フェイニョオ さん プロフィール

  •  
フェイニョオさん: 猫とせとかと時々古民家
ハンドル名フェイニョオ さん
ブログタイトル猫とせとかと時々古民家
ブログURLhttp://zundoo0907.blog.fc2.com/
サイト紹介文古民家暮らしを夢見つつ日々各地の古民家や洋風建築物を物色。出会った猫たちや古道具についても語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/10/24 20:29

フェイニョオ さんのブログ記事

  • 古民家の通風と採光
  • 玄関の電灯。母の実家にあったものを譲り受け使用中。大切にしてゆきたいものの一つ。ニィハオ!フェイニョオです。古民家の不便の一つに、日中の暗さが挙げられます。田の字間取りの中央部、囲炉裏のある大広間は晴天でもなお暗く、日中でも電気をつけなければいけません。(囲炉裏のすすで黒くなった土壁と梁。この広間は約100年間、手を加えていません)改修の際は木組みを組みなおし、木舞をかいて土壁を塗りなおす予定。さら [続きを読む]
  • 親の家を片づける その2
  • 玄関の電気のスイッチ。先回のリフォームの際使用を止めたものの、残してあります。将来、古民家再生の際は活かして使おうと思います。ニィハオ!フェイニョオです。ただいま実家の古民家に帰省中。年々ゴミ屋敷と化していた実家を片づけるべく、先回の帰省より奮闘中の私。今回、帰ってみると、先回の断捨離の成果があらわに。私の断捨離に触発されたのか、両親が重い腰をあげ、西側の縁側の片づけをしていたのです!不用品で埋ま [続きを読む]
  • アシナガバチと暮らす⁉
  • 昭和レトロなたたずまいが好きで、散歩の度に眺めていたビルジングです。奈良市東大寺戒壇院近くにて(本文とは関係ありません) ニィハオ!フェイニョオです。緑のカーテンを初めて今年で7年目。琉球アサガオを植えた当初、スズメガ系の幼虫が大量に発生し、駆除に追われました。しかししばらくすると、アサガオのまわりをアシナガバチが飛びはじめます。ある日偶然、アシナガバチが青虫を捕食しているのを見つけ、危険視してい [続きを読む]
  • 古民家はダニとの闘い?
  • 朝日が差し込み、琉球アサガオのブルーが涼やかです。東面の窓のグリーンカーテンは梅雨明け前に完成しました(本文とは関係ありません)ニィハオ!フェイニョオです。和室の畳をはがし、大掃除をしました。ここ1〜2年、夏場のダニに悩まされている我が家。今年はダニとの総決戦に挑んでいます。2日に1回は掃除機をかけ、梅雨の晴れ間には布団をコインランドリーへ運び、高温乾燥する日々です。それでも一向に死滅しないダニ。ダ [続きを読む]
  • 昭和は終わったのに…
  • 岡山県津山市、JR因美線美作河井駅にて。山間の風景のなかに、昔懐かしい駅が残っていました(本文とは関係ありません)ニィハオ!フェイニョオです。私が子供だった昭和の頃、街にはまだ個人の商店が健在でした。そういった商店からは、盆暮れの挨拶まわりに、商店名の入った手ぬぐいやタオルが配られたものです。時代は変わり、いま、個人のお店は元気をなくし、大型チェーン店でみな買い物をするようになりました。それに伴い、 [続きを読む]
  • 手抜き家事あれこれ
  • トマトのサラダをお気に入りの片口で。バジルがないので庭の大葉で代用。もちろんオリーブオイルもないのでドレッシングにはごま油を使用。ニィハオ!我が家の掃除、洗濯、料理一切を引き受けているフェイニョオです。ただいま、我が家は家事停滞前線接近中。ここ、瀬戸内の街も梅雨入りしましたが、それとともにパート先の会社が繁忙期に突入。6月、7月とノルマを課され、ストレスの多い季節が始まります。それとともに心配され [続きを読む]
  • 昭和レトロアイテム探訪〜ばあちゃんの糸切ハサミ
  • 高知県南国市に残る掩体壕。先の戦争の際、戦闘機を敵の攻撃から守るために作られたもの。戦争遺跡として南国市史跡に指定されている。ニィハオ!フェイニョオです。久しぶりに高知の日曜市へ行ってきました。今回の目的は裁縫用の糸切ハサミ。前からばあちゃんのセルロイドの裁縫箱に入っていて、同じものがほしいなあ、と思っていたのです。高知は土佐刃物の産地。以前日曜市で、包丁などの刃物に交じって、レトロな糸切ハサミが [続きを読む]
  • 民芸の旅〜博多曲げ物
  • 博多は、どこかエキゾチックな街でした。太古より、海の向こうの大陸に近いからでしょうか。(福岡市箱崎あたりにて)ニィハオ!フェイニョオです。幼稚園の親子遠足で、疲れました。柄にもなく、お弁当作りを頑張ったせいでしょうか。その反動で、その日の晩ご飯は、4歳の息子と二人で「どん兵衛」で済ませてしまいました。自分にできないことは頑張らないほうがいいですね。こちらが、自分なりに頑張った、タケノコご飯のお弁当 [続きを読む]
  • トマソン〜広島電鉄・十日市町操車塔
  • 人が棲まなくなったのちも、大工が手をかけて造った家は、見所があります。福島県会津柳津にて(本文とは関係ありません)ニィハオ!フェイニョオです。子供の頃から、街かどで不思議な造形を見つけると、忘れられず、「なんなんだろう?」と興味が尽きませんでした。長じてインターネットが普及すると、その疑問に答えている人もいて、またその不思議な造形に自分以外にも興味をもつ人がいるのか、とうれしくも思いました。そのよ [続きを読む]
  • 昭和台所のなやみ
  • 旅行に行くと、必ずその土地の荒物屋さんを覗いてしまいます。昭和にタイムスリップした気分です(山形県米沢市にて)ニィハオ!フェイニョオです。昭和借家に住む我が家は不便なところが多々あります。その一つがコンロ回り。現状こんな感じになっています。(一応掃除してますが、自信ないので写真ボカシてごまかしています)悩みの種は、このアルミの油跳ね防止カバー(正式名称知りません)。なければ油跳ねが気になるし、あっ [続きを読む]
  • 古民家は冬をむねとすべし!
