アンヘラ さん プロフィール

  •  
アンヘラさん: Angelaのエルモッサ・ビダ
ハンドル名アンヘラ さん
ブログタイトルAngelaのエルモッサ・ビダ
ブログURLhttp://haruhime3.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文西語で”素晴らしい人生”悔いの無いように。アルゼンチン、英国、西国での記録と現在を綴ります。
自由文日々の合間に旅行してます。まだまだ好奇心有り。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2013/10/10 10:30

アンヘラ さんのブログ記事

  • 懐かしい五目焼きそば
  • 何か食べて帰ろうか。。そうだ! 先日友人ときたあの<五目焼きそば>を食べていこう。mmこの五目焼きそばはただの五目焼きそばじゃあない。m我々にとって学生時代の象徴で最高に美味い物だった。mm先生が連れて行ってくれた。新宿西口のロータリー脇。m美味しかった。本当に美味しかった。大きめの白い皿、見た目良し、味良し、品があって蝶ネクタイのボーイさんと派手な赤いランタンが上海のなまめかしさを感じさせた。田 [続きを読む]
  • 電車の中 犬の乳母車
  • 最近よく電車で見かける動物専用の乳母車。m小振りの乳母車が向こうを進んでいく。混んでいたからドア付近に留まれなかったか、押している人が座りたいと思ったか。mmm車の中で二つの塊が動いている。荒い呼吸。犬?mそうだよなあ。小動物はこの暑さに参ってるだろうなあ。。チワワ と ミニチュアダックスフンド。mmパトロンのおばさまは全身ピンク色。車にちゃらちゃら付いているアクセサリーもピンク。別の色を少し入れた [続きを読む]
  • カッターの男
  • ほんの数十秒目を瞑っていた。ふと見たらドア付近に男が正座している。m薄汚い帽子に無精髭に同じくヨレヨレのバーミューダーパンツ。えっ。。転んだの?(でも、それにしては騒めきも無かったし、男にもその反応がない。。)m座っている人たちは素知らぬ顔なので、転んだというわけでもないらしい。mm男はリュックに右手を通し、そして左手を通して背負ったと思ったら右、左とそれを肩から外した。mこの男、おかしい。。mm [続きを読む]
  • 盆踊り 築地本願寺
  • 仲間と早めに行くのは疲れるので、踊りが始まる頃に行く。mまあ。。びっくり。m境内の半分にテーブルが置かれてまるでビアガーデン。地べたに座るサラリーマンはまるでお花見のよう。本堂への階段は観客で埋まり、冬に見たパレルモのマッシモ劇場を思い出す。(でも、お寺なんだよなあ。こんなに占領しちゃっていいの。。)mm肝心の櫓はいつもの大きさで、五重になった踊りの輪はギュウギュウ詰めでまともに両手が伸ばせない。 [続きを読む]
  • 金魚がやってきた
  • 四十九日までは魂が家にいると聞いたので、友人の庭の掃除に行く。m”コンニチワ、スズキさん、入りますよ。”mクンシランとシンピジウムの数鉢を友人に、ゴムの木は駅前の病院に押し付け引き取って貰った。mmあとはメダカとキンギョ。mmたまたまアジサイの剪定をしていたら息子が出てきた。mえっ、いらしてたんですか? 月曜日なのに。。mm”何か欲しいもの有りませんか?自転車は?冷蔵庫は?電子レンジは? 欲しい物 [続きを読む]
  • 新作歌舞伎 ナルト
  • 新橋演舞場。客層が若く小学生から30−40台が多い。漫画を読んでいないのでチラシのあらすじだけでは深い事情がわからない。mでも、漫画だし。。ま、敵か味方かで十分だろう。でもm全体的に剣舞というのかチャンチャンバラバラが多く、時々パッと決まった見栄は観客の呼吸を整えてくれてキレイだと思うけど、最近流行りの剣舞ってちっとも面白くない。舞台がニンジャで一杯になるのでゴチャゴチャしている。舞台が窮屈。mな [続きを読む]
  • 電車の中 席取り
  • 電車が入ってきた。平日の午後。座れるかなーー、座りたいけど。。m私は疲れていたので座りたかったが、入ってきた車両の空きはざっと4‐5席。両側のドアに並ぶ人を見て、無理そうだなあ。。案外こういう時に前の人がモタモタしているとポッと座れたりする。mm左では中年女性が確保して、続いた男に座れと指で促した。男はいいよと遠慮していた。m向かいに黒人男性がさーっと駆け寄り確保、そしてミニグラマーの彼女がゆった [続きを読む]
  • オオサンショウウオ観察ツアー
