ソブラニー さん プロフィール

  •  
ソブラニーさん: 憎しみの標本
ハンドル名ソブラニー さん
ブログタイトル憎しみの標本
ブログURLhttp://monochromediaries.blog.fc2.com/
サイト紹介文結婚は希望ではなく絶望を知る覚醒クエスト。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2013/10/17 11:59

ソブラニー さんのブログ記事

  • 母性の押し付け
  • 赤ちゃんが生まれた翌日からは想像を絶するタイムスケジュールが課せられた。6時起床と共に授乳。8時朝食でまた授乳。その後は2時間に一度の授乳が22時消灯迄延々と続く。病院に居る間に慣れろって事でしょうけど苛つく。こんなんじゃ産後の疲れを癒やせない。オマケに赤ちゃんは私に懐かない。夫が抱っこするとニコニコ上機嫌だから腹立たしい。妊婦が終わったと思えば母親になった気苦労の始まり始まり。世話をしていて楽しいと [続きを読む]
  • 出産予定日の翌日に陣痛が起こる
  • 日中はダラダラとモバイルmixi。夜は仕事帰りの夫・夫の母による訪問。面会が終わった21時過ぎから腰・背が痛む。病院で処方される睡眠剤を飲んでも眠れない。吐き気もしたからナースコールを押しても看護師は塩対応。向こうにとっては日常業務で見慣れた事でしかない。だから「こんな事で呼ばないで!」オーラが出る。妊婦健診の時は心温かい対応の人々だったのにな〜産婦人科にとって入院しちまえば「釣った魚」なんだね。2人目以 [続きを読む]
  • 出産予定日に破水が起こる
  • 腹の痛みで目が覚めた。寝冷えかと思ったけど違うみたい。股に違和感を覚えた。何かが流れる心地がする。お漏らしとは違う。尿ならば勢いがある。コレが破水なんだなーと思った。病院に電話するとすぐ来る様に言われた。家で陣痛の心配をせず済むなんてラッキー♪設備整った病院で陣痛の発生を待てるんだもの。父親の車で病院へ向かった。夫は立ち会い出産を希望していたので病院に残ろうとした。しかし、私の父親がギャアギャアう [続きを読む]
  • 2人目はまだまだお預けだなー
  • 平日の夕方になると私は遠出をする様になった。臨月が真夏だから昼は暑くて外なんか歩けない。大切な用事でないからごろ寝して過ごせば良い。でも、家に居ても落ち着かない。妊婦になっても子供になっても変わらない暮らしを送りたい。だから私は電車に乗る。トンボ帰りだとしても外へ行く事に意義がある。1人目が出来てから2人目がいつにするか。時々考えていたけど答えが出た。初回の妊婦が腹パンパンで少し歩くだけでキツイ。年 [続きを読む]
  • 結婚1周年に見た寂しい景色
  • 横浜の花火大会を見た夜はホテル横浜キャメロットジャパンへ泊まった。8月になり臨月に入るので最後の猥褻行為を受けてから寝た。こんな風に気軽に外へ泊まるのも最後なんだなー。子供の誕生は待ち遠しいけど奪われ行く自由への思いが芽生えて来る。この日は夢を見た。私の父親が自転車に乗っている。母親はその後ろに立っている。爽快な笑顔を浮かべた二人乗りだけど見ていて孤独な気持ちになった。結婚して1年…。夫はそれなりに [続きを読む]
  • 妊婦の人付き合い 〜2006年 夏〜
  • 近所に住んでいるので産婦人科への送迎・赤ちゃんグッズの購入をしてくれた。だけど父親が完璧主義者で色々と口うるさいので気疲れが大きい。病院へ行けば「遅い遅い。」ってケチつける。受付に言わないだけマシだけど私に落ち度がある訳でもないのに文句タラタラなのは鬱陶しい。どんな場面でも一緒に居て嬉しいって思わなかったなー。向こうは規則正しい暮らしを良しとするから寄り道も出来なかったし。家と病院を往復するだけだ [続きを読む]
  • 妊婦の娯楽 〜2006年 夏〜
  • モバイルmixi以外は中出し動画をよく見ていた。エロサイトの広告をループするだけの事が多いけどちゃんと閲覧出来る所もあった。モザイクありだし短時間の作品ばっかだったけどいい暇潰しにはなった。不信の時を欠かさず見ていた。石黒賢・米倉涼子・小泉孝太郎が出て来る不倫ドラマ。言霊・思った通りになるってのを聞くと興味本位で見るのは好ましくない。だけどこのドラマは物語の展開が面白かった。性描写ナシでスカッとする内 [続きを読む]
  • 最後の晩餐を重ねる土日
