Coffee&Books さん プロフィール

  •  
Coffee&Booksさん: 英語学習帖
ハンドル名Coffee&Books さん
ブログタイトル英語学習帖
ブログURLhttp://englishatwork.hatenablog.com/
サイト紹介文外資系企業で働き続けて十数年、日々の業務で触れる英語を中心に表現や語彙を紹介します。
自由文日常業務で出会う英語表現や気付いたことに加え、雑談のネタになりそうな英語記事を定期的に紹介しています。
海外経験ゼロからTOEIC900超に至った勉強法なども徐々に紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/10/10 21:14

Coffee&Books さんのブログ記事

  • Tidying Up
  • www.theguardian.com'Tidying Up' (片付け)なんと、あのベストセラー『人生がときめく片づけの魔法』が米国でもベストセラーになっていたとか。間取りや収納コンセプトも違う海外でも効果が出るということは、何か普遍的な哲学があるんでしょうね。米国人と結婚した知人もお子さんがこの本の漫画を読んで片付けを率先してするようになったと言うし、気になります。遅ればせながら読んでみよう。人生がときめく片づけの魔法作者 [続きを読む]
  • “You should be outraged”
  • qz.com“You should be outraged” (憤慨するべきことだ)"Racial slurs were posted on message boards on the doors of five black students at the US Air Force Academy’s preparatory school in Colorado Springs, Colorado earlier this week." (今週の前半、コロラド州にある米空軍士官学校の準備校において、人種排斥的な書き込みが5人の黒人学生のドアの前に掲示された)この事件を受けて、Jay Silveria中将が出した [続きを読む]
  • crossroad
  • 'crossroad' (交差点、岐路)'I am at a bit of a crossroads with my life/career' (仕事と人生について考えています)職場で同僚から受けた相談に使われていた表現。NHKラジオ英会話 遠山顕の職場で使えるフレーズ集作者: 遠山顕出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2012/02/16メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る30_Lesson 29 職場環境について尋ねるアーティスト: 柴田真一出版社/メーカー: NHK [続きを読む]
  • you didn't have to do that
  • 日本語に訳すなら、「もう、そんなんえぇのに」と似非関西弁がしっくりくるような気がします。よくしてもらったお礼、プレゼントへのお礼に使う一言です。'Thank you so much!!! You didn't have to do that' (ありがとう!もう、そんなんえぇのに)これに対しては、'No worries' (いえいえ)とか、個人的にかっこいいなと思ったことのある表現は、'The pleasure’s all mine.' (私がしたかったからしたことよ)ですね。外国 [続きを読む]
  • egg-stremely busy morning
  • www.bbc.comBBCニュースから。大量の鶏を運んでいたトロリーが事故を起こして'traffic jam' (交通渋滞)を起こしたというニュース。'extremely' (とても、きわめて)のもじりと思われる"egg-stremely"という言葉が面白いです。'an eggstremely unusual operation' (きわめて異常の事態)のようなニュース見出しもありました。すべてのニュースがこれくらいのんびりしたものだと、いい世の中だなと思います。やきとりテク [続きを読む]
  • treatment
  • 'treatment' (治療)イギリスの'brain-damaged' (脳に損傷のある)乳児に対する治療を継続するかどうかの裁判に関連して、米国大統領トランプ氏が支援をtwitterで申し出たという記事。'The case has focused attention on the role of British and European courts in making end-of-life decisions for very young children' (裁判の争点は英国及びヨーロッパの裁判所が極めて幼い子どもの生命を終わらせるかどうか)というこ [続きを読む]
  • contract
  • 'contract' (病気にかかる)以下の記事は元性産業従事者の男性が、イギリスにおけるHIV感染者の大幅な減少に貢献したというもの。彼自身は感染しているけど、ジェネリックの予防薬PrEPを入手できるよう活動し、'In the space of 12 months, the number of gay men in London being diagnosed with HIV had dropped by 40%.' (12か月でHIVと診断されるロンドンに住むゲイの男性が40%減少した)ことにつながったとのこと。“She s [続きを読む]
  • potato chip-buying panic
  • nypost.comjp.wsj.compotato chip-buying panic (ポテトチップ購買パニック)ポテト不足によるポテトチップ
    スショック。ニューヨークポストやウォールストリートジャーナルの記事にまで取り上げられ広
