いきてる さん プロフィール

  •  
いきてるさん: 今日もいちにち生きました
ハンドル名いきてる さん
ブログタイトル今日もいちにち生きました
ブログURLhttps://ameblo.jp/gantoissho/
サイト紹介文直腸がんと診断されました。検査、入院、手術、代替医療、がんを抱えた生活のことを綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2013/10/12 15:32

いきてる さんのブログ記事

  • 香港、冒険旅行
  • 香港にやって来ました。 術後、海外は初めて、いや飛行機に乗るのが初めてです。資料によれば「気圧の変化でパウチが膨張するかも」とある。 チケットカウンターでトイレに近い通路側の席を希望したところ「70時間以内なら、WEBで座席指定できるんですよ」との返事。 知らなかった・・・・。時代に取り残される自分を感じました。(JALだけかもしれませんが) 何はともあれ、パウチに変化無し。これはめで [続きを読む]
  • ストーマ対策
  • 以前も書いた私のストーマ三大トラブル 1)漏れ2)かゆみ3)音・臭い 1)漏れについて  便が面板の隙間に潜り込んで起きることがほとんどです。  パウチの穴の周辺にペースト上の皮膚保護材を塗ることで  対処しています。  先日、外出先で交換したのですが、ペーストが無く  そのまま貼付けたところ案の定、便が隙間に潜り込んでいました。  結果、ペーストの威力を確認できたということになります。& [続きを読む]
  • そこにトイレがある限り
  • 2016年8月1日私は、骨盤内全摘手術を受けました。 一ヶ月前の手術が失敗だったためこれが2度目の手術。 さらに、術前には化学放射線療法を受けていますから治りが悪い。 術中に神経に触ったおかげでお尻や睾丸がしびれて痛みが強烈に出ました。 入院中、最初に外出許可を得た時のことは忘れられません。 エスカレーターに乗っている途中でバランスを崩してしまいそのまま倒れたのですよ。支える [続きを読む]
  • 伊豆ショートトリップ
  • 本日は伊豆方面に出かけて来ました。 まず訪れたのが小田原城戦国時代、難攻不落の名を欲しいままにした名城です。あの上杉謙信や武田信玄もこの城を落とすことはできませんでした。 が、その後天下取りに王手をかけていた豊臣秀吉は数十万の大軍勢でこの城を取り囲みました。とうとう城主の北条氏は無血開城を決断します。しかしそのおかげでこの城は無傷で残ったというわけです。去年修復が終わったばかりなのでほと [続きを読む]
  • ブタもおだてりゃ
  • ほめられると木にも昇るたちです。 私のこの変なブログ。文章がうまいねと行ってくださる方がいらっしゃいます。 う、う、嬉しい。また書こう。 時折下手な絵をアップしてますがとても良いと言ってくれる方がいらっしゃいます。 またまた、嬉しい。続けよう。 そう思うのですよ。頑張れちゃうのですよ。 アメリカの文豪マーク・トウェインはこんな言葉を残しています。 「ひとつのほめ言葉で2 [続きを読む]
  • 認知行動療法
  • 3週間程前から心療内科のクリニックに通っています。 診断は軽度のうつ病。 私のうつ傾向は若いときから抱えて来たもので今に始まったことではありません。 けれどがん闘病においてこの気質はとても邪魔です。 がんになった理由。自己診断ではストレスが最大の原因だったと考えています。 事実4〜5年程前は猛烈なストレスを感じる仕事を立て続けに抱えていました。 がんの診断が下されたのはそ [続きを読む]
  • サボると怖い口腔ケア
  • 抗がん剤を受ける前には歯磨きをしっかりするようにと指導されます。 これは、口内炎を予防するためですが実は口腔ケアはそれだけではありません。 私の身体は炎症がくすぶっています。感染症にかかりやすく人ごみを避けるなど身体を守らなければいけませんが炎症がどこから来るのか今もって特定できていません。 それを歯科医で言われましたよ。 歯周病が原因かも、と。 口の中だけで菌がとどまってい [続きを読む]
  • 死生観もいろいろ
  • 余命宣告を受けると人は何を思うか。他人事ではないだけに興味は深い。 「百万回生きたねこ」の著作で有名な佐野洋子さん。2010年、72歳で亡くなった。 亡くなる前2年の余命宣告を受けている。 その間に著したエッセイ「死ぬ気まんまん」意表をついたタイトルの通り、死を前にして明るい心を持ち続けた。その死生観とはどんなものだったのか。 「もうすぐ死ぬと思うと、やる気などからきしなく [続きを読む]
