kabutocho_hourouki さん プロフィール

  •  
kabutocho_houroukiさん: 兜町 放浪記 〜 ベテラン投資家向け株式情報ブログ
ハンドル名kabutocho_hourouki さん
ブログタイトル兜町 放浪記 〜 ベテラン投資家向け株式情報ブログ
ブログURLhttp://tokyo-marketreview.gger.jp/
サイト紹介文株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す個人投資家のバイブル。注目銘柄・話題株を毎日更新。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供303回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2013/10/27 21:43

kabutocho_hourouki さんのブログ記事

  • 新聞記事に沸いた量子コンピュ−タ−関連株
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・昨日の東京市場は日経平均が154.72円高となりしっかりの展開となった。個人投資家好みの材料株が集中物色される年末特有の動きの初動といった雰囲気を感じた。株式市場が好材料に素直に反応するとき(できるとき)は相場の好地合いを確認できたようなものだろう。昨日の日経朝刊記事に「量子コンピュ−タ−」「未来の計算機・日本参戦」と紹介記 [続きを読む]
  • 巨大国家の農業政策
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・年々、巨大国家「中国」を無視することはできなくなっている。13.8億人を抱える国は、私たちの国の10倍の潜在的経済市場を抱えることに等しい。株式市場では「中国関連株」というフレ−ズはすっかり定着しているし、輸出比率が欧米と同等か、それ以上を稼ぐ会社も少なくない。まして、輸入比率は中国製品が商品点数では圧倒的だ。金額ベ−スだと [続きを読む]
  • ソフトバンクのテレビCMが減っている
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・今週の東京市場は円相場が112円台に振れていることで様子見ム−ドの調整の週となりそうだ。中国が北朝鮮に特使を派遣するなど、地政学リスク緩和の外交的努力が伝わってくれば年末高に追い風が吹く。昨日の日経朝刊でケイタイ料金の下げ止まりの記事が目についた。格安スマホ事業者が大手キャリアから回線を借りる料金が下げ止まっているかららし [続きを読む]
  • お客様は神様じゃない
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・今年に入って、ふるさと納税をぽつぽつと5つの自治体に行っている。1件の金額は5000円〜20000円程度。お酒・お米・肉とすべて食品を選んでいる。自分が行ったこともない、縁もゆかりも無い市町村に寄付をした。その中のひとつにお米20キロを返礼品にしている自治体からメ−ルが届いた。私はお米20キロの消費のロ−テ−ションを組んで兄弟が集る正 [続きを読む]
  • 小池叩きの後悔
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・昨日の東京市場は急反発となり日経平均が300円を超える上昇となった。直近で下げがきつかった銘柄が大きく反発していたのが目立っていた。希望の党代表の小池百合子東京都知事が突然辞任した。都民ファ−ストの会を立ち上げ、東京都議会の与野党構成をひっくり返す大勝利から勢いに乗っての国政への挑戦だったが、「つまずいた」のではなく、「叩 [続きを読む]
  • 日中関係の雪解け
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・昨日の東京市場は日経平均が6日続落を記録し下げ幅は350円を超える比較的大きなものとなっている。きっかけのない下げであり、これまでの上昇の反動安という説明がしっくりくる。11日にベトナムで行われた日中首脳会談で安倍晋三首相と中国の習近平国家主席の握手をする表情や視線の交わり方に変化が感じられることが報道されている。政治家とは [続きを読む]
  • 貴乃花親方は無気力相撲を取らない
  •  ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。今朝のニュ−スワイド番組は横綱・日馬富士の暴行問題でもちきりである。現役横綱の不祥事だからマスコミも全力で根掘り葉掘りの大競争である。この手の話となると元横綱・朝青龍の引退劇が重なってくる。相撲界を神聖な空間と「異次元」に持ち上げることには反対だし、いかなる組織であれ、内部で発生した刑事罰に発展しかねない出来事をもみ消すようなことがあってはな [続きを読む]
  • 出遅れ株の代名詞「化学株」「機械株」
