対話式算数 さん プロフィール

  •  
対話式算数さん: 算数教材塾・探求のブログ
ハンドル名対話式算数 さん
ブログタイトル算数教材塾・探求のブログ
ブログURLhttps://tai-san.net/
サイト紹介文中学受験の算数の通信教材です。自宅学習で難関校を目指します。スカイプで家庭教師も行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2013/10/13 17:53

対話式算数 さんのブログ記事

  • 解き方が悪い方が算数が伸びる
  • 今回のブログタイトルで、目を疑った人もいると思います。算数教材塾・探求は書き方を特に重視していますので、いままでのブログでも書き方・解き方は大切と何回も述べてきました。それと正反対のタイトルにしました。しかし、整合性がないわけではありません。先日、探求掲示板で、難関校を目指す場合は、徐々に解き方は狭いスペースで書いた方が良いのでしょうか?というご質問があり、個人的見解を書きましたが、それにつけたす [続きを読む]
  • 「最小公倍数」と「分数を小数に直す」教材を作りました
  • 何日か前に、最小公倍数と、分数を小数に直す教材を作ると宣言しましたが、ようやく作りました。案外苦労しました。まず、分数の表示は罫線を利用しましたが、罫線までソートできないので、小細工しました。分数は2行セットでのソートですが、そのくらいは知っていました。段組しないと、計算プリントとして成り立ちませんが、それもなんとか小細工してできました。 教材の概要をお伝えいたします。1回50問です。内訳は、分数を [続きを読む]
  • どうして算数がいきなり伸びる子がいるのか?
  • 私自身、学生のころは、算数や数学で困ったことがほぼ無いのですが、国語や英語は困っていました。ところが、あるときから、いきなり国語ができるようになりました。古文や漢文はまるでダメだったので、偏差値は大したことはありませんでしたが、現国に限って言えば、高い正答率に急変したと思います。ちなみに英語は最後まで困ったままでした。 算数に関しましては、生徒さんの中で、ときどき、いきなりできるようになる子がいま [続きを読む]
  • サピックス6年の基礎トレの解説を始めます
  • 今月から、相棒と塾講師ラジオというものをやっておりまして、音声ファイルというものを初めてつくりました。また、お支払いもPayPalを使ってみました。せっかくなので、それをもう少し活用したいと思い、サピックスの6年の基礎トレの解説もやってみることにしました。もちろん、算数教材塾・探求はサピックスとは一切関係がありません。 せっかくサピ生が、毎朝がんばって早起きして取り組んでいるものですので、可能な限り効果 [続きを読む]
  • 塾講師の能力
  • 塾講師や家庭教師は、プロフィールに出身高校名、出身大学名を載せている場合があります。なぜ、それを載せているかというと、安心感、プレミアム感を与えたいからだと思います。私の場合は、それで与えられる安心感などは大したものではないと思っていますし、与えるサービスの品質と学歴はまるで関係が無いので、載せようとも思っていません。顔写真があった方が信用度が増すとも言われますが、顔ではなく教材を見て、信頼しても [続きを読む]
  • 小3新教材はNEO先取り学習
  • 今日は6月1日です。受験業界は、2月スタートなので、今年度の1/3が終了して、今日から中盤を迎えます。気を引き締めて、行きたいと強く思っています。 受験生もこのように、1/3ずつ区切って考え、今日から、新たなステージということでテンションの上がっている人が多いことでしょう。というか、上がらないといけないと思います。中盤は6・7・8・9月の4ヶ月間になるのでとても重要です。 算数教材塾・探求では、今日か [続きを読む]
  • 本当に6年生全員に夏期講習は必要か?
