気まぐれイヴちゃん さん プロフィール

  •  
気まぐれイヴちゃんさん: 気まぐれeveちゃん♪ちょこっトールな日々
ハンドル名気まぐれイヴちゃん さん
ブログタイトル気まぐれeveちゃん♪ちょこっトールな日々
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kimagure_eve_chan
サイト紹介文趣味のトールペイントや一緒に暮らす黒柴さくらとの日々 旅の記録など日常のあれこれ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2013/10/15 13:36

気まぐれイヴちゃん さんのブログ記事

  • クマちゃん&さくらのちょこっトラベル
  • いよいよ旅も終盤フェリーで帰路に就くのみとなりました台風の影響で 仙台港出航時間が遅れたおかげで ちょっぴり鳴子辺りでゆっくりできて良かったそうそう 駅弁を買うために立ち寄った仙台駅で ちびクマちゃんに遭遇しましたよ 頑張ってるね「鳴子温泉」街で買ってきた 名物「深瀬の栗だんご」と 仙台駅で買い込んだ駅弁を持ち込んでフェリーに乗船夕暮れの仙台港が遠ざかりますロビーを抜け展望通路を通って船室へ・・・ [続きを読む]
  • クマちゃん&さくらのちょこっトラベル
  • 次に訪れたのは 「潟沼」今から1000年以上前の火山爆発により生まれたカルデラ湖です「潟沼」は世界でもトップクラスの酸性湖そのため魚は生息していません湖水の綺麗なブルーは 水に含まれる硫黄の量により生まれているとのことそのため 湖の周囲には硫黄の独特の香りが立ち込めていますその香りに誘われてか 水が苦手なはずのさくらが ずんずん水の中に湖面を見つめていると ぶくぶくと硫黄が湧き出ているのがわかりますこ [続きを読む]
  • クマちゃん&さくらのちょこっトラベル
  • チェックアウトの前に お部屋の窓から見えていた美しい中庭を見に行きました離れに続く枝折り戸を抜けると緑鮮やかな日本庭園せせらぎに架かる可愛い太鼓橋なんと!岩肌を流れ落ちる滝まであります日本庭園を望む優雅な風情漂う『離れ』橋の上から本館を見上げて見ました美しいお庭も見せてもらったし そろそろ出発の時間ですねホテルでの宿泊はこれで最後「湯元 吉祥」 素敵な宿でしたお料理も お風呂も お部屋も 素晴らし [続きを読む]
  • クマちゃん&さくらのちょこっトラベル
  • 夕食は 地元食材を豊富に使用した会席(旬菜膳)にセミバイキングスタイルまずは 季節の食前酒&吉? 箱盛りそして 旬のお造り選べる焼き物は 熟成牛タンの鍬焼き(パパさん)と帆立(eveちゃん)旬の天麩羅はオーダー式なので 食べたいものを食べたいだけ小鍋は 鳴子名物 ”なる子ちゃんこ鍋”そのほか バイキングメニューは・・・*旬の食材を活かしたみちのくの名物・郷土料理*白米と季節の炊込みごはん&お味噌汁(白米 [続きを読む]
  • クマちゃん&さくらのちょこっトラベル
  • 農場内では色んな形の乗り物が 賑やかな音楽を流しながら走っていたよ(わんこは乗れません)色鮮やかな花壇きれいだねぇ最後に・・・やっぱりこれを食べなきゃ帰れない〜牛乳が苦手なeveちゃんは ブルーベリーのジェラート甘さ控えめで美味しいあたしにも お裾分けあるかなぁ・・・わんこOKのエリアは 広い農場内のほんの一部だったけど 楽しかったよでは 再び県境を越え 今宵の宿 宮城県鳴子温泉の「湯元 吉祥」へ急ぎ [続きを読む]
  • クマちゃん&さくらのちょこっトラベル