    く報道されていてびっくり。”Calbee potato chips are selling for six times their normal price online. A bag of their p
    izza-flavored chips is currently listed for $12, or 1,250 yen on Yahoo Japan’s auction website [続きを読む]
  • ワークライフバランス
  • jp.wsj.com忙しいことを美徳にするのは日本人だけでなく、アメリカ人も同様の様子。「いいわよ。月曜の夜8時半ごろ、45分から1時間ほどうちに立ち寄っては?」なんて言われたら、「やっぱいいです」と答えてしまいそうだけど。ちなみに、'work?life balance'というのはれっきとした英語で、和製英語ではないようですね。日本人は働きすぎ、とテレビで叫ぶ外国人も見るけれど、個人的な印象としてはアメリカ人はもっと働いている [続きを読む]
  • golden hello
  • jp.wsj.com'Do signing bonuses for executives―so-called golden hellos―pay off for the companies that give them?' (中途入社で新たに着任する経営幹部に支払われる支度金、いわゆる「ゴールデンハロー」。これは企業にとって有益なのだろうか)'golden hello' = 'signing bonuse'(支度金)記事の話とは少しずれるけれど、外資系企業だと、幹部とまでいかなくても支度金付の転職はよくある話。若干、給料が下がる場合や [続きを読む]
  • puppet
  • 'puppet' (操り人形、傀儡)シリアをめぐる情勢は一向に改善しないように見えます。紛争が起こる地域というのは、その国が自国の国益のために動いているというよりも、複数の大国の利害に関連することも多いので、簡単には収束しないのかもしれません。www1.cbn.com'Trump may use leverage in trying to convince Russia to stop turning Syria into an Iranian puppet.' (トランプはシリアがイランの傀儡となることを防ぐた [続きを読む]
  • 言い換え表現
  • 英語を業務で使用するには改善の幅の大きな人の英文の特徴として、"I"で始まる文章が続く傾向があるように思います。いくつか言い換え表現を交えると、雰囲気が変わると思います。ちょっとしたメールひとつでもその人の英語力について相手に与える印象が大きく異なるので、簡単に改善できることは試しても良いかもしれません。I am writing this e-mail to confirm that ~~~. (〜〜〜を確認するためにメールしています)-> This e [続きを読む]
  • #@$%
  • jp.wsj.com上のリンク記事はタイトルが完璧なサマリになっていて、そのまま汚い言葉の本が増えたという話。結果、印刷業者は#@$のような伏字を大量に印刷していると。(英文記事のタイトルは"Book Publishers Are Printing More #@$% Than Ever")マクラの例に使われている本はこちらの'Fucing Apostrophes'で、間違った場所に付けられることが多い記号「アポストロフィー」に関するポケットサイズのマニュアル本らしいです。それ [続きを読む]
  • vicious spiral
  • www.economist.com'vicious spiral' (悪循環、悪いスパイラル)'and vice versa' (逆の場合も
    同様)'That could lead to ever-lower participation rates in decades to come, draining the legitimacy of governments in a vi
    cious spiral in which poor turnout feeds scepticism towards democracy, and vice versa.'(ここ数十年で最低の投票
    率になるかもしれず、参加者の少なさは民主主義への疑いを持たせ、政府の正当性 [続きを読む]
  • musical chairs
  • 'musical chairs' (椅子取りゲーム)椅子取りゲームと言えば、誰もが子供のころにやったことがある、参加人数より少ない椅子を取り合うゲーム。ビジネスの世界では、ランクが上がるごとに減っていくポジションをめぐる争いや主導権争いなどの例えに使われるようです。外資系で生き残る処世術(ニューズウィーク日本版e-新書No.6)出版社/メーカー: CCCメディアハウス発売日: 2013/09/10メディア: Kindle版この商品を含むブログを [続きを読む]
  • Re-entry Permit
  • 'Re-entry Permit' (再入国許可)newspicks.com慎泰俊さんの記事を読んでいたら、在日朝鮮人である彼はパスポートを持たず、再入国許可書をもって海外を飛び回っているというエピソードがあって、興味を持ったのでチェックした単語。'Re-entry Permit'というと、アメリカで話題になっているグリーンカードなども指すようです。韓国のパスポートならアジアでは最もノービザで行ける国が多いと言うし、それに次ぐ日本のパスポートも [続きを読む]
  • Executive Order
