アンヘラ さん プロフィール

  •  
アンヘラさん: Angelaのエルモッサ・ビダ
ハンドル名アンヘラ さん
ブログタイトルAngelaのエルモッサ・ビダ
ブログURLhttp://haruhime3.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文西語で”素晴らしい人生”悔いの無いように。アルゼンチン、英国、西国での記録と現在を綴ります。
自由文日々の合間に旅行してます。まだまだ好奇心有り。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2013/10/10 10:30

アンヘラ さんのブログ記事

  • 盆踊り教室
  • 先月はリーダーの都合で教室はお休みだった。その理由と言うのがポリープを取ったから。m会話が聞こえてきた。”15個あんだけどネ、10個採るかと思ったけれど9個だったのよ。あと1個でポイント貰えたのにネー。。 ワッハッハーッーー!”ここで周りも大笑い。mなんなんだろ。。なんでこんなに笑っていられるのかなあ。。手術と言っても<悲壮感>が全くない。m色々と聞いたら、既に手術で20センチ切っている。別の部位 [続きを読む]
  • ネコの世話 大分慣れて来た。
  • サマルはがっついている。夏に脱水症状を起こしていたのを近所の友人も見ていた。だから、”元気になったよねえ〜 良かったねえ〜。”m縁台で餌の準備をしていたら、突然飛び乗って餌を食べ出した。m”えーっ、ちょっと待ってチョウダイ!喰い散らかさないでヨ。。” mmそんなにお腹が空いているの?私は一日に二回、言われた通りの量を上げているんだけれど、それじゃあ足りないの?冬だからかしら。。mm私が怒らないと知 [続きを読む]
  • 水彩画のサークル
  • 太極拳と同じセンターに水彩画のサークルがある。興味があったが、現在の教室と日にちが重なってしまう。mでも。。どんなものかしらと仲間を誘って見学に行く。m教室は15名程で賑やかだ。月2回で作品を仕上げる。mテーブルで囲った中心にかぼちゃが数個並んでいた。m最終仕上げに先生が手を加えていく。(えー。。全部同じ絵になっちゃうじゃん。。)mでも、よくよく見れば希望した人のみのようだ。背景に大胆な影を入れて [続きを読む]
  • ネコの世話 お出かけ
  • 友人とお茶を飲んでいたらちと遅くなってしまった。17時のチャイムと共に家の角を曲がる。mさふと、グレゴリオらしきグレーのトラネコが道路の反対側を後方へささっと歩いて行く。mあれ?あれは。。グレゴリオかそれとも隣のネコかしら。。隣のだったら鈴をつけているのだけれど、暗くて見えないし鈴の音も聞こえない。ふっくらした見事なネコだ。m太目だからもしかして。。mm声を掛けた。m”ちょっとアナタ!”相手はビク [続きを読む]
  • ネコの世話 名前を付ける
  • もう午後4時半ですっかり暗くなってしまった。m久し振りに庭に顔を出した私を二匹はさほど警戒もせず、ミャーッと可愛らしく鳴いた。ネコには名前は無いというのでこの際、勝手に名前を付けた。m茶色は ”サマル(茶丸)”グレーは ”グレゴリオ”。mこのグレゴリオ、前回の4週間で泣き声を聞いたのはたった二回。今回は毎日その美声を聞かせてくれた。mどちらもオスの割には甲高くて女々しい声だわ。(うちのトラヨは”だ [続きを読む]
  • 歌舞伎 らくだ 中車と愛之助
  • 今週は殆ど見られなかった<チャングム>を優先した。アレは午後にしよう。。mところが電車でアレに向かう車中、今朝のニュースが頭から離れない。歌舞伎座公演の愛之助とノリカちゃんを紹介していた。第一部は購入済だけれど。。やっぱり二部の<らくだ>の中車と愛之助も見たい。mそうだ、第二部を見てもアレを夜にすれば<両方>見られる。一石二鳥、一挙両得、二兎を得る、etc。一回の外出で二か所を廻る。有効利用だ。途 [続きを読む]
  • 臨床美術 年賀状
  • 夏に<スイカ>の暑中見舞いを作った。それの冬バージョン。mスズキさんはスイカの葉書の作り方を自宅で友人達に教えたそうだ。mmmまあ。 楽しい。。スズキさんは<フラワーアレンジ>を教えていたので、慣れている。仲間に教えながら楽しく過ごしたようだ。先生もこの話を聞いてとても喜んだ。m 今回は墨汁を<扇筆>で障子紙に描く。ショウジはどっちが表だ?裏だ?とおばさま達の会話が膨らむ。先生の話の腰を折りまくっ [続きを読む]
  • ホームのエレベーター
