いきてる さん プロフィール

  •  
いきてるさん: 今日もいちにち生きました
ハンドル名いきてる さん
ブログタイトル今日もいちにち生きました
ブログURLhttps://ameblo.jp/gantoissho/
サイト紹介文直腸がんと診断されました。検査、入院、手術、代替医療、がんを抱えた生活のことを綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2013/10/12 15:32

いきてる さんのブログ記事

  • 白日夢
  • フーテンの寅さん、と言えば柴又の帝釈天。近いところにありながら一度も行ったことがありません。 仏像に興味を持ち始めたこともあって行ってみようと思い立ちました。 降りた駅は柴又駅の手前。映画でも寅さんはわざわざ遠くで降りて江戸川の土手で思案にふけるシーンがお決まりのように出てきます。私もそれに倣ったというわけです。 川には何やら不思議な建物が建ってます。水質検査塔でしょうか。 私はiPadを持ち歩いていま [続きを読む]
  • 毎日発見
  • 東京都美術館で開かれているムンク展。 あの「叫び」が生で見られる。となればやっぱり見たい。そんな訳で出かけました。ムンクの手記には、「ある日の夕方、空が血のように赤く染まっていた。色彩の叫びが聞こえた」とあります。この絵は自然の叫びを聞いた瞬間の自画像なんですね。 今回はさらにに100点程が展示された大規模な展覧会でした。 けれど今日の発見はムンク展ではありません。 他の展示室で幾つかの絵画展が催さ [続きを読む]
  • 検定
  • 今の私。腎臓の痛みも消え、血液検査の数値も良く、腸閉塞も起きていません。 もう会社に出勤してもいませんからなんのストレスもありません。 ここ数年で一番ハッピーな時間を送っています。願わくばいつまでも続いて欲しいものです。 そんな中昨日のことになりますが、以前から計画を立てていた「国宝検定」を受けてきました。 それに通ったからといって何ができるというものでもありませんが国宝から仏像、そして仏教へと興味 [続きを読む]
  • 退職のこと
  • 最近、会社を辞めたことをちらほらアップしました。ただしこれは人に勧めるようなことでは決してありません。 がんと就労の問題が大きく取りざたされていることも知っています。かつてはがんに罹患するとそれを理由に退職を余儀なくされるケースが随分ありました。 それに対し体験者たちが声をあげ、多くの人々の努力で患者の雇用を守る機運が生まれました。 今は国もこの問題に関してはかなり本腰を入れていますね。 かくいう私 [続きを読む]
  • 市中の山居
  • 私は退職日はまだ迎えてませんが有給休暇の消化に入っているので出社はしていません。 今日は、午前中は東京ミッドタウンの美術館を訪れました。醍醐寺の密教展をやってましたよ。 少し驚いたのはエレベーター中でユニクロの柳井社長と出くわしたこと。そう言えば、ファーストリテイリングはここにあったんですね。 どうしても気になって目だけをチラッチラッと向けてしまいました。 何が気になったか。それはもちろん、服がユニ [続きを読む]
  • 多目的トイレ
  • 老後は海外で暮らす。若い時から思い描いてきた夢でした。 特に東南アジアでは、同じ予算で5倍、10倍の家に住み恵まれた気候とエキソチズムに溢れた文化の中で暮らすことが可能です。 日本にいれば絶対不可能なことがかの地では実現してしまいます。 しかし、私の抱える病気はこの夢を打ち砕くには十分なものです。 再発リスクが常にある上度々襲われる後遺症。 病院への依存度は相変わらず変わりませんしこれまでの経過を考え [続きを読む]
  • 薬剤耐性
  • 1ヶ月前に腎臓の痛みを起こしてから治療を続けてきました。 最初の頃は、毎日通院して抗菌剤の点滴。 2週間ばかりして数値が改善したので経口薬のクラビットに変更になり今に至ります。 昨日の外来。数値はさらに良くなってはいましたが完全ではありません。 けれども、薬は中断になりました。 なぜか。 薬剤耐性が出てきたからです。以前から言われてましたが抗菌薬は耐性ができやすい。 言い換えれば感染菌は薬の毒が来てもす [続きを読む]
  • ダブルストーマへの道
  • 5年前の今日、10月12日私は初発の手術を受けました。 怖かったなあ。 手術台に上がった後。看護師さんが「横向いてください」「背中を少し丸めて」など指示をくれるんですが意気地のない私はドタキャンを考えてました。 『今ならまだ間に合う。帰ります!とさえ言えばいいんだ』 今更言えるのか。いや、言える。そして言うなら今だ!そんな葛藤をしていたわけです。 そのうち、看護師さんが「ちょっと痛みますよ」と背中に麻 [続きを読む]
