kabutocho_hourouki さん プロフィール

  •  
kabutocho_houroukiさん: 兜町 放浪記 〜 ベテラン投資家向け株式情報ブログ
ハンドル名kabutocho_hourouki さん
ブログタイトル兜町 放浪記 〜 ベテラン投資家向け株式情報ブログ
ブログURLhttp://tokyo-marketreview.gger.jp/
サイト紹介文株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す個人投資家のバイブル。注目銘柄・話題株を毎日更新。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供290回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2013/10/27 21:43

kabutocho_hourouki さんのブログ記事

  • TATERU、スルガ銀行、そ−せいに買いの手
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・今週の東京市場はNYダウの史上最高値更新や緩やかな円安傾向といった好材料に支えられて上値を試す展開となりそうだ。先週末にかけ日経平均は日々の上げ幅を拡大しながらの6連騰となっており、押し目の一服が欲しいところだが深押しを待ち望む展開ほどスルスルと株価は駆け上がるものだ。東証1部の王道銘柄が買われる一方で、悪材料が出て叩き [続きを読む]
  • 株高には根拠のない自信も必要
  •  ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。先週19日にソニ−が年初来高値をつけている。上昇角度は緩やかながら、約2年間で株価は2.3倍以上となったことになる。かつて上場電機メ−カ−を重電株と弱電株に区分けしていた時代があったがソニ−は弱電株の大将格だった。1980年代から1990年代、日本全体が最も高い頂きに到達していた時代には、日本といえばソニ−であり、ソニ−といえば日本だった。たまたまその時代 [続きを読む]
  • NYダウの史上最高値更新で日本株は出遅れ鮮明に
  •  ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。NY株式市場のダウ平均が8ヶ月ぶりに史上最高値を更新した。8ヶ月ぶりとのことだがこの8ヶ月間に株式市場に流れていた不安材料はすべて押しのけられた結果である。やはり、世界の運用資金は米国の金融商品こそ最高の安全性と利回りを提供してくれることを再確認したことだろう。「米中貿易戦争」などというフレ−ズはメディア記者の仕事にとって必要なだけで、当事国の [続きを読む]
  • 日米株高にスイッチオン
  •  ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。直近の株式市場は日経平均の抵抗線として機能してきた23000円どころの壁を突き破ってから上値追いスピ−ド感が出てきている。国内経済は磐石なものの、海外動向、とりわけ米中摩擦に振り回されてきたことが嘘のような上げっぷりだ。東京市場が4日続伸、今朝のNYダウも堅調な終わり方でまさに日米株高にスイッチが入った状況だ。目先は東証1部の主力どころの水準訂正に [続きを読む]
  • 買い意欲が復活してきた
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・昨日の東京市場は日経平均が325.87円高となり3日続伸と堅調な展開となっている。主力株中心にじり高を演出し、日経平均先物が現物市場を引っぱっている。日経平均の上げ幅が3日連続で200円超となるなどこれまでにない感触だ。何がきっかけで相場がギアチェンジしたかといえば、これまで23000円どころを5/21、6/12、7/18、8/8、9/14と幾度も跳ね返 [続きを読む]
  • 中国人の丸写し
  • 1日1回の にご協力お願いします。いただいた を励みに日々更新していますこのところの株式市場は海外市場から伝わる米中貿易摩擦のエスカレ−ションに対し少し距離を置くようになってきたようだ。連休明けの本日の動向がそれを確認するには適していると思う。先週末の市場では23000円台を回復した。想定外の強さ、意味不明の上昇、いずれにしても過去23000円台に何度も挑戦し跳ね返されてきたものが、大きな買い材料 [続きを読む]
  • 時代が不器用な政治家を求めなくなった
  •  ↓↓現在ランキング12位です。ランクUPの応援 をお願いします!!。先週の株式市場は、珍しく一般ニュ−スでも取り上げられることになった。日経平均が23000円を回復したことで、常に悲観的な見通しで身構える国内投資家も、週明けは買いから入りたくなる空気を感じている3連休かと思う。自民党総裁選が安倍1強ながら面白い。対抗馬の石破元幹事長が「与党内野党」に成りきれるか決死の切り込みを応援したくなるのは判官贔 [続きを読む]