  • ホーム階から降りるエレベーター。まだ2−3名は入れる。内側のシニアー3名が ”どうぞ! どうぞ!”とホームのご婦人に乗車を促す。まだスペースはある。ご婦人は中を覗き、入りたいような印象を我々に与えた。乗るか乗らないかを迷っているように見えた。mさっさと乗ればいいのに。。”NO”ならはっきり NO!と言えば良い。mよく見る光景だ。此処は公共の場所なのだから遠慮の応酬は<全員>の時間の無駄になる。m親 [続きを読む]
  • 太極拳 ご主人たち
  • ほぼ毎回、誰かがお菓子を持ってくる。今日は<芋餡を小さなどら焼きで包んだもの>と<お団子>。m何でお団子なんだか分からないが、近隣の有名店のだという。これがまた、でかい。m数本余った.B子が、”A子にあげて!これから病院だから。”ご主人が2週間前に倒れて救急車で運ばれたそうだ。m”旦那の前で クエネエダロッて言ってやんな!”ここで大笑い。mそういうB子は”指導者”の資格の一歩手前で先生のアシスタント [続きを読む]
  • 電車の中 顔見知り
  • 三時間前まで一緒にいたA子とB子に電車でばったり会った。mあらっー こんな遅くまで?(って、あちらも同じことを思ったに違いない。愚問だったな。。) ”パブロとマリオとランチしてました。”パブロがアルゼンチン出身であることは周知している。m”貴方は何年居たんでしたっけ?”m”8年。。”mいつもは此処で話が途切れる。だって、その後どう続けて良いやらお互い分からないし、表面的な会話だったら続ける意味もな [続きを読む]
  • 水彩画教室 フランス人形
  • 題材はフランス人形と熊のぬいぐるみ。どちらも余り興味が無いもの。mなんだか。。コワイ。。m小学低学年の頃、自分で人形を作っていた。端切れに綿を詰めて四肢を作り、繋ぐ。頭・手足がぐらぐらしている。毛糸の髪を付ける。何とも間の抜けた表情になってしまうので顔は描かない。mこれに服を作って着せる。裁縫をして遊んだ時間はせいぜい一時間くらい。m遊び終われば、木箱に4体並べて布団を掛け、”おやすみなさい!また [続きを読む]
  • 幼稚園の防災訓練
  • 太極拳の通り道.。公園には秋の薔薇がポツリポツリと咲いている。葉が少ないので見た目がちと貧相に見える。香りも少ない気がする。m何だか変だよなあ。ピンクの彼岸花のようなのが咲いているし、つつじが二輪咲いている。そして。。菜の花が一塊咲いている。mどうなってるんだ。これから冬本番だと言うのに、花々が出番を間違えて咲いているよう。。mグランドの一角にいつもすれ違う集団がしゃがんでいた。いつも賑やかに赤や [続きを読む]
  • 友人のポルトガル旅行記を読んで、
  • おたまさんがどっかヘ出かけたのは知っていたけれど、行く先を聞くのを忘れた。m暫くしてブログ(おたまの未亡人日記)にポルトガル旅行記が出た。実に面白くて、”懐かしい!!”と言いたい所だが、半分以上は真新しくて私の全く知らない世界のようだ。石畳の舗道がきれい。チューインガムや糞やらで道は何処も汚かったのに。。mなんでだろう。。そうよ。。もう24−5年も前の事なのだもの。。四半世紀経ったのだもの、そりゃ [続きを読む]
  • ネコの世話を又頼まれる
  • 立て続けにヨシダさんに出会う。スーパーの洋服売り場だったり、滅多に行かない公園だったりで。m”お元気ですか?”m退院して一回り小さくなった気がする。m一瞬、言い辛そうに、”12月にね、又お願いできないかしら。ネコ。。””いやーー。。ムスコに言おうか。。今回はいいっか。。放っておこうかしら。。”と最後は呟くように言う。mそれは少なくとも面倒をかける私への<遠慮>を表わしているようだったが、私が断わら [続きを読む]
  • 能 黒塚
  • 友人は猿之助の<黒塚>を見て感動した。そこで能の黒塚を見に行く。m安達ケ原の鬼女のお話。旅の僧に一夜を乞われた山中のあばら屋の女。寒いからと薪を裏山に取りに行く。至って親切なおばさまだ。m寝室を覗いてはなりませんと言いおいて出かける。駄目だと言われれば見たくなるのが人の心理。m 僧は山積みの遺体を見て逃げ出す。気づいた女は<鬼>となって追いかけて来る。m僧は仏の庇護の元、真言を唱えて鬼女を撃退する [続きを読む]
  • 盆踊り教室 新年会の話
  • 今回の曲。。   さくら音頭   祝儀音頭   祝い酒   少年八木節   八木節mそして初めてリクエストした。   河内音頭(私はこの曲が大好きなのだ。) mm二時間踊って、なんと、肩がパンパンになっていた。手を上げる所作が多かったんだわ。これは<良い運動>になっているに違いない。mm幹事が、”新年会をします。。希望者は次回までに申し込んでください!”ほ―。。もう新年会か。。早速、申し込む。 m m思 [続きを読む]
  • 面白いコメント