  • 二泊三日のオオサンショウウオ観察ツアーを申し込んでいた。mなぜそうなったかと言うと、昨年来日した友人の息子がガールフレンドと8月に来日するという。mm”岐阜でXXXXと泳ぎたい!就いてはツアーの詳細を聞いてくれないか。”と外人観光客のサイトで見つけたアドレスを送ってきた。mm”夏の日本は最悪だから止めときなさい。”mそれに、岐阜は海無し県なので<泳ぐ>なんてあり得ないし、どこかの海と勘違いしている [続きを読む]
  • 水彩画教室 夏の花
  • 教室で四名は昼食を摂っていた。mテーブルに花と姫リンゴと動物のフィギュア―が並んでいた。mmあれっ?いつもと違うなー。m黄色系の花ばかり。夏の朝の爽やかさを感じた。mnm10時からスタートしているクラスにA子も昼から加わった。mホワイトボードには既に三枚が並んでいた。mさあ、我々も作業を始めなくっちゃ、間に合わなくなる。。mm突然B子が、、”ヤダー!両脇から鉛筆の音が聞こえてきて、焦っちゃうわよ。。 [続きを読む]
  • 金魚を見に行く
  • 次に見たいものは別に無いというので、”じゃあ、日本橋へ行きましょう。”なあに?”キンギョ!キンギョ!”私もゴウヒロミのようにキンギョを繰り返した。mm京成線から日本橋まで。。私には馴染みの無い路線なので乗り換えがよくワカラナイ。 友人は<音声>で検索してくれる。自分の声を認識してくれるオモチャを楽しそうに使っている。以前、有楽町で迷っていた香港人がそうやって私に翻訳機を見せてくれたけれど、訳がチン [続きを読む]
  • 友人が上京した
  • 3年ぶりの再会を楽しみにしていた。二名の友人を見舞って、会うなり、”疲れたわ。。”mそうだよなあ。連日気が滅入ったことだろう。本m東山魁夷記念館に向かう。m話は尽きない。でも、今になると何をどれだけ話して、どれだけ記憶に残る会話だったのか。。m覚えていないんだなあ。。。m一緒にいる満足感に満たされ、<会話>はその外側を揺ら揺らしている様だ。mここは作品数は少ないが彼の歴史や初期の挿絵など珍しいもの [続きを読む]
  • 水彩画 帽子とバッグ
  • 今月の題材は帽子とバッグ。m手荷物に成るので着用して教室へ向かう。(私はどこまで面倒くさがり屋なんだ。。)m身近な品を題材にするのはいいことだ。愛着のある品々だし、こんなことでも無いと気を留めないものだし、経費はゼロだし。。。mバッグは先月他界した友人に頂いたもの。今年を象徴する物となった。mmnmm10月の文化祭の話があった。mそうだ。 展覧会だ。(私はこれに魅かれてこのクラスに入ったんだっけ。 [続きを読む]
  • 胡散臭い人たち
  • 中、韓、日本の時代物ドラマでよく人相見が出てくる。主人公の威厳ある顔立ちを当てる。mそれらは<統計>の結果なのだが、なるほどノーベル賞受賞者などは<人相>が実に穏やかで知的だなと思う。んm尤も、犯罪を犯した後では笑顔ではいられないし仏頂面になるから誰でも<犯罪者の顔>になってしまうのかもしれない。m凶悪事件では真っ先に入手した卒業写真や学生時代のスナップが加害者の顔として流される。犯罪者の笑顔が毎 [続きを読む]
  • サラリーマンの会話
  • 歌舞伎座で買い物してから友人と待ち合わせの日比谷に向かう。土用の丑の日。久しぶりにウナギを食べるのだ。m改札を抜けたら下りのエスカレーターは工事中だった。(あっちゃあ。。)階段は極力避けたかった。。m手すりに捕まりながら私はゆっくり降りる。m後方から中年のサラリーマンが話しながらを私を追い越していった。m時間的に仕事の途中だろう。mm”抽象的っちゃあ抽象的だし、ソフスティケートって言っちゃあ、ソフ [続きを読む]
  • エルガ− ゲロンティアスの夢 オラトリオ
  • あの<威風堂々>の作曲家というので聞いてみよっか。。サントリーホールが完売だったのでミューザ川崎シンフォニーホールへ。実に見事な素敵な音楽堂だ。mm威風堂々はイギリスで良く流れていた。TV放映の最後にいつも聞いた気がするが、あれは国歌だったのかなあ。。。m高揚感が堪らなく好きだ。mmmの高揚感mm<オラトリオ>は叙事詩的なキリスト教の聖譚曲。死の世界に旅立つ男がその道中の不安や、大天使からの慰めを受 [続きを読む]
  • 盆踊り
  • 盆踊り教室に通い始めて一年になる。昨年は体調も気力もイマイチだったが、今年は楽しむことにしよう。m以前は仕事帰りに都内をよく廻ったが、今は生活の基本が地元なので当然ながら予定表は市内の盆踊りばかりだ。m”週末はセンセのとこよ!”<連>の揃いの浴衣って恰好良い。よく見れば2名は揃いの浴衣。そっか、彼女たちは別の連にも属しているんだ。。”あ〜ら〜!!”太極拳の先輩がセンセと同じ連の浴衣を着ていた。それ [続きを読む]
  • 臨床美術 ガラスの花火