  • 週末の楽しみはドライブ。臨月が近いけど道志村にある紅椿の湯へよく行った。車に乗らない場合は秋葉原でよく過ごした。私はゲーマーでないから退屈だった。しかし、夫が音ゲーと格ゲーを好きなので仕方ない。夫婦だから一緒に過ごすって面倒臭い。此方も別々に過ごす事を提示する勇気はなかったので仕方ない。外で過ごすと子ナシの身軽な自由が終わる事を感じる。そしてドンヨリした気分になる。子供を持つ事は自分で望んだ。だけ [続きを読む]
  • 親の目をかいくぐって車を新調
  • 運転初心者の夫は週末の夜になると峠へ走りに行っていた。普通の奥様ならば「新婚なのに。」「妊婦なのに。」と腹立たしくなるだろう。だけど私はmixiをやっているので何とも思わない。寧ろ、大いに行って下さいだった。歳の差カップルで女性が年上と言うコミュを見たかったので★車趣味に励む夫に不幸が発生した。峠で車をぶつけたそうだ。ほうほうの体で帰宅した。早朝だったので人目につかなかったのがラッキーだった。近くには [続きを読む]
  • 唯一のマタハラは総務部長
  • 腹が大きくなるにつれて産休前の最終出勤日が待ち遠しい。会社の厚意により辞めなくて済んだの解るけど給料安いし好きでやってる業務じゃねえし。赤ちゃんとの暮らしへの不安は大きいけど働かずに済む暮らしへのワクワク感が募るね。2017年の今となっては。「今日も職場へ行って定時迄、時間を潰しますか!」のーんびり資格試験の本を読んでいると社員に声を掛けられた。曰く、総務部長に産休育休が就業規則でどう定められているか [続きを読む]
  • 美意識に金を割けてた頃が懐かしい(嗤)
  • 世帯としては貧しかったけど子ナシで手取り20万近く。自分の為に使う金があったんだなーと気付くこの頃。伊勢丹でマタニティガードルを買えたもんねぇ〜妊婦用のブラ・パンティだけではキツかったからな。お値段高くてもホイホイ買えてた。今は世帯収入上がったけど自分の手取りは1/3減。ソレで保育園・光熱費・食費を払ってるからカツカツ。子供が巣立ったらまた自分の為に金を使えたらいいなーと思うこの頃。 --余談 マタニテ [続きを読む]
  • 子供の死についての報道③〜住居〜
  • 私が初めて妊婦になった2006年。この時期は子供の不条理な死のニュースが多かった。その一つがマンション内の殺人事件。容疑者は隣人を含む同じマンションの住人。マンションはセキュリティ完備で不審者の侵入を防げる印象がある。外から来なくても…。住人の中に悪者が紛れていたら防ぎ様がない。私自身がマンション・アパートで育った事がない。だから外観からよく判らず高い建物になっているマンションは迷宮・魔窟の様に映る。 [続きを読む]
  • 会社の制度内で小銭稼ぎ
  • 出勤して事務手伝い。終えた後の空き時間は資格試験の学習。単純計算して1営業日フルでお勉強。2ヶ月でLPIC101・102に合格したのでLPIC Level1として認定される。受験料は試験番号1つにつき15,000。102は一発合格ではなかった。だから受験料に45,000費やした計算になる。しかし、今後ほぼ無期限で5,000/月で資格手当が来る。万歳!夫みたいに外へ出て勝負出来る身の上ではない。そうなるとこーゆう資格手当でチマチマ稼ぐしかない [続きを読む]
  • 子供の死についての報道②〜水遊び〜
  • 私が初めて妊婦になった2006年。この時期は子供の不条理な死のニュースが多かった。その一つが公営プール。排水口に吸い込まれて死亡。所詮はお役所運営。税金で作ってるから安普請。管理は民間への委託で金を払っている割には杜撰。今迄事件が起きなくてラッキーだったとしか言い様がない代物。世の中には品質・コストがあるとは気付かなかった。だけど安さしかメリットがない物には近付かないのが一番だと思った。実際の所、我が [続きを読む]
  • mixiオフ会はハズレばっか② 〜with 夫〜
  • 夫と一緒にオフ会って言うと吃驚するかもね。だけど、我が家はその辺がオープン。まぁ、夫は私と違って社交的だからね。饒舌にまくし立ててくれるから過ごし易くなる。しかし、ソレはソレで嫌な点もあった。知り合ったのはmixiだけどさ…。一応は夫婦ぐるみ、夫婦共通の知人になる。リアルで会ってると夫の方が好印象な訳。だから私が結婚生活に関する不満を書くとね…。此方が袋叩きに逢うの。夫を擁護する書き込みはなかった。私 [続きを読む]
  • 食料品レシートを見ると幸せな気持ちに浸れる
  • 新婚時代は家計簿をつけていた。…と言ってもexcelへの簡単な入力程度。月・項目・金額の表を作っただけ。核家族を再開した賃貸を引っ越す位迄は記録してたな〜4年未満か。長かった様な短かった様な…。私は入籍しても姉さん女房ですから。妻の座をキープする自信がないんだわ。女王様気取りのオタサーの姫じみたブスが夫の女友達にいるしさ。あーゆうゴミへの吐き捨てる思いが食料品レシートに集約される。「暮らしを共にしている [続きを読む]