  • リフトの終点から約10分歩くと展望台がありますお天気が気になりますが ここまできたら展望台まで行ってみたいeveちゃんパパさんは上りがきつそうなので 途中で引き返し リフト乗り場で待っていることに雨がポツポツ降り始めてきたので 猛ダッシュで駆け上がるeveちゃんなんとか展望台からの景色をカメラに収め再び猛ダッシュで駆け下りることにパパさんの待つリフト乗り場に着く頃には かなりの本降りしかし 雨宿りする場所 [続きを読む]
  • クマちゃん&さくらのちょこっトラベル
  • 朝んぽは本館と温泉館を結ぶ”湯の沢大橋”を渡ることに・・・ここも少々階段を下らないといけないので(当然帰りは上り) パパさんは撮影係りに専念することに!階段を下ったところにある「鹿追足湯」さあ 渡って行きましょう橋の終わりまで行くと眼下に温泉館「薬師の湯」が見えました温泉館には ”湯の沢大橋”を渡って行くほか 下の車道からこのトンネルを通って行くこともできます橋を渡りきったところから下へは降りず( [続きを読む]
  • クマちゃん&さくらのちょこっトラベル
  • ところで 温泉自慢のホテルなのに お風呂の写真をご紹介できないのは残念ですが こればっかりは他の人の迷惑になるので仕方ないですねでも・・・翌朝一番に ホテルから森の中の遊歩道を歩くこと約10分 滝の流れ落ちる沢沿いにある「秘湯 仙女の湯」には まだだぁれもいなかったので 男女別の脱衣小屋を抜けると 岩を積み上げて造られた湯船がひとつあり 男女混浴となりますしか〜しここに行き着くまでがなかなか大変『遊 [続きを読む]
  • クマちゃん&さくらのちょこっトラベル
  • さて 旅の4泊目は 美しい裾野を描く岩手山のふもと ”雫石”にたたずむ「休暇村 岩手網張温泉」十和田八幡平国立公園内にある源泉掛け流しの温泉が自慢のホテル「網張温泉」とは 休暇村の敷地内にある5ヶ所の温泉(「大釈の湯」「白泉の湯」「薬師の湯」「仙女の湯」「鹿追足湯」)のことを指し これらを総称して「網張五湯」と呼ばれています秘湯ぞろいの東北なかでも 古くから万病に効くと伝わる伝説の温泉その歴史は今 [続きを読む]
  • クマちゃん&さくらのちょこっトラベル
  • 毎年 自分で撮影した列車の写真を年賀状にしているパパさんは この「SL銀河」の撮影を今回の旅の第1目標にしていたのですが・・・なんと 台風の影響で線路内に土砂が流れ込み 釜石線が全線終日不通となってしまったとのこと仕方がないので車庫でお休み中の機関車と 構内でお休み中の車両を撮影してきましたが やっぱり煙をモクモク上げながら颯爽と走る「SL銀河」を写したかったよねぇ諦めきれないパパさんは 名残惜し [続きを読む]
  • クマちゃん&さくらのちょこっトラベル
  • 夜中の間に通りすぎていった台風まだ少し風は強めでしたが さくらが気になるのでとりあえず朝んぽへ・・・後方に見えるのが 昨夜お泊りした「ホテルフォルクローロ 三陸釜石」釜石駅隣接 徒歩1分の好立地しかも 展望露天風呂つきのお風呂でゆったりほっこり全室に加湿空気清浄機とシモンズ社製のベッドで 台風の夜にもかかわらず 快適なひとときを過ごすことができました早朝のためか 駅前はひっそり駅前広場にも人影はな [続きを読む]
  • クマちゃん&さくらのちょこっトラベル
  • 美味しいお昼ご飯をいただいた後 松島海岸のおみやげ通りをぶらぶらしていると こけし職人さんが実演販売をされているお店を見つけました”こけし”は 江戸時代中期以降(享保年間1716〜1736年)に東北地方の温泉みやげとして生まれたものだそうで 宮城県内には 「鳴子こけし」「作並こけし」「遠刈田こけし」「弥治郎こけし」「肘折こけし」の5つの伝統こけしがあり 系統作者により形描彩がちがい特徴があるとのこととはいえ [続きを読む]
