アンヘラ さん プロフィール

  •  
アンヘラさん: Angelaのエルモッサ・ビダ
ハンドル名アンヘラ さん
ブログタイトルAngelaのエルモッサ・ビダ
ブログURLhttp://haruhime3.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文西語で”素晴らしい人生”悔いの無いように。アルゼンチン、英国、西国での記録と現在を綴ります。
自由文日々の合間に旅行してます。まだまだ好奇心有り。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2013/10/10 10:30

アンヘラ さんのブログ記事

  • 同窓生 離婚すると何度も言っていたけれど
  • 久し振りの同級会。年に一度会うだけなんだけど、A子はいつも旦那に対して不満を持っている。旦那を軽蔑している様に話す。m”息子が大学入ったらリコンする!”m次は”息子が大学を卒業したらリコンする!”m次には”息子が就職したらリコンする!”mそして、”息子が結婚したらリコンする!”m(まだ言うか。。)mm旦那の何がそんなに我慢できないのか。。それに。。一年前に同じ事を言ったのを覚えていないのかしら。。 [続きを読む]
  • 栗の渋皮煮
  • 太極拳の帰りにスズキさんちに寄る。昼時なのだがお腹も空いていないし、暑いから外出を促すのも気が引ける。顔だけ見て帰ろうと手ぶらだった。m”お元気ですか?”mリビングに通されて、話している内に彼女が絶賛する”お好み焼きをどう?”と聞かれた。mいや、もう帰ります。失礼します。。m”ええやん。私も食べたいんや。”冷凍食品だからオーブンで温めるだけ。mそしてコーヒーまで頂いた。(やっぱり昼時に上がり込むの [続きを読む]
  • 水彩画教室 ほうれいせん
  • 机の上にはバラのみが置かれていた。黒板には白黒の濃淡で描いた上に色を置く”グリザイユ技法”の説明があったけれど、我々はいつものような絵を描き始める。(折角、説明してくれたのにどうしてそれを実践しないのだろう。)バラは難しいので苦手意識がある。バラ3本ではとても持たない。バラの後ろで紫色のカーデガンが綺麗だったので、”バックに入れていい?”先生は ”どちらがメインなの?通常、人間の方が主になっちゃう [続きを読む]
  • 世話したネコがやってきた
  • ヨシダさんちのネコ。ひと月の間、朝晩に餌を上げていたけれど、オーナーが戻ったら姿を見る機会が無くなってしまった。彼等はその辺りをウロウロしている筈なのだが、私が出かけないのだ。m先日、ヨシダさんが茗荷を持ってきた。”貴方が毎日通ったせいで径が出来たわ。草が生えてないの!”と笑って言った。自宅の茗荷だと言う。”えっ、何処にあったの?””物置の前よ。言っておけば良かったわねえ。”(ホントダヨ。。)mそ [続きを読む]
  • 友人を訪ねる
  • ステーキが無性に食べたくなって駅前のスーパーへいく。久し振りに太陽が輝いた日だった。mそうだ。。運動も兼ねてスズキさんちへ行ってみようかな。私はここ一週間、熱っぽくて引き籠っていた。ネコとしか話していなかったので、m誰かに会いたいなー。 m8月は水彩画教室が休みだった。その間、”スズキさんちで絵を描きましょう!” と仲間3名と勝手にセッティングさせて貰った。言い出しっぺは私。通常、自宅へ招待するもの [続きを読む]
  • 日本のCM
  • 世界の面白いCMが時おり紹介される。CMはその国のニーズや流行りを教えてくれる。m海外で写真を並べるだけのCMを見て思った。日本のは<カネ>が掛かっている。種類が豊富でユーモアがあって実に面白い。mm帰国したばかりの頃、非常に驚いた事があった。同じCMが二度流れたのだ。私は放送事故だと思った。mあとでこれは尺を合わせる為だと聞いた。成程、同じものを繰り返せば作成費が減少するし、<繰り返し>は注意が [続きを読む]
  • カラスが舞い降りた
  • トラヨが外を見上げながら近づいて来た。mなあ〜に?m目線の先にはカラス。隣の屋根の庇に留まっていた。mあら? 珍しい、あんなところに。。何を狙っているんだろう。雀の巣は其処には無いのに。。mカラスは周りをチラリと見てから屋根の隙間に嘴を突っ込んだ。 mなあに?m二回嘴を近づけて木の実を食べたようだ。m何であんな所に木の実が有るんだ?実が落ちるような大木は無いのに。。m誰が置いたんだ?あんな所に貯蔵 [続きを読む]
  • 蚊帳の穴
