Kamiri さん プロフィール

  •  
Kamiriさん: NotモノゴトButヒトゴト
ハンドル名Kamiri さん
ブログタイトルNotモノゴトButヒトゴト
ブログURLhttps://ameblo.jp/shigotohitogoto/
サイト紹介文キャリアウーマンから新米主婦+プレママになった私がシンガポールから日々の格闘について綴っています。
自由文大学を卒業後がむしゃらに働くこと8年と少し。キャリアも少しづつ積んできて東京ライフを満喫♪していた私が、なんと!晴天の霹靂ともいえるキャリアチェンジ!

外資系人事ウーマンから専業主婦、加えてプレママにまでなってしまいました。

しかも結婚と同時にシンガポールに移住。新天地での格闘具合を新米主婦目線でレポートしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2013/10/23 06:42

Kamiri さんのブログ記事

  • 高熱その後。
  • 先日、10年ぶり!?にインフルエンザにかかった。いくら気をつけていても、完全に「ママ」を子どもから隔離することは難しい。 結果・・・ 長男にがっつりうつる。 高熱にうなされる長男をみていると胸が猛烈に痛い。すまん、完全に私のせい。うつしてすまん。自分もふらふらして意識がもうろうとする中、看病のために夜中何度も起きるはめになり、結果息子の方が先に完治するという。 実は、私から2次被害で感染した人がもう1 [続きを読む]
  • 吉相物を眺める
  • 1ヶ月ほど前からアーユルベーダの勉強を再開した。今回は日本の英国アーユルヴェーダカレッジのアーユルヴェーダ心理アドバイザー資格取得が目標だ。このコースはテキストからの知識習得に加え、実際にアーユルヴェーダを生活に取り入れて、その変化を日記に記したりと実践的な内容も含まれるので毎日が実験のようでとても面白い。 先週からはディナチャルヤ(エネルギーバランスの変化を意識しながら1日を過ごすこと)を実践し [続きを読む]
  • 10年ぶりの。
  • ここずっと気候の変化が大きいシンガポール。12月はガッツリ雨期で雨がざんざん降っていていたのが、1月になり凍えるような寒さに。凍えるような寒さとはいっても22−23度なわけだが、それでもぬくぬく気候に体が慣れている身としては、この気温の変化が意外ときつい。そしてからの暑さ復活とwindy。この気候の変化のせいかどうかはわからないが、とにかく10年ぶりにインフルエンザにかかった。10年もたつと、もうその [続きを読む]
  • 誰を信じるか。
  • アシュタンガの練習で左ひざを痛めたのは10月の話。そこからだましだまし練習をしていたが、ついに痛みに耐えられなったのと一向に治る見込みがないのとで、1月3日のマイソールを最後に少しお休みすることにした。 その後1月中は鍼治療に通ったりしながらも、アイアンガーヨガやハタヨガにシフトしつつヨガは続けていた。しかし2週間たっても3週間たっても左ひざの劇的な改善は見られず、そうなると焦りや困惑など負の気持 [続きを読む]
  • インド人とインド料理。
  • クッキングクラスの先生が月に一回主催しているリトルインディア食い倒れツアーに参加してきた。3時間かけて、6つのレストランをまわり、各レストランにて先生のお勧めのメニューを説明付きで食すという趣向のツアーなのだが、とにかく先生の人柄と知識の深さが相乗効果となって、とても楽しめる内容だった。 Q. なぜ日本にはカレーとナンの組み合わせしかないんだろうね?A. もともとインド料理を世界中にひろめたのはシーク教 [続きを読む]
  • 元気の源。
  • おかげさまで毎日ストレスなくシンガポールライフを送らせてもらっている。もちろん、多少のストレスはある。長男がしつこいとか、兄弟けんかが頻発するとか、メイドちゃんがお願いしたことを忘れたとか、店員の言ってることが適当過ぎるとか、しかしそんなのは5分もあればスルッと頭から抜けてしまうレベルのストレスなのでストレスとしてカウントしないできた。 しかし、塵も積もれば山となるように、小さなストレスも積もり積 [続きを読む]
  • アテンドに困る。
  • 年末からなんだかんだ来客が続く我が家。先週末あたりからは私の母が我が家に滞在している。母がシンガポールにくるのはもう4度目?くらい、多分。(そのうち二回は産後要員)たいがいの場所はすでに訪問済みのため、4回目ともなるともはや観光意欲はない。マーライオンもMBSもセントーサも一度行けばもうよい、らしい。彼女の興味範囲と知識レベルは恐ろしく狭いため、やりたいことや食べたいものもそんなにない。「何かやりたい [続きを読む]
  • うっかり…これはいかん。