  • 造りは農家のようですが、格子戸が商家の町屋を思わせます。古くからの商店が集まる地区にて(新潟市)。(本文とは関係ありません)ニィハオ!フェイニョオです。ここ1〜2年、夏場のダニに悩まされている我が家。暖かくなるこの季節、ダニの発生に先手を打って掃除にいそしんでいます。その一環として、古くなった畳の表替えを頼みました。この昭和借家に暮らして6年、引っ越し当初新品だった畳もボロボロになり、掃除をしてもし [続きを読む]
  • 親の家を片づける
  • 大正9年築、我が家。当初は瓦を上げる経済的余裕はなく、板屋根に石をのせるのみでした。ニィハオ!フェイニョオです。実家に帰省の際、少しばかりの断捨離を決行してきました。4年前に祖母の介護が始まって以来、少しづつ実家がゴミ屋敷となってゆくのは感じていました。まず西の縁側が不用品で埋まり、通行や開閉ができなくなりました。そうすると、夏の間、東西に風の吹きぬけていた凉しい家が、風の通らない、暑苦しい空気のよ [続きを読む]
  • 古民家への道のり
  • 人が住まなくなった家はやがて朽ち、土に還ります。廃墟も美しいですが、やはり家とは、手入れして住まうもの。香川県丸亀市にて。ニィハオ!フェイニョオです。私が実家の古民家をリフォームするのが65歳になるころ。20年後の予定です。予算は3000万円。いま、私の貯蓄は200万円。時給900円のパートで働いて、年収約100万の私。あと20年働いて、年収をすべて貯蓄に回したとしても2000万、あと800万足りません。実家のリフォー [続きを読む]
  • 伝健地区に用はなけれど…
  • 内子の路地をゆく野良ちゃん。この街に一番詳しいのでないでしょうか。ニィハオ!フェイニョオです。先日愛媛県の内子町へ。久しぶりに街歩きを楽しんできました。有名な伝健地区の1本横にある、地域の方の生活道路で不思議な洋館を発見。旅先でこんな建物を見つけると子供のころに帰ったようにワクワクするんですよね。木造のモルタルで3階建て(!)元々何の建物だったのでしょうか?時間があれば近所の人にお聞きするのですが… [続きを読む]
  • 生まれる命あれば…
  • ここ瀬戸内の街、香川県丸亀市の珍建築。これも看板建築と言えるでしょうか(本文とは関係ありません)ニィハオ!フェイニョオです。南天の実をヒヨドリが盛んについばんでいます。秋、少しばかり実っていたものが、ほぼなくなりかけた状態。厳冬で食料が少ないのでしょうか、こんな時のために備えて、春夏の間、南天の手入れをしっかりしておくべきだったと後悔。この昭和借家に越してきたときにはすでに茂っていた南天は、放って [続きを読む]
  • シャッター通りに日は昇る?
