datouabeshinzo さん プロフィール

  •  
datouabeshinzoさん: 真の国益を実現するブログ
ハンドル名datouabeshinzo さん
ブログタイトル真の国益を実現するブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/datoushinzoabe/
サイト紹介文グローバリズム・道州制・移民・TPP・規制緩和(特区)等、安倍政権の売国政策に警鐘を鳴らします。
自由文安倍総理大臣の売国政策に我慢ができず、ブログを始めることにしました。真の国益を実現するため、外交・国防・憲法・経済・歴史観などあらゆる面から安倍内閣の政策を厳しく評価し、独自の見解を述べていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/10/10 22:48

datouabeshinzo さんのブログ記事

  • 観光という成長戦略と出国税
  • 平成29年12月22日開催の第8回観光立国推進閣僚会議での安倍総理のスピーチです。「安倍内閣においては、観光を成長戦略の柱、地方創生の切り札と位置付け、精力的に取り組んでまいりました。 その結果、外国人旅行者は、政権発足前の800万人から昨年は2400万人を数え、更に今年は2800万人を超える勢いとなっております。 しかし、この数字に甘んじるつもりはありません。観光先進国のイタリア、さらにはフラン [続きを読む]
  • 「TPP11」の概要及び新たな問題等
  • TPP(環太平洋連携協定)ですが、米国離脱後、日本、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、メキシコ、マレーシア等の11か国での協議となり、3月8日、TPP11協定と名を改め、参加国の閣僚が協定文書に署名しました。これにより昨年11月に大筋合意した自由貿易を推進する協定内容が確定したことになります。『TPP11について(内閣官房HP)』日本政府は今国会に協定承認案と関連法案を提出する方針で、2019年の発 [続きを読む]
  • 英語試験のあり方について考える上で読んでおきたい本
  • 以前にも書きましたが、2020年度から大学入試センター試験に代わって始まる大学入学共通テストにおいては、英語は民間の資格・検定試験を活用することが決まっています。民間試験活用に関しては、受験機会や成績の評価方法の公平性の確保に疑問が呈されるなど、大学の英語教員や高校の校長から多くの批判が出ています。筆者なぞは、導入経緯の不明瞭さや拙速さから、レントシーキング(※)ではないかとも疑っています。毎日新聞2 [続きを読む]
  • 「経済学101」のMMT(現代金融理論)記事の紹介
  • 経済学に基づいた分析や論説をオンラインで無料提供するサイト「経済学101」が、拙ブログでも過去に何度か取り上げたMMT(現代金融理論)に関して、MMTerのビル・ミッチェル氏等の論の翻訳を紹介されています。金融システムの運用の実際や財政赤字が意味するものがよく分かりますよ。http://econ101.jp/category/translation/bill-mitchell/よろしければ、一日一回バナーの をお願いいたします。 [続きを読む]
  • 平成30年度一般会計予算案の概要について
  • 平成30年度政府一般会計予算案については、現在国会で審議中です。総額で過去最大となります。また、6年連続で過去最大を更新したようです。http://www.sankei.com/economy/news/171222/ecn1712220020-n1.html確かにそのとおりではありますが、実質的にはこれは現政権というか、昨今の緊縮財政の流れに沿ったものです。総額では97.7兆円、対前年度比では額にして約2600億円、率にすると0.3%の微増ですね。主要経費別内訳 [続きを読む]
  • 人口至上主義の弊害と住宅過剰社会(補足)
  • 過日拙ブログでは、野澤千絵著『老いる家 崩れる街 住宅過剰社会の末路』を取り上げました。https://ameblo.jp/datoushinzoabe/entry-12342233629.html特に触れなかった問題として、超高層マンション、いわゆるタワーマンションに関するものがあります。なんと、東京都内においては、いわゆるタワーマンションが約550棟もあるそうです。この乱立も、都市計画の規制緩和に起因しています。東京都中央区においては、そのほとん [続きを読む]
  • 人口至上主義の弊害と住宅過剰社会
  • 人口至上主義の弊害と題しましたが、筆者は人口は一定増加していく方が国家にとっては望ましく、また、我が国で起きている少子化は食い止めるべきだと考えています。ここで言う人口至上主義とは、2000年以降高まった地方分権の掛け声と同時に煽られた過度な都市間競争の弊害として顕現するに至った、住宅地域開発施策を指しています。さて、現在日本全国で、人が住んでいない空き家が約800万戸もあることをご存知でしょうか。 [続きを読む]
  • 中国向け工作機械輸出の増大と中国のAI大国への国家戦略
  • 中国からの工作機械受注がえらいことになってます。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24809770Z11C17A2X12000/外需内需合わせた全体の受注額も2007年の過去最高額、1兆5899億円を10年ぶりに上回る可能性が高まっているとのこと。中でも、平成29年11月の中国向けは前年同月の約2.7倍の412億円となり、電子機器の受託製造サービス(EMS)のスマートフォン(スマホ)製造向けの特需が復活、電気・精密は4.4倍の223億円に達 [続きを読む]
  • 英語教育改革の怪しさ(その3)
  • 過日アップした『英語教育改革の怪しさ(その2)』の最後で言及した英語教育の誤謬について、述べたいと思います。約3年前の拙ブログ『英語教育5つの誤謬』から。2011年に大きな反響を呼んだ『日本人の9割に英語はいらない』の著者で元マイクロソフト社長の成毛眞氏のインタビュー記事からの抜粋です。http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/1307/05/news008.htmlまつもと(インタビュアー)「グローバル化で日本を再生さ [続きを読む]
  • 【全動画あり】平成29年度自衛隊音楽まつり
