KEN9684r さん プロフィール

  •  
KEN9684rさん: 株主優待おすすめ日記
ハンドル名KEN9684r さん
ブログタイトル株主優待おすすめ日記
ブログURLhttp://ken9684r.seesaa.net/
サイト紹介文日々の生活が少しでも豊かになるような株主優待を取得し公開します。
自由文また、懸賞の当選品なども公開します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供342回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2013/10/22 15:08

KEN9684r さんのブログ記事

  • PTS急落の優待株、この機会にでも。
  • アジュバンコスメジャパン(4929)が出来高は少ないですが、PTSで75円安の985円と急落しています。アジュバンコスメジャパン が4月20日大引け後(15:00)に決算を発表。18年3月期の連結経常利益は前の期比3.6%減の5億0900万円になり、従来予想の5億5300万円を下回り、増益予想から一転して減益で着地。19年3月期も前期比53.2%減の2億3800万円に大きく落ち込む見通しとなった。5期連続減益になる。株探ニュース毎年、3,000円程度の [続きを読む]
  • 4桁回復の優待株、今度こそは。
  • 19日の日経平均株価は、前日比32円高の2万2191円と5日続伸。日米首脳会談を無難に通過したことから買い戻しが優勢でしたが、上値では、利益確定の売りも見られました。トランザクション(7818)が前日比37円高の1,023円でした。日経平均は4日間で500円近く上昇しているというのに、やっとのことでの4桁回復です。毎回上昇が続かないので心配ですが、期待はしておきます。優待新設のクロスフォー(7810)が前日比43円高の400円でし [続きを読む]
  • 一時、株価3桁転落の優待株を様子見しました。
  • 17日の日経平均株価は、前日比12高の21847円と3日続伸。日米首脳会談を控えて、様子見ムードが強く、前日終値を挟んでのもみ合いでした。アクトコール(6064)が前日比73円安の974円まで一時売られていました。業績は赤字なので期待せず、優待株として保有できるのか考えましたが、権利日までは遠く、優待は継続するものの、詳細は未定ということ、じりじり株価も戻したので、本日のところは買えませんでした。株日記、株主優待新 [続きを読む]
  • 優待の力をまざまざと見せつけられた感じです。
  • 16日の日経平均株価は、前週末比56円高の2万1835円と続伸。中東の地政学的リスクへの懸念が後退したものの、アジア株安等から上値は重く、様子見ムードでした。クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387) が急落し、一時76円安の1152円まで売られていました。子会社の不適切な会計を受けて、決算発表を延期したことが嫌気されたようです。ただ、その後はじりじりと下げ幅を縮小し、引けています。優待株としては、非常に [続きを読む]
  • 急落の優待株を拾いました、利回り4.3%。
  • 13日の日経平均株価は、前日比118円高の21778円と3日ぶりに反発。朝方は米株高や1ドル=107円台半ばの円安基調を受けて買い優勢。その後は週末要因や中国株安などから利益確定の売りが優勢でした。明光ネット(4668)が一時、年初来安値の1,182円まで売られていましたが、結局は前日比48円安の1,248円まで戻して引けています。上期の経常利益が前年比42%減ながらも通期計画は据え置きで、総合利回り的には十分なので、1,200円程度 [続きを読む]
  • 外食の優待株が急落、様子見でした。
  • 12日の日経平均株価は、前日比26円安の2万1660円と続落。米国によるシリアへの軍事行動に対する警戒感などから小安い状態が続いていました。プレナス(9945)が前日比211円安の1,905円と年初来安値を更新しています。昨日発表された、今期の経常利益予想(前期比22.1%減の41億円)が嫌気されました。株価は2016年10月以来の安値で、配当だけで利回りが3%と魅力的な水準だとは思いますが、権利日を終えたばかり、レーティングや目 [続きを読む]