  • 'Execytuve Order' (大統領令)www.wsj.com'President Trump’s executive order' (トランプ大統領の大統領令)トランプ氏の出した入国禁止令によって、大混乱が生じているようですね。これを機にアメリカ以外の場所に色々な人が移るのは面白いかもしれない。jp.wsj.comトランプ大統領の入国禁止令に反発して、世界75か国の事業を行っている国で1万人の難民を雇用するとアナウンスするスターバックスも話題に。タイミングと規模 [続きを読む]
  • meritocracy
  • 'meritocracy' (能力主義)どうやら、"Rise of the Meritocracy"という本で初めて提唱された造語のようです。'merit' (功績)、'cracy' (統治、主義)ドラマ'Good wife'にて、主人公の上司であるダイアンが事務所のことを説明する際に使われていました。'Lastly, Lockhart, Agos & Lee is a true meritocracy.' (最後に、ロックハート・アゴス&リー事務所は完全に能力主義です)Rise of the Meritocracy (English Edition) [続きを読む]
  • New year's resolution list
  • 'Happy New Year. May it be filled with health, wealth, and happiness.' (あけましておめでとうございます。この一年が健康、成功と幸せに満ちたものでありますように)新年になると心新たにするのは洋の東西を問わず。英語では'new year's resolution' (新年の抱負)。いくつかの目標をリストアップすれば、'new year's resolution list' (新年の抱負リスト)。私の'new year's resolution for 2017'は、英語学習の継続、中 [続きを読む]
  • Super Toilet
  • www.youtube.com来日した外国の俳優や歌手がウォシュレットを買って帰った、なんて記事をたまに読むことがあるくらいの進化を遂げている日本のトイレ。これくらい独特のものだと初めて見る人には難しいかもしれない、ということなのか、おもてなしの一環としてトイレの使い方を丁寧に説明したビデオが公開されています。ちなみに、この手の日本のトイレは、特に"super toilet"と呼ばれることがあります。ウォシュレットという商品 [続きを読む]
  • mansplain
  • www.independent.co.uk'mansplain' = man + explain (男性が”特に女性に対して、偉そうに”説明すること)'Men have been calling a dedicated mansplaining hotline to ask for tips on how not to be sexist ? as well as to mansplain to call-handlers why the scheme is a bad idea.'(男性たちの"mansplaining"ホットラインへの電話が鳴りやまず、どうすれば性差別的にならないかと助言を求める目的の電話と同じくらいが [続きを読む]
  • the winter solstice
  • www.independent.co.ukthe winter sositice (冬至)the northern hemisphere (北半球)今年は暖かかったですね。Let's Enjoy! 英語日記 Step1: 天気・季節・行事500フレーズ作者: ジョンクロード・A・バレッタ出版社/メーカー: バレッタ英語教室発売日: 2016/07/07メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る今はじめる人のための俳句歳時記 新版 (角川ソフィア文庫)出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川学芸出版発 [続きを読む]
  • impeach
  • www.wsj.com'impeach' (弾劾する)'South Korea President Park Geun-hye Impeached' (大韓民国の大統領Park Geun-hye氏は弾劾された)非常に権力が強いため、平和的な移行をする人よりも追い出される人の方が多いとも聞く隣国の大統領の座。今回も同様になりそうです。なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争作者: 加藤達也出版社/メーカー: 産経新聞出版発売日: 2016/02/19メディア: Kindle版この商品を含むブログを [続きを読む]
  • on what grounds
  • 'on what grounds' (どのような根拠で、どのような理由で)法廷映画やドラマで頻出の表現。'On what grounds can the police stop me?' (どんな理由で警察は私に呼び止められますか?)'On what groundsis your lawsuit based?' (どのような理由で訴訟を?)映画で覚えるとっておきの英語―法廷・社会派シネマ編作者: 尾崎哲夫出版社/メーカー: 自由國民社発売日: 2004/12メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る [続きを読む]
  • concession speech
  • 'concession speech' (敗北宣言)まさかのトランプ大統領。私が普段接点を持つアメリカ人は、ニューヨークやカリフォルニアで現状に満足している中年以下の男女なので、とても偏りがあるのだなとしみじみ思いました。www.youtube.comそれにしても、大統領選挙は負けるときの演出まですごいです。毎回、敗北宣言は聞いていて涙が出ます。数あるスピーチの中、ジョンマケイン候補とヒラリークリントン候補の敗北宣言は白眉。ちなみ [続きを読む]