷やせなかったら、ただの箱じゃないですか。それと同じように、人間にも、冷蔵庫にとっての電気みたいなものが、あるんじゃないかと思います。私たちを創られた方がいて、その方との関係があり、交わりがあり、そ [続きを読む]
  • 2017.11.11 ラジオを聞いていると
  • ラジオを聞いていると、飲酒運転を防止するための呼びかけ的な番組が、時々流れています。その中の決め台詞で、「飲酒運転がなくならないのは、ちょっとだけなら大丈夫という心の弱さ」という事が、語られていたりします。こういう番組は、飲酒運転を抑止する何らかの効果があると思いますし、とても意味のあるものだと思います。しかし、心の弱さって、どうやったら克服できるでしょうか。人間が、自分の頑張りだけで、自分の心を [続きを読む]
  • 2017.11.4 セルフイメージ、という言葉があります。
  • セルフイメージ、という言葉があります。自分についての自分自身の評価の事を、そう呼びます。そして、セルフイメージが低い、という人がたくさんいます。私もそのひとりです。しかし、誰かが私自身の事を、最高に素晴らしい傑作と評価してくれたら、それはとても、嬉しい事じゃないでしょうか。その方が、この世界について、最高の権威を持っているとしたら、それを支えに生きられるのだと思います。自分自身は、大切で、愛されて [続きを読む]
  • 今朝は投稿できず・・・
  • 「明日は最寄りのキリスト教会へ☆」という内容の記事を、毎週土曜日にFacebookに書くという事を、去年の4月くらいからほぼ毎週やってきました。毎週1回文章を書くというのは、自分の生活習慣に組み込むと結構続けられるものです。そして思いついたのは、この新習慣を用いて、この眠ったままになっていたFC2ブログを活性化させよう、という試みでした。初めはブログに書いたものを、Facebookにリンクで貼る、という方法をやってい [続きを読む]
  • ネコの特徴は何かというと、
  • ネコの特徴は何かというと、なんの役にも立たないところです。役に立たないどころか、夜泣きをして眠れなくさせてくれたりします。結構迷惑です。しかし、ネコ好きには猫はいとおしいのです。何ができる訳ではなくも、その存在自体がいとおしい。人間も本来そうなんじゃないでしょうか。神様の目から見て、人間は一人一人、高価で尊いんです。世の中は、何ができるとか何ができないとかで、人間の価値を決めたりします。しかし、能 [続きを読む]
  • 2017年10月14日
  • 毎週、土曜日の朝にブログを更新していますが、今回は動画をここに貼ろうと思っていました。以前何度か動画を貼ったことがあったので、できると思っていたのですが、前にやっていた方法で操作ができず、結局貼れずにいます。なので結局文章を書いています。猫を飼い始めてから10日が経ちました。猫を飼うっていうのは結構大変です。色々準備しなければならないし、生活の中での時間の使い方が変わります。犠牲を払わなきゃならない [続きを読む]
  • 保護猫を引き取って三日が経ちました。
  • 保護猫を引き取って三日が経ちました。猫と一緒に暮らして気が付いたのは、猫にも何をするとかしないとか、選び取る自由があるという事です。ケージの扉を開けておいても、ケージから出なかったりします。餌を置いても、食べなかったりします。自分の意思でケージから出て、広い世界を楽しんでくれたらどんなにいいだろうか、広い世界を走り回る自由があって、その自由を猫が喜んでくれたら、飼い主である自分にも喜びがあるのにな [続きを読む]
  • 最近、自宅で猫を飼う計画があり、
  • 最近、自宅で猫を飼う計画があり、昨日は隣町の保健所へ、引き取り手を捜している猫を見に行きました。そこは無機質なコンクリートの部屋で、いくつもの籠の中に、猫たちが身を寄せ合って、うずくまっていました。同じ部屋の中に、大きな犬もいて、私たちが部屋に入っている時には、犬はずっと吠えていました。手前の部屋にいたプードルは、ずっと足を震わせていたと、一緒に行った妻は話していました。犬にとっても猫にとっても、 [続きを読む]
  • 2017.9.23 どんな境遇の中でも喜べる術を見つけていれば
  • どんな境遇の中でも喜べる術を見つけていれば、自分を不幸だと感じる必要はなくなります。誰かのせいで自分は不幸だという考え方は、その考え方を持っている限り、不幸から抜け出せなかったりします。自己憐憫っていうのは、時々周りに思いっきり迷惑をかけます。無意識に誰かを責め立てたりもします。しかし、誰も好んで、自己憐憫になる訳ではない。当事者はものすごく理不尽さを感じています。なので、自己憐憫のような、負の思 [続きを読む]
  • 2017.9.16 以前、職場でものすごく悩まされることがあり、
  • 以前、職場でものすごく悩まされることがあり、当時お世話になっていた牧師に相談したことがあります。その時の答えは、だまされることを恐れず、誤解されることも恐れず、ただ神様の前に真実であることを求めなさい、というものでした。だまされること。誤解されること。どちらも、誰にとっても恐ろしい事です。しかし、それを恐れないために、あるただ一つの事を求めればいいのです。それは、神様との関係が断たれない、という事 [続きを読む]