  • 台湾で買った白い蚊帳。トラヨが爪を引っ掻ける度に穴ができた。m子供の頃、目覚めると蚊帳の真ん中に黒い塊がぶら下がっていた。ネコが熟睡していた。mそこで乗せてみた。オドオドしているだけで動かない。快適なのか気持ち悪いのか分からない。5分もしないで持ち上げたら爪を引っ掻け3−4個の穴が出来た。mまあ。。ホント 不器用なんだから。。それにしても麻の蚊帳って丈夫だったんだなあ。。 それにしてもmm夏は蚊帳 [続きを読む]
  • 網戸の修理をする
  • 4か月めに網戸が壊れた。トラヨがぶら下がった結果がもう形に現れた。mm彼女の為に網戸を一枚持ってきて吊り下げたけれど、あまりそれには飛びつかない。 8年もの間散々遊んでいたその網戸はびくともしていないのに、新しい方がもう壊れた。作り方が違う。スチール枠に挟まれた部分の<縫い代>が大きいのだろう。m新しい方は網戸の溝にゴムで嵌め込んであるだけで、縫い代は1センチ。m3キロのトラヨがぶら下がる度に緩ん [続きを読む]
  • 能 竜田  狂言 仁王
  • 仁王博打ですった男が<仁王>と成りすましお布施を人々から巻き上げる話。仁王を表わすのは浮き上がった薄絹、又は後光の輪。簡略化された小道具だが、段々と仁王に見えて来る。無駄を極端に省いた狂言は<想像力>を掻き立てる。其処が面白いのだろう。最後にびっこの男が仁王の体に縋りつき体中を撫でまわす。そこで正体がばれる。m 竜田秋の演目にぴったり。竜田明神ヘ参詣する僧が龍田川を渡ろうとすると女が現れ、川底に沈 [続きを読む]
  • 太極拳 発表会
  • 体育館で発表会があった。m各チームが演じている間、両脇の待機者はざわざわとうるさい。m重い引き戸をガタガタと開けてトイレに行く人、お弁当を運ぶ人。シニアがバタバタと動き回っている。mあ、こんなもんなんだ。。まるで運動会のようだ。決して真剣に見なきゃあいけないと言う訳でもない。そうよ。ここは学校じゃアないんだし、自由なんだ。何となくホットした。これでいいんだ。 mmうちらのグループがしょっぱな。昼から [続きを読む]
  • 押し花の展覧会
  • 市役所の返却ボックスに本を返しに行く。ついでに本日の部屋の使用表をみる。m<押し花 展覧会 3F> とある。m展覧会か。。。暇だから見て来よう。m押し花のアートは何度か見ていた。駅構内やたまたま宿泊した東北の旅館の展覧会などで、その美しさと芸術性に驚いたものだ。m子供の頃、本に挟んだ押し花。単に押しただけではこんな色は残らない。全部<茶色>になってしまう。これが抜け殻の色か。。死んだらみんな土の色 [続きを読む]
  • ソフィア・コッポラの椿姫 映画
  • ローマ歌劇場。演出でこんなに印象が違うんだ。。翻訳も。死期を悟ったビオレッタが召使に、”お金の半分を貧しい人にあげなさい。”前回は”半分はあなたに。”と付け加えられていた。原語によれば召使への言葉は無いから、状況からして”半分は貧しい人に”というのは即ち半分はあなたにと言う意味になるのだろう。m衣装はヴァレンティーノ。なるほど、豪華。vでも。。主人公は黒のドレスで男性陣も燕尾服。婦人たちは全員がベ [続きを読む]
  • きんもくせいの香り
  • 一年は正月から始まり、桜、お盆の交通渋滞のニュース、紅葉便り、冬景色を見て、”あー、時の経つのは早いなー”と実感する。 mそして私を一番覚醒するのは<きんもくせい>の香り。m花が小さすぎて見過ごしてしまうが、その香りに包まれると思わず立ち止まる。(えっ、どこ?)mそうだ。。何やかんや言ってももう10月なんだ。。mmm実家にはギンモクセイときんもくせいが有って、香りは圧倒的にきんもくせいが華やかだった [続きを読む]
  • 民謡教室の発表会
  • 暫く声を出していない。ネコに話しかけるのにも飽きた。mあー、歌いたい。。トモダチが”ドンジャラホイ”でジャズ・ポップスを歌っている。ゴスペルじゃなくてポップスを歌いたい。。 mそこで市民センターに尋ねたら、<詩吟>と<民謡>と<カラオケ>サークルを教えてくれた。<コーラス>がない。m早速、民謡の会へ連絡する。”クラスは自宅で教えているの。日曜は市民センターで発表会があるからいらっしゃい。”m行って [続きを読む]
  • 臨床美術 サンゴ礁
  • 先生は次回の予告を葉書で呉れる。そこには各自の作品が印刷されてある。(まあ。。律儀な先生だこと。。)mおまけに同じ作品で作った翌月のカレンダーを下さる。こんなに手間をかけて貰って恐縮する。 m”次回はサンゴ礁デス!”mなんだろ。。mm薄いコルク板にアクリル絵具を塗り、千切って色紙に貼る。それがサンゴ礁。そこに写真から切り抜いた魚を貼っていく。仕上げにバック(海中)に色を塗る。mサンプルは細長い緑の [続きを読む]
  • 掃除機に ネコパンチ