  • 「小学6年生の中学受験生」と聞くと、もの凄い大変な受験勉強をするイメージを持たれる方もいると思いますが、受験生によって大きく異なります。「小学6年生の中学受験生」と一括りにすることはできないと思います。以下のタイプに分かれると思います。難関中を目指し、必死に勉強している人難関中を目指しているけど、文武両道の方針で、勉強時間は短めな人中堅校を目指し、長い時間学習している人中堅校を目指し、短い時間学習 [続きを読む]
  • 分数の通分の計算の前に
  • 私は、公文否定派で、百ます計算肯定派です。とは言いましても、何から何まで公文がいけないというわけではなく、使い方の問題です。ストップウォッチを使ってタイムアタックのように扱えう状況であれば、公文で良いです。それができなくなるレベルまでいったら公文卒業で良いと思っています。それに対して、百ます計算は、最大99×99までやることができますが、どのくらい大きな数になってもタイムアタックで取り組めます。つまり [続きを読む]
  • 計算問題を間違えた後の処理の仕方
  • 対話式算数のお客様のブログを読みまして、計算問題の間違いについて書かれていましたので、それについて、一意見を書きたいと思いました。直接メールを差し上げても良かったのですが、直接相談されたわけでもありませんので、一般論化してブログの題材にしたいと思いました。 まず、計算間違いは、ミスした箇所を発見することから始まります。よく、「計算間違いしているよ」と指摘すると、すぐに消してしまう生徒さんがいますが [続きを読む]
  • 算数が伸びない最大の理由
  • 中学受験の算数を教えている人は、基本的に算数が好きです。そうでない人もそれなりにいましたが、算数が好きな人は、大抵、数学よりも算数の方が面白いと言います。数学も、大学入試の難関大レベルならば面白いと思いますが、そうでなければ、公式を身につけて当てはめるだけ、決まりきったパターンで証明していくだけで、高得点が取れます。いわゆる覚える科目で、問題を見て瞬時に解き始めるか、せいぜい、どのパターンかな?と [続きを読む]
  • 思考力を上げる1つの方法
  • 算数は、大まかに分けると、思考力問題と典型題に分かれます。典型題は、解き方を理解して覚えます。典型題を見たときは、引き出しから解き方を引っ張り出して、使って解きます。少々ひねりが入っていて解き方が分かりにくい場合もありますが、基本的には時間をかけてしっかり練習して身につけたもの勝ちです。インターエデュなどで、ときどき、方程式を使った方が有利という書込がありますが、典型題だけの出題ならば、そうかもし [続きを読む]
  • 塾講師ラジオ
  • 先日の予告通り、6月1日から新しいことを始めます。毎週、火曜日と金曜日に15分ずつ、2人の塾講師で会話した音声を記録し公開します。仮想ラジオ番組という意識ですので、「塾講師ラジオ」と名付けました。 15分間で、どれくらい語り尽くせるかは、予想することは難しいですが、必ずお役に立つものだと思っています。私は元塾講師だと思っていましたが、いま行っています業務は算数教材塾なので塾講師と言い切ることにしました [続きを読む]
  • 志望校を早めに決めるべきか
  • プロ野球では、開幕前の3月下旬に、どの監督も優勝を目指すと言います。それを言わないと、ヤル気がないと見なされるからなのでしょうか。優勝を目指すようなキャンプを過ごして、それを乗り越えたとき優勝を目指すと言えると思いますが、弱いチームは常に優勝を目指した練習になっているのか疑問です。 受験勉強も全く同じで、難関校を志望校にしている生徒さんがいます。それに相応しい学習をしていたら良いのですが、学習姿勢 [続きを読む]
  • プロデューサーは生徒
  • ここのところ、教材販売が鈍ってきました。魔の5月と言ったところです。地道なブログ活動で夜明けを待ちたいと思います。 よく、お子様が理解しているかどうかは、説明させた方が良いと言われます。説明してもらうと、理解できていないところはボロが出ます。それを改めて理解してもらうためです。 しかし、実はそれはあまり成果が出ません。それは説明してもらうときに、タイムリーな突っ込みを入れていないと思うからです。お子 [続きを読む]
  • 予習シリーズの前に対話式算数をどうぞ
  • 算数教材塾・探求のメイン教材は対話式算数です。この教材は、手間を惜しまず改訂を繰り返し、他の追随を許さない形を目指しています。この先、中学受験がどのような形になったとしても「書物で勉強するのが一番」と言ってくれる人が一定数以上いると思っていますので、その期待に応え続けていきたいと思っています。 対話式算数は、塾無しの自学自習生向けの教材ですが、通塾生にももちろん有効です。塾の予習に使って大きな効果 [続きを読む]
  • 予習シリーズの予習に対話式算数をどうぞ
  • 算数教材塾・探求のメイン教材は対話式算数です。この教材は、手間を惜しまず改訂を繰り返し、他の追随を許さない形を目指しています。この先、中学受験がどのような形になったとしても「書物で勉強するのが一番」と言ってくれる人が一定数以上いると思っていますので、その期待に応え続けていきたいと思っています。 対話式算数は、塾無しの自学自習生向けの教材ですが、通塾生にももちろん有効です。塾の予習に使って大きな効果 [続きを読む]