  • センセはテーマをハガキで連絡してくれる。全員の前月の作品が印刷されたハガキ。mおまけに、各自の作品のカレンダーをくれる。mmいつも思う。mmm会費は700円+材料費で今回は1000円。6名参加。mmmm先生の作品が並んでいる。それを見て色々と質問をしたら、”これは見ない方がいいでしょう。あとで説明します。” と除けられた。m先生は手順を順番に全員に同時に説明したいようだ。mm先ず、花火のイメージを [続きを読む]
  • 咳払い女
  • 突然の”エッヘン、エッヘン!”という女の咳払いに驚かされる。階下の女は中庭に出て実に大きな音を出す。5軒先までゆうに届きそうだ。初めて聞いた時はどきっとした。突然耳元で大声を出されたようで毎回驚く。普段は静かなので、”うるさいなー”と思う。それ以外にも布団を叩く音が強烈だ。何がそんなに憎いのだろうかと我が身が鞭でぶたれているような痛みさえ感じる程の音。音に心があるなら、まさに”コンチクショウ!”と [続きを読む]
  • トラヨと遊ぶ
  • クーラーは苦手だ。ちょっと当っただけで体の芯が冷えてしまう。でも。。そんな事言ってられないこの暑さ。。。m今日は少しマシかなーと思っていたが、振り返ったらトラヨが口を大きく開け、血だらけの化けネコのように真っ赤な口で肩で息をしていた。。ぎょっとした。”ヤバッ!! トラヨが大変だ。” 慌ててクーラーを点ける。mb猛暑の中、クーラーつけてほっとしたようにトラヨが寝ている。定位置の枕の隣。mm寝顔があま [続きを読む]
  • 友人がワールドカップを見てきた
  • 今では<おっさんサッカー>を楽しんでいる50代の友人が、”ワールドカップを見てきました。モスクワとサンクトペテルブルグも見物しましたが、大変良い国だと思いました。”そうなんだよな。。。あの国は穏やかだった。だから冷戦だの社会主義という言葉に違和感を感じた。街は美しいし、皇帝のコレクションは素晴らしかったけれど、街全体に覇気が薄いような気がした。ラテン系の人懐こさは無く、冬の過酷な寒さの国民ってこん [続きを読む]
  • 陸上自衛隊 富士学校 火器フェチ
  • 火器が退出したので開いた場所に座る。このまま終了かと思ったが、まだ何かあるようだ。。m音楽隊が中央に現れて演奏しているが音は殆ど聞こえない。mそして再度戦車が入場してきた。mm先刻、資料室では実弾演習の模様をビデオで見た。<スロー再生>では銃口の周りが大きく火で包まれる。m何処かで見たような。。そうだ、北朝鮮のミサイルや演習の映像だ。mm隣の10歳ほどの少年が母親に火器の説明を始めた。”あっ、あの [続きを読む]
  • 陸上自衛隊 富士学校 デモンストレーション
  • 学校設立時には住民の反対があったそうだ。この行事は地域の交流と家族サービスが目的の一般開放。mm若い隊員の子供たちは1−5歳。戦車を見に来るのだ。場所取りをしていなかったので、人垣の向こうに移動する戦車の頭しか見えない。箱が大きく揺れながら移動している。結構早く走れるんだ。。mとても火器人垣で演習場を一望できない。しゃあない。。m諦めて道路わきに座ってお弁当を食べていたら、ズッドーンという砲撃音。 [続きを読む]
  • 陸上自衛隊 富士学校
  • 父は終戦を内地で迎えた。富士の裾野で演習をしていたと聞いているが、具体的に戦争の話を父に尋ねることも無かった。m陸上自衛隊富士学校の記念行事ツアーに参加する。年々、父や母や祖父母が居た(訪ねた)場所を訪ねたいと思う。それが少しでも供養になる気がする。mm開校64周年。m終戦直後の演習所の場所を聞いたが、広報でも73年前の事など把握していない。mmm”演習場は周りにいっぱいアリマス。 番地、分かります [続きを読む]
  • サンマを焼く 
  • 部屋に入って、んん? 何かが違う。。mあれっ、トラヨが床にかがんで、何をしているの?食べてる? 何を?ゲッ ! サンマ?畳の上にサンマの半身。トラヨがその頭を銜えていた。mえっ? どーゆーこと?mmさっきテーブルに置いた皿の上のさんまが。。。。 無い!!!mmあーーー!!! サンマの黄色い油が畳の上に。。mm食べ物を失敬されたのは初めてだったので驚いた。物を<掠め取られる>というのはこんな感覚か。 [続きを読む]
  • 水彩画教室 トールペイントを楽しむ
  • トールペイントということで、陶器、ガラスなどを持参する。m以前先生に頂いた磁器の宝石箱を全員が持ってきた。mmm私はグラス二個、マグカップ一個も持参した。+ひとりが皿を5枚持ってきたが誰も要らないということで、4枚が私に回ってきた。頂けるものは断らない。化粧品の景品のシャンパングラスも回ってきた。mmmmデザインは<花>。可愛らしい作品が出来上がった。mm作業の早い人がアクリル板に花の絵を描いた。 [続きを読む]