  • SKIYAKIが下方修正でストップ安
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・昨日の東京市場は日経平均が上げ幅で200円を超してくるなど堅調な取引で終わった。9月も中旬となり、中間期末後から年末相場を意識した動きとなり「年末高」を期待させる雰囲気が漂っている。主力どころがしっかりなのは当然として、個別には業績修正発表でしっかり売り込まれるものがあった。直近でeスポ−ツ関連として物色人気を集め高値圏に [続きを読む]
  • 興奮を買いたくなる時
  •  ↓↓現在ランキング13位です。ランクUPの応援 をお願いします!!。9月商いも後半戦となるが今月後半は週末3連休が2週続く変則モ−ションだ。そこに今日からIPOが11社控えているから一発勝負には退屈しないが、新興市場の需給悪から既存株の調整が続きそうな環境にある。「あれっ」と思ったのが、IPOで主幹事がみずほ証券のケ−スが目立つことである。主幹事といえば「今も昔も野村證券」が定番と思いきやである。主 [続きを読む]
  • 個人投資家の「過去の栄光」
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・昨日の東京市場は日経平均が大幅続伸となった。ここにきて日本株の出遅れ感と割安感を取り上げる記事が目立つようになっている。前向きな記事が増えてくれば個人投資家のマインドも改善してくるだろう。昨日の値上がり上位銘柄を見ると、過去に材料株として市場の人気を一手に集めたことのある顔ぶれが並んでいる。モブキャスト、テラ、テリロジ [続きを読む]
  • 半値8掛け2割引で底を打つ
  •  1日1回ランキングバナ−を してもらえるとうれしいです。・・・今日の東京市場はNY市場が小幅安、円相場も111円台で落ち着いた動きとなっていることに支えられ、反発気運が高まっていい環境だ。ここにきて新興市場の先駆株が大崩れしている。特に一時10000円前後まで買い上げられた値嵩株の下げがきつい。チャ−トも需給も完全に叩きのめされる動きであり、大底打ちの「半値8掛け2割引」まで売り込まれた銘柄が出てきてい [続きを読む]
  • 健康あっての株式投資
  •  1日1回ランキングバナ−を してもらえるとうれしいです。・・・週明けの東京市場は先週末のNYダウが79.33ドル安となっていることで見送り気分の強いスタ−トを余儀なくされるだろう。ここ最近のアメリカ大統領の対日発言の真意を政治家先生も市場関係者も計りかねているだろう。9月も10日前後となれば朝晩の風が日中よりどこか心地よく感じる時期のはずだが、ことしは昨日もエアコンなしではいられなかった。こどもの頃 [続きを読む]
  • 大災害が多すぎて株式市場が
  •  ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。北海道地方で震度7を記録した大地震の被害が明らかになりはじめている。広大な山間部の被害が中心のようだが人口密集地体をかかえる都市部で発生したら世の中はもう少し違った反応を示したであろう。「天災は忘れた頃にやってくる。」とは当らないアノマリ−なのか。西日本水害、台風被害、そして今回の大地震と毎週末にかけ被災者とそれを救助する関係者は休日返上で働 [続きを読む]
  • IPO銘柄の夢のあと
  •  ↓↓現在ランキング12位です。ランクUPの応援 をお願いします!!。今年の新興市場は、マザ−ズ指数の動きを見れば一目瞭然で年初の高値からここまで3割強の下げを食らって相場らしい相場は少ない厳しい調整が続いてきた。前評判倒れとなっているメルカリが象徴するように、いわゆる「大型上場」と目される市場からの調達額が大きい銘柄のIPOが来ると、市場全体が貧血状態になるから厄介だ。現在の凪ぎ症状もメルカリシ [続きを読む]
  • 5G関連株の業績に安心感
  •  ↓↓ランキングUPにつながる応援 をお願いします!!。毎日更新の励みです・・・昨日の東京市場は日経平均が小幅安となった。円相場が落ち着き、NY株が高値水準をキ−プしている間は日本株だけが貿易戦争報道にふらつくこともないと思いたい。今朝の日経紙上に5G関連投資に国内関連企業が騒がしいことが紹介されている。特に将来の自動運転技術普及に対しIoTインフラへの先行投資が5G更新の動きに拍車を掛けるらしい [続きを読む]
  • SKIYAKIがストップ高
  •  ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。このところの東京市場は日経平均23000円の壁に押し戻される展開が投資家に刷り込まれてしまい、その水準に近づくと買いは手控えられ、売りはどこからともなく降りそそぐ。スポ−ツ競技としての市民権を得られるかどうかは別にして、バ−チャルの世界でも、高額賞金がかかった勝負事が増えてきた。経済ニュ−スより一般ニュ−スでの取り上げられ方が目立つ「eスポ−ツ」 [続きを読む]
  • 9月は年間降雨量が最大の月