  • 6月から新しいことを始めます
  • 2012年から教材を作り始め、いつかは完璧なラインナップになり、そうしたら、やることがなくなると思っていました。しかし、教材は、より効果的なものを用意して、改訂も積極的に行うというように、新作とバージョンアップを続けていくと、終わりがないような気がします。次々と新しいことを考えては、それの制作にとりかかったり、計画途中で頓挫したりということを繰り返しています。やることがなくなるときは、永遠にこないよう [続きを読む]
  • その問題集をやっても、力がつかない
  • 最近、いろいろな家庭教師のブログで、家庭教師の学歴や合格実績は嘘つき放題だから信用できないという文面をよく見ます。きっと心当たりがあるのかと思います。この業界の人ならば、ブログの内容が浅ければその家庭教師の実力が無いということがすぐに分かりますが、成績を上げるために藁をもつかむ心境になっている保護者だと、冷静な判断ができない場合もあります。こんな浅い内容のブログを書いている人に、こんな高額を払う人 [続きを読む]
  • 親は隣で見ているだけでも効果がある
  • 家庭教師は教えることが仕事ですが、何のために教えているかというと、お子様自身が問題を解けるようにするためです。そこは絶対にぶれてはいけないところで、常にそれを念頭に置いて指導をする必要があります。そうすると、案外、教えすぎはよくないスタイルで、教えるのを我慢するスタイルの方が効果がある場合もあります。ある家庭教師のブログで「教えないことが大切」と書いているのを見たことがありますが、それをまともに受 [続きを読む]
  • 算数は書く量や書き方の質が大切だと改めて感じました
  • 4月28日日曜日から5月6日日曜日までの9日間、GWSSと名付けて、朝からスカイプ指導を行いました。結局、9日間で56コマの授業をし、大盛況でした。この場をお借りして、ありがとうございました。 時間がずれ込んだりご迷惑をおかけした部分も多々ありますが、指導日の間隔を詰めることで効果があったという生徒さんが多いと思います。次は、お盆です。いままでのスカイプ指導の生徒さんにとっても、新規の方にもご納得いただけ [続きを読む]
  • 親はもっと厳しくなるべき
  • ほとんどの受験生は4教科取り組んでいると思います。得意教科もあれば、苦手教科もあります。偏差値50ならば、4教科オール50よりも、得意教科は60、苦手教科は45というように凸凹が合った方が良いという人もいると思います。私は、必ずしもそうだとは思いませんが、苦手教科を上げることは案外楽なので、すべて無難な成績よりも、及第点あり課題ありの科目があった方が良いのかもしれません。 算数が得意な人は、少々暗記分野が [続きを読む]
  • 退塾か迷っているときに塾に相談しても
  • ゴールデンウィークが始まりました。スカイプ指導はGWSSという名称で、ゴールデンウィークの指導に力を入れています。28日から6日までの9日間で、52コマの指導になります(1コマは30〜70分でお客様のご要望に添っています)もうあと何コマかはできると思いますが、一応、満席と言っても良いと思います。私の感覚では乗車率120%といったところです。 誤解を与えないように書きたいと思いますが、乗車率120%だからというわけで [続きを読む]
  • 被害に遭いました
  • ここで書くことでもないかもしれませんが、やはり我慢なりませんので、いろいろなことを伏せて書こうと思います。後日、やはり消した方が良いと思ったときは、消します。 算数教材塾・探求では、教材費は事前に受け取り、その後、メールで送ります。スカイプ指導は後払いです。それは、スカイプ指導の方は例外なく信用おけると判断しているからです。例えば、病院や、クルマの修理では、毎回支払うのが当たり前ですが、塾の授業料 [続きを読む]
  • 算数が苦手ならば難しい問題をやらない方が良い?
  • 今日、某国語家庭教師に、探求教材は、どのくらいの偏差値の生徒さんまで対応しているのか?と聞かれました(FBのメッセンジャーで)。返答に迷うこともありませんでした。中学受験する生徒全員と答えました。 私の教材作りのルーツは、サピックス講師時代に、基礎トレを見て、もう少し力のつく良いものを作りたいと思ったところから始まります。その前から東芝のルポ(古い話ですが)を使って教材を作っていましたが、そのときは [続きを読む]
  • 受験勉強には体力が必要?
  • よく、いろいろなところで目にするのが、受験には体力が必要という文字です。大抵、その文章を見ていくと、スポーツをやるにつながっていきます。私は、スポーツでの筋力強化と勉強の体力にはまったく関係が無いと思っているので、そういう文面を見ると不思議な気がします。 例えば、クルマのレーサーは筋トレなどで運動しているそうですが、それは横Gに耐えられるようにだと思います。疲れてきたときの集中力の向上にも役に立っ [続きを読む]