対話式算数 さん プロフィール

  •  
対話式算数さん: 算数教材塾・探求のブログ
ハンドル名対話式算数 さん
ブログタイトル算数教材塾・探求のブログ
ブログURLhttps://tai-san.net/
サイト紹介文中学受験の算数の通信教材です。自宅学習で難関校を目指します。スカイプで家庭教師も行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供254回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2013/10/13 17:53

対話式算数 さんのブログ記事

  • 小さいことに拘る
  • いよいよ11月になってしまいました。受験生も大変ですが、私も呑気なことを言っていられなくなりました。来年度に向けての募集活動にも力を入れないと、確実にピンチが訪れます。まさに水商売と言ってもいい仕事だと思います。水商売の言葉の意味はいろいろあるようですが。 先日、プロ野球でドラフト会議がありました。CSや日本シリーズと無関係な中日ドラゴンズを応援しているファンは、ドラフトとコーチ人事と新外国人くらいし [続きを読む]
  • サルでもわかるよくない家庭教師の見分け方
  • 私はコストをかけずに良いものを提供したいと常に考えていますので、対話式算数の挿絵をお願いしているイラストレーターさんとは個人契約を結んでいます。業者に中間マージンをごっそり持っていかれるのは、お互いに不幸になると思っています。家庭教師センターに自分自身を登録して、そこを経由して家庭教師をやろうなどとは考えたこともありません。無料登録のところならばしてもいいですが、現在は首都圏ではなく、田舎に拠点を [続きを読む]
  • やはり5年生後期にやるべき単元は
  • 算数教材塾・探求では、ブログに書く内容は、ブレないことをなによりも大切にしています。とは言いましても、業務を続けていく中で、考え方が変わることもあります。変化しなければならないほど衝撃的な印象を受けることがたびたびあります。そういうことに関しては敏感ではないといけないと思っています。衝撃的なことが無い限りはブレません。 算数で重要単元として2つ挙げてきました。3年前からは重要単元を3つにしています [続きを読む]
  • 4周年を迎えました
  • 1日遅れましたが、昨日の10月13日で算数教材塾・探求は4周年を迎えました。特に思い入れのあった日付ではなく、レンタルサーバーを申し込んで、HPをつくって公開したのがその日だっただけのことです。教材は2012年から作り始めて、これでやっていく決心をしたのが2013年9月でした。2013年8月にプライベートで北海道に旅行し、そこで「探求」という名前に決めました。恥ずかしくて大きな声では言えませんが、漢字は違いますが [続きを読む]
  • 志望校合格が厳しい方へのアドバイス
  • とてもストレートなタイトルにしました。具体的な解決策を書いていくわけではございません。万人が実行できる秘策がありましたら、私も教えて欲しいくらいです。そういう点ではダイエット法と似ているかもしれません。解決策よりもやり抜く意思が大切というわけです。 最近、テレビはほとんど見ていなくても、YouTubeで見たいテレビ番組はほとんど見られそうです。本気でテレビを見ていないで、何かをしながら見る場合、「あれっ、 [続きを読む]
  • 最強の志望校対策は解説を読むこと
  • 私事ですが、最近、スマホを買いました。いままではLGのLGV31という製品を使っていましたが、ついにiPhoneにしました。最新のiPhone8やiPhoneXではなく、少し値段の下がったiPhone7plusです。 まだ届いていない状態なので使い勝手は分かりませんが、調べてみると、Androidの方が機能は上で、2年半前から使っていたLGV31の方がスペックはやや上のようです。「高いのに機能が低い」こんな印象です。 どうして買い換えたのかというと [続きを読む]
  • 模試で不調から脱出する方法
