金山孝之 さん プロフィール

  •  
金山孝之さん: 武術稽古の探究・金山孝之
ハンドル名金山孝之 さん
ブログタイトル武術稽古の探究・金山孝之
ブログURLhttp://kanayamatakayuki.blog.fc2.com/
サイト紹介文金山孝之の剣術、抜刀術、杖術など稽古内容と動画の紹介。
自由文『gold castle 殺陣&剣術スクール』 http://www.tate-ken.com/
『金山孝之 抜刀術/杖術』 http://www.youtube.com/playlist?list=PLySbCLOOG2wLQSDRdvyfOIpOKy44QKcIg
『金山孝之 抜刀術総集編』 http://www.youtube.com/playlist?list=PLySbCLOOG2wJ6NItES2K-1XJq3Jbxodou
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供276回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2013/10/16 19:38

金山孝之 さんのブログ記事

  • 心にとっての自然さとは
  •  本日火曜日は肌寒い一日であった。間もなく深夜1時になろうとしているが、寝巻きの上に作務衣を羽織って靴下を履いた。作務衣を着ると道衣のように左右から包み込むようにして紐で結んでいるので、何ともいえない安心感と心地良さがある。今後は部屋着もこうした古い道衣や作務衣となっていくだろう。そういう意味では洋服を買ったりそういうお店に入ることはここ数年間完全に無くなった。 今朝は電車に揺られ「高齢者のための [続きを読む]
  • 遅速の一致
  •  本日のGold Castle 殺陣&剣術スクールは午前の部を戸越体育館でおこない、続く夕方の部を品川区総合体育館でおこないました。 まずは戸越体育館の講習から。 9時10分スタートという微妙な時間帯からの開催については、会場自体が8時45分に開館いたしますので、9時00分スタートには時間的猶予が無く、そのため9時10分〜11時10分という時間帯で開催しております。午前の部では、一ヶ月ぶりにKさんやTさんも参加され初めてお越し [続きを読む]
  • 八ヶ月ぶりに
  •  本日は品川区総合体育館剣道場にて「剣術 特別講習会」を開催いたしました。この会場での特別講習会は八ヶ月ぶりとなり、同時に懇親会会場も八ヶ月ぶりとなるデニーズでおこなうことが出来ました。 講習では、始めに身体で剣を振る感覚を養うために「連続斬り返し」をおこない、次に甲野先生の技にある「影抜き」を参考に斬り付けと突きをおこないました。続いて、鹿島神流の木刀を二本用意し、それぞれの方と斜めの斬り込みを [続きを読む]
  • 双葉文庫 『おいらん若君』
  •  双葉文庫より4月12日に発売の新刊、鳴神響一先生の『おいらん若君徳川竜之進−天命』が発売となりました。 今回表紙のイラストを描かれた山本祥子さんのモデルを務めさせて頂きました。私といたしましても、本に剣術指導とクレジットして頂いた事は大変光栄に思います。 私の教室の生徒でもある山本さんですが、売れっ子のイラストレーターであることを知らない生徒の方々もいらっしゃるかと思われます。時代小説など、細部に [続きを読む]
  • 稽古における結界
  •  本日は高田馬場でW氏と稽古。今日は久しぶりに鹿島神流の木刀を用意してさまざまに打ち合う稽古をおこなった。その中でも最近取り組んでいる「位太刀」を参考に斜めの斬りとその構造を検証した。 やはりこの鹿島神流の木刀でおこなう斜めの斬り付けは格別の心地良さがある。手の内に伝わる感触とその響き音は武道場での注目を集めてしまうほどこだまするものであり、時々こうしておこなうことは手指を壊さずに強化するものとし [続きを読む]
  • 顎下のゆとり
  •  昨日月曜日は高田馬場で後藤健太氏と稽古をおこなった。昨日の稽古では普段あまりお伝えしていない杖の持ち替え方をおこない、これは一種のやめられない系のものでもあり、部分特化型の内容とも言える。私自身もそうであるが長く稽古を続けていると、部分的にしか出来ない身体の状態になる事は、トライ&エラーの研究稽古中では良くあることである。そしたそうした部分特化型の着目により、これまでよりも深く観察し「そんなとこ [続きを読む]
  • 今宵もさまざまに
  •  今日は深川スポーツセンターにてGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習をおこないました。この半年間で完全にこちらの会場がホームグラウンドとなりましたが、こちらでの開催では殺陣クラス、剣術(杖術)クラスそれぞれ一コマでおこなってきましたので(混雑を避けるためと会場の安定確保のため二コマに分ける事にいたしました)各クラスともに顔合わせが揃うようになり、進み具合が同じ同士の組み合わせが揃いやすくなりました。同 [続きを読む]