  • 3桁転落の優待株を購入、何度目か。
  • 11日の日経平均株価は、前日比107円安の2万1687円と3日ぶりに反落。米株大幅高となった、中国の習近平国家主席の演説は織り込み済みで、利益確定売りが優勢でした。トランザクション(7818)が前日比63円安の973円でした。ある程度上げても、定位置のように3桁まで戻ってきます。前回急落した時は様子見だったので、今回はきちんとナンピンしておきましたが、安値引けでした。ただ、ボラティリティが高いので、良い方に期待してお [続きを読む]
  • 100株優待ありも、株価は倍になっていました。
  • 10日の日経平均株価は、前日比116円高の2万1794円と続伸。米中の貿易摩擦に一喜一憂する相場展開が続いています。朝方は米株安や円高が重しとなり売り優勢。その後は、中国の習近平国家主席の演説(中国市場の開放や輸入関税の引き下げなどについて言及)を好感して切り返しました。引け後に、コシダカホールディングス(2157)が4分割と優待の拡充を発表しています。分割後の100株にも優待は設定されていますが、昨年の権利日から [続きを読む]
  • 4月に取得するべき太っ腹優待を確保しました。
  • 昨日は、4月権利のヤーマン(6630)が8時頃から断続的に出ていたので、カブコムで500株をクロスしました。取得費用は、現物をGMO 証券から移管して2,500円程度です。優待が46,000円相当の自社商品「H/Cボーテ ピュア水素水スチーマー飲用ボトルセット」となんとも魅力的なので、費用は大目に見ました。株日記、株主優待新設や、その他の株主優待情報はブログ村 で確認できます。 [続きを読む]
  • 優待到着ですが、いくつかは換金します。
  • 6日の日経平均株価は、前日比77円安の21567円と3日ぶりに反落。米中貿易摩擦の再燃を警戒した売りが優勢で後場に下げ幅を拡大。シーズ・ホールディングス(4924)から株主優待が届いています。10,000円相当商品です。SBI証券の一般信用取引短期(5日)売りを利用し取得しました。費用が1,764円と高額だったので、何品かはヤフオク等で換金します。ちなみに、逆日歩は100株辺り15円でしたが、値嵩株なので制度クロスでの取得には消 [続きを読む]
  • 優待の拡充も取得は難しいので、逆日歩取りに期待します。
  • 5日の日経平均株価は、前日比325円高の2万1645円と続伸。米株高や106円台後半の円安基調を受けて、終日堅調な展開でした。東和フードサービス(3329)が引け後に、株主優待の拡充を発表していますが、この銘柄は高額な逆日歩が付くので、クロスでの取得難易度は高いです。ただ、今回の変更で信用買いでの逆日歩取りの確度が上がるのであれば、それはそれで嬉しいです。株日記、株主優待新設や、その他の株主優待情報はブログ村 で [続きを読む]
  • 9日陰線の優待株を様子見。
  • 3日の日経平均株価は、前日比27円高の2万1319円と3日ぶりに反発。米中貿易摩擦への警戒感から下げに転じる場面もありましたが、前日までの下げを受けての押し目買いや日銀によるETF買い入れ期待が優勢でした。原田工業(6904)が前日比52円安の1,033円と大幅に続落しています。株価3桁目前で利回りも4%、ボリンジャーバンドの「−3σ」もその辺りなので、それまでは待ちたいと思います。株日記、株主優待新設や、その他の株主優待 [続きを読む]
  • 多くの材料を提供した優待株が底堅く推移しました。
  • 3日の日経平均株価は、前日比96円安の2万1292円と続落。米株安を受けて売り優勢ながらも、21000円に迫る場面では押し目買いが入り、底堅い感じでした。持ち株は上げ下げ半々で僅かにマイナスが優勢でしたが、言及するほどの銘柄はありませんでした。昨日、業績の上方修正、東証一部への昇格、公募増資、10円の記念配当実施を発表していた、グッドコムアセット(3475)は、前日比20円安の1,987円でした。株式の希薄化は最大で約20% [続きを読む]
