調布フルート教室プレリュード原嶋由紀 さん プロフィール

  •  
調布フルート教室プレリュード原嶋由紀さん: 調布フルート教室プレリュードのブログ
ハンドル名調布フルート教室プレリュード原嶋由紀 さん
ブログタイトル調布フルート教室プレリュードのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/chofu-fl-prelude/
サイト紹介文調布市内のフルート教室のご案内です。小学生から大人までサポートしています。
自由文調布市でフルートの演奏、指導をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2013/10/20 09:45

調布フルート教室プレリュード原嶋由紀 さんのブログ記事

  • ☆残念ながら。。。
  • 昨日はカルチャーセンターのレッスンでした。調布市にてフルートの指導をしています。原嶋由紀です。来週、楽器の調整会を予定しているのですが。。。その予定を確認してて、生徒さんが面白発言。「先生、楽器調整したら音出しやすくなるんですかね???」一瞬何と答えたらよく分からなくなってしまった私。楽器のバランスが整うと、吹きやすくはなると思います。が、楽器の状態が変わったら上手になるわけではないので魔法のよ [続きを読む]
  • ”羊水過小症、ポッター症候群の話”
  • こんにちは。調布市にてフルートの指導をしています。原嶋由紀です。今日は全く音楽とは関係ないお産に関するブログをリブログします。エニアグラムの講座でお世話になっている、まやこさんのブログより。羊水過小症、というのは耳にしたことがありましたが、ポッター症候群、聞いたこともありませんてました。詳しくはまやこさんのブログを読んでみてくださいね。このブログを目にしてくださっている方は、女性が多いかな。。。 [続きを読む]
  • ☆自分の楽譜を持つこと
  • 先日、楽譜を買ったら、最後のページにお手紙が書いてありました。。。調布市にてフルートの指導をしています、原嶋由紀です。お手紙に書いてあったのは、楽譜をコピーしないでください、という旨の内容。コピー禁止!みたいな注意書きはよく見かけますが、お手紙は初めて見ました。と同時によく読んでみると、とてもいいことが書いてありました。コピーから音楽のアイデンティティを受けるとことができるのかどうか、また、そう [続きを読む]
  • ☆発表会〜小さな発見と経験
  • 昨日は娘たちの、ピアノ、そしてヴァイオリンの発表会でした。調布市でフルートの指導をしています、原嶋由紀です。娘たちの先生に初めてお会いしたのは、もう。。。7、8年前の頃。音楽だけでなく、シュタイナー教育や、ブレインジムの専門家でもあって、お話がすごく面白い方で、アイディアが豊富。その後何年かたって、子供達の音楽の取り組みに疑問を抱いていた頃再開するチャンスがあり、ぜひ先生にお願いしたいと思って、そ [続きを読む]
  • ☆初審査員
  • こんにちは。調布市にてフルートを指導しています、原嶋由紀です。今日は振り返り日記。先月末、初めて、審査員、というものを経験させていただきました。フルートソロとフルートアンサンブル、何人だったんだろう。。。4時間半くらい、40組くらい?かな???もう少しいらしたかとも???参加された方は本当に幅広く、小学生から、音大生、そして、一般の方まで。さまざまな音楽の取り組みを聴かせていただいて、すごく、勉強に [続きを読む]
  • ☆ブログご紹介
  • 調布市にてフルートの指導をしている原嶋由紀です。 今日は、大好きで、また、ジャンルは違うけれど、指導者として尊敬するバレエライフコンサルタントの米田ひろみ先生のブログをご紹介。 若き指導者の悩み ジュニアに身体の使い方を伝えるには?② こういうこと、言語化してシェアしていただけると、自分のこと、客観視することができます。 ひろみ先生、ありがとうございます 個人的に、一番響いたのはカッコ付きの (先生も脱 [続きを読む]
  • ☆高校生のフルートレッスン
  • 調布市にてフルートの指導をしています、原嶋由紀です。 久しぶりにブログを、と思って開いてみると、先月10日、更新する意欲が再開した、と嗅いでましたが、1ヶ月ぶりのブログになりました。。。 毎日書きたいことはあるのですが。。。 そして、北海道の地震、大変驚きました。被害に遭われました方々、心よりお見舞い申し上げます。 昨日、スーパーで、きれいな北海道産のブロッコリーを見つけ、ほっとして、今日は娘のお [続きを読む]
  • ☆上達の秘訣
