kito*ka さん プロフィール

  •  
kito*kaさん: 花と光と
ハンドル名kito*ka さん
ブログタイトル花と光と
ブログURLhttp://fresh2.exblog.jp
サイト紹介文鎌倉で活動をするリース作家のブログです。イベント案内のほか日々のことなどを綴っています。
自由文庭で育てた植物を使った草花リースの制作しています。
鎌倉の雑貨店やギャラリー、カフェなどで展示・販売をするほか、リースや花生けのオーダーもお受けしています。
器好きなので、花器にこだわらず様々な器を使った花活けを提案しています。

花生けブログはこちらです。
http://kitoka64.exblog.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2013/10/21 09:58

kito*ka さんのブログ記事

  • ブログをお休みします
  • 6月頃から、何となくそわそわと落ち着かない気分が続いていて、それが何なのか自分でもよくわからずにいました。7月に入って、ハッと気づいたこと。それは今の自分とブログを書く事がしっくりしていないということでした。書く事は大好きで2007年から9年間、途中休憩をしながらも細々ながら続けてきたこのブログ。今でも書く事は好きなのですが、何かが違うんです。昨年から取り巻く状況が以前と変わり、自分の今目の前にあ [続きを読む]
  • バイバイ、サスケ
  • 一昨日、猫のサスケが永眠しました。先週末、血尿が出たので病院で処置をしてもらったあと一旦は回復しホッと一安心していたのもつかの間。火曜日からどことなく様子がおかしくなり、一昨日の水曜、朝から苦しそうな瞬間が何度かあって急激に衰弱していきました。時々おこす発作を見るのは本当に切なかったです。けれどもその反面、最後まで一生懸命生きようとするひたむきさ、また神々しさのようなものも感じられそんなサスケの姿 [続きを読む]
  • 梅雨前
  • 昨晩、東海地方まで梅雨入りというニュースが流れました。晴天だった昨日とはうって変わって、今日は雨。関東地方もとうとうそのときがやってきたのでしょうか?!雨の季節が来る前のひととき。薫るような空気と瑞々しい植物たちの表情を思う存分堪能しました。ご近所のもみじには紅いプロペラがいっぱい。枝垂れるミニバラ。なんて美しい季節なんでしょうか。家の庭でも常連のミニバラ、グリーンアイスが今年はたわわに花を咲かせ [続きを読む]
  • 移りゆく季節
  • 今年の春は、陽気に誘われて出掛ける機会がたくさんあり1週間ごとに変わる植物の表情を驚きをもって眺めることができました。3月下旬は桜、5月の新緑や躑躅、6月の紫陽花。ニュースで流れる季節の植物の合間合間に盛りになる植物のなんと多いこと。先週花盛りだったのに、今週再び訪れるとくたびれた様子になっていたり、この前葉っぱだけだったのが、次に通りがかると花が咲いていたり。* * * * * * * * *  [続きを読む]
  • 初夏の日差し
  • 朝晩の空気はちょっと寒くて上着を羽織ったりしていたのに立夏の声を聞いた途端、突然日差しが夏のそれへと変わりました。すっきりしない天気が続いたあとのピカピカの晴れ。風に誘われるように表へと出かけました。今日出会った花。バイカウツギ源平小菊日向の花は色が飛んでしまいます。お昼に近い時間だったので尚更です。今日はしっとり日陰の花たちを。 [続きを読む]
  • 月兎印ホーロー道具箱
  • ピザ用カッターとか銀杏の殻むきとか、魚の骨抜きとか。頻繁には使わないけど、なくては困るキッチン道具たち。引出しのサイズが変わったので、行き場所がなくなり蓋もなければ味気もないプラスチックの箱に無造作に入れられそれらはワイヤーシェルフの上に鎮座していました。う〜ん、見た目も悪いし埃も溜まるよなぁ・・・どうしたもんじゃろのぉ〜〜と横目で眺めつつの2か月間。なんとかしたい。でも本当に気に入ったものだけが [続きを読む]
  • 曇りの日の雪柳
  • ある曇りの日の午後、散歩に出掛けました。前日暖かかったので薄着で外に出たらちょっと寒かった。でも歩いていれば自家発熱で暖かくなると思いそのままずんずん歩く。知人のお店でちょっと休憩した後、歩いたことのない裏道で見つけた雪柳。前週盛りだったミツマタも白木蓮も、もう終わりかけになっていてちょっぴりさびしく思っていたところに出会った清々しい白。貝母との組み合わせも清楚で素敵でした。 [続きを読む]
  • 日向のサスケ
  • 我が家の猫、サスケです。ただいま家猫になる訓練中。時々外に行きたくて啼きます。啼くのは夜遅くや明け方が多いので、人間はちょっと疲れぎみ。今朝、午前中の陽を浴びながら、外に行きたそうにしているサスケです。 [続きを読む]
  • 1月のリース
  • 旧暦でのお正月は今採用されているグレゴリオ暦とは約1か月ずれて2月になります。関東では12月になってやっと紅葉の時期を迎えるのに、その同じ月の月末に春の色鮮やかな花が生花店に並ぶことが体感的になんとなくしっくりこないなぁと常々思っていました。1月、2月は一年で一番寒い時期です。それでも、木々は春に向けて新しい芽を枝に湛えている。そんな風景を思い浮かべながら制作しました。リース作りは去年からペースダウンし [続きを読む]