  • 優待の動向が気になります。
  • 30日の日経平均株価は、前日比295円高の2万1454円と続伸。米株高の流れを受けて、終日堅調な展開でした。保有株は、値上がりした銘柄が多いですが微増で、これと言ったものはなかったです。数日前に、ブロードリーフの株価が2分割され買いやすくなっています。今後の株主優待については発表がないので、基本的には様子見姿勢です。ただ、投資額5万円程度、仮に優待がクオカード1,000円分になったとしても、総合利回りが4パーセント [続きを読む]
  • 優待株ならではの動きで様子見でした。
  • 29日の日経平均株価は、前日比127円高の2万1159円と反発。円安基調を受けて、買い優勢ながらも、200円程度の上げ幅が一時マイナス圏に沈むなど不安定な値動きではありました。保有株は、コーセーアールイーが上げましたが、まだ含み損がたっぷりです。トランザクションは急落後初日でしたが、反発も弱く下げ、ナンピンは3桁になれば考えます。3月権利の原田工業が優待株ならではの動きで続落しています。昇格期待はありますが、最 [続きを読む]
  • 上方修正で急落の優待株と株価3分割。
  • 28日の日経平均株価は、前日比286円安の2万1031円と大幅反落。米株安を受けて売り先行。その後は約160円の3月期末の配当権利落ち分等の影響もあり、一時、下げ幅を拡大するも、引けにかけては急速に下げ渋りました。保有株では、トランザクションが急落し、含み損に転落。業績の上方修正を発表したものの、既に高かった進捗率からすると物足りない数値と判断されたようです。相変わらず、業績に関するIRは鬼門です。メディアスホー [続きを読む]
  • ナンピン失敗と買い戻した優待株。
  • 26日の日経平均株価は、前週末比148円高の2万766円と反発。朝方は売りが先行したものの、後場は、米株価指数先物の堅調な展開や日銀のETF買い入れ期待を受けて、プラスに転換。保有株では前営業日にナンピンした、コーセーアールイーと富士ピー・エスが大幅安で、『下手なナンピン、スカンピン』となりました。景気循環株が総じて軟調でした。その他、シュッピンが前回の買値まで下落していたので買い戻し、原田工業が大幅安でした [続きを読む]
  • 日経暴落でナンピンした優待株ら。
  • 23日の日経平均株価は、前日比974円安の2万617円と大幅反落。米株大幅安や104円台の円高基調を受けて、終日、軟調な展開でした。保有株は全面安。含み損で下げ幅が大きかった、コーセーアールイーと富士ピー・エスは、ナンピンしておきましたが、その他、1071円安だった2月6日の株価と比較しても、まだまだ高い位置にある銘柄がほとんどだったので、新規購入や買い戻しは見送りました。株日記、株主優待新設や、その他の株主優待情 [続きを読む]
  • 損切り後も急落継続の優待株です。
  • 20日の日経平均株価は、前日比99円安の21380円と3日続落。米株安を受けて売り優勢ながらも、日銀によるETF買い入れ期待や円安などから後場に下げ幅を縮小。保有株ではさっそくバリューHR(6078)が上昇しましたが、下げ続けていた銘柄なので、まだまだ安心はできませんね。その他銘柄は、朝方売られていたものの、その後はじりじりと値を戻す展開でした。堀田丸正(8105)が前日比52円安の265円と定位株とは思えない下落でした。損 [続きを読む]
  • 長期で下落中の優待株を打診買いしました。
  • 19日の日経平均株価は、前週末比195円安の2万1480円と大幅に続落。内閣の支持率低下が世論調査で明らかになり、国内の政治的なリスクが意識され、軟調な展開でした。保有株では、原田工業が逆行高、トランザクションとコーセーアールイーが大きく下落しました。コーセーアールイーは含み損からもナンピンが必要な段階には来てます。3月権利で資金が必要ですが、バリューHR(6078)を買いました。昨年の12月中旬から下げ続けている [続きを読む]