  •  ↓↓現在ランキング9位です。ランクUPの応援 をお願いします!!。昨日の東京市場は4日続落となり日経平均は結局300.43円安の大幅安となっていた。日経平均の下げ幅からすると悲壮感が漂ってもおかしくないが、まったくそれがないのは自律反発ならぬ自律反落的な動きとのコンセンサスが投資家にあるのだろう。それでも年初来高値を更新する銘柄はけっこう多い。特に目立つセクタ−は化学と機械だ。昨日は東証一部の値上がり [続きを読む]
  • ブル−チップの復活
  •  ↓↓現在ランキング12位です。ランクUPの応援 をお願いします!!。今日の日経平均は先週末につけた3日続落の引け味を継続して弱含みの展開となるだろう。歴史的連騰記録のあとであり当然の一服といえるが、強気で通す時ではないだろう。日経平均に遅れを取るまいと主力株が軒並み上昇してきたが、ソニ−が長らく続いた業績低迷から抜け出す構えを見せると一気に人気化してきている。今から約20年前、ソニ−が株価10000円 [続きを読む]
  • 日経平均の異変には注意したい
  •  ↓↓現在ランキング12位です。ランクUPの応援 をお願いします!!。昨日の日経平均は結局小幅続落となった。連騰記録が16日で途絶え、そこからズルズル行ってもおかしくない場面だが、11月には行ってからの日経平均は10月より上昇幅を拡大しながら上げてきた。昨日のザラバの動きで、日経平均が最近にない乱高下を演じていた。寄付きから上昇スピ−ドはエンジン全開となり、押し目をつくることもなく一本調子に上昇した。日 [続きを読む]
  • 景気の過熱を知らない世代が増えてきた
  •  ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。日経平均の史上最高値38957.44円をつけたのが1989年12月だから、かれこれ約30年前の話である。このときの大相場を知らない世代が株式市場に着実に増えてきている。さらにそれより以前の小学生だった頃、学校は土曜日は半日だけ授業があった。土曜日は給食がなかったから、下校してお昼のNHKニュ−スを見ることになるのだが、なぜかそのときの記憶に「日銀は公定歩合を○ [続きを読む]
  • 中間期決算企業に上方修正期待が高まる
  •  ↓↓現在ランキング12位です。ランクUPの応援 をお願いします!!。昨日の東京市場は日経平均が大幅高のうちに続伸、11月に入ってからは4日間負け知らずと連騰記録更新後も押し目をつくらない強さは健在だ。9月中間決算の公表がピ−クを迎えつつある。昨日引け後には横綱格のトヨタ自動車が決算発表を行ない、2期連続減益予想を一転増益予想と上方修正するなど日本経済全般の先行き見通しに安心感が広がる材料となっている [続きを読む]
  • 総務省のふるさと納税に介入に「待った」
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・年末を控え、株の売買も通年の損益計算を意識する頃合いになってきた。個人的には今年はじめてやってみた「ふるさと納税」の駆け込み寄付も考え始めている。ふるさと納税のしくみは他にまかせるとして、今年の夏ごろから10000円程度の寄付を5自治体に行った。手はじめに返礼品は「焼酎セット」「お米」「ビ−ルセット」「ソ−セ−ジ詰め合わせ」 [続きを読む]
  • 「ひと皮剥けた」株式市場
  •  ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。今日の東京市場は先週末にあったイベント(米雇用統計)を無難に通過し、円相場が波乱なく推移していることで買い安心感が高まりそうだ。11月に入ってからも2日間で500円以上の上昇となっている東京市場だが、「高値警戒感」という言葉さえ聞こえてこない。これは過去の株式市場を振り返っても実に不思議なことであり、「ひと皮剥けた」といえる。特にNYダウの上げっぷ [続きを読む]
  • 日米首脳ゴルフにテレビカメラを入れるな
  •  ↓↓現在ランキング12位です。ランクUPの応援 をお願いします!!。今年の11月は暖冬傾向を予想させるほどに気温が20度を超えて好天に恵まれる日が多い。今日のように快晴で空気が乾いて無風のときにようやく秋らしさを感じることになる。先ほどから横田基地に到着したトランプ大統領をマスコミ各社がLIVE中継している。安全保障上の問題が心配になるほど、丸裸の情報公開だが、そんなことを心配するのは日頃の「開戦前 [続きを読む]
  • いいものを長く愛用する
  •  ↓↓現在ランキング9位です。ランクUPの応援 をお願いします!!。昨日の東京市場は、日経平均が前日に400円高したことに関係なく続伸基調を保って引けた。不祥事で株価が売り叩かれた神戸製鋼が値を飛ばし4桁を回復するなど、大型株には依然として資金が流入しているようだ。関東地方は行楽には絶好の秋晴れとなっている。とはいっても行楽地に足を運ぶ性格ではなく、家でのんびり派の私は朝からタンスの中の整理をはじめ [続きを読む]