  • 調布市にてフルートの指導をしています、原嶋由紀です。ブログ更新意欲が再開しましたwこのまま続けられますように。。。日本はフルートが人気の国で、大人になってもフルートが上手になりたくて、学び続ける方がたくさん。もう、かなり前になりますが、以前ベルリンフィルにいたアンドレアス ブラウの通訳をした時に、シニア世代の方のワンポイントレッスンがあって、ブラウが「とても素晴らしい!ドイツでは、この世代の人がこ [続きを読む]
  • ☆先生が好き♪
  • 調布市にてフルートの指導をしています、原嶋由紀です。小学生に限り、リコーダー、そして、ピアノのレッスンもすることがあります。リコーダーを使って初めての音楽体験をすることは、良いことづくしで、ぜひぜひもっと広げていきたいことの一つ。ピアノのレッスンをする時は、鍵盤をおさえたら音が出てしまう楽器であるだけに、意思を持って音を出すことを大切に指導しています。フルートもリコーダーも、何にも考えないで息を [続きを読む]
  • ☆音を絵にするワークショップ
  • 音を絵にするワークショップにて、少しだけ演奏してまいりました。私たちが演奏していると、いろんな色が生まれてきます。コンサート、という場ではじーっとしてなきゃという概念が強いのか(本当はそんなことないと思うんだけどね)聴いてくださっている方々の心の表現のチャンスがとても少ないけれど、音ともに色が生まれてくる、とても楽しい時間でした!声をかけてくれた武蔵小金井の亀田奈美子ちゃんどうもありがとう!奈美 [続きを読む]
  • ☆夏休み
  • 夏休みになりましたね。またまたブログの更新が途切れてしまいましたが。。。夏休み、レッスンもイレギュラーに。部活に忙しい中高生とはラインでちょこちょこ連絡を取りつつ、部活も頑張れて、フルートの個人レッスンでの学びも忘れてしまわないリズムを探しています。お母さんたちと連絡を取ることも多くなります。リズム通りでないレッスンって面白いこともいっぱいあって??一度は、私がすっかりレッスン忘れていたら生徒も [続きを読む]
  • ☆月謝袋
  • 楽器屋さんにいくとステキな月謝袋がたくさん売っています。私はいつもステキな袋を1枚ずつ買ってて、生徒さんに選んでもらっています。実はこれ、娘のピアノの先生のマネ(笑)みんな違う袋なので、わかりやすいメリットも。間違えて他の人の持って帰ったりしないです。袋には1年分のハンコを押すスペースがあるので、袋が新しくなるときは、あー1年たったー!と味合う時間。いつもアンサンブルをするメンバーの中で、新しい方、 [続きを読む]
  • ☆憧れの一曲
  • フルートを吹く人にとって憧れの曲といえばアルルの女のメヌエットハンガリー田園幻想曲アルルの女のメヌエットは、練習すれば手の届くイメージがある一方で、ハンガリー田園幻想曲は、やはり難曲。憧れてはいても、なかなか手が出ない曲でもあるかもしれません。でもね、勇気を出して発表会にむけチャレンジしたいとおっしゃってくださった大人の女性の生徒さんがお一人。まだまだ発表会には時間がありますが、今からそれを考え [続きを読む]
  • ☆フルート四重奏
  • またまた、かなり前の報告。5月のことになりますが。。。このメンバーにてフルート四重奏、久しぶりに演奏してまいりました。実はこのメンバー、もうかなーり長い付き合いでして、10代中頃まで遡れるメンバーも。とても心地よく演奏させていただきました。演奏中お客さまが曲を口ずさむ声も聴こえてきてとても嬉しく演奏させていただきました。同じメンバーで12月にまた演奏出来そうです。先日はクローズドな演奏だったのですが、 [続きを読む]
  • ☆レ・ヴァン・フランセ
  • かなーり前の話なのですが。聴きに行ってまいりました。高校生の生徒ちゃんも一緒に。今あらためてみたら4月21日の話。かなり遅いレビュー。。。素晴らしい演奏でした!私たちフルーティストにとって目からウロコだったのが、パユのフルートが、良い意味でソリスティックでなくて。アンサンブルの中に心地よくあって、でも、とても素敵なフルートを聞かせてくれたことでした。また秋になったら生徒さんの聴きに行こうシリーズやり [続きを読む]
  • ☆発表会
  • 来年7月14日、発表会を実施することになりました?昨日会場の支払い完了し、日程確定。生徒さんたちが、特に大人の女性たちが、とても嬉しそうに、楽しみにしているので私も嬉しく思っています。高校生たちは今が伸び盛り。とっても楽しみです。発表会は来年!今からでも充分間に合います。いつかフルートを、と思っている方部活のフルート、もっと吹きたいと思っている中高生リコーダーが大好きな小学生年長さんから1、2年生のお [続きを読む]
  • ☆ご無沙汰しております
