いきてる さん プロフィール

  •  
いきてるさん: 今日もいちにち生きました
ハンドル名いきてる さん
ブログタイトル今日もいちにち生きました
ブログURLhttps://ameblo.jp/gantoissho/
サイト紹介文直腸がんと診断されました。検査、入院、手術、代替医療、がんを抱えた生活のことを綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2013/10/12 15:32

いきてる さんのブログ記事

  • 若い力
  • 昨夜は金曜の夜だったこともありWEBで見つけた読書会に参加しました。 参加者は2〜30代が中心。本好きが集まるのでみんな言葉の表現力が豊かです。 ルールは、決まった本は設けず、最近読んだ本の報告会。 感動した本の内容を自分の体験と重ねながら熱っぽく語る若者たちに感激しました。彼らが紹介する本を読みたくなりましたよ。 私直球勝負ではなく、変化球。 本は朗読で聞いていること。朗読を聴くには、ビジネス本や短編 [続きを読む]
  • 甘くみてはいけないオキノーム
  • 術後2年が経とうというのに未だにオキノームが手放せません。オキノームは医療用麻薬の中でも最も一般的なものですね。 麻薬だけに鎮痛効果はロキソニンなどよりはるかに効きます。私の場合は下半身。痛いというほどではないのですが服用すると楽なんですね。特に歩く時は、ヨタヨタ歩きにならなくて済みます。 先日の外来で、尿検査がありました。目的は腎臓の具合を診るためです。 が、ふと疑問が湧いたのですよ。医師に聞きま [続きを読む]
  • 外来
  • 本日は月に一度の外来デー。 先日のCT検査では異常なしとの所見でしたがこれは諸手を挙げて喜べるようなものではありません。 去年の5月、私の某大動脈リンパ(腎臓の高さのやや上)にはあってはならない影が現れました。 その後1年間、他の部位も含めて観察を続けてきましたが無治療であるにもかかわらず、この影は変化を見せません。 それを見ての医師の判断はこれはガンではなく炎症の可能性が高いというもの。 とはいえ、実 [続きを読む]
  • 大雨の西日本
  • 連日報道されている西日本の大雨被害。災害報道には慣れているとはいえ、毎回身につまされます。 おとといの日曜日日本オストメイト協会の会合があり、出席しました。こうした折ですから災害時の対策が大きな話題でした。 私たちオストメイトは基本的に弱者です。弱者と聞いて反発を覚える方もいるとは思いますが障害者手帳の交付や障害年金の受給など公的に弱者として判断されているのは事実です。 これが災害の現場では顕著にな [続きを読む]
  • CT検査結果
  • 現在まで私のCT検査サイクルは三ヶ月に1度でした。 CT検査を受けると数日後に結果を聞きに来てくださいと言われるのですが今回はなぜかそれがありません。 そこで電話で主治医に連絡をつけようとしたのですがこれが捕まらない。 その代わりに外科部長につなぐことができました。 外科部長は私の手術の執刀医の一人でもあるし入院中の回診で毎日会っていましたから気心も知れています。 今回のCTは異常なしとの所見。胸をなでおろ [続きを読む]
  • 睡眠
  • 食事 運動 睡眠 メンタル 健康維持の4大要素ですね。私はこの言葉をパネルにして部屋に飾っていたくらいです。 インテリアとしてはあまりに不格好なので今は外していますが意識だけはしています。 4要素の中で一番できていないのは睡眠かなと思ってます。 睡眠の効用はいろいろですが中でも重要なのがメラトニンの分泌。 昔から言われてましたが近年になればなるほど新たな効用が発表されています。 体内でつくられる最強の [続きを読む]
  • 新しい漢方医
  • 私は病院の他に漢方医にかかっています。とは言っても半年に一度ほど行くだけなのでかかっている程とは言えませんが初歩うされる漢方の量がものすごくカバンが溢れるほど持ち帰ります。 1日3回3ヶ月分。これが3種類ありますから全部で810包。 いやはやすごい量です。 私はこの他にビタミンミメラル系のサプリを3種類乳酸菌系を2種類EPA系を2種類亜鉛系を1種類取ってます。あ、それからエビオスも。 半分は漢方の先生の [続きを読む]
  • 旅行の計画
  • 私の一番の趣味は旅行です。 大変なのはスケジューリング。 以前も書きましたが仏像に興味を持ち始めまして、関連本を大量に大人買い。 暇さえあれば仏像本を開いてます。 おかげで随分と詳しくはなりましたが仏像の世界はあまりに深くにわか仕込みの知識ではとても太刀打ちできません。 一方、こんな逸話もあります。 奈良時代に隆生を極めた仏教は政治をも脅かすほどになっていました。これに業を煮やした桓武天皇は奈良を捨て [続きを読む]