  • クマちゃん&さくらのちょこっトラベル
  • 慈覚大師により828年に開山された「瑞巌寺」戦国時代の混乱を経た後 伊達政宗が丸5年の歳月をかけて再建しました伊達家の菩提寺である「瑞巌寺」は 桃山時代の真髄を表している荘厳な建物特に唐戸や欄間 襖や床の間の豪華な絵画は 日本の自然美を代表する人工美の極致とされています(撮影禁止のため画像はなし)境内にある「青龍殿(宝物館)」には 伊達家関連の絵画・茶器 臨済禅文化が創出した墨跡 寄進された絵画・書  [続きを読む]
  • クマちゃん&さくらのちょこっトラベル
  • 今宵の宿は 松島の「花ごころの湯 新富亭」お部屋は フロントとお部屋をつなぐ怪しい通路を通り壁面の怪しい絵を眺めつつ極めつきの長い階段を下ったところ温泉で汗を流したら お楽しみ 三陸の海の幸豊富な夕食ご当地名物 油麩入りのお鍋朝食はバイキングで・・・ロビーをうろうろしてたら こんなポスターを見つけました宮城県石ノ森萬画館にて[名探偵コナン 原画展]開催!!青山剛昌先生の画業30周年を記念した原画展スペシ [続きを読む]
  • クマちゃん&さくらのちょこっトラベル
  • 一夜明け 朝食バイキング船とは思えぬ充実ぶりそして・・・昼食もバイキングこれで1000円はお得感あり「いしかり」のレストランは バイキングとはいえ 落ち着いた雰囲気でゆったり食事が楽しめます広々したロビーでくつろいだり 展望通路で広大な海を眺めたり・・・デッキに出て 姉妹船「きそ」とのすれ違いを楽しんだり・・・昼下がりのミニコンサートで優雅な気分に浸ったり・・・長いような20時間以上の船旅ですが 寝てい [続きを読む]
  • クマちゃん&さくらのちょこっトラベル
  • 9月のとある夕暮れ時 太平洋フェリー「いしかり」が停泊する名古屋港にやって来ました午後7時出航港の灯りが遠ざかっていきます  デッキにある船室は 寝台のみ〜スイートルームまで種類豊富eveちゃんたちのお部屋はデッキ長〜い通路を進んでここバス・トイレ付きの特等洋室ですさくらは・・・ドッグルームでお泊り 不安げに夜の海を見つめるさくら夕食は船内レストランでバイキング夕食後 バイキングのお裾分けを手土産に再 [続きを読む]
  • これで最後
  • 柴グッズシリーズが続いていますが そろそろこの辺で最後にしたいと思いますかなり前に さくらの名前入りオーダートートバッグを作ってもらいましたが ネットでこんなバッグを見つけたeveちゃん 思わずポチッとしてしまいました「POCHI」だけにポチッ・・・って オヤジギャグはさておき裏側も可愛いんですポケットと開口部にもファスナーが付いてますeveちゃんは1152円で購入しましたが 今ならセールで1111円なんだって [続きを読む]
  • しつこく柴まみれ
  • 先日スーパーで見つけ 翌日追加購入までした”柴柄バスタオル”→https://blogs.yahoo.co.jp/kimagure_eve_chan/41209688.html同じ売り場で 昨日またもやこんなものを見つけてしまいました今度はフェイスタオル〜なに この小出し作戦 こんなの見つけた日にゃ 連れ帰るしかないじゃない〜青い方は柄が大柄大柄と小柄 どっちが好みかなあたしは断然豆柴よ by さくら 柴田さん印のタオル 黒柴バージョンはないのかしらねぇで [続きを読む]
  • 可愛いものシリーズ まだ続く!
