hemitotsy さん プロフィール

  •  
hemitotsyさん: アセンションへの道程 ある外科医のスピリチュアル
ハンドル名hemitotsy さん
ブログタイトルアセンションへの道程 ある外科医のスピリチュアル
ブログURLhttp://hemitotsy.blog.fc2.com
サイト紹介文アセンションを目指す外科医のヘミシンク体験とスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します
自由文昭和生まれ、千葉県出身の外科医です。東北地方で外科修行を積み、現在は関東圏の病院で勤務医をしています。ふとしたことからスピリチュアルの世界に触れることに、、、。己を変えることができるかどうか?、アセンションを目指してヘミシンクを始めました。日記感覚でヘミシンク経験の記録を残すと同時に、スピリチュアルについて検討を加える場として当ブログを始めた次第です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/10/26 11:43

hemitotsy さんのブログ記事

  • 日本プロ野球におけるサイクル安打の記録(第二版)
  •  本日、ナゴヤドーム、中日 vs 横浜 戦において、中日 平田 良介 選手にサイクルヒットが出ましたので「世界記録・出来事・出来事」のカテゴリー、サイクル安打の記録を更新いたします。◇ サイクル安打 概要 サイクル安打とは、野球、ソフトボールの試合で、1試合で1人の打者が単打、二塁打、三塁打、本塁打のそれぞれを1本以上打った場合に成立する記録で、一巡安打(いちじゅんあんだ)、サイクルヒット (cycle hits) とも呼 [続きを読む]
  • 個別疾患のご案内 その4:頭痛診療
  •  仕事の話、最近、嫌に頭痛で外来に来る患者が多く、気質的疾患を否定する目的で、常に眼科コンサルトと頭部CTを行っており、新規の緑内障患者にはまだ出会っておりませんが、ついに先日、42歳女性の脳腫瘍を見つけてしまいました。付け焼き刃の勉強では右前頭葉の星細胞種 Astrocytoma を考えますが、後は脳外科にお任せとなります。 ただ頭痛薬を出すだけではなく根気強く頭部CTを撮り続けて良かったと思いますが、それにして [続きを読む]
  • ついに実現した代打 投手ウィーランド
  •   季節柄、野球ネタが続くことをお許しください。本日の横浜スタジアム、広島戦、同点で延長11回、2アウト1,2塁、横浜の野手はキャッチャー伊藤選手のみが残っておりましたが、バッター嶺井選手のところでラミレス監督は代打、ピッチャーのウィーランドを送りました。太古の昔、金田さんや堀内さん、あるいはもっと以前の故 川上 氏であったかも知れませんが、前日に先発登板した投手が翌日もベンチ入りして代打で出てくるのを、 [続きを読む]
  • 惜しまれる濱口-高城 バッテリーの解消
  •  オールスター明けの7月9日、横浜DeNAは、白崎浩之内野手(27)、高城俊人捕手(25)と、オリックスの伊藤光捕手(29)、赤間謙投手(27) との2対2の交換トレードが成立したと発表しました。なんてことのないシーズン中のトレードで、この4選手ともに、己の持てる最高の力を出せずにいる状態ではありました。ただ、この中にあって高城選手については他の選手とはちょっと違う印象でおりました。次の映像、見られ [続きを読む]
  • 日本プロ野球におけるサイクル安打の記録
  •  先週の金曜夜は横浜スタジアム、歓喜の渦中におりました。大いなる興奮と感動を覚えたその試合で、横浜DeNAベイスターズの 桑原 将志 選手が史上67人目、72回目のサイクル安打を達成しました。私としては、1999年、ロバート・ローズ 選手が富山球場で対広島戦に達成したのをテレビ観戦して以来、19年ぶり2度目のリアルタイムで観た出来事で、しかも今回は球場での生観戦でしたので、まさに興奮と感動でありました。 こんな機会 [続きを読む]
  • ピサのドゥオモ広場におけるある経験
  •  昨年のローマ〜ピサ〜フィレンツェの旅行中、イタリアならでは(?)と言う経験をしましたので記録します。場所はピサ(Piazza)、有名な斜塔があるドゥオモ(Duomo)広場です。その経験については後述するとして、まずは現地へのアクセスと、ドゥオモ広場およびピサの斜塔についての概要です。◇ ピサへのアクセス ローマからピサまでの移動です。1.さすがはローマのレンタカー、追加料金 丸2日間のローマ観光をすませた3日 [続きを読む]
  • 「誰かが誰かの中で生きる」と言うこと
  •  「世界の中心で、愛をさけぶ」と言う 片山 恭一 氏の青春恋愛小説で、ドラマ、映画になりました。その作品の紹介ではありませんが、一言であらすじを申しますと、高校時代に実った恋、直後に白血病で他界した彼女、廣瀬 亜紀 と、それを17年も忘れられない彼、松本朔太郎 の物語です。ドラマの特別編の最後、二人がいたクラスの担任で国語教師の 谷田部敏美 の「廣瀬は松本の中で生きるのでしょう」とのセリフがエンディングとな [続きを読む]
  • 中高年は「喪失感」の繰り返し
  •  私事ですが、昨年11月に医者になって初めて勤めた民間病院の会長先生が他界さました。小さな医院から総合病院にまで一代で発展した素晴らしい人物で、私が米国に留学した際には資金を貸してくれました。本年4月には、私が大学院で学位を修得した際の主任教授が亡くなられたと、つい最近になって風の便りで聞きました。極めて厳しいお方でしたが、教授になられて最初の大学院生であったからか、ずいぶんと可愛がっていただきまし [続きを読む]
  • 伊勢神宮 参拝記 その3:皇大神宮(内宮)
  •  午前に豊受大神宮(とようけだいじんぐう)= 外宮(げくう)を参拝して赤福ぜんざいで一服したところで正午を少しまわっておりましたが、昼食は摂らずに皇大神宮(こうたいじんぐう)= 内宮(ないくう)へと移動しました。バスが外宮前にも停まることは知っていましたが、駅停留所からの方が確実と思われ、伊勢市駅へと歩きました。下に外宮と内宮の位置関係を示す地図とバスの路線図を供覧します。◇ 宇治橋(うじばし) 内 [続きを読む]
  • 伊勢神宮 参拝記 その2:豊受大神宮(外宮)
  •  伊勢神宮参拝は、時間がない時は天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祀った皇大神宮(こうたいじんぐう)= 内宮(ないぐう)だけで済ます人がおりますが、正式には豊受大御神(とようけおおみかみ)を祀る豊受大神宮(とようけだいじんぐう)= 下宮(げぐう)から参拝するのが習わしであります。近鉄 伊勢市駅からスタートです。◇ 近鉄 伊勢市駅から豊受大神宮まで 近鉄 伊勢市駅より参宮線 伊勢市駅方向に架けられた渡り [続きを読む]
  • 伊勢神宮 参拝記 その1:伊勢神宮の概要
  •  先日、2泊3日で伊勢神宮に参拝して来ました。人生の転機に向けて一つの記念であり、「気」をもらいたい、あるいは我々日本人の総氏神に報告と感謝の気持ちをお伝えするのが目的でありました。代表的なところにしか参りませんでしたので、もっと詳しい部分は別に譲りますが、参拝の順路に沿って写真を供覧して、少し勉強した内容をまとめてみました。◇ アクセス 三重県には東海道新幹線が通っておりませんのでこの県に足を踏み [続きを読む]