  • 障害者手帳を使い倒す
  • 私が障害者手帳を取得したのは去年入院中だった9月のことでした。 障害者手帳を持つことで受けられるサービス。割引や優遇制度には既にいろいろあります。 ざっと挙げてみますと 医療費の免除。 車いすや補聴器等の女助成。 バリアフリー化などリフォーム費用の助成。 都営住宅の優先入居。 所得税・住民税・自動車税の軽減。 交通機関の無償化または割引。 NHK受信料の半額または [続きを読む]
  • 江ノ島の半日
  • 潮の香りを嗅ぎたいと思い江ノ島に出かけました。 新宿からロマンスカーで1時間、近いものです。 片瀬江ノ島駅 竜宮城をイメージしたとのことですがやや悪趣味かなあ。 江ノ島水族館 規模はさほどないものの、歴史はあります。 クラゲのコーナー何かと嫌われ者ですが海のアートですね。こうして見ると癒されます。 砂浜は大きいけど砂が黒い。火山国なんだなあ、日本は。 &nb [続きを読む]
  • ブログを書いてるそのわけは
  • 私がブログを始めようと思ったのはがんが見つかった直後でした。 かれこれ4年近くも続けて来たことになります。 生来マメな方ではありませぬ。日記をつけようと思った幾度もあれど、すべてが三日坊主に終わりました。 4年も続いた?それは私にとって奇跡とも言えるものです。 なぜ、できたのか。 がんの罹患がそれだけ衝撃だったということです。 自分の生きて来た歴史を年表にしたらそれを表す [続きを読む]
  • ストーマのかゆみ対策
  • 今日は外来。気になるCRP(基準値0.3以下)は前回の5から0.7と大幅に下がってました。絶好調といってもいい程です。 これをもって私の感染症は消えたと思いたい。 それにしても 10、20、5、0.7 と数値の上下動が激しいです。このことについて 医師 「◎◎さん場合はダイナミックに動きますね」私  「体質なんでしょうか?」医師 「いや、そういう病気なんです」 そうですか、そういう病気に私はか [続きを読む]
  • 保険の請求漏れ
  • 保険給付金の請求漏れ 保険が複雑化してる方、または治療が複雑化している方に起こりがちなことです。 この件に関しては、以前このブログに書いたんですがまた一つ見つかりました。 小さな手術一件分です。ちなみに私の入っている保険は手術の大小に関係なく一件につきいくら、と計算されます。 私は去年の入院中にドレナージ手術をしていました。 ドレナージ手術は一回と記載されていました。 そ [続きを読む]
  • キャンサーギフト
  • がんに罹患したことが分かった当初知った言葉の一つに「キャンサーギフト」があります。 何も分からずただただ悲嘆にくれていた頃でした。 「がんのおかげ」などという言葉を聞いても無理して言ってるんじゃないか。慰めの言葉なんだろうな。 そんな感想しか持ち得ませんでした。 けれど、今は違います。「キャンサーギフト」は本当にあると思うようになりました。 どうしてそう思うようになったのか。& [続きを読む]
  • サプリメント
  • 再発がん治療後の経過観察。 この身の上にふりかかるのは再再発の恐怖です。 怖いんですよねえ、これが。ぶるるるる。 恐怖から逃れる方法とは、再発予防の策を練ることです。私にはこれ以外にありません。 その方法を調べてはいるんですが再発予防を謳うクリニックはたくさんあります。 統合医療、免疫医療やハイパーサーミア等々。 自分が信頼する情報筋から、興味のあるクリニックはあるんです [続きを読む]
  • 豆乳飲み過ぎって?
  • がんに罹患してからというもの私は大豆信者になりました。 肉を断ったわけではありませんが控えています。その分のタンパク源を大豆と魚に求めました。 中でもこの冬からはまってしまったのが豆乳。 それまで、健康意識から時々飲んではいましたが突然美味しく感じられるようになり以来ごくごくと。毎日、500cc〜1ℓ飲んでます。 昨年発表されたWHOのガイドラインによれば手術後に起きる感染症の合併症に [続きを読む]
  • 私の自殺願望
  • 自殺願望がはっきりと意識されたのは15歳、高校1年生の時です。 その時形成された性癖は大人になっても影響し続けています。 自殺願望と一口に言ってもその形成の形は複雑で簡単に説明できるものではありません。 私の場合は、周囲にコンプレックスが引き金の一つになったものと思っています。 中学まではいわゆるできる子どもでした。その勢いで新学校に進んだわけですが父親が病気のため働かないいるこ [続きを読む]
  • コーヒーががんに効く?
