尾崎杏子 さん プロフィール

  •  
尾崎杏子さん: 猫のひたい
ハンドル名尾崎杏子 さん
ブログタイトル猫のひたい
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/charlotte622
サイト紹介文主に映画の感想を書いています。マイナーな映画が好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2013/10/14 03:58

尾崎杏子 さんのブログ記事

  • 欲望の翼
  • 1990年の香港映画「欲望の翼」を観にいった。1960年、香港。サッカー競技場の売店で売り子をするスー・リーチェン(マギー・チャン)のところに、ヨディ(レスリー・チャン)という男がやってくる。「今夜、夢で会おう」という言葉を残して彼は去っていく。彼は次の日も、また次の日も、同じ時間にリーチェンの前に現れる。彼は彼女に1分間だけ彼の時計を見るように言う。この日を境に彼らは毎日1分間を共にすることになり、それは2分 [続きを読む]
  • オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分
  • 2013年のイギリス映画「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」。バーミンガムで建設工事の現場監督をしているアイヴァン・ロック(トム・ハーディ)は、7ヵ月前に酔って一夜限りの関係を持った同僚のベッサン(オリヴィア・コールマン)が早産の危機にあることを知る。翌日にはコンクリートの大量搬入が予定され、自宅では妻のカトリーナ(ルース・ウィルソン)と息子たちがサッカー観戦のために彼の帰宅を待っているが、彼はベッサンの出 [続きを読む]
  • 目撃者 闇の中の瞳
  • 台湾映画「目撃者 闇の中の瞳」を観にいった。2007年。新聞社で実習生として働くワン・イーチー(カイザー・チュアン)、通称シャオチーは、ある嵐の夜台北郊外の山道で車同士の当て逃げ事故を目撃する。被害者の車は無残に潰れ、運転席の男性は死亡、助手席の女性も瀕死の状態に見えた。シャオチーはとっさに現場から逃走する車を撮影し、大学院時代の恩師でもある上司のチウ編集局長(クリストファー・リー)に見せるが、ナンバープ [続きを読む]
  • お気に入りのヘアスタイルは?
  • お題に参加しております。お気に入りのヘアスタイル…というより私の場合もうずっと長い間惰性でストレートロングです。黒髪です。1度切ってみたいのですが、勇気がなくて。ショートは似合わないと思うので、肩につくかつかないかくらいの長さにしてみたいです。担当の美容師さんも「きっとお似合いだと思いますよ」とおっしゃってくれていますが。でも今背中くらいまであるので、一旦切ってしまうと、元に戻したいと思っても何年 [続きを読む]
  • ダブル・ミッション
  • 2010年のアメリカ映画「ダブル・ミッション」。普段は見るからに冴えないペンのセールスマンをしているボブ・ホー(ジャッキー・チェン)だが、実は敏腕CIAエージェントとしての顔がある。彼にはシングルマザーの恋人・ジリアン(アンバー・ヴァレッタ)がいて、結婚を機にスパイを引退して、平穏なマイホームパパになるつもりでいた。しかし、ジリアンが突然ケガをした父親の看病に出かけることになり、彼女の3人の子供たちの面倒を見 [続きを読む]
  • BOY A
  • 2007年のイギリス映画「BOY A」。少年時代にある事件を起こし、10年の刑期を終えて釈放された青年(アンドリュー・ガーフィールド)。監察司のテリー(ピーター・ミュラン)は「過去の君は死んだ」と力強く言い聞かせ、青年にジャック・バリッジという名前を名乗らせる。更生の道を歩み始めたジャックは運送会社に勤め、クリス(ショーン・エヴァンズ)という友人もでき、ミシェル(ケイティ・ライランズ)という恋人もできた。ある日クリ [続きを読む]
  • シュウシュウの季節