  • 息子も4歳になろうとしておりまして…今年も学校でバースデーパーティをやるべく、夜なべさながらグッディバッグを準備していた時の話。彼のクラスは男子の割合が多く、1対2くらい。パーティの最後に渡すグッディバッグも中身を何にするか毎年悩みのタネなのだが、今年は簡単なステーショナリーにした。ネットで見つけて、男の子にはカーズ、女の子ぬはプリンセスをポチポチっとオーダーし、それらを入れるプラスチックバッグも [続きを読む]
  • フィリピン人メイドは怖い?
  • そういえば、最近立て続けにメイドを雇ったがうまくいかなかったという相談をうけた。彼女達はそれぞれインドネシアとミャンマーからのメイドを雇ったらしいのだが、ありえないような惨劇(あえて、惨劇といわせていただこう)に見舞われ、メイドを手放した。そんな彼女達が口を揃えていうのが「フィリピン人メイドは怖いし・・・」たしかに、他の国のメイドに比べてフィリピン人は英語ができるため、口も達者である。お国柄(?) [続きを読む]
  • ガールズチャット。
  • 久々に女友達とキャッチアップした時の話。その友人は次男を妊娠中に通っていたマタニティヨガのクラスで知り合ったのだが、ちょこっと年上の彼女は時にとても頼れる姉御肌でもあり、また子育てについて不安を全面に押し出す時などはかわいい後輩的な一面もあり、妊娠中の悩みや出産、育児についても一緒に悩み、助け合ってきた戦友みたいなもんでもある。 そんな彼女は息子が1歳を過ぎたタイミングで復職した。しかも、週の半分 [続きを読む]
  • メンタルとの戦いもヨガ。
  • ダイエットに一役かってくれればと思って始めたヨガ。健康のために毎日ルーティンとしてするようになったヨガ。自己成長が目に見えてわかることが楽しくて中毒的になったヨガ。 そして、ケガをした今。 とにかく痛みをこらえて、自分をだまして、それでも練習を続けて3ヶ月。痛みは引くどころか悪化したような気もする。もう万全の体調でヨガを楽しめないのでは?と悩み、一旦お休みすることにした。アシュタンガをしない日常はア [続きを読む]
  • 何かと暇で忙しかった年末年始。
  • クリスマス明けから義母が我が家に2週間ほど滞在していた。シンガポールにわざわざきたからといって、観光にいくでもなく、とにかく家でのんびりする(といっている)ことが目的らしかった。しかし、とはいえども朝から晩まで家にいたってつまらなくなるのは目に見えているので、いい案配でランチだとかちょっとした観光だとかのアポをいれることになる。 この、“いい案配”というのがなかなか難しい。 疲れさせてはいけないし、 [続きを読む]
  • うるさい女。
  • アシュタンガで左ひざを痛めてから3ヶ月がたった。痛みを抑えながら練習を続けていたが、一向によくならず、むしろ悪化しているようにも思える。精神的にもよくないし、このまま膝を痛めたまま日常生活に支障をきたしてもいけないので、意を決して(大袈裟・・・)しばらくアシュタンガをお休みすることにした。 加えて、鍼治療にも初挑戦することにした。 とりあえず家の近くの鍼医院をみつけ、予約をいれた。実際の治療としては [続きを読む]
  • 自分観察。
  • ヨガの語源となるユジュ、手綱えるという意味である。人間の理性は箍がはずれやすく、時として欲望が先走ってしまう状態に陥るが、理性という手綱で欲望という馬を手綱えるためにヨガがあるとTTクラスでは学んだ。その時は、ふーん、くらいにしか思っていなかったが、今にしてその意味が分かったような気がする。 私の場合は膝のケガである。 アシュタンガを初めてすぐのころ、無理矢理ポーズをとったのが原因で左ひざの外側を痛 [続きを読む]
  • 気持ちを引き締めて。
  • 今朝、メイドちゃんが神妙な顔つきで話しかけてきた。 「マム、子ども達の安全には十分すぎるほど気をつけなければいけませんね」 私も、「そうだねー」と軽く返したのだが、ちょっと気になったので、帰宅後あの発言はどういう意味だったのか聞いてみた。すると、彼女のフィリピン時代の友人で、今は香港でメイドとして働いている子からこんな連絡があったと話しだしたのだ。 香港も日曜がメイドちゃんたちのお休みの日らしく、3 [続きを読む]
  • 我が家のメイドちゃん その後。
  • もうー、いいって・・・って自分に言いたい。でも、その後の続編かどんどん続くから書かずにはいられない。 さて、我が家をでて、オーストラリアンファミリーのもとで働くことになった我が家の元メイドちゃん(J)であるが、風の噂で本人は強がっているが、どうもうまくいっていないような感じのことを聞くことがあった。爪が剥げるから料理をしたくないのに、マムからは料理をしろと言われて困る ? 当たり前。。。あなたメイ [続きを読む]
  • 適正価格とは。