  • 「払い五斬」を体系化
  •  本日のGold Castle 殺陣&剣術スクールは2/17(土)以来となる戸越体育館での開催となりました。午前の部の殺陣クラスでは少ない人数でしたが、払いからのさまざまな斬りを稽古いたしました。今回初めて袈裟斬りもおこないましたので、この払いからの斬りを今後の稽古で体系化し「払い五斬」(はらいござん)としておこないたいと思います。実戦的でもあり、基礎的内容でもあるこの稽古を「万乃型」と同様におこなっていくことで、 [続きを読む]
  • 2018年5月 武術稽古日程
  • 5月01日(火曜日) 関西特別講習会           19時00分〜20時30分           神戸市立 王子スポーツセンター 柔道場5月05日(土曜日) Gold Castle 殺陣&剣術スクール           13時20分〜14時50分           深川スポーツセンター 剣道場           15時10分〜16時40分           深川スポーツセンター 剣道場 5月06日(日曜日) Gold Castle 殺陣&剣術スクー [続きを読む]
  • 循環していくことの大事さ
  •  入学式前に桜が全て散っているのも珍しいものである。新宿スポーツセンターがある戸山公園はすでに新緑を迎えつつある。同じ場所でこうも景色が一変するのかと不思議な気もするが、それは稽古場とて同じである。少ない人数での集中稽古や大人数で賑わう稽古。特別講習会を終えた24時間後に同じ道場に入っても、その景色は24時間前とはまるで違って感じられるから不思議である。つまり、景色とは、心理的状況によっても大きく感じ [続きを読む]
  • この三日間の稽古
  •  記事が滞ると、その内容のカテゴリを分類するのに困ってしまう。だが、昨日の夜の稽古は私のこれまでの中でも濃密に身体が記憶した稽古となった。それについての詳細は差し控えるが、その想いの強さからカテゴリは武術稽古にした。 まずは、月曜日の稽古から。 この日は夜からT氏との稽古。我々も含めて六人程しか居ないため、自然と会話が増えてくる。それはおそらく、声のトーンであったり、静かな間の中に、押さえた声のト [続きを読む]
  • 人と出会い繋がっていくことのすばらしさ
  •  今日は約半年振りに品川区総合体育館での講習をおこないました。耐震工事のため昨年の10月中旬から利用出来なくなっていたのですが、本日4月1日からこれまで通り利用できます。床が張り替えられておりとても綺麗でした。ニスさえ塗ってなければというところですが、おそらくニスを塗らなければならない木材なのでしょう。 講習の時間割も半年振りとなる殺陣1時間杖術1時間(15分延長)の二コマの合計4時間30分でしたが、15時から2 [続きを読む]
  • 新年度に向けて
  •  雨に降られない桜の満開シーズンも今週限りとなる。今年は深川スポーツセンターでの開催が多かったため、黒船橋から眺める大横川脇の桜の咲き始めから満開までを見ることが出来た。しばらく戸越体育館で開催していないので、戸越開催の場合は体育館の目の前にある文庫の森公園や横手にある戸越公園が見所となる。そして明日は、約半年振りに耐震工事を終えたばかりの品川区総合体育館での開催となる。目黒川沿いを歩けばまだ綺麗 [続きを読む]
  • その狭間に何を捉えるか
  •  昨日は高田馬場でW氏I君とともに稽古をおこなった。今週の火曜日に住吉でおこなった鍛練稽古「蛙の真っ向」により私の体は背中と下半身がバキバキの筋肉痛であったが、今後の私個人の稽古内容として続けたいと思っている。身体への負荷が大きいので、講習会ではおこなわないものとする。それにしても日々稽古しているが、数分間の動きで三日間階段の昇降もためらう筋肉痛が続いたのには自分自身でも驚いている。 昨日の稽古では [続きを読む]
  • 社会勉強&人生勉強
  •  お花見日和といえる本日は「高齢者のための剣術教室」に、春休みのためお母様とご一緒にI君も参加いたしました。昨年の春休み、夏休み、冬休みと欠かさず参加し、今回で丸一年四回目となりました。お母様にとりましても、I君の社会勉強として、学校行事とは違ったリアルな空間を体験し学習するには良い機会だと捉えていらっしゃるものと思われます。 I君自身もここへは自らの意思で来たがっているのを感じますし、彼の中で私も [続きを読む]
  • 深夜に想いを込めて
  •  3月最後の日曜日となったGold Castle 殺陣&剣術スクールでは、桜祭りで賑わう門前仲町、黒船橋から昨日よりも花の咲いた桜の木々を眺め我がクラスも同様に賑わいのある講習をおこなった。 今日は順番を変えて後半におこなった剣術クラスの内容から記したい。 剣術クラスでは久しぶりに、抜刀術と納刀法のみの講習をおこないました。基礎的な部分から、今私が取り組んでいる稽古内容までジックリとおこなう事が出来ました。  [続きを読む]
  • 桜咲く黒船橋からの景観