  • 1999年のアメリカ映画「シュウシュウの季節」。1975年、中国四川省成都市に住む少女・秀秀(シュウシュウ/リー・シャオルー)は、下放政策により草原での放牧に従事するため家族や友人たちと別れて地方に送られ、少数民族の老金(ラオジン/ロプサン)の下で遊牧を学ぶことになった。無口で無骨なラオジンと時に反目し合いながらも打ち解け、辛い労働にも慣れていくシュウシュウだったが、本心では早く成都に帰りたいと強く思っていた。 [続きを読む]
  • ロミオ・マスト・ダイ
  • 2000年のアメリカ映画「ロミオ・マスト・ダイ」。黒人ギャング団と中国系マフィアの2大組織が激しい縄張り争いを続けるカリフォルニア州オークランドで、中国系マフィアのドン・チュー(ヘンリー・オー)の息子ポー(ジョン・キット・リー)が殺される。一方、ポーの兄で元刑事のハン(ジェット・リー)は父親の罪をかぶって香港の刑務所に収監されていたが、弟の死を知り脱獄、オークランドにやってくる。黒人ギャング団のボス・オーデ [続きを読む]
  • デルフィーヌの場合
  • 1998年のフランス映画「デルフィーヌの場合」。内気でまじめな15歳の少女デルフィーヌ(モード・フォルジェ)。彼女は新学期に転校してきた、派手な格好をしてクラスでも浮いた存在のオリビア(ルー・ドワイヨン)の奔放な魅力に惹かれ、親しくなっていく。ある晩オリビアに誘われてデルフィーヌは初めて行ったクラブで青年ロラン(ロバンソン・ステブナン)と出会い、一目で恋に落ちる。しかし、初めての恋に一途になるデルフィーヌの気 [続きを読む]
  • エリジウム
  • 2013年のアメリカ映画「エリジウム」。2154年、人類は大気汚染や人口過剰により生活環境が悪化した地球から離れて、衛星軌道上に建造されたスペースコロニー「エリジウム」に暮らす超富裕層と、荒廃した地球上で暮らす貧困層に二分されていた。工場で働くマックス(マット・デイモン)は、ある日仕事中に事故により大量の放射線を浴びてしまい、余命5日と宣告されてしまう。助かるには医療ポッドのあるエリジウムに侵入するしかない [続きを読む]
  • ホワット・ライズ・ビニース
  • 2000年のアメリカ映画「ホワット・ライズ・ビニース」。大学教授のノーマン(ハリソン・フォード)と妻クレア(ミシェル・ファイファー)は1人娘が大学進学で独立し、仲良く平穏に暮らしていた。最近隣に引っ越してきたフューアー夫妻はケンカが絶えず、心配して隣家を訪ねたクレアはフューアー(ジェームズ・レマー)の妻メアリー(ミランダ・オットー)から「夫が怖い」と打ち明けられる。数日後、メアリーは姿を消し、それと同時にクレ [続きを読む]
  • 参考にしていた女性雑誌といえば?
  • お題に参加しております。「女性雑誌の日」なんてあるんですね。今はインターネットでいろんな情報がすぐに入手できますが、ネットがなかった時代、情報はテレビや週刊誌から得ていました。よく読んでいたのは女性自身や週刊女性だったでしょうか。芸能関係のことや事件のこと…買うことはありませんでしたが、美容院で読んだり、本屋さんで立ち読みしたり(立ち読みはいけませんが??)。今は週刊誌を読むことはなくなりました。ネ [続きを読む]
  • ヴィクター・フランケンシュタイン
  • 2015年のアメリカ映画「ヴィクター・フランケンシュタイン」。ヴィクトリア朝のイギリス、ロンドン。そこのサーカスで道化師として生きている名もなき「せむし男」(ダニエル・ラドクリフ)。彼は周囲から迫害を受けながらも、独学で人体について学ぶ程の知性がある心優しい青年だった。ある日、せむし男は王立医科大学の学生ヴィクター・フランケンシュタイン(ジェームズ・マカヴォイ)と出会う。せむし男が持つ知識に感服したヴィク [続きを読む]
  • ハイネケン誘拐の代償
  • 2015年のベルギー・イギリス・オランダ合作映画「ハイネケン誘拐の代償」。1983年、オランダの首都アムステルダム。事業に行き詰まっていた会社経営者のコル(ジム・スタージェス)は、妻の兄であるヴィレム(サム・ワーシントン)を始めとする仲間と結託し、世界的ビール会社「ハイネケン」の経営者で大富豪フレディ・ハイネケン(アンソニー・ホプキンス)の誘拐を企てる。ハイネケンと運転手の誘拐に成功するが、その後の身代金交渉が [続きを読む]
  • 羽生選手2連覇おめでとう!