  • なーんとなくブログを書かないリズムが染み付いてしまって、書いておりませんでした。先日FBさんから思い出の写真をおしえてもらって(何年前の今日の投稿はこれですっていうアレです。)いい言葉が出てきました。何年か前私が翻訳した記事より。こういうこと忘れずにレッスンして行きたいと思います。ブログもできるだけマメに更新いたします!にほんブログ村教室詳細はhttps://prelude-fl.jimdo.com/こちらから★ [続きを読む]
  • ☆近況報告
  • ブログの更新が滞っておりました!高校生の生徒が増えて、少し大人なレッスンが増えたり、小学生が中学生になって、制服姿に驚いたり、生徒さんとの関係のシフトチェンジを感じながら過ごしておりました。ただ今勉強中。今日で【ドイツの音楽家〜その人生と書簡】講座終了です。下読みして夜学びに行ってまいります。最近思っていることは、やっぱり、指導者は誤解のある言葉をつかってはいかん、と。伝えたいことをちゃんと伝え [続きを読む]
  • ☆体験レッスン
  • ゴールデンウィーク!私は4月29日が誕生日です。去年は生徒さんと調整会、一昨年は発表会今年は久しぶりにフルートを吹かない誕生日を過ごしました。そういえば、小学校の時の担任の先生は誕生日が同じ、留学時代の師匠、元北ドイツ放送響のアヒレス先生は4月28日、奥様は29日、同じクラスにいたカレン(ドイツ人の女性で今は指揮をしています)は生年月日が同じ。今、リコーダーのレッスンに来ている生徒ちゃんの1人は40年と1日 [続きを読む]
  • ☆学びその2
  • フラウとトラヴェルソ奏者として有名な有田先生のフルートロジイという講座に参加してまいりました。ルネサンスからバロックまで数百年のフルートの歴史を3時間で。もっと詳しく聞きたかったです。この講座は2ヶ月に一度全4回。楽しみに通います。印象深かったのが、音楽とは、人の心の中のあらゆるものに作用を及ぼすもので、そこに携わる人はきちんとした学問、教育を受ける必要がある、ということ。(言葉は少し変わっている [続きを読む]
  • ☆新学期
  • 今日から新学期ですね。ブログ更新、また、滞ってしまいました。この春、私も学びをスタート。【ドイツの作曲家〜その人生と書簡】という講座に、週一度二ヶ月通います。この講座、実は音楽の学びではなく、ドイツ語の講座。ドイツ語で、何人かの作曲家のインタビューを読んだり、手紙を読んだりする予定。日本語に訳されたものからは感じ取れない作曲家の人間くさーい部分にふれられるのでは?と楽しみにしております。そして、 [続きを読む]
  • ☆新しい生徒さん
  • ブログの更新がすっかり滞ってしまいました。。。今月からカルチャーセンターに新しい生徒さんがお一人いらしています。なんと!私が生まれる前くらいからフルートを吹いていた方です。ながーくフルートに携わっている方って、こう吹かなければならない。わたしは◯◯が苦手である。という信じこみをお持ちの方が多いです。先生の言葉って影響力強いんだなぁ。。。と、改めて身の引き締まる想い。一方で、レッスンの時の一言一言 [続きを読む]
  • ☆演奏のご依頼?
  • 昨日、スマホの画面に、あらお久しぶり、という方のお名前を発見。お電話をいただきました。10年以上前、お子さんが赤ちゃんだった頃私の演奏を何度か聴いてくださっている方。忘れた頃に共通の知り合いがいることがわかって、おしゃべりをするようになったりして。数年前はその方のご縁により、調布こども劇場さまの催しでも演奏させていただきました。「もー、気持ちいいの。あの気持ち良さをー。」と、再びのご依頼。演奏の機 [続きを読む]
  • ☆愛しい瞬間?
  • リコーダーのレッスンでのヒトコマじゃあ、次はこれをやってみようか♪と提案した時のうわぁ次に行けるんだ♪でも、大変!よし、やるぞー。という目の輝きがとても愛おしくなります。楽しんで挑戦できること、素晴らしいです!レッスンにいらしている生徒ちゃんは1年生そう、体格のいい方でもないので、1番下のドの音まできっちり穴を塞ぐように指をコントロールするのは簡単ではありません。呼吸も然り。次にやってみることを伝 [続きを読む]
  • ☆そんなもん、と思ってませんか?
  • 小1からフルートを吹き始め、とても上手になったら中3の生徒ちゃんがいます。初めて出会った頃は、リコーダーで崖の上のポニョとか吹いていたのに、総銀のフルートでプーランクのソナタや、シャミナード、トゥルーを吹くようになり私もとても感慨深いです。もう義務教育終えてしまうなんて。私の娘とも1つしか歳が違わないので、我が子のようです。とっても上手な生徒ちゃんですが、ある時、なんということのないとても簡単な音 [続きを読む]