  •  ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。先週末の東京市場は8連騰のあとの一服となった。日経平均は23000円に突っかけては引けにかけて押し戻される嫌らしい動きだが、大きく下押す気配には乏しい。今日明日にも再び台風が日本列島に接近してくる。月替わりとなり、ここからの残暑は精神的にも我慢できる暑さだ。台風が秋を運んでくると思えば暑さも苦にならない。9月は雨の多い月だ。1年で雨が多いのは梅雨真っ [続きを読む]
  • ヒトを雇うことが億劫になる
  •  ↓↓現在ランキング12位です。ランクUPの応援 をお願いします!!。女子体操選手のパワハラ会見が日本の体操界を揺さぶっている。会見の主役が18歳の現役女子選手であることでマスコミにとっては日大アメフト問題や、女子レスリングのパワハラ騒動、男子バスケットボ−ル選手によるアジア大会出場期間中の買春事件に並んでスポ−ツ界の不祥事として飯の種に事欠かない昨今である。会見中の女子体操選手の主張を聞いていて、 [続きを読む]
  • AIを打ち負かす個人投資家
  •  ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。株式市場で一時もてはやされた材料にAIスピ−カ−があった。商品自体の価格帯も高いものではなく、普及するのに障害はあまり見当たらない。もう少し高い値段設定で商品が店頭に並べばサラリ−マンのボ−ナス消費の目標になったかもしれない。パソコン入力になれない高齢者が、キ−ボ−ド操作を覚える前に必ず「しゃべったことが勝手に入力されたら便利なのに」とこぼす [続きを読む]
  • 日足・週足・月足のどれかひとつで十分
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・あと少しで8月のカレンダ−を破り捨てることができると思うと、ここから先の残暑もどこかゴ−ルが見えてきたようで「夏の出がらし」として味わうことも出来るようになる。米国株式市場ではナスダックが高値を更新するなど、投資家が心配するほど貿易戦争の当事国はヘタレではないということらしい。世界経済がシュリンクする心配は相場が下げたと [続きを読む]
  • 駅前デッキの人だかり
  •  叱咤激励 をお願いします。現在のランキングはこちら・・・最近、駅前デッキでスマホをいじる会社帰りのサラリ−マンのひとだかりが頻繁に目に付く。どうみても学生よりも社会人の年齢層が多い。「あれはポケモンGOか?」「そうですよ。」と若手が教えてくれた。そういえば、株式市場ではガンホ−、コロプラ、ミクシ−、ディ−エヌエ−、グリ−といった役者名をめっきり聞かなくなって久しい。同時にゲ−ム・オモチャ界の [続きを読む]
  • バイオ関連が秋の学会シ−ズンを先取り
  •  ↓↓現在ランキング12位です。ランクUPの応援 をお願いします!!。直近のNYダウが堅調となっている。対中貿易戦争やら、トルコ問題などトランプ外交の乱暴ぶりに世界のマ−ケットが振り回されているが、その基本となるアメリカ・ファ−ストが口先だけの選挙の人気取り政策ではなかったことが明らかだ。いずれの政策も対立や反発を怖れない突進力ぶりで、周囲が自然と道を明けてくれる。それがこれまでのビジネス経験で培 [続きを読む]
  • eスポ−ツはオタク文化に止まらない
  •  ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。今週の東京市場はNYダウの上げ下げを踏襲する展開と見ていて良さそうだ。金融法人の9月中間期控えの様子見は昔ほど顕著ではないが、9月下旬前までは退屈な動きが定番だ。経済ニュ−スより一般ニュ−スでの取り上げられ方が目立つ「eスポ−ツ」。テレビゲ−ムの中のスポ−ツで勝負するのだが、やがて体を使ったプロスポ−ツより賞金額が充実してくる可能性がある。すで [続きを読む]
  • ノ−ネクタイが当たり前に
  •  ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。関東地方は西日本に上陸した2つの台風の余波で朝から蒸し暑さでエアコンをつけずにはいられない。朝は海外市場のチェックと1週間予報で東京の最高気温を確認するのが日課となっている。「ク−ルビズ」は完全に世の中の一部となっている。導入当初は「ノ−ネクタイでお客様の前には行けない」と鞄の中にネクタイを入れていた営業マンは多かった。私は盛夏の8月であっても [続きを読む]
  • 買い方の敵は買い方
  • デイトレードランキング手詰まり感が強い相場の中で、空売りが積みあがっている。昔ほど「株の信用取引をする」ことに抵抗感がなくなり個人投資家の投資成果の幅を大きくすることに一役買っている「空売り」だ。空売りのリスクは損失が青天井であることだ。空買いは株価が0になったとき損失の限界点を迎えるが、空売りはそれがない。そうはいっても空売りに儲け妙味があることは否定できない。上がった株を売ればよいわけで、空売 [続きを読む]