  • たまには気休めみたいな記事もよいのかなと。平成29年度自衛隊音楽まつり第一回公演を見に行ってきました。過去に1度当選したのですが、いろいろあっていけなく、2度目の当選にして初めての自衛隊音楽まつりでした。初めてだったので早めに行こうと思い、14時開演だったのですが日本武道館に8時半過ぎについたのですが、すでに30人ほど並んでました。自分よりも前に並んでた人たちは、行列の場所取りの役目もあったらしく、どんど [続きを読む]
  • 英語教育改革の怪しさ(その2)
  • 先日、拙ブログでは東大文学部准教授の阿部公彦氏の「英語教育の在り方に関する有識者会議」の議論に対する一連のツイートを引用させていただき、英語教育改革の怪しさ、特に楽天株式会社代表取締役会長兼社長の三木谷氏の当会議での発言、そして楽天の英語教育事業への参入と絡めて、三木谷氏が言動が利益誘導と勘ぐられても仕方ない旨、指摘しました。『英語教育改革の怪しさ』今回は、実際の議事録から三木谷氏の発言を抜粋、 [続きを読む]
  • 英語教育改革の怪しさ
  • グローバル化に対応するための英語教育の改革が進められています。文科省においては、平成26年2月に「英語教育の在り方に関する有識者会議」が設置され、平成26年9月に「今後の英語教育の改善・充実方策について〜グローバル化に対応した英語教育改革の五つの提言〜」と題された報告がなされています。http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/102/houkoku/1343856.htmhttp://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/sho [続きを読む]
  • 自家用車利用について考えてみる
  • 交通事故による死傷者数は、年々減少傾向にあります。とはいっても、2016年では約4000名も交通事故で命を落としています。https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG04H2Q_U7A100C1CR0000/そして、京都大学大学院教授の藤井聡氏が『クルマを捨ててこそ地方は甦る』(PHP新書)において、ぞっとするような交通事故に関する推計値を紹介されています。50年間クルマを使い続けた場合の確率です。・125人に1人が死亡事故を起こ [続きを読む]
  • 詐欺グラフ(パネル)あれこれ
  • 次のようグラフを見かけました。(維新の神戸市長選特別サイトから https://ishin.hyogo.jp/kobe_election/policy.html)これは目盛りの幅を変える手法です。当該データの減少幅を大きく見せたいがために、時間軸において、その期間の横軸の幅を縮めて作成しています。2012年から2016年までの4年間と2016年から2060年までの44年間がほぼ同じ長さになっています。他にはこんなグラフもありました。これは露骨に縦軸の目盛り幅を変 [続きを読む]
  • 維新の詐欺グラフ(パネル)には気をつけろ!
  • 維新が、10月22日に投開票が行われる神戸市長選挙を睨み、詐欺まがいのグラフを使用して現職市長(市政)を批判しています。大阪市や堺市での住民投票、市長選挙と同じ手口ですね。次のTwitterより引用https://twitter.com/sientablanche/status/913748866087845889横軸の目盛り間隔が、2012年から2016年までの4年間と2016年から2060年までの44年間がほぼ同じ長さになっています。つまり2016年以降2060年までの期間が極端に圧縮さ [続きを読む]
  • 高等教育無償化について
  • 定員割れの大学は、なんと4割にものぼるそうです。https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG04HAF_U7A800C1000000/記事にあるように、若干割合は減少したようですが、それでも非常に高い割合ですね。高等教育の無償化に関しては、進学者と就職者との公平性の問題、また、ただでさえ減少している労働に携わる労働力をさらに減少させるという問題、さらには、より多数が高等教育を受けることが果たして国力の強化に資するのか、等 [続きを読む]
  • 大阪には凄まじい市長がいます。
  • 過日拙ブログにおいて、大阪に凄まじい地域政党が存在することを紹介しました。https://ameblo.jp/datoushinzoabe/entry-12311188541.htmlなんと、当該政党の政調会長でもある吉村大阪市長は、先日の非常に強い台風18号接近時に岸和田でだんじりを見て飲酒をしていたそうです。http://itasuke.jp/politics_news/yoshimura_danjiri自ら次のような弁明をツイートしていますので、これは事実でしょう。凄まじい市長がいたもんだ!よ [続きを読む]
  • 凄まじい地域政党が大阪にあります。
  • 大阪府の堺市長選挙の投票が9月24日に行われます。大阪維新の会が公認する元府議で新人の永藤英機氏と3選を目指す無所属現職の竹山修身氏(自民、民進、社民、日本のこころ推薦)との一騎打ちですね。堺の情報を伝える『堺タウンニュース』が次のような記事を掲載しています。『維新・永藤陣営、水道行政で選挙公報に虚偽記載発覚。公選法違反の疑いも』次のような検証記事もあります。『維新による堺の水道事業批判は真実か [続きを読む]
  • 所有者不明土地問題に関するお薦めの本
  • 法務省が来年度予算の概算要求において、長期間登記が変更されないなど、所有者の特定が難しくなっている土地を有効に活用するための調査に必要な費用およそ34億円を盛り込むようです。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170829/k10011116161000.html国土交通省では、空き家や空き地、所有者不明土地の有効活用などに405億円を要求するとのこと。https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082501359&g=eco過日、我が国おいて [続きを読む]
  • 景気対策としての財政出動に対する懸念
  • 8月23日、厚生労働省が平成29年6月の毎月勤労統計調査(賃金、労働時間及び雇用の実態調査)確報を発表しました。http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/29/2906r/2906r.html厚生労働省の概要版では、次のようにまとめられています。・現金給与総額は、一般労働者が0.4%増、パートタイム労働者が1.4%増、パートタイム労働者比率が0.09ポイント上昇し、就業形態計では0.4%増となった。なお、 [続きを読む]