  • 久しぶりに描きました
  • このところ絵筆とはとんとご無沙汰でしたが久しぶりに描いてみました。 相変わらず自分のスタイルが見つけられていませんがこれは、絵本を意識してます。 「ある日の朝、起きると僕はプカプカと浮かんでいた」と言うシーンです。 その後ストーリーが展開するんですが構想では全12ページ。その1ページ目です。 まだモノクロで未完ですが自分にやる気を注入するために途中経過をアップしました。 本来なら、全ての線画を描いて色 [続きを読む]
  • 仏像展
  • 東京上野東京国立博物館で開かれている「京都大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ展」に行って来ました。 先日、奈良と京都に行って感じたことですが仏像は寺院に安置されているのを拝観するのが本来の見方です。 仏像は単体で完成しているものではありません。伽藍の造形や光の当たり方まで考えられて作られているものです。 これは正論なのですが実は大きな問題が。 ほとんどの場合、暗くてよく見えないんです。場所によっては、金 [続きを読む]
  • 障害者手帳の恩恵
  • 私は永久ストーマであることから障害者認定を受けています。当初は美術館が無料または割引。映画が1000円で観られる。都営地下鉄やバスが無料といったサービスに感激していました。 実際のところ金額的には大したことはないんです。でも、安いというのは行動のモチベーションになる。 私は人間が単純ですので美術館が無料ということなら行きますよ。もともと好きでしたしね。 それが今回いろいろ見直しがされました。私は去年 [続きを読む]
  • 奈良、京都の夏休み
  • 連休に夏休みを組み合わせて奈良・京都に行ってました。京都では、三十三間堂、東寺、伏見稲荷、広隆寺を巡りました。 予定では金閣寺周辺と南禅寺から銀閣に向かう哲学の道を訪れる予定でしたが寝ぼうをしたためパス。 と言うより、私はもう機敏に動けないのでこうした場所ではゆったり回るのがちょうどいいようです。 弾丸ツアーなんてとんでもない。気に入ったところがあったら何時間でもそこにいる。そんな時間の過ごし方が気 [続きを読む]
  • 奈良二日目
  • 薬師寺に向かいました。大きな寺です。意外だったのは、この寺が三蔵法師とゆかりがあったこと。三蔵法師の伽藍従えているのは孫悟空です。インドで修行をした三蔵法師の成果は日本にも伝わり法相宗として残っています。日本の大寺院、薬師寺や興福寺などは法相宗の寺です。 さて、薬師寺。金堂西塔。薬師寺には2本の塔があるのですが西塔は再建されたもの。建設当時の面影を残す東塔は修理中でした。残念。 それにしても大きな [続きを読む]
  • 奈良初日
  • 朝、真っ先に向かったのが興福寺。目的は数ある仏像の中でも1、2位の人気を争う阿修羅像の拝観です。 仏像というのは尊格に段階があります。一番上が如来で菩薩、明王、天部と続きます。 阿修羅はこの中でも最も格が低く、拝む対象にもならないのですが美術品としてあまりに美しい。顔が3つあり、手が6本。まあ、モンスターですよね。でも、これほど美しく見る者をうっとりさせるモンスターは世界でも希じゃないでしょうか。 [続きを読む]
  • 奈良に着きました
  • 奈良・京都。 国宝研究から仏像に興味を持ち始めて以来、ずっと行きたいと思っていました。 計画では今年の梅雨入り前に行く予定でしたが体調不良のため断念。 夏場は、猛暑にくじけてパス。 先日まで、腎臓の痛みに苦しんでいましたがなんとか落ち着き、このシルバーウィークを使ってようやく実現しました。 今朝病院に立ち寄りだったので奈良に着いたのは夕方です。なので今日は何も見れませんが明日からは、興味の赴くままに周 [続きを読む]
  • 腎臓治療終わりました
  • 本日の検査。CRPの数値が1ポイント台にまで下がっていました。この結果を見て、通院治療は打ち止め。今後は飲み薬での治療となりました。 今回の抗生剤は良く効いてくれたと思います。 この腎盂腎炎、何度もぶり返すのですが対処法はないものかと医師に聞きました。 「〇〇さんの場合は、手術で本来何層もあるバリアーが弱くなっている。どうしても感染しやすい状態にある。」 との説明。 要するに今後も繰り返すだろうというこ [続きを読む]
  • 腎臓の検査結果