  • 腹水かぶれ
  • 骨盤内全摘術を受けた私は基本的に臓器を取った部分が空洞になってます。 おかげで下腹が思い切り凹んでいるわけですが凹んだ部部分にストーマが2つついてますからうまい具合に服の上からは凹みも膨らみもなくちょうどいい形になっています。 悩みの種は空洞部分に溜まる腹水。主治医からはいずれ治りますよと術直後から言われ続けてきたわけですが一向にその気配がありません。 それどころか、今年の1月には溜まった腹水が膿瘍 [続きを読む]
  • サスペンダー
  • オストメイトの私にとって気になるのはズボンのベルト。ベルトがストマを締め付けるということは出口をふさぐということです。 滅多に起きることではありませんがベルトがストマに当たるのは気分のいいものではありません。 そこで多くの人が進めるのがサスペンダー。私も退院後すぐに買いました。 けれど、サスペンダーにもいろんな種類があるんですね。数千円から買えるんですが、選択には時間がかかりました。 結局選んだのが [続きを読む]
  • 国会、がん患者へのヤジ
  • これは読者の方から教えていただいた今朝のニュースです。 喫煙に関する事項が曖昧な形で可決された健康増進法に対して国会に呼ばれた肺がん患者NPO代表の長谷川一男さん。受動喫煙の害について訴えました。 ご本人もステージ4のがん患者です。がんのために背骨が弱くなっており骨折予防のためにコルセットをしていました。 長谷川さんは、そのコルセットを外し聴衆にそれを見せながらがん患者が置かれている状況を説明しました [続きを読む]
  • 理性と感情
  • 直近の2本分の記事。私は弱音をブログにぶつけました。 読んでいる人にとっては嫌な気持ちのするものだとは分かっていましたが私には必要なことでした。 おかげで淀んでいた気分が晴れましたよ。弱音を吐くということもブログの効用の一つなんだなと再確認。大きな収穫です。 がんのダメージの半分はメンタルに関するものだという学説があります。私は両手を挙げてこれに賛同します。 メンタル問題が解決できればがんの半分は治 [続きを読む]
  • 絶望から始まる朝
  • がんの侵襲とは身体に対してだけではありません。その半分はメンタルへのダメージだと考える医師は多いようです。 この考えはアメリカなどでは随分と進んでいるようですが日本でもがん哲学外来や精神腫瘍科などが設置されるようになってきました。 私は人工肛門と人工尿路の二つを持っています。尿はすぐに溜まりますから夜寝る前に、尿路パウチを大きなバッグにつなげて大量の尿を受け止められるようにします。 ですから、私が朝 [続きを読む]
  • 後遺症
  • 2016年8月に骨盤内全摘術を受けました。その前に、放射線治療もしてましたので後遺症があるだろうとはずいぶん言われたものです。 術後、出ました。わけのわからない後遺症が。 40度の高熱、CRPも極度に高い。一体、何が原因なのか。 病院でも特定できません。 やったのは抗生物質の多種投与。数撃ちゃ当たるという考えです。 それでも安定しない。 結局、4ヶ月の長期入院になりました。 あれから2年近くが経ちさすがに [続きを読む]
  • 死ぬのは怖いことなのか
  • 最近、隙間時間に読んでいるのがこの本。世界的なベストセラーになったので読まれた方も多いのでは。 私は、ちまちまと読んでいるのでなかなか読み進めていません。最初の10分の1位。かつて人類はたくさんいましたが一種を残して全部絶滅。生き残った一種が私たち、ホモサピエンスというわけです。 世界的にバカ売れした本なので多分面白い話の展開になるんじゃないかと期待してます。 人間というのはわけがわからないことが多い [続きを読む]
  • 時計
  • 時間を意識した生き方をするようにしています。1日の価値、一時間の価値、1分の価値をじっくり味う。 そういう生活を送りたいと思っていますしそういう感覚を持った人間になりたいと願っています。 10年ぶりに時計を買い換えました。私の人生で初の高級時計なのであれこれ悩みましたが度胸で買いました。 もともとは、中古のオープンカーが欲しかったんです。けれど術後、運転ができる体には戻らないと自覚するに至りその予算 [続きを読む]
  • 仏像