  • 6年生の後半ともなれば模擬試験を受ける頻度が高くなります。思うような結果が出る人もいれば、出ない人もいます。模試は受ける前よりも、受けた後に、時間をかけて、「どうしてできなかったか」、「どうしたら次はできるようになるか」をしっかり分析をする必要があります。問題の解き直しという意味ではありません。同じ問題が出たら出来るようにということではなく、同じような系統の問題が出てきたとき、きちんと対応できるか [続きを読む]
  • 4・5年生の保護者がやった方が良いこと
  • 週末はブログをあまり書いていませんでしたが、今週末は台風で悪天候の予報ですので書くことにしました。短めのブログになると思います。 受験生の保護者はとても熱心な方が多いです。特に4年生の保護者からは「私は何をすればいいんでしょうか?」というように、可能なことは献身的にやりたいという方は多いです。ノートに問題文を直筆で書いて、余白十分の状態で解かせるというケースはよく見られました。とても頭が下がります [続きを読む]
  • 対話式算数第30話:角度3
  • 角度の3回目です。4年生の角度はこれで終わりとなり、5年生で角度は出てきませんので、次は6年生の本格的な内容となります。テクニックが多くなりますので、理解が難しい場合は、先送りをしても良いです。角度や面積は公式だけ身につけてもなかなか問題は解けません。いろいろな練習問題を解いて、力をつける必要があります。小4集中図形などで、いろいろな問題に触れることをお勧めします。2016年版は第37話に角度③がありま [続きを読む]
  • 3・4年生に場合の数を勧める理由
  • 6年生はいよいよ過去問をやる季節になってきました。いままでは各単元をバランス良く学習していましたが、難関校の過去問になると、速さ、平面図形、立体図形、場合の数の頻度が高まります。 各単元を教えていると、それぞれの単元で、本当に分かっているのかな?という疑問を生じますが、その中でもトップは場合の数です。高度な場合の数の問題になると「場合分けがすべて」といっていいほど場合分けが重要になります。 「場合分 [続きを読む]
  • 難問はどう取り組むべきか
  • 6年生の後半ともなれば、過去問を学習する時期です。難関校を目指している方は、当然難問に接することになるでしょう。そのときに、解けない問題にあたります。対処法はいろいろです。捨て問だから捨てる試験時間は度外視で頑張るけど、ほどほどの時間で分からなければ諦める試験時間は度外視で頑張るけど、ほどほどの時間で分からなければ解説を見る試験時間内で解けなければ、解説を読んで理解する3・4のときに先生に聞くその [続きを読む]
  • 6年生の9月は要注意
  • ブログのスタンスを少し変えようと思い、充電していました。再び今日から頻繁に書いていきたいと思っています。良い記事だと思ってくださった方は、是非、にほんブログ村のバナーボタンを 願います。 6年生は夏休みが終わり、受験が近づいたことを実感していると思います。今年は7月は暑かったですが、8月は涼しく、9月になるとさらに温度が下がり、気持ちが切り替わりやすくなっていると思います。 ところが、実は9月 [続きを読む]
  • 対話式算数第29話:多角形
  • 今週から図形です。多角形を学習します。平面図形を4週間学習したあと、立体図形を4週間学習します。その後、図形と規則性を2週間学習しますので、10週間連続で図形となります。多角形は、内角の公式や対角線の本数の公式がありますが、その公式をしっかり覚えて欲しくないと思っています。仕組みを理解していれば、いつでも自分自身で式をつくり出せるからです。そうやって身につけて、いつの間にか覚えているという形がベスト [続きを読む]
  • 模試の判定は良いけど、過去問で点数が取れない人の対処法
  • タイトル通りの内容になります。今回は、模試の判定が悪いけど、過去問対策をしっかりやって合格を目指すというブログではありません。これはリクエストのあったものです。昨年か一昨年にも同じようなブログを書いていますが、そのときに触れなかったことも書いていきます。 模試で良い判定が出ているのに、過去問ができない場合です。良い判定というのは70%以上です。 よく、模試ができなくても、過去問ができれば良いという人が [続きを読む]
  • 地頭の良い人に勝つ方法はあるのか?