  • ハレの日と利久箸
  • 年が明けてからすでに10日が経ちました。皆様は穏やかなお正月を迎えられたでしょうか?年末年始は何かと気忙しいですね。普段の仕事に加え、忘年会、クリスマス、年賀状書き、お正月の準備、年が明けてからは新年会。様々な用事が目白押しになります。息子が小さなときは大きなクリスマスツリーを毎年飾っていたので25日が過ぎるとツリーの片付けとお正月の準備でてんやわんやでしたが息子の成長と共に、最近はずっとツリーなしの [続きを読む]
  • 来年のお年賀はこれ
  • 何だかあっという間に年の暮れになってしまいました。クリスマス、忘年会、大晦日、家族で過ごす元旦、親戚が集まる日。お料理は何にしよう・・・と考えることが多い12月です。それと共に、お年賀のことが気になる時でもありますね。我が家では母や弟家族たちとお正月には必ず集まるのですが、誰からともなくプレゼントを交換するようになりました。箱詰めのお菓子などの気の張ったものではなく、ちょっとしたプレゼントです。今回 [続きを読む]
  • 森の贈り物展 2015
  • 2012年に染色家の佐藤麻陽さんと「小さな森のクリスマス」という名前で始めたクリスマスの展示会。翌年には「森の贈り物展」と名を改め、更に写真家の野村美佐さんも参加、3人での展示会を、2013年、2014年と2年間行ってきました。今年、私は仕事の都合で参加を見合わせることになりましたが、麻陽さんと美佐さんのお二人が、今回も「森の贈り物展 2015」として展示会を開催してくれています。もちろん、場所はkamakura24sekkiさん [続きを読む]
  • お届け
  • 一昨日アップしたリースを、昨日お客様のところにお届けしてきました。今回のお届け先は川崎のM様。私の夫が25年前に設計した家のお施主さんです。9月に突然電話があり、外壁の塗装をご依頼くださいました。設計した当時はまだ結婚していませんでしたが、私も照明プランをさせてもらったという経緯がありとても懐かしい物件です。竣工当時の外壁は純白で、その頃の写真を見ると冬枯れの景色の中に降り積もる雪のようでしたが、今 [続きを読む]
  • スパイシー大根葉ふりかけ
  • 寒くなってくると甘く美味しくなるのが大根。そして大根と共に我が家にやってくるのが大根葉。八百屋で「葉っぱどうします?」と聞かれても、切られてお店に置き去りにされるのがどうにも忍びなくてつい「持ち帰ります」と言ってしまいます。大根の葉っぱ、貰っちゃうと手間なんだよなぁ・・・行動と気持はちょっと裏腹です。大根葉は大抵、油揚げとの煮びたしかジャコと一緒にふりかけになります。以前asanomiさんから、大根の葉 [続きを読む]
  • スパイシー大根葉ふりかけ
  • 寒くなってくると甘く美味しくなるのが大根。そして大根と共に我が家にやってくるのが大根葉。八百屋で「葉っぱどうします?」と聞かれても、切られてお店に置き去りにされるのがどうにも忍びなくてつい「持ち帰ります」と言ってしまいます。大根の葉っぱ、貰っちゃうと手間なんだよなぁ・・・行動と気持はちょっと裏腹です。大根葉は大抵、油揚げとの煮びたしかジャコと一緒にふりかけになります。以前asanomiさんから、大根の葉 [続きを読む]
  • ワインとカップと窓掃除
  • 先日、夫と私の共通の友人であるSさんから荷物が届きました。包を開けてみると中から出てきたのは山梨のワインと陶製のワイン用カップが3つ。Sさんは陶芸家です。この夏、夫がSさんのご実家のリフォームをしたのですが、そのお礼とのこと。自作のカップを送ってくださったのでした。早速その晩、素敵なカップたちにワインが注がれたのは言うまでもありません。さてさて、ワインとカップを楽しんだ後に残されたのは梱包用の段ボ [続きを読む]
  • 何を見て過ごす?!
  • 以前、寝室にしている和室の一角をお茶を飲んだり読書ができるように模様替えをしたと書いたことがあります。このスペース、私だけでなく夫がとても気に入ってくれています。時々息子もやってきて椅子に腰かけたりすることもあります。25年ほど前、当時洋服を販売する人のことをハウスマヌカンという呼び方をしていました。ハウスマヌカンは「時代の先端を行くカッコいい職業」という認識だったように思います。その頃20代でイ [続きを読む]
  • ブルーボトル
  • と言っても、コーヒーショップのことではありません。これ、ミネラルウォーターのペットボトルなんです。コンビニで見つけた時にはボトルの美しさに驚き、そして値段の安さにもびっくり。保温ができる携帯用のポットをずっと欲しいと思っていたのですが、実際持ってみるとそれだけで重量があり、そこに飲み物を入れると持ち運ぶときに重いよなぁと結局使用した後のペットボトルにお茶をつめて持ち歩いていました。温かい飲み物に拘 [続きを読む]