kabutocho_hourouki さん プロフィール

  •  
kabutocho_houroukiさん: 兜町 放浪記 〜 ベテラン投資家向け株式情報ブログ
ハンドル名kabutocho_hourouki さん
ブログタイトル兜町 放浪記 〜 ベテラン投資家向け株式情報ブログ
ブログURLhttp://tokyo-marketreview.gger.jp/
サイト紹介文株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す個人投資家のバイブル。注目銘柄・話題株を毎日更新。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供300回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2013/10/27 21:43

kabutocho_hourouki さんのブログ記事

  • 逆日歩に買いなし
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・昨日の東京市場は日経平均が小幅ながら5日続伸となった。この先のGWを控えた取引としては先回りの換金売りを心配することもなく落ち着いた展開であった。このところ連日の出来高トップに顔を出すマネックスGだが、買い方と売り方ががっぷり四つの力相撲となっている。信用の取組みは厚みを増し、仕手戦さながらの踏み上げ相場を観戦したい投資 [続きを読む]
  • セクハラ次官の話をはぐらかす技術は芸術的だ
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・世の中はすでに昭和の時代から変わったのだ。渦中の破廉恥事務次官が子供じみた言い訳を続けながらの辞任劇を目の当たりにするにつけ、セクハラなるものが、強大な権力構造の中のキ−パソ−ンであれ、容赦なくその地位をはく奪されるだけのパワ−を持ちはじめたことを意味している。今回の事故?、事件?は音声を録音されている時点で即死の状況 [続きを読む]
  • 日経平均以外の指数はすべて安い
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・昨日の東京市場は見送り閑散症状ながら前日引け値を挟んだ揉み合い相場となり結局日経平均はプラスを保って引けた。目下の日米首脳会談で貿易問題が取り上げられてトランプから強硬な圧力がかかるのか見極めたいム−ドが高まってきた。昨日は日経平均以外の指数はすべてマイナスの1日となった。TOPIX、日経400、ジャスダック、マザ−ズ、東証2部 [続きを読む]
  • 大きく売り込まれた新興値嵩株に妙味
  •  ↓↓現在ランキング12位です。ランクUPの応援 をお願いします!!。今日の日経平均は先週末に実行されたに米・英・仏よるシリア攻撃が限定的なものになったことで中東情勢に過剰な反応はすることなく小幅続伸する結果となった。目立った動きでは1部市場が底堅く推移した反面で新興市場が安くなったことだ。特に株価5000円〜10000円クラスの値嵩株が売り込まれた。いずれも個別に業績報道や悪材料が出たわけではなく、なんと [続きを読む]
  • Far East 
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・今日の東京市場は土日の出来事として米・英・仏軍によるシリア空爆が実行されたことをどのように消化するのか興味深い1日だ。国内メディアの一般ニュ−スの扱いは、森友・加計問題、関ジャニ渋谷脱退、村田防衛成功、皐月賞中穴、中山グランドジャンプでオジュウチョウサン圧勝の次に来る感じでさほどの危機意識は無い。わずか1日の限定的な攻撃 [続きを読む]
  • コンヴァノの押し目
  •  ↓↓現在ランキング7位です。ランクUPの応援 をお願いします!!。日本時間の今朝取引を終えたNY株式市場が大幅反発している。このところのNYダウは前日比200ドル〜500ドルの上下動が当たり前の激しい相場が続く。新興市場では先行してきた銘柄に下押すものが増えてきて個人投資家が信用余力を悪化させているようだ。だからといって1部市場の主力株にシフトチェンジするほどの値動きに魅力ある銘柄は少ない。直近IPO [続きを読む]
  • コインチェックを買収するマネックスが強い
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・最近のNY株式市場が不安定な動きを強めている。そのNYダウにコピ−相場が当たり前だった東京市場がお付き合いしなくなってきたのは春の珍事なのだろうか。コインチェックを買収するマネックスGの株価が騰勢を強めている。世間を騒がせた仮想通貨取引所を運営するコインチェックだが、経営陣を総入れ替えし、マネックスGの傘下になるとすれ [続きを読む]
  • 覆された昭和時代の精神論