  • 確か以前も書いたなーと思って検索してみたらちょうど一年前だった。毎年この時期に同じ理由でぐちぐち思っているのかと思うとちょっとげんなりした。 また、今回も電球が6つほど切れた上に、メイドちゃんのバスルームから水漏れがするとの申告があり、ちょうどいいのでベンダーに一緒に点検してもらった。 アポイントメントの時間から4時間ほどおくれて作業開始。。 2時間ほど経過     ?       やっと作業終了  [続きを読む]
  • その女。
  • 先日、久しぶりに主人とディナーに出かけた時の話。四年ぶりに訪れたイタリアンレストランで、ソムリエの方と昔話に花が咲き、食事もワインも美味しく堪能した帰り、近くでもう一杯飲んで帰ろうということになった。あまり行くことのないエリアであったため、飛び入りでバーストリートの一角にあるなんとなく雰囲気の良さげなバーに入った。その日は土曜日だったのだが、そのバーだけでなく一帯がガラガラという状態。がゆえに、テ [続きを読む]
  • クリスマスイブ
  • シンガポールで過ごす5回目のクリスマス。年末年始にかけて日本に帰国したり、近隣諸国へ旅行に出かける家族も多い中、我が家はばっちり毎年シンガポールで過ごしている。といってステイケーションをするわけでもないし、いたって普通の毎日を過ごす。毎年クリスマスは通常熱レベルでエンジョイし、29日頃から私はおせち料理の準備に終われ、大晦日は紅白歌合戦を1時間差で見ながら年越し蕎麦をすするのが我が家の恒例となって [続きを読む]
  • 大人泣き。
  • 大人になって、涙を流すことが少なくなったなーと特に子どもを見ていて思う。やつらなんて、毎日3、4回は涙を流しているんだから笑 それでも、泣く一歩手前まではよくいく。子どもに「ご飯を作ってくれてありがとうー」なんて言われた時には、目頭が熱くなるし、祖母が亡くなった時は胸が締めつけられるように痛くなった。一方で感極まって涙がホロリということは少なくなったかもしれない。 と、前置きはこのくらいにして。 今 [続きを読む]
  • こんな日もある。
  • 今日のヨガです。 ダメダメです。 週末をはさみ昨日はムーンディでマイソールはお休み。からの・・・まさかの生理初日の火曜日。ムーンサイクル中は練習はお休みをするというのが一般的みたいなのだが、私はまだ体がなまるのが嫌だし、そんなに体調も悪くないしということで、ムーンサイクル中も関係なく練習をしてきた。 それにしても、今月はめずらしくムーンサイクルが崩れて遅れているなと思っていたら、ムーンディを待って [続きを読む]
  • 待ち人来らず。
  • 私は待つのが苦手である。これはもう昔からでどうしようもない。約束にはめったに遅刻しないし、万が一送れそうなときは必ず事前に連絡を入れる。幸い主人も同じような気質のため、我が家の予定はほぼほぼ予定時刻で進められる。 シンガポールにきてから、この時間観念のずれに一様にイライラさせられることが多い。育ってきた環境が違うから〜〜〜♪と何度も頭の中で歌うも、やっぱりイライラがなくなることはない。 先日友人4人 [続きを読む]
  • あからさま。
  • 次男は学校生活が始まったとはいえ、まだハーフデイなのでランチを食べたら帰ってくる。よっぽど私に用事がない限り、午前中のヨガのあとに私が迎えに行くことが多い。暑いし、階段も100段くらいあるし、くじけてメイドちゃんにおねがいっ!としたくもなるが、私が迎えにいくと先生とその日の次男の様子など少し話せるので貴重な機会ととらえて、出来るだけ行くようにしている。前置きが長くなったが、そんな学校帰りのバスの中。 [続きを読む]
  • 3歳がどっぷりハマった本。
  • 昨年のクリスマスに義姉からもらってから、ハマり続け、徐々にコレクションが増えている本がある。 泣く子も黙る?Mr.Menシリーズである。https://www.mrmen.com ?ご存知でない方はこちらのリンクを参照してください やはり、男子なのかLittle missシリーズよりはMr.Menの方が好きらしく、とにかく毎日どれかを読んでくれと言われるほどのハマり様である。 キャラクターは性格が名前となっており、親近感がわきやすく、さらにスト [続きを読む]
  • シンガポールで親知らずを抜いた話。
  • もう痛みというイライラに耐えきれず、親知らずを抜くことにした。どうやら上の歯は多くの場合「手術」扱いにならないらしく、その場合$200~という価格設定だという。下の歯を$1000ちょっとで抜いたからそれに比べると割安感満載! 受付につき、しばらく待っていると前回と同じ先生がきた。その時点で雑念を捨てる私・・・そう、この先生は考える隙を与えない。(前回は処置室に入って、3分後には麻酔の注射終わってたという衝撃 [続きを読む]