  • 元祖アーケード、雪国の雁木。今は駐車場のあるショッピングセンターに客を取られましたが、残しておきたい故郷の風景です(新潟県長岡市にて)ニィハオ!フェイニョオです。今日はここ、瀬戸内の街、香川県丸亀市にて行われたマルシェ「おしろのまちの市」へ。会場は丸亀駅前の商店街です。ここは以前よりいわゆるシャッター商店街で、昼なお暗く、ましてや夕方にもなると、勝手のわからない観光客なんかは怖くてはいれないような [続きを読む]
  • 看板建築
  • ニィハオ!フェイニョオです。今日はフェイニョオの旅のアーカイブより各地の看板建築を紹介。各地に残る看板建築ですが、おもしろおかしい反面、いまとなっては街の貴重な昭和遺産と言えましょう。左官屋さんの腕を競い合った鏝の技術も見どころです。こちらは福島県会津若松市の衣料品店。呉服百貨店第二営業所とあります。DepartmentStoreの文字が微笑みを誘います。第一営業所の所在が気になるところです。看板部分だけアップ [続きを読む]
  • 子供のおもちゃ再編
  • 宮崎県串間市にて。荒物屋さんに並んでいた、陶製湯たんぽ。デッドストックでしょうか。(本文とは関係ありません)ニィハオ!フェイニョオです。親子でインフルエンザに罹り、6畳一間で息子と二人、ほぼ一日を過ごしているこの頃です。我が家はいわゆる3K(キッチン+6畳+6畳+洋室)の間取りの昭和借家。しかしまだ息子も小さいので、暖房は6畳のオイルヒーターのみ(エアコンは使いません)。ふすまを隔てた隣の6畳が夫の部屋 [続きを読む]
  • 旧大正屋呉服店
  • 広島電鉄千田変電所(爆心地から1.92?)。レンガが白く塗られているのは防水塗料だそうです。ニィハオ!フェイニョオです。今日は昨年訪れた、広島、平和記念公園内にある旧大正屋呉服店について。爆心地から170?で被災した、被爆建物です。周囲の木造家屋が一瞬で消えたなか、鉄筋コンクリート造のこの建物は、原爆ドーム同様全壊を免れました。いまの平和記念公園一帯は、当時は繁華街。人々の行き交う活気ある街で、その様子 [続きを読む]
  • 赤ちゃんのお尻拭き掃除法
  • いまの借家に入居以来、1回も拭いたことがなかった台所の窓。先日初めて拭きましたニィハオ!フェイニョオです。突然ですが、私みたいに料理や掃除をしない人間って、脳が退化しやすいんですってね。だからというわけではないんですが、新年から心を入れ替えるべく、お手軽掃除法を実践。掃除法というほどの事でもないのですが、赤ちゃん用お尻拭きでなんでもこまめに拭いてしまう、というものです。息子はすでにトイレトレーニン [続きを読む]
  • 村の茅葺屋根 その2
  • 故郷の村には、まだこのような倉がたくさん残っています(本文とは関係ありません)ニィハオ!フェイニョオです。子供のころ、村に残っていた茅葺屋根の家に、友達のKくんの家がありました。Kくんの家も貧しかったようで、子供のころからKくんのお父さんを見たことはありませんでした。Kくんは普通に勉強のできる子でしたが、お母さんは、ちょっと知恵遅れの感じのある人でした。親子遠足に行った時、わたしのキティちゃんのリュッ [続きを読む]
  • 緑のカーテンがつくる生態系
  • JR磐越西線山都駅に残るランプ小屋。福島県喜多方市にて。(本文とは関係ありません)ニィハオ!フェイニョオです。夏の間、我が家を覆っていた緑のカーテン、この寒風吹きすさぶなか、いまだに我が家を覆っています。ここ瀬戸内の街では、11月一杯は半そでTシャツが例年のところ、今年は寒波が早く、11月からヒートテックの出番となりました。12月からはヒートテック靴下2枚履きの厳戒態勢。例年ならば、年明けから引っ張り出すダ [続きを読む]
  • 村の茅葺屋根 その1
  • ID:u8lnw2生まれ故郷の村に残る、尼僧庵の物置小屋。いま村に残る茅葺屋根の建物は、この禅宗の寺と、浄土真宗の寺のみとなりました。ニィハオ!フェイニョオです。フェイニョオの子供のころは、まだ生まれ故郷の村に1〜2軒の茅葺屋根の民家が残っていました。その頃の茅葺屋根といえば貧しさの象徴のように思われていて、当時のお百姓の価値観では、御殿のような成金趣味の家を建てることがステイタスでした。村にあった茅葺屋根 [続きを読む]
  • 自己流リフレッシュ法
  • 福岡県門司の元料亭、三宜楼にて。松本の民芸家具でしょうか。気軽に我が家のリビングに、とはいかないけれど、料亭のリッチな空間にすごく家具が合ってました。(本文とは関係ありません)ニィハオ!フェイニョオです。忙しくて燃え尽きてしまったときは、ひたすら休む、というのがマイルール。美味しいチョコレートを食べながらひたすら読書とか、お天気のいい日に庭の手入れ、などとにかく好きなことに没頭。ただ自分時間を久し [続きを読む]
  • 旧広島大学理学部1号館 
  • ちんちん電車の走る街が好きです。ノスタルジックで、それでいて車社会にかわる近未来的な乗り物だと思います。(広島電鉄千田変電所。爆心地より1.92?)ニィハオ!フェイニョオです。今日はヒロシマのの被爆建物について。前に広島を訪れたのは息子を妊娠中の4年ほど前のこと。その時被爆建物の存在を知って、その不思議な美しさ(といったら不謹慎かもしれませんが)に取りつかれ、夢中になって訪ね回ったのでした。そしてこの秋 [続きを読む]