  • こんなことをいまさら書くまでのこともありませんが、中学受験の勉強を始める小学4年生や、もう少し下の2年生や3年生でも、個々の生徒さんで能力の差は大きくあります。5歳くらいまでに脳が決まると言われると、「じゃ、5歳までに何かさせよう」となりますが、そこにビジネスが絡んできたりすると、効果の有無に関係なくお金を使うことになり、やるせなくなります。お金の問題だけでなく、大きな期待を寄せて行動に移したのに [続きを読む]
  • サピックス5年夏期講習の重要問題
  • 表題の通り、サピックスの5年生夏期講習の算数の重要問題です。そろそろ夏期講習が終わり、復習をしてこの夏に身につけたことの定着を測る時期だと思います。そこで、この夏にしっかり身につけたい60問を厳選しました。復習テストの予想問題ではありません。あくまでも重要な問題で、復習をやる価値のある問題です。サピックス偏差値45〜60くらいの生徒さんに対応していると思います。やや対象生徒さんの幅が広いので、担当講師に [続きを読む]
  • やはりサピックス生が心配
  • 今回のタイトルは、決して脅かすわけではありませんが、率直な感想です。延々と書いても仕方がありませんので、短めで書きたいことだけ書いて終わりになると思います。 6年生の授業ですが、早稲田アカデミーは授業時間が恐ろしく長いと思います。日能研はいきなり解説と聞いたことがあります。四谷大塚も講師によって様々なスタイルがありますが、解説中心だと思います。そんな中で、サピックスは演習に拘る塾です。 演習の方が重 [続きを読む]
  • 牛乳石鹸のCMを見て思ったこと
  • 牛乳石鹸のインターネットのCMがとても評判が悪く、取り止めになったそうです。取り止めの話題になってから見たのですが、サラッと見るとよく分からないCMです。しっかり見てみると、主人公はサラリーマンの夫で、息子の誕生日に奥さんにケーキとプレゼントを買うように頼まれ、その通りに買ったのですが、職場の後輩が仕事でミスをし、それを励ますために仕事後にケーキとプレゼントを持ったまま2人で居酒屋に行き、帰宅したとき [続きを読む]
  • 対話式算数第28話:消去算1
  • 特殊算の第4週目は、「消去算」です。これで、4年生で学習する特殊算「和差算」「つるかめ算」「平均算」「消去算」の4部作が終了です。期間限定としまして、3200円(単品800円)のところを、昨年版の過不足算も加えて全5話で2500円(税抜)で販売いたします。過不足算は4年生から外れましたので、何%引という計算はできませんが、37.5%OFFに相当します。ご注文は2017年8月31日PM11時55分までとさせていただきます。集団授 [続きを読む]
  • 算数ができないなら、親が頑張るべき
  • 今日も短めのブログを書きます。昨日は、結局1600字くらいまで行っていますので、それほど短くはなりませんでした。いつもの30%減くらいです。今日はもっと短く読みやすいものになるかもしれません。いいえ。そうではありませんでした。今回はかなり失礼なブログになるかもしれません。辛口ブログがお好みではない方は避けた方が良いかもしれません。 今回のネタも、またインターエデュです。小4の娘が反抗的な態度で、一緒に勉 [続きを読む]
  • 夏期講習中でも軌道修正が必要です
  • 今日は短めのブログになると思います。理由は、あまり構成が定まっていないからです。なんとなく言いたいことがあるだけです。いつもなら書かないところですが、にほんブログ村でベスト3から落ち4位になってしまったので、慌てて筆を取ったというところです。 夏のスカイプ指導も山あり谷ありです。6年生は、夏から過去問!という主張をしていますが、やってみると、まだまだそのレベルではないということを痛感します。それを [続きを読む]
  • 算数で苦戦している子の原因と対策
  • 昨日の続編のブログを書こうと思いましたが、にほんブログ村のポイント数があまり伸びていないようですので、今日はそれとは異なる内容を書きます。2012年から対話式算数を作り始めました。理由は対話の教材を作りたいと思ったからです。市販で、解説が詳しいといわれる教材や、四谷大塚の予習シリーズの解説は、解法を見て身につけるものです。文章はおまけみたいなもので、「線分図」「面積図」「式」などを見て解法を理解してい [続きを読む]
  • 算数で苦戦している子の原因と対策
  • 昨日の続編のブログを書こうと思いましたが、にほんブログ村のポイント数があまり伸びていないようですので、今日はそれとは異なる内容を書きます。2012年から対話式算数を作り始めました。理由は対話の教材を作りたいと思ったからです。市販で、解説が詳しいといわれる教材や、四谷大塚の予習シリーズの解説は、解法を見て身につけるものです。文章はおまけみたいなもので、「線分図」「面積図」「式」などを見て解法を理解してい [続きを読む]
  • アンケートのご協力をお願いいたします
  • 2017年度より、対話式算数にイラストを入れています。教育系のイラストということを強く意識しておりますが、どのようなご感想をお持ちかとても気になっております。小4対話式算数が上半期が終了したこともあり、お手数をおかけしますが、第1〜25話のブログのトップ画像でお気に入りの画像をお選びいただけますでしょうか?お気に入りを3点までチェックし、ご送信願います。個人情報は一切いただきません。集計結果はときどきお [続きを読む]
  • アンケートのご協力をお願いいたします
  • 2017年度より、対話式算数にイラストを入れています。教育系のイラストということを強く意識しておりますが、どのようなご感想をお持ちかとても気になっております。小4対話式算数が上半期が終了したこともあり、お手数をおかけしますが、第1〜25話のブログのトップ画像でお気に入りの画像をお選びいただけますでしょうか?お気に入りを3点までチェックし、ご送信願います。個人情報は一切いただきません。集計結果はときどきお [続きを読む]