  • 子供の死についての報道① 〜交友〜
  • 私が初めて妊婦になった2006年。この時期は子供の不条理な死のニュースが多かった。その一つが地域やママ友に代表される事件。畠山鈴香や長浜市幼稚園の集団送迎。文京区で1999年に発生したお受験殺人事件。コレと併せるとママ友付き合いがいかに不要なのか痛感させられる。子供同士が仲良くても親同士が合わなければ線引きが必要。容疑者には個人としてみれば「アレッ?!」な点があるに決まっている。そーゆうのを「我が子の友達の [続きを読む]
  • 嫁を好きな姑なんて居ないよね〜
  • 夫が夫の母と会うとの事。私は家でmixiでもやってようかと思った。だけど夫が言うから同行するハメになった。私自身が親への苦手感を持って育った。故に結婚しても相手の家族と接するのは気疲れする。最低限に抑えたいんだけどね。此方が億劫な気持ちを引き摺っていたのが伝わったのか。夫が私の事を言わなかったからなのか。待ち合わせ場所へ行ったらさ…。向こうが顔を引きつらせていた。「何であんたが来たんだ!」と言わんばか [続きを読む]
  • mixiオフ会はハズレばっか① 〜自助努力〜
  • リア友0の私は友人getを目指してオフ会へ何回か行った事がある。だけど所詮はmixi。楽しいのは酒と飯を囲んでいる時だけ。家路へ就けばマイミク申請が来る。だけどね。ソコで終了。当時のmixiって招待制だったからさ…。元からあるリアルの繋がりを見ると疎外感しか湧かない。先方が日記を書いたのでコメントを書いても私だけだとスルーされる。リア友がコメントを書くとレスを欠かさない。相手にも都合・価値観があるとしてもいい [続きを読む]
  • 新婚フィーバーに感染したぜ。糞が!
  • 私は「ケッ。」としか思わないフォト婚だけど…。夫に連れられて打ち合わせへ行くとそんなに嫌な気分にならない。ついついニヤニヤしちまったわ。不覚だな。hotpepperのクーポンで済めば安上がり。現実にはたった1回の撮影なので立派な生花ブーケや花束と写真。そーゆうオプションサービスを付けてしまった…。かなり値上がりしたけど品質はいまいちなので不満が残る。マタニティでも着れると言うけど品数少ない上に肉眼でわかる程 [続きを読む]
  • 金にだらしない夫の実家
  • 夫と夫の母が電話する頻度は受忍限度内だった。多過ぎる事はなかったので姑による干渉には映らなかった。だけど夫の父のギャンブルによる多額の借金アリってのがあると…。いい気分はしない。此方の暮らし向きだってキツイのに金の無心をされたらって思う。警戒してたら1回あったね。「後で返すから取り敢えず貸して♪」ってのが。振込では間に合わないのかわざわざ電車を乗り継いで夫に借りに来た。仕事帰りの夫が在宅している時 [続きを読む]
  • 会議室ランチは疲れる
  • 本社の事務手伝いは仕事量少ないから楽だった。一日の殆どを資格試験の勉強に充てられたからね。だけど職場でお昼を取る場合、女性は会議室に集まるのがかったるい。私以外の女性は2人だけだから。1人は独身で事務部門の正社員。もう1人は既婚で事務部門のパート。悪い人達ではなかったけど年上女性は苦手…。此方がブーツ履いてただけで「妊婦なのにむくむでしょう!」とか言って来る。貴女達の息子の嫁じゃないんだから黙ってろよ [続きを読む]
  • 共働きならではの朝
  • 新しい仕事では夫が土日休みの日勤。私の出勤時間帯と被るので一緒の電車に乗る。駅迄手を繋いで歩いて隣同士に座る。どうって事ないけど暮らしを共にしている幸せを感じた。<画像>2017.06.10に撮影。にこにこ出来る仕事ではなかった。嬉しかったのは通勤スタイルだけだね〜子供が出来て暮らしが安泰になった新婚さんの無敵な蜜月だったなー。[にほんブログ村_参加カテゴリー][にほんブログ村_トラコミュ]会社員! サラリーマン [続きを読む]
  • 引越貧乏① 〜働く母への第一歩〜
  • 新婚当初の物件は子供不可。解っていたから妊娠を契機に出て行くのは仕方ない。京王沿線で家賃安いのが◎だったけど実際に住むと不満タラタラだった。駅から近い割には遠く感じた。ローカルスーパーの野菜は鮮度が悪くて数日で萎びた。大手スーパーの見切り品を入荷してるのかと思う代物だったね。京王線は新宿では地下だから空気が悪い。通勤は毎日だから地味に体力を奪ってたかも。そーゆうのに気付くと幸せではなかったけど親と [続きを読む]