  • 昨日のことになりますが外来で検査をしました。 目的は腎臓の値を測ること。で、結果はCRPの値、21だったものが9に下がっていました。抗生剤点滴の効果は確かにあるものですねえ。 とはいえ、CRPの基準値は0.3です。まだまだ遠い(この3年間、そんな数値は見たことありませんが)ということで治療継続ということになりました。 毎日、病院通いが続きます。次回の検査は火曜日です。 どうせ治療するなら基準値まで持っていきた [続きを読む]
  • 腎臓治療2日目
  • 昨日から始まった腎臓治療。今朝も病院で受けてきました。 治療といっても、抗生剤を30分点滴するだけで他にすることもないんですが。 とりあえず、金曜日まで行い、その時点で再検査。数値が改善していなければ続行の予定です。 私はと言えば、先週末のような痛みやだるさは全くありません。オキノームを処方してもらえたのでいつもの通りです。 ただ、尿の色が気にかかりますね。異様に濃いんです。血尿ではないと思いますが [続きを読む]
  • 腎盂腎炎再び
  • 本日は、外来。先週末から腎臓がしくしくと痛んでいたのでいい結果は出ないだろうと思ってはいましたがその予想を超えていました。 完全な腎盂腎炎(じんうじんえん)だとのこと。炎症の度合いをを示すCRPは21を超えていました。(基準値0.3) 本来腎臓には菌がいてはならないんですが人工尿路を造っている私は尿路感染を通して菌が入りやすく、もはや慢性化しているような状況です。 怖いのは、菌が腎盂を越えて血中に入り [続きを読む]
  • 腎臓
  • 一昨日から左の腎臓がしくしくと痛み始めました。私の場合これが後遺症の一つになっています。 尿路感染から菌が腎臓に入り込み炎症を起こすんですね。 昨年は、これが原因で二回入院しました。 今回は、耐えられないほどの痛みではないので様子見。昨日は1日寝てました。 半分ふて寝です。 さすがにふてくされますよ。なぜ、こうも次から次へと後遺症が出てくるのか。 術後2年を超えました。それでこの状態ですからこの後遺症 [続きを読む]
  • いろいろ眼鏡
  • 私はど近眼で小学校3年生からメガネをしてました。 思春期を含めた20年ほどはコンタクトレンズでしたがそれ以外はずっとメガネ生活です。 「色眼鏡でものを見る」という言い方がありますね。あまりいい意味では使われません。偏ったものの見方をしているということですね。 がんが発覚したての頃、私は何を見てもがん患者という立場からものを見ていました。 食事ならば、美味しいかどうかでなくがんにいいのか悪いのか。 人混 [続きを読む]
  • 人の好き嫌い
  • 最近テレビを観る時間がもっぱら減りました。 代わりに圧倒的に触れる機会が増えたのがネット情報です。 実は、最近見つけたとあるユーチューブチャンネルにはまっておりまして、 高原剛一郎さんという方のチャンネルでご本人の講演収録を100本ほどアップしたものです。 この高原さんという男性のこと、ご存知の方いらしゃいますかね。 この方はクリスチャンです。講演の目的も本来はキリスト教の伝導なのですが何しろその情報 [続きを読む]
  • 未病の治療
  • 先日久しぶりに会った友人と会食をしました。友人は私の病気を知っていますが実は、今年その友人も命に関わるような病気を経験したと聞いて驚きました。 脳梗塞です。 幸い後遺症もなく元気に回復しましたがやはり経験者の話というのは鬼気迫るものがあります。 脳梗塞とは、血栓が脳の血管につまり血液が流れなくなる病気です。その治療にはまず血栓を溶かすために血液サラサラになる薬を投与します。 そこで、友人は考えたそう [続きを読む]
  • ちびまる子ちゃん
  • ちびまる子ちゃんを初めてアニメで見た時のことは忘れられません。小学校3年生の女の子の気持ちをこれほど素直に表現したものは多分なかったと思います。 主題歌にもぶっ飛びましたよ。おどるポンポコリン♪とかお腹がへったよ〜♪なんて 作詞はさくらももこさん自身が書いたそうですがさすがです。 私は、当時すでに30歳になっていましたがこれが小学校3年生の女の子の気持ちなんだとなぜか、無性に共感してしまいました。 [続きを読む]
  • その時を生きる
  • 私の大学での専攻は文学部哲学科です。と言っても、特に興味があったというわけではなく当時センター試験が始まったばかりの頃で倫理社会の成績がたまたま良く、もしかしたらこの方面に向いているんじゃないかと半ば勘違いから選んだ専攻でした。 けれども、年を経て経験を重ねてくるとこの腹の足しにもならない「哲学」という言葉が大きな「問い」となって私を攻め立ててくるのですよ。 がんともなれば肉体、精神、経済、人間関 [続きを読む]