  •  1日1回ランキングバナ−を してもらえるとうれしいです。・・・プロ・アマ問わず、スポ−ツの世界で海外で活躍する日本人が増えている。サッカ−、野球、ゴルフ、バスケットボ−ル。オリンピックメダリスト達もしかりだから、その数たるや数え切れない人数だ。私のような昭和世代は、野球やサッカ−については海外選手と日本人選手の埋めることのできない体格差とパワ−の差から、まず互角の勝負すら出来ないと思ってきた [続きを読む]
  • NYダウ大幅安に逆行した日経平均
  •  1日1回ランキングバナ−を してもらえるとうれしいです。・・・昨日の東京市場は前日のNYダウが500ドル超の大幅安に沈んだにもかかわらず、意外な展開となった。わずか1日の逆行高で相場の潮目が変ったとはならないが、NYダウの乱高下にいちいち付き合っていては身が持たないと言わんばかり上昇だった。日銀の黒田続投が決まり日本の金融政策に変化はないようだ。超低金利下であっても、土地価格が高騰するわけでもな [続きを読む]
  • 米中冷戦時代に突入
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・今週の東京市場は不安定なNYダウに振り回される二次被害相場となりそうだ。東京市場はNYダウ離れができないことをコンセンサスにしており当事国よりも株価が売り叩かれる哀れな存在だ。中国にしてみれば米国との報復合戦でより大国としての存在感を世界に知らしめることができるだけで大儲け(大勝利)だろう。この件でひと言を発すればNY [続きを読む]
  • 厄介な「殿、ご乱心」
  •  1日1回ランキングバナ−を してもらえるとうれしいです。・・・週明けの東京市場は先週末のNYダウが572.46ドル安となっていることで売り先行のスタ−トを余儀なくされるだろう。ここ最近のアメリカ大統領の唯我独尊ぶりには世界中の市場関係者が不毛のリスクにさらされる運の無さだ。情報発信はスポ−クスマンからではなく、自らツイッタ−で思いつきをありのままに発信し、その反応には一切とらわれない大胆さには恐れ [続きを読む]
  • 絶好調企業の株価が絶不調になる時
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・わずか1ヶ月前までは市場の中でもてはやされ上場来高値を突き抜けてきた人気株が「いずれは業績が頭打ちになる」といった不明な先読みで急落し、チャ−トは崩れ、需給は急転悪化してボロボロになることはこれまで何回も見てきた。中国の鉄鋼増産を反映して、日本企業がシェアを握る黒鉛電極の価格が高騰し、その製造メ−カ−の株価がうなぎ上りの [続きを読む]
  • 最後までお付き合いしますよ
  •  ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。昨晩24時に寝床に着く前にNYダウをチェックしたときは一時500ドル強の値下がりをしたあとで、300ドル安程度であったと思う。速報ニュ−スでは「中国の報復措置が発表され貿易戦争がエスカレ−ト」とあった。関税はそれぞれの国が持つ自己裁量だからその高い・低いで相手に文句をつけてもはじまらない。やれるところまでやりあって、我慢比べをさせるのも少しは薬になる [続きを読む]
  • ダウ下げに付き合いきれなくなった日経平均
  •  ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。3日のNY市場は堅調に推移しダウ平均株価は389.17ドル高と反発している。昨日の日経平均の動きがNYダウ下げに抵抗するように落ち着いていたことで、4月新年度入り効果とも取れる春の予感を感じる。地政学リスクの減退と新たな火種となっている米中貿易戦争だが、前者は今月中に南北首脳会談、5月に米朝首脳会談と最悪の事態は考えなくていい材料となった。後者はヘビ− [続きを読む]
  • 全面安にもヤレヤレ感
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・昨日の東京市場は日経平均が午後2時頃までは前日比プラス圏の動きで先週末のNY株の取引が無かったことが売り圧力を弱めた動きだったが、大引けにかけては買い支えの力不足が確認された結果となった。今朝のNY株式市場が−458.92ドルの大幅安となっており、方向感のない日本株の続落は決定的な朝だ。それでも新年度相場入りと、春の陽気に誘わ [続きを読む]
  • 二日新甫は荒れる
  •  ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。本日より名実ともに4月相場入りの株式市場である。有名な相場格言に「二日新甫は荒れる」があるが、詳細な統計はどうあれ、「節分天井、彼岸底」と同様に投資家ならば何かあれば「あるある」と結び付けたい願望があるような気がする。朝鮮半島情勢は誰が見ても悪い方向には向いていない。北の青年指導者より、アメリカ大統領の方がよっぽどハイリスクな存在ではないか。 [続きを読む]
  • 野中の一本杉を探すとき