  • 羽生選手オリンピック2連覇キタ―――(゚∀゚)―――!!凄かった!ケガから復帰したばかりで、オリンピック前の試合は全然出場していなかったというのに、金メダル!本当に感動しました。実力ももちろんだけど凄い精神力。羽生くんの底力を見せつけられた。羽生くんのSEIMEIはほんとに美しくてかっこいい。皆さんおめでとう??私はネイサン・チェンのファンなのですが、SPがほんとに惜しかった。メダル候補だったのにミスが続き、 [続きを読む]
  • オオカミは嘘をつく
  • 2013年のイスラエル映画「オオカミは嘘をつく」。イスラエルのとある森で、少女が強姦され惨殺される事件が起きる。その容疑者として浮上したのは中学校教師のドロール(ロテム・ケイナン)。刑事のミッキ(リオル・アシュケナージ)が責任者として彼の尋問に当たるものの、証拠がなく釈放されてしまう。更に行き過ぎた取り調べが何者かによって録画され、動画サイトにアップされてしまったことで、ミッキは上司から担当を外されてしま [続きを読む]
  • ダンケルク
  • 2017年のイギリス・フランス・オランダ・アメリカ合作映画「ダンケルク」。第2次世界大戦初期の1940年5月26日から6月4日。イギリス、ベルギー、カナダ、フランスから成る連合軍将兵は、フランスのダンケルク海岸でドイツ軍に包囲され、ダイナモ作戦による撤退を余儀なくされていた。英国陸軍の兵士であるトミー二等兵(フィン・ホワイトヘッド)はダンケルクの街で、自身の分隊がドイツ軍の銃撃で自分以外全滅し、武器も失った状態で [続きを読む]
  • カルマ
  • 2002年の香港映画「カルマ」。1人暮らしの若い女性ヤン(カリーナ・ラム)は、今のアパートに越してきて以来、怪奇現象に悩まされていた。情緒不安定に陥った彼女は、いとこの紹介で精神科医のジム(レスリー・チャン)にカウンセリングを受け始めた。超常現象を一切認めないジムは、ヤンの経験を単なる想像の産物だと思っていた。やがてジムの親身な治療のおかげでヤンは次第に回復していき、2人には恋愛感情が芽生える。しかし、今度 [続きを読む]
  • 花戦さ
  • 2017年の日本映画「花戦さ」。京都・頂法寺六角堂の花僧・池坊専好(野村萬斎)は生け花の名手で、天下統一を目指す織田信長(中井貴一)の前で花を生け、居合わせた千利休(佐藤浩市)らの心をつかむ。思わぬ失態から信長の怒りを買ってしまい打ち首になりかけるが、豊臣秀吉(市川猿之助)が機転を利かせ彼の危機を救った。それから10数年が経ち、秀吉は世を治め、専好と利休は親友として互いの道を高め合っていった。やがて天下人・秀吉 [続きを読む]
  • スキップ・トレース
  • 2016年のアメリカ・中国・香港合作映画「スキップ・トレース」。香港の刑事ベニー・チャン(ジャッキー・チェン)は、相棒ヤン(エリック・ツァン)を殺した疑いのある香港の犯罪王ヴィクター・ウォン(ウィンストン・チャオ)を9年間も追い続け、ヤンの娘であるサマンサ(ファン・ビンビン)を育ててきた。しかし、サマンサもヴィクターの犯罪に巻き込まれてしまう。ベニーはサマンサを救出するため、事件の鍵を握るアメリカ人詐欺師コナ [続きを読む]
  • 夏が好き?冬が好き?
  • 久しぶりにお題に参加しております。夏が好きか、冬が好きか。そりゃーもちろん冬でございます。寒いのが好きな訳ではございません。暑いのが大っ嫌いなんです。ただでさえ暑い日本の夏が年々暑くなっていってるようで、本当にきついです。だいぶ前ですが熱中症になりかけたことがあり、命の危険を感じました。最近日本全体が大変寒く、それはそれで困りものですが、やっぱり暑いよりマシです…こんなに暑さに弱いのに暑い地域に住 [続きを読む]
  • ストーミー・ナイト
  • 1999年のインド映画「ストーミー・ナイト」。嵐の夜、大きな屋敷で留守番をしている1人の若く美しい女性(ウルミラー・マートーンガル)が、テレビのニュースで逃走中の凶悪殺人鬼のことを知る。その殺人鬼は、人の家に上がり込み、殺人を犯しているという。1人で怯えているところに、突然ビジネスマン風の男(マノージ・バージパイ)がチャイムを鳴らす。誰かを訪ねてきたらしいが、この家にそんな人はいない。それでも帰らず雨宿りを [続きを読む]
  • 4ケ月、3週と2日
  • 2007年のルーマニア映画「4ケ月、3週と2日」。チャウシェスク独裁政権末期のルーマニア。女子大学オティリア(アナマリア・マリンカ)は望まない妊娠をしたルームメイトのガビツァ(ローラ・ヴァシリウ)から、違法中絶の手助けを頼まれる。手術当日、オティリアは恋人からお金を借り、それを持ってガビツァが手配したホテルへ向かうが、次々と思わぬ問題が発生し、違法手術を行ってくれる約束のベベ(ヴラド・イヴァノフ)を怒らせてし [続きを読む]
  • ジェーン・ドウの解剖
  • 2016年のアメリカ映画「ジェーン・ドウの解剖」。バージニア州の田舎町で息子のオースティン(エミール・ハーシュ)と共に遺体安置所と火葬場を経営し、検死官も務めるトミー(ブライアン・コックス)の元にある夜、保安官から緊急の検死依頼が入る。一家3人が惨殺された家の地下から発見された身元不明の女性の死体、通称「ジェーン・ドウ」の検死をして欲しいというものであった。トミーとオースティンは検死解剖を始めるが、2人は様 [続きを読む]