  •  門前仲町駅から深川スポーツセンターに向かう途中にある黒船橋。その下を流れる大横川の両岸で咲き始めたソメイヨシノが見頃になりつつある。和船も風情があって、思わず立ち止まってその船頭の動きを眺めた。明日も天気が良いので今日よりも見頃になるだろう。 講習では、体験参加のダブル受講二回目で早くも生徒となられたNさん。数年前に私の指導員時代の講習会にも参加された方で、私としてもこうしてお会いできる事は嬉し [続きを読む]
  • 今年初めての本厚木&海老名
  •  一日過ぎると昨日の出来事がかなり遠く感じられてしまう。昨夜は気がつけば深夜2時のため敢え無く就寝。今日は今年に入って初めての井上さんとの稽古であるが、そのまえに昨日の記事から振り返る。 昨日は昼から高田馬場でW氏と1時間20分殺陣の研究稽古をおこなった。内容は今Gold Castle 殺陣&剣術スクールでおこなっている日曜日の立廻りのタイプⅡといえる後半の場面。 この動きはすでに決定していたのであったが、先日久 [続きを読む]
  • 賑やかが心地良い住吉での稽古
  •  寒の戻りで寒くなった火曜日は、いつものように「高齢者のための剣術教室」と夜からは住吉での稽古というダブルヘッダーの一日です。 まずは午前のクラーチ剣術教室から。 このところはSさんの意欲が高まってきており、それは私の言葉というよりもご自身の長年の望みでもあった太腿に筋肉が付いたことが、その後の稽古内容への理解と動きへの興味に繋がってきていると思います。私から見て以前と比べて太ももが張ってきたよう [続きを読む]
  • 衝撃の大事さ
  •  今朝は、PCをチェックして家の中の作業をおこなっている内に昼となり、慌てて寝癖を直して郵便局へGO。 先日撮影した「かざあな。」のUSBデータをゆうパックにて送付。こうして少しずつ進んでいく事に喜びを感じる。 帰り道に食材などの買い物を済ませ帰宅。桜も木によっては満開を迎えている。一日一日が本当に早い。木々も律儀な生き物だ。 帰宅後、今週の月末恒例立廻り講習に備えてビデオカメラをチェック。このカメラに [続きを読む]
  • 相反するものの共存
  •  昨日に続いて本日も深川スポーツセンターにてGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習をおこないました。3月は仕事の関係などでお休みされる方が多く日曜日にしては空いていました。そんななか今日も殺陣クラスでは、役者組のメンバーが熱く励んでいました。プロ意識の高い方は、習っている事で満足せず、習得出来る技能というものを見据えて集中的に自らの身体に取り入れようとなさっています。そういう裏側を見ておりますと、役 [続きを読む]
  • 得たものを一過性のものにしないために
  •  本日は深川スポーツセンター剣道場でGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習をおこないました。このところ土曜日の殺陣クラスは空いていますので、集中的にそれぞれを見ながらおこなっております。とくに土曜日は基礎的な部分をおこなっていますので、払い方や胴斬りなど、相手のリアクションとの呼吸を合わせておこなう稽古が実際にやってみると難しいということに気がつかれたものと思います。殺陣は、そうした基礎的な動きの組 [続きを読む]
  • 「かざあな。」動画配信に向けて進行中
  •  昨年9月に映像と音楽の力を借りて演武映像を撮ろうと企画した「かざあな。」プロジェクト。このブログでも度々演武映像について記載しましたが、当時いろいろなタイミングが重なって、演武映像を撮ろうという気持ちが強くなり、気軽に生徒であるMariさんに相談してみたところ二つ返事でお引き受け下さり、後々Mariさんのサイトなどから過去にテレビドラマの主題歌などの楽曲提供されていた方だと知って、恐れ多いお願いをしてし [続きを読む]
  • 膝腰の揺らぎ
  • 本日は高田馬場で夕方からI君と稽古をおこなった。後半から後藤氏も訪れ久しぶりの三人での稽古となった。I君も4月から中学生となり、ここ最近は身体の変化だけでなく、内面的な部分も変わってきた。それに合わせて私も稽古における意識の持ち方をお伝えした。 武道場が空いていたため、縦に長く杖の「三十連円打」をおこなった。壁から壁まで約30mの距離であるが、丁度その距離で一番から三十番まで終わった。まだこの修正を加え [続きを読む]
  • 時は何かを教えてくれる
  •  当時、今の自分にできることは、稽古を通じて指導したり、自らのレベルを上げることで後々人の役に立つものとしてこれをやりきるんだという強い気持ちを再確認したのであった。どうしようもない事態に人生設計が変わらざるを得ない仲間もいた。当時はまだ武術を初めて二年ほどであった。あれから七年が過ぎ、今も同じように武術稽古をおこなえている。大事な生徒も増え続けている。こうした時間がどれほど続くのかは分からないが [続きを読む]