  • ちょっと前に 多肉ちゃんのサファリっぽいものを作りたくて買って来た100均のミニアニマルたち残念ながらサイズ的に合わなくて サファリ構想は断念その後 「ねっこねこ」ちゃんを見つけ 多肉ちゃんたちは目下 ”ねこの庭”  →https://blogs.yahoo.co.jp/kimagure_eve_chan/41193088.htmlでも この子たち なんとも言えず愛らしい表情をしてるんですよね特にこの子 とぼけた表情がめっちゃツボ売り場で見つけた時は 2〜3 [続きを読む]
  • 柴愛にまみれて・・・
  • 柴愛に頭までどっぷり浸かった柴生活柴グッズや柴柄を見ると買わずにはいられない柴に限らずペットを飼っている人なら罹りやすい病だと思います先日も いつも行くスーパーで吸い寄せられるように目に飛び込んできた物何これ〜柴柄のバスタオルきりっとした柴田さん印黒柴でないのがちょっぴり残念ですが・・・柴飼いさんならキュン としちゃう 柴ポーズの数々これは買わずにはいられない買うな! というのがそもそも無理な話買 [続きを読む]
  • 可愛い頂き物
  • 先日久々に「ねっこねこ」記事をアップしてから早や2週間近く経ってしまいました柴犬愛にまみれているeveちゃんのために UFOキャッチャー名人のお友達の息子さんが こんな可愛い子たちをプレゼントしてくれましたこの愛らしいお顔体がほどよく脱力してクタッとしているので 上手にお座りができちゃいます巷で人気の 豆柴三兄弟の「豆太郎」くんです和柄のバンダナとくるんと巻いた尻尾が萌えポイントこちらは 郵便配達柴制 [続きを読む]
  • 多肉ちゃん&ねっこねこ
  • ちょうど1ヶ月ぶりのご無沙汰でしたあまりの暑さにブログを書く気にもならず またネタもなかったため 期せずしての夏休みとなっておりましたが なんとか生きておりますところで 4月にお引越しをした多肉ちゃんたち その後すくすく成長し ただいまこんな感じに育っておりますお引越し当初はこんな感じだったんですけどね→https://blogs.yahoo.co.jp/kimagure_eve_chan/41017367.html多肉ちゃんたち すこぶる元気で 嬉しい [続きを読む]
  • 柴シリーズ
  • 100均BOXコレクション まだ続きますまたまた柴犬ちゃんですよ〜もう柴愛が強過ぎて 「柴犬しか描きたくな〜い」モードに入り込んでます前面にはイチゴ&足跡 側面にも & こっち側にも & 内側も赤でかわいく今度は ”I  SHIBA”そのものズバリ 直球ストレート参考デザインは ネットでかなり前に見つけた黒柴ちゃんのイラストお名前がわからず掲載することができません 悪しからず [続きを読む]
  • 久々の落書き
  • ほぼ1年ぶりの落書きです1年ぶりだけど素材は1年前と同じ100均BOX今回は 柴犬ちゃんを描いてみましたお手本なしの全く我流旗部分のデザインのみ 出口むつみさんの図案を参考にさせていただきました前面は足跡と骨側面にも足跡と骨BOXの底には ぶきっちょさん御用達のあの100均クロスを貼りました蓋の裏側にはI LOVE DOGやっぱり思いつきで描いてしまうと 出来栄えもイマイチですねプロの作家さんのデザインは 構図といい色 [続きを読む]
  • クマちゃんのちょこっトラベル
  • 「灯台茶屋」さんでいただいたトマトとネギを抱え 大急ぎでフェリー乗り場へ併設の道の駅「伊良湖クリスタルポルト」でのおみやげ選びもそこそこに乗船港を後にします今日は昨日と違って霧は出ていない様子速度を増す船の上から 伊良湖岬にさようなら美味しいものと 時を忘れてのんびりする贅沢これぞ 旅の醍醐味灯台がどんどん小さくなります気持ちのいい宿と この風景想い出に残る旅となりました行きは濃霧のためほとんど視 [続きを読む]