  • 小型の掃除機が凄まじい音をだす。最初は私もトラヨもその音に驚いた。mそして。。我々は毎回驚く。m彼女が寝ている時、襖を閉めて掃除機をかけ始める。でもトラヨは必ず降りて正座してこちらを覗う。m隣の部屋なんだから関係ないだろうに。<侵入者>がやって来たと思うのだろうか。。その騒音は強烈なのだ。mm使い始めて半年も経つのに未だに構える。恐怖心を持ちながら凝視しているネコを見ると、精神衛生上良くないだろう [続きを読む]
  • 電車の中 泣き顔の女
  • 3駅ほど前からのアナウンスが良く聞こえない。緊急性は無いような口調だ。聞き取れない。mというのもmと言うのも、私はさっきから目の前の女性に気をとられていた。どちらかと言うと、南アジア系の眼がぱっちりで丸みのある色黒の50代。mずっと、スマホを横にして見ている。イヤフォン付きだから動画でも見ているのだろうが、その表情が<泣き顔>なのだ。m眉間に皺を寄せ、頬の筋肉が緊張して持ち上がっている。mmまあ。。 [続きを読む]
  • ネコの叫び声
  • ”ギャアー!!”闇をつんざくネコの声。mガラス戸に寄りかかりながら、電話中だったが、ギョッとなって飛び上がる。。m電話の向こうから、”どうしたの?”m”いやー。。コタローが下のネコをいじめたみたい。。”(関東の叫び声に奈良で反応しているって。。可笑しい。)mmm寝ていたトラヨがさっと網戸の前に飛んできて、小さく ”ウーッ、ウーッ!”と唸る。この唸り具合が好奇心より<恐怖心>が強いようで滑稽でもある [続きを読む]
  • 星占いを見てしまった
  • いつもより早く目が覚めた。TVを点けたら<星占い>の時間だった。占いなんて気にしない!と思っていても心の何処かがアンテナを立てるからチャンネルを変えてしまうのだが、この時は見てしまった。。mた12星座だから、12日に1日は<運の悪い日>ということになる。私と相性の良い星座が上位の時は私も上位。m何となく見ていて、10位、11位、と来た。mあれっ?確か。。私の星座がまだだよなあ。。もしかして。。mそう。最 [続きを読む]
  • 電車 車両交換
  • 何回かアナウンスしているのだがよく聞き取れない。”ん? 止まるの? でも。。 ドーユーコト?”mそして、”当駅止まりデス!”m隣のイヤフォン女子は何も聞こえていなから、トントンと教えてあげる。mm<車輌交換>って、何があったんだろ。不具合?去って行く車輌を眺めていたら、後方ワゴンの座席の上に ”これはXXX” と書かれた麻布が掛けられてあった。m”ナンダロ あれ ?”あれが車両交換の原因なの?mで [続きを読む]
  • 歌舞伎シネマ 四谷怪談
  • 席は20席しか残っていなかった。 (アリエナイ。)初日で土曜日ってこんなに混むの?信じられない。。。m”舞台挨拶までに入って下さい。”と言われた。”んっ?”ナニ? ブタイアイサツって。。mどうも演者の舞台挨拶があるようだ。へえー。誰が来るのだろう。まさか獅童、勘太郎、七之助、扇雀の4人? mm獅童と演出の串田氏が出て来た。m事前に、”マスコミ関係者以外は撮影お断り”との注意が有ったが、獅童が”どう [続きを読む]
  • 太極拳 発表会に向けて
  • そうっか。サークルって必ず発表会をするんだ。。m10月に二か所で開催される。体育の日などの秋の行事の一環だ。以前、ゴスペルでもクリスマスコンサートの他に他の教会のミサに参加したりしていたっけ。。私は子供の頃の神社の境内のラジオ体操に参加するような気分で通っている。最終日に鉛筆を貰えてうれしかったなあ。。m でも、私は膝を庇う為にまともなポーズがとれない。24式だって見よう見真似でまだ覚えられない。 [続きを読む]
  • 水彩画教室 秋をテーマに
  • 永山女史の展覧会を各自が見て来た。私は初めて女史のワークショップを見た。へえ。。 若くて綺麗な方だわ。。m実に丁寧に百合の花に陰影をつけ始めた。スポンジで周りの色をなぞり、マスキングで地色が残った白い花びらを撫でて行く。いつの間にか<百合>が現れる。m”あー、そうやるのか。。”mじゃあ。。真似してみようか。。mそもそも真似してプロのように出来る訳じゃあないんだけれど、先生は ”真似る”ことは良い事 [続きを読む]
  • 人恋しくて
  • ステーキが無性に食べたくなって駅前のスーパーへ買いにいく。久し振りに太陽が輝いた日だった。mそうだ。。運動も兼ねてスズキさんちへ行ってみようか。ここ一週間は熱っぽくて予定はキャンセルでネコとしか話していなかった。誰かに会いたいなー。 m8月は水彩画教室が夏休みで、その間絵を描きましょう!ということで鈴木さんちで集まろうという事になった。言い出しっぺは私。通常、自宅へ呼ぶのだが、とてもおばさま達を椅子 [続きを読む]