  •  ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。3月の株式市場はNY株式市場の乱高下に巻き込まれた感が強かった。国内経済は磐石なものの、海外動向、とりわけ円相場が半年で10円近く円高に居所を変えている点で日経平均も高値から4000円弱の下値にある。世界各国で貿易問題なり、外交官追放合戦なり、物騒な政治問題がてんこ盛りだ。国内でも政権の自由度を制約するスキャンダルで北朝鮮問題では関係国の中で遅れを [続きを読む]
  • 北朝鮮の変身ぶりに地政学リスクは後退
  •  ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。冬季オリンピックが閉幕するのと時を合わせるかのように北朝鮮による戦争回避の外交が活発化してきている。今般の電撃訪中をはじめ、中・米・露との首脳会談を模索する裏には、どこか戦争突入のタイムリミットを意識した慌てふためいた行動にも見えてくる。これまでオウム返しのように「最大限の圧力をかける」と繰り返してきた安倍首相だが、せっかくの外交的成果も自身 [続きを読む]
  • 米中貿易戦争なんのその
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・先週金曜日に一時1000円を超える大幅安に見舞われた日経平均だがNYダウの反転にあわせ昨日は551.22円高と大きくリバウンドした。今朝PCを立ち上げて最初にNYダウを確認したが344.89ドル安と大幅反落、日経平均先物は600円超のマイナスで推移しており、きのう上げた分はいったい何だったのか摩訶不思議な気分である。上げ下げに忙しい日経平 [続きを読む]
  • NYダウ急反発と配当権利取り最終日
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・昨日の週明けの東京市場は反発力は鈍いものの日経平均が切返した。米中貿易戦争を懸念した当事国・両国よりも売り物が集中し、ロスカットの投げ競争となったことは相変わらずの過敏体質だ。今年は節分天井がピシャリとはまり、このままでは彼岸底もジャストタイミングとなるかもしれない。今朝取り引きを終えたNYダウが急反発しており、日本株 [続きを読む]
  • 総悲観でも配当権利取りには好機
  •  ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。今週の東京市場はトランプ政権の冒険主義の極致と言える米中貿易戦争の深刻化を先読みしたNYダウの下落を織り込まねばいけない難しい相場になっている。3月最終週でもあり、上場企業の多くが採用する3月決算の配当権利が確定する週だ。このタイミングで市況全般が下値模索を余儀なくされているのは投資利回りを求める長期投資家にとっては願ったり叶ったりではないか。 [続きを読む]
  • 貿易戦争ではない「トランプ・ショック」
  •  ↓↓現在ランキング7位です。ランクUPの応援 をお願いします!!。昨日の東京市場はNYダウの724.42ドル安を受けて寄付きから売り物が圧倒し、日経平均は一時1000円安となりほとんど無抵抗のまま大幅安となった。株式市場の下げにもいろいろある。「良い下げ、悪い下げ、普通の下げ」。「原因のある下げ、原因不明の下げ」、「経済に関係する下げ、経済とは無関係の下げ」、「静かな下げ、狼狽する下げ」。今回はどれに該 [続きを読む]
  • NYダウが724.42ドル安の急落
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・22日のNY株式市場でダウ平均株価が724.42ドル安と大幅続落の急落となった。一部に「中国との貿易戦争を懸念」との大げさで壮大な相場講釈が外電で世界中に伝播していることは嫌らしい。トランプは選挙公約である「アメリカ・ファ−スト」を着実に実行している。鉄鋼・アルミの輸入制限ともいえる関税引き上げ策は、かつての対日貿易戦争で日本 [続きを読む]
  • ついに米びつがカラになった
  •  1日1回、ランキングバナ−の にご協力ください。日々更新の励みです・・・昨年からふるさと納税をぽつぽつはじめている。1件の金額は5000円〜20000円程度でお酒・お米・肉とすべて食品を選んでいるのだが、昨年の11月に寄付をして景品はお米20キロ、我が家への到着を今年の3月と設定した(できた)。ふだん食品ス−パ−で購入するお米は5キロ入りで、我が家ではそれを約3週間で消費する。今月下旬の到着予定で、しかも20 [続きを読む]
  • インフルエンザと花粉症のダブルパンチ
  •  叱咤激励 をお願いします。現在のランキングはこちら・・・昨日の東京市場は日経平均が195.61円安と続落して終わった。目立ったところがマザ−ズ指数が2.9%のマイナスと大きく売られたことで個人投資家中心に相場の急落に対する警戒感が高まっていた。高校生の頃からか春先なると風邪を引くと思い込んでいた。「花粉症」なる言葉すらなかった30年前以上の話だが、授業を受けるにも水っ鼻が止まらず、それをすする音が周 [続きを読む]