  • 面白いコメントを聞いた。m70の男が機内で騒いでCAを蹴った。。m”歳をとるという事は熟成されるという事ではない。腐って行くのも居る。”m笑ってしまった。なるほど。このコメントにスッキリした。今まで胸でもやもやしていたことがこれで晴れた。m”腐って行くのも居る。”m子供の頃、オトナは別の世界の人間で、老人は<仙人>のように遥か彼方の人だった。子供と大人の世界の間には区切りがあって、決して一緒の世界 [続きを読む]
  • ブエノスアイレスの地下鉄
  • そうよ。。この赤い電車よ。丸の内線の電車がブエノスアイレスで20年走り、日本に戻って来たと言う。mそれ以前にも海を渡った車輌があった。m思い出す。目の前の赤い電車を見た時、親近感を覚えたのだけれど、それが丸の内線の車輌だと聞いて嬉しかった記憶がある。m東京でよく乗っていた路線だったが、現地で見た時は随分と古臭い車輌だなーと思った。<東芝>の文字に頬が緩んだっけ。。 ”ブエノスアイレスの地下鉄は南米で [続きを読む]
  • 太極拳の大会 含胸抜背
  • 南関東の大会とやらに参加する。第一部は楊先生の講義。四文字熟語がズラッと並んだ型の説明。m含胸抜背。 ”胸を脹らませ背中をゆったりとさせる事。”だそうです。 先ず文字の由来から解説を始めるので、すんなりと聞ける。話しが上手く、飽きさせない。アシスタントに型をつけて説明する。m”肩甲骨が鳥のように動くんです。服の上からじゃあわかんないなかあー。これ! これね。これが抜背デス。” と、アシスタントの背中 [続きを読む]
  • 太極拳 百花拳
  • 3か月前に先生が書類を配ってくれたけれど、蓋を開けたら参加者はたったの6名。mあらっ、随分と少なくなったわ。m全員が初めての会場。この大会自体が10年振りだそうだ。m他のクラスの11名と合流して移動する。mシニアーになると幼児化するのだろうか。。金魚のフン状態になる。面倒見の良い人が”あらっ、XXちゃんがいない!”とホームを駆ける。皆同じ電車なんだもの、どのドアから乗ってもええじゃあないのと思うの [続きを読む]
  • クルクル
  • 前に座った男子。不自然な動きが私の視野に入る。何だろう。。mチラリと見たら、スマホを鏡替わりに見ている。右手で髪の毛先をクルクル、クルクル 丁寧に巻いていた。mワックスが付いているのだろう。頭全体を引っ張ってはクルクル、クルクル。m凄いなあ。色んな仕草があるけれど、以前は絶対に見られなかった光景だろう。mmm人目を気にしないのは女子の専売特許だと思っていた。m男性がヘアースタイルを気にするのは当然 [続きを読む]
  • 百目柿を頂く
  • 友人が先月に引き続き柿を送ってきた。m富有柿と百目柿。。うわーっ、懐かしい <ヒャクメガキ>。mm子供の頃、祖父の家へ続く道に百目柿の木があった。2メートル程の高さで、手を伸ばせば届く所に実が生った。m祖父母は食事時には母屋にやって来た。”柿が生ってるよ。。甘いんだよなー。”と嬉しそうに言った。 黒い点々の入った実はとても甘い。その木にはせいぜい7−8個しか生らなかった。m或る日、おじいちゃんが、 [続きを読む]
  • 能 養老 狂言 水汲み
  • ヨウロウノタキと言えば真っ先に頭に浮かぶのが居酒屋チェーン。なんともじじ臭い名前だと思っていたが、<養老>とは若返る水の話。m不老不死の霊泉を求める勅使一行。親子が現れ、孝行息子は父親にその水を飲ませ元気になって帰って行く。mそこへ陽気な4名の腰が90度曲がったじいさまが登場する。杖で調子を取り乍ら歩いて来るさまに可笑しさが込み上げる。あれっ、何処かで聞いた声だなーと思ったら萬斎だった。mひと飲み [続きを読む]
  • 太極拳 お揃いのシャツ
  • 秋の催し物が続く。先生が8月にこれらの話をした時、m”あなたは今年は無理ね。”m(そりゃあ無理ですがな。型なんて覚えられません。。。)それに、服装を都度揃えるのは不経済で興味ないし、私は気軽に運動を続けたいだけだし、教室以外で束縛されるのは嫌だし。。それに、それに。。メンドクセー。mm当初はどんな活動をするのか分からないので、”暇だったら見学くらいは行ってもいいかなー”。m見学ならと言ったにもかか [続きを読む]
  • フェルト教室 羊をつくる
  • 公民館のフェルト教室に申し込んだ。そもそも、ネコの毛が大量に出て来たのでそれで<フェルト>を作れないかと思っていた。vフェルト教室へ行けば何か分かるだろう。m羊の毛で羊の人形を作る。とぼけた感じでおもしろそうだ。vmm参加費は2回で500円。生徒は16名。これが応募者全員なのか。。思ったより少ないなー。m先生が先ず、”毛糸のポンポンを作った事ありますか?”同じ要領でこういう風に指に巻いて作って下さ [続きを読む]