  • 癌が再発して以来体を使う趣味が全滅しました。 その分、趣味嗜好も変わりましたがもともとおたく嗜好でしたので今していることは結構気に入っています。 最近、毎日のように目を通しているのが仏像の関連本。 1年前に「週間日本の国宝100」と言うムックを購読し始めたのがきっかけです。 日本の国宝彫刻というとそのほとんどが飛鳥から鎌倉期にかけて作られた仏像なんですね。 国宝と言う観点から入りましたから最初は美術の [続きを読む]
  • 鋸山
  • 千葉県の鋸山に行ってきました。 特に行きたい場所でもなかったのですが週末は運動を心がけているので出かけました。 最寄りの駅は浜金谷駅。一時間に一本の路線です。そこそこの田舎ですね。 あまり無理せず、ロープウェイで山頂へ。ところがそこからがきつかった。どこに行くにも急勾配の石段が。これがきつい。この二年間で一番きつい日となりました。子供を抱いたお母さんたちにバシバシ抜かれました。ゼエゼエ。 やっと登る [続きを読む]
  • がんにならない体質作り
  • がんになるメカニズムは諸説あるものの遺伝子のコピーミスであるというのは衆目の一致するところです。 健康な人でも毎日がんは発生しており自己の免疫や修復力で抑えている。 ところがその力をがんの増殖スピードが上回るとがんが発生するというわけですね。 では、なぜこうしたことが起きるのか。最近注目を集めているの学説があります。「炎症」です。 今、読んでる関連本がこちら著者は「世界一受けたい授業」でおなじみの池 [続きを読む]
  • 一病息災
  • 「一病息災」という言葉は「無病息災」から来た造語だと思っていました。 漱石門下の小説家、内田百間に一病息災と言う随筆があることからこの造語を作ったのは百間先生だとも思っていました。 けれど全て勘違い。れっきとした4文字熟語のであり辞書にも載っています。 私の場合で言うならがんという病を得て健康に気をつけるようになった。それがきっかけで取り入れるようになった生活習慣は他の病気に対しても有意に働いていま [続きを読む]
  • 高尾山
  • ここ3ヶ月の間に2回も腸閉塞になった私。 その対策に真面目に取り組まなければならないこととなりました。 対策のポイントは二つ。 1)腸にに優しい食事2)腸がよく動くための運動 結局のところこれ以外に方法はありません。漢方で抑える方法もあるようですが、それは次回の漢方外来で相談するつもりです。 今の食事は、もっぱらうどんかそうめん。食物繊維などは避けてます。それも1日一食。小分けにして2食程度というとこ [続きを読む]
  • 腸閉塞再び
  • 昨日午前の会議中にそれは起こりました。 突然お腹を刺すような痛みが。まずい、会議中だってのに。 こうなると、発言もできませんし人の話も耳に入りません。 ひたすら我慢。脂汗が身体中に出てくるのが分かりました。 席に戻ると内線電話。会議に出席していた同僚からです。 「大丈夫ですか?」 なんでも会議中に、私の顔色がみるみる悪くなっていったらしい。 我慢してたのにバレてた。わかるものなんですねえ。 小一時間ほど [続きを読む]
  • 脂肪と糖とアルコール
  • 食生活の乱れが気になりだした最近の私。 書店でたまたま手に取った食事療法本を読みながら反省することしきりです。 そんなわけで昨日に引き続いての健康テーマ。 今日は脂肪と糖とアルコールについてです。 一般的なイメージでは脂肪は悪玉。けれどことはそれほど単純ではありません。 取るべき脂肪と避けるべき脂肪とがあるんですね。 EPAやDHA,エゴマオイルなどは血液サラサラにして動脈硬化を抑えてくれます。 血管年齢を若 [続きを読む]
  • 摂っちゃいけない糖質ランキング
  • 言うまでもなく闘病において食事は重要です。 食習慣にによって体への影響は天と地ほどに違ってきます。 何しろ毎日のこと。小さなことでも大きな違いになって現れます。 というわけで、ずぼらな私も折に触れ自分の食習慣を見直しています。 頼りにしているのは食事療法関連の本が多いですね。病院の主治医は教えてくれませんから。 最近、読んだのがこの本。 著者は糖尿病の専門医。ページの大半が糖質の功罪に割かれています。 [続きを読む]
  • マレーシア移住ってどうよ
  • 若い頃から老後は海外移住という考えを持っていました。 しかし、私の履歴はフリーの時代が長く人並みに厚生年金を払っていません。 従ってもらえる年金額は平均値の半分程度と見ています。 そこで、移住に当たっては月10万円程度で暮らせること。安全である事。日本人コミュニティーがあること。医療施設の充実。 こうしたところが条件になってきます。マレーシアは、都会を外せば予算内で暮らすことは可能です。その他の条件 [続きを読む]