ゆらゆら さん プロフィール

  •  
ゆらゆらさん: ゆらゆら生活
ハンドル名ゆらゆら さん
ブログタイトルゆらゆら生活
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yuyurito
サイト紹介文2012年6月の告知に始まったゆらゆら生活の中、揺れる気持ち、その時々に思うこと、時には弱音・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2013/10/26 01:52

ゆらゆら さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 楽譜のある静物
  • デッサンクラス1回で楽器と楽譜他のモチーフを描いた。太鼓の後方にアルトサックス、右手箱の上にクラリネットがあって、描いてみたい気持ちはあったが、座る位置や構図を考えあれこれ試していると時間切れになってしまいそうだったので、テーブルに敷かれていた鮮やかなストライプ布に目を向けてみた。迷っている時間はない、と思うことで細かいところに拘らず全体を見渡せた気はする。とは言ってもクラス時間内ではここまで。水 [続きを読む]
  • ポスターのある静物
  • モデッサンクラス2回で静物を鉛筆で描いた。モチーフの中描きたいと思ったのは、壁に貼ってあったポスターと数冊の本の置物だった。1日目、特に後半の時間は集中力が途切れてしまい、ガラス瓶周りの本に視点が定まらず、描き直しに時間をかけてしまった。2日目は、じっくり描いていたいポスターを我慢して切り上げ、手前の置物を仕上げなければ、と。それでも、残り30分で仕上げるのは無理だと自覚、左手ほうろうのポットの書き込 [続きを読む]
  • 椅子に座る人
  • 先週クラスで描いた人物画、最後の仕上げをした。今回のモデルさんは素人の方だった。人物デッサンクラスに通い始めて2年ほどが過ぎ、最近になってようやく、プロの方と素人の方の違いをいくらかは表現できるようになってきた気がする。そう思っているだけかもしれないが・・・。プロの方はポーズを取る時に、身体のうち特定のところに神経を集中させているにだろうか。描けるかどうかは別にしても、明らかに素人の方が座っている [続きを読む]
  • 上野寛永寺
  • 昨日、上野桜木にある寛永寺にスケッチ仲間と出かけた。午後は新年会、午前中の2時間半ほどのスケッチだったが、雲ってからの寒さは堪えた。上野寛永寺(天台宗東叡山寛永寺)は慈名大師天海大僧正に創建された天台宗別格大本山の寺院。山号東叡山はの由来は東の比叡山、寺号寛永は創建された年の年号が由来とのこと。比叡山、大津市の?と思い検索してみた。陰陽道では北東は鬼門として忌み嫌われる方角だそうだ。そこで平安京の北 [続きを読む]
  • ルブレサック
  • 年末年始を何とか終えて、いろいろあるけtれどとまずほっと。今年こそ伸びやかに絵を描きたい〜と思いながら・・・。これまでのやり残し感から、昨春の訪れたフランス小さな村の景色を書き直してみた。伸びやかに、とはいかなかったが、描いていくうちに何かみつかればいいな〜と思うことに。 [続きを読む]
  • 椅子に座る女
  • 人物デッサンクラス、4回で取り組んだ。久し振りに大きな紙(木炭紙)65x50cmに挑戦してみた。途中で描き直したのでこれは2枚目の絵。時間がたっぷりあると思うと、ついついあれこれ迷いながら描き足し、結果濁った色になってしまいがちだ。ただ、普段あまり使わないような色や雰囲気を試すことはできた。水彩で優しい顔を描いてみたいとは思ったが、本当に描きたいのは淡く優しい顔ではない、ことを再認識した。とっても存在感のあ [続きを読む]
  • 大宮公園
  • スケッチ定例会で大宮氷川神社&大宮公園に行ってきた。晴れたとはいえ、冷え込んだ中での屋外スケッチ、耐寒実験のようでもあった。この絵は、昼食の鍋焼きうどんで暖をとった後、大宮公園でかいたもの。迷いながらも、小さなスケッチブック(F3)しか持って行かなかったことを後悔しながら。紅葉真っ盛りではなく枯れかけて寒々としているものの、陽射しを浴びて輝いている木があった。何の木かはよくわからない。まわりには松、杉 [続きを読む]
  • ジュルジュ・ルオー展
  • 出光美術館で開催中、ジュルジュ・ルオー展に行ってきた。宗教的なものに大きく支えられての作品だとは見て取れるが、それとは関係なく生身の人間の存在感が身近に感じられる、そんなルオーの絵が好きだ。会期終了が近いものの、閉館1時間半前を狙って大正解。時折椅子に座ったり、少し逆戻りしたりしながら、ゆっくりと絵を満喫できた。絵葉書を買ってきたこの絵「優しい女」の表情は、眺めていると、少なくとも一瞬いくらか優し [続きを読む]
  • 左手デッサン
  • 先日のクラスで、なんと左手でのボールペンデッサン、静物を描いた。ずいぶん前にクラスで自分の左手を何枚か描いた時、時間を持て余してしまった私に、先生が右手を左手で描いてみればと半ば冗談で?提案された。描いてみると思いの外楽しかった記憶がある。今回は2時間ほど使ってガッツリ左手描きだった。予想通り、私にはなかなか面白いものだった。左手ではペン先をうまくコントロールできず、意図しない方向あちこちに線が飛 [続きを読む]
  • 過去の記事 …