  • 中小型の中国関連株が熱い
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・今日の東京市場は、毎月の通過儀礼といえる3日の米雇用統計発表を控え、短期的な為替変動リスクを横目で見ながら、円安傾向継続を期待する売り惜しみで相場はしっかりの展開となりそうだ。NY株が連日史上最高値を更新、日経平均も静かにアベノミクス以降の高値を進んでいる。隣国の無謀な挑発にもやれやれ感が出てきたのか。今朝の円相場は114円 [続きを読む]
  • たった1円の無念
  •  ↓↓現在ランキング12位です。ランクUPの応援 をお願いします!!。今日より11月相場入りする東京市場だが、10月相場の上昇日数がこの先無いであろう19勝2敗となったことで反動が心配されるが、上げ幅が300円〜500円、といった過熱感が出るようなものが皆無なのが相場の寿命を延ばしている。過去にも相場の足かせとして評判の悪い先物の影響力だが、月替わりの今朝の動きは現物を200円以上上回る強さである。昨日の日経平均 [続きを読む]
  • 年末商戦の巻き返し
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・昨日の東京市場は日経平均がわずかながらも続伸。大引け寸前でプラスとなるなど、歴史に残る10月を演出する努力が感じられる月末である。10月は株式市場こそ歴史的連騰記録を塗り替えたが、商売をする人たちにとってはほとんど毎週土日に大雨に見舞われるなど、客足が伸びない厳しい月であった。土日に稼ぐ業種はたまったものではない天候続きで [続きを読む]
  • 5日にトランプ大統領来日
  •  ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。10月相場は残り2日なったが、日経平均のここまでの勝敗は18勝1敗となり、今週のトランプ大統領来日のお祝いム−ドから大エ−スの20勝と行きたいところだ。トランプ来日には地政学上の様々な政治的意図がある。なにより頻繁にミサイルが領空を通過する日本にわざわざ大艦隊を派遣し、大統領が晩餐会でワインを揺らすだけでも、無言の圧力になるだろう。直近の高値からは下 [続きを読む]
  • 「株高=バブル」と言わなくなるのに30年かかった
  •  叱咤激励 をお願いします。現在のランキングは15位です・・・今月に入って立会い日で下げたのはたったの1日である。日経平均は18勝1敗、上げ幅は終値ベ−スで1600円の上昇である。連騰記録(16連騰)更新となったわけだが、それまでの記録が57年前のものというから、高度成長期に差しかかる前回の東京オリンピック前の日本を説明するのには批判は付いてこない上昇相場だったはずだ。バブル景気がはじけ、会社もそこで働く [続きを読む]
  • サンユウが代替需要期待で跳ねる
  •  ↓↓現在ランキング12位です。ランクUPの応援 をお願いします!!。昨日の日経平均は小高くなった。連騰記録が16日で途絶え、そこからズルズル行ってもおかしくない場面だが、NY株ばりの上昇リズムを体得したような東京市場である。株式市場ではある企業の商品供給に何らかの不都合が生じたとき、それと同等商品への代替需要が特需として買い材料に転化されることがよくある。東証2部上場の棒鋼大手サンユウの株価が神戸製 [続きを読む]
  • 新聞の価値
  •  ↓↓現在ランキング12位です。ランクUPの応援 をお願いします!!。昨日の新聞の折込チラシの中に、カラフルで薄手の大判チラシに混じって白地のメモ用紙に使えそうな文字だけで書かれた広告が入っていてそれが目立っていた。そこには「新聞料金改定のお願い」と書かれていた。私は30年以上日本経済新聞1本の購読できた。朝夕刊セットで4509円から4900円(税込み)に値上げするとある。以前の新聞料金支払いは月に1度、新聞 [続きを読む]
  • 人手不足から求人関連株
  •  叱咤激励 をお願いします。現在のランキングは15位です・・・帰宅途中にあるケイタイショップの閉店時間が20時から19時になった。仕事を終えたサラリ−マンが待合いスペ−スで順番待ちをする光景を目にする前にシャッタ−が下りていることが増えた。これも人手不足から来る労働環境改善の一環なのか、働き方改革に触発された時短なのか。驚いたのは年中無休だと思っていたソフトバンクショップが平日に「本日休業日」とな [続きを読む]
  • 主力株には買い疲れ
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・今日の東京市場はさすがに当然の一服となるだろう雰囲気だが、せっかく15連騰までくればマ−君の24連勝記録に並んで欲しいところだ。昨日は一部の材料株、仕手系株が値を飛ばしていた。主力株の底堅さと中小型株の値幅取りがうまく回転しはじめた東京市場だ。株式市場はすっかり地政学リスクを咀嚼する術を身につけたようだ。過熱する市場をク− [続きを読む]