  • コーヒーが好きです。1日5〜10杯は飲んでます。 今に始まったことではなく若い頃からの習慣です。仕事で昼夜も関係ない乱れた生活を送っていた時分も時間が経ち酸っぱくなったコーヒーでも飲んでました。 でも昔はコーヒーは発がん性があると言われていたんですよ。 これは、焦げた食品ががんを引き起こすということから来た話だろうと考えてます。 ところが昨今の報道を見ているとがんや心臓病、脳血管 [続きを読む]
  • 代替療法、無理なものは無理
  • 世の中に溢れるがんの代替補完療法。 私もいくつか試そうと思い、情報にはそれなりに目を光らせています。 失敗したなと今でも思うのがフコイダン。(実践している方にはすみません。あくまで私の場合なので気にしないでください) がん細胞をアポートーシスに導く奇跡のぬめり成分、などの売り文句にすっかり酔いしれてしまい、注文しました。お値段4万円。 一升瓶(なぜ、容れ物が一升瓶なのか非常に疑問 [続きを読む]
  • 夢の書き出し
  • ID:au8xqe私の将来はどうなるのだろう。いつもいつも考えています。 考えているだけでは漠然しているだけなので予想できるパターンをちょいと書き出してみました。 ◎再発が起きる。 治療に取り組むものの再発が再発を呼び 坂道を転げ落ちるかのように身体は衰弱。 休職を申請し、経済的には1年半しのげるものの その後は無収入。 何もできないままジ・エンド。 ◎再発が起きる2 これ以上のダメージを身体 [続きを読む]
  • 悔しいこと
  • 先週は、体調不良のせいで結局会社を二日休みました。 私には抱えている仕事があったんですがこんな私に任せておくのは会社としても心配です。 「今の状態で続けられるのか」という質問がありました。 私はその質問にはっきり答えることができませんでした。自分の体調がいつどうなるか分かりませんし仕事が佳境な時に体調を崩せば迷惑をかけます。 「判断にお任せします。」 それが私の答えでした。&nbs [続きを読む]
  • ストーマ装具給付券のミス
  • ストーマになると、自治体から給付券が支給されます。 パウチ代だけならこれだけで全部まかなえる金額なので事実上、ストーマ装具に関してはほとんど支払っていません。 仕組みは、装具を扱う代理店に自治体が給付できる額の書類を送ります。 同時に私のところに自治体から給付券が送られて来ます。それには、給付される限度額が記載されており、押印して代理店に送ります。 後は代理店に必要装具を発注し、ア [続きを読む]
  • 感染症予防に免疫栄養
  • 術後の合併症に悩まされている私。 最新のがんサポートに興味深い記事が載っていました。https://gansupport.jp/article/treatment/meal/15802.html 簡単に内容を紹介すると 手術は必ず感染症等合併症のリスクを伴う。そのリスク高侵襲の手術程高くなる。 場合によっては合併症が命にも関わることもあるため2016年11月世界保健機関(WHO)から「手術部位感染(SSI)予防のためのガイドライン」が発表された。& [続きを読む]
  • 酷い朝。
  • 今日は暖かく、気持ちのいい日となりましたね。 けれど私の朝は違いました。 退院以来最大の痛みが下半身にビビっと来たんです。 昨日外来で大丈夫だからと言われたばかりだというのにそうじゃなかった。 病院に電話しました。 「外来の受付は10時半までです。来られますか?」 「いやもう、痛くて歩けないんです。往診をお願いしたいほどです」 「救急車で来て下さい」 「救急車?どうや [続きを読む]
  • 外来に行って来ました。
  • 先週末からの体調不良を受けて外来に行って来ました。必ず注目されるのがCRPなんですが2週間前に0.7だった値が9まで跳ね上っていました。身体のどこかで炎症が起きている。それがどこなのか未だにはっきりしません。それにしてもどうしてかくも激しく上下するんでしょう。医師曰く。体調が悪かったらすぐ来て下さい。◯◯さんの場合は放っておくと大変なことになりますから。どうやら私の身体はがん以外にも爆弾を抱えているらし [続きを読む]