愚昧親爺 さん プロフィール

  •  
愚昧親爺さん: 愚昧親爺記
ハンドル名愚昧親爺 さん
ブログタイトル愚昧親爺記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/t_kumo
サイト紹介文おろかで道理に暗いオッサンの飲み食い記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供459回 / 365日(平均8.8回/週) - 参加 2013/10/30 07:39

愚昧親爺 さんのブログ記事

  • 均一料金炉端焼き屋で酔う @大鳳
  • 京浜東北線途中下車の飲み東京勤務時代は一つの愉しみでした浜松町、大井町、大森、蒲田、川崎、鶴見、新子安、東神奈川・・・何処で降りてもそれなりに居酒屋は転がってますもんねそれでも、昨今のブログを拝見しておりますと、自分の行動範囲が如何に狭かったかなんと多くの機会を逸して生きて来たのかということで、某ブロガーさんがレポしていたお店に勝手に訪問シリーズ一応、仁義を切ってコメント書いておいたので今回、降り [続きを読む]
  • やきそば カレー+納豆 @ペヤング
  • ゲテモノカップ麺シリーズ元へ、意外な取り合わせのカップ麺シリーズシリーズという名の単発シリーズまぁええけどね。本日の取り合せは、カレー+納豆こんなん買うやつおるんかぁ〜ここに、孤独な男がひとりまぁエエけどね。取扱説明書はふつう読むもんなんお湯を入れて標準では何分待つかを眺めるだけだよね普通とりあえず、お湯で戻すものと、後で和えるものを確認してかやくをぶちまけるお湯をいれて3分で湯を捨てる液体ソース [続きを読む]
  • Live Jazz HOUTON'S @New Orleans
  • またまた思い出話に酔っちゃいます。10日、30日は昔話シリーズ。ニューオーリンズでの宿はフレンチクオーターからは離れており、街中に繰り出すという雰囲気ではありませんでしたが、数ブロック歩けばいくつもレストランはあるよというホテルの人の助言にもあるように、結構、人が入っているレストランがありましたここもそのうちの一つ。カウンターに陣取り、ビールを頼む。ABITA AMBERドラフトはカウンターではなく、店の奥まで取 [続きを読む]
  • 商店街の洋食屋でランチ @洋食デッサン
  • 商店街の入り口というよりは、子供の頃海外ドラマで見たタイムトンネルの入り口の様な  古ぅ〜でも安心してください。普通の商店街ですから以前の話ですが、夜この薄暗い(余計な表現です)商店街を歩いておりますと、突然営業中のお店が一応、後日の参考のため写真撮影などして、お店の名が洋食デッサンっちゅうことだけは把握しておったとです。が、その後しばらく放置プレイなにせ、山梨県民そうそうこういった場末の商店街を [続きを読む]
  • 〆は駅前で立ち @よしべぇ
  • 杉田商店街を歩くぷらむろ〜ど杉田でしたっけあんなお店やこんなお店も行って見たいし知らん間に知らんお店が出来とるしそんなこんなで、駅前まで我慢で来たのですが、ちびっと覗き込んだら空きがあったんですわここ数回、満員御礼でしたので焼台前に陣取りまして「ほっぴー黒頂戴な」焼き物もええですけど、その前にサクッと出て来そうなものをオーダーしましょう定番メニューを確認して「鶏タタキ頂戴な」280円ですからねへたな [続きを読む]
  • 夜の吉田のうどん @せんしゅう
  • 夕食は前々からの宿題店職場の女の子に教えて貰ったんですよ。「甲府市内では有名な吉田のうどん屋さんですよ」ただ、場所がね駐車場完備ですから、車をお持ちの方にとっては何ら問題ないのですが、徒歩族にとっては一応、千秋橋ってバス停の近くではあるのですが、ここは山梨。多くを語る必要ななかろうガラガラガラと引き戸を開け店内に入ると、吉田のうどん屋さんでは極々標準的な靴を脱いで座敷に上がるタイプ郷に入れば郷に従 [続きを読む]
  • 定番のスペアリブに笑顔 @たじま
  • まずは、ビールとグラスワインで乾杯。それにしても久々にやってきました。たじま西洋料理って書いてあるけどね。このセットはどうみても居酒屋。お二人は相変わらずの仲の良さ。なんかこの二人と地元のお客さんの掛け合いが一見さんに冷たいって説もあるようだけど、そんなことないと思うんだけどな。まずは海の幸サラダ。これは大と小があるけどこれは小ビールシチューがやってきました。デミグラスソースが美味しいんだよな。と [続きを読む]
  • 麺なしラーメン 豚骨豆腐 @日清
  • 麺なしラーメンをラーメンと云うのかどうかは疑問であるが、そういう名称の商品がある以上、買うしかあるめぇ麺の代わりに絶品豆腐濃厚コク旨豚骨スープイメージ的にはありだと思う豆富とかやくとスープを取り出すと空っぽだ豆富とかやくをカップに入れてお湯を注いでしばし待つこれはスープとしてはありだね [続きを読む]
  • 裏を返してみる @蔵人
  • 前回、近くのラーメン居酒屋を目指していながらフラッと立ち寄ってしまった立ち飲み屋2か月くらい前だったかな、そろそろ裏返さなくっちゃ前回は晩夏だったもんなぁ、引き戸はあけっぱなしだったけど、今は晩秋引き戸が閉まってチョッとハードルがなぁ〜んてお年頃のハズもなくガラガラガラと引き戸を開け「一人なじゃけどの」なぁ〜んて、入店すると先客さんはカープファンの方だったようなので、広島弁を使うのは辞める広島生ま [続きを読む]
  • 駅そばで遅めのランチ @丸政
  • 小淵沢駅に到着一部拡大してみましょう○政 元気甲斐ってのが見えますでしょうか。山梨では有名な駅弁らしいんですよ、元気甲斐丸政ってところが作っている弁当なのですが、その丸政駅そばも手掛けてるんです。カウンターに張り付き観察今回のオーダーはカレーそば食べ方が下手なので、普段は立ち食いではオーダーしないんですけどね、カレー麺しかも、これから勉強会に参加するんですけどさて、普通の掛けそばにレトルトカレーを [続きを読む]
  • 三重伊勢海老汁風 @和ラー
  • 取り出したのは和ラーしかぁ〜し、乃木坂なんとかの告知はあるが商品名がわからんもしかして、46 乃木坂 めくって! フタ裏も見てね!が商品名か致し方なし側面を見るオレンジ色のパッケージ三重伊勢海老汁風なら最初からそう言ってよ最近の和ラーおにぎりと食べるのがお勧めなんだよね本日のチョイスはオレンジつながりで、鮭おにぎりの出番はまだなので開封してお湯を注いで3分待ってまずは普通にいただくそして、麺を粗方や [続きを読む]
  • 横浜駅で格安ランチなら @龍味
  • 横浜駅近辺って、幾らでもお食事処はあるのですが、なんか難民になっちゃうんですよね。そんな時は思い切って格安ランチ屋に向かうのである。  いつも格安店ばかりですけど床に貼られたテープに従って並ぶ安心してください回転は速いですからほら、もう角を曲がりましたとはいっても、場末風のお店なのに女性の独り客や子連れが多い時もあるので、そんな時は待ち時間が長くなるのは覚悟ぁ、それと一人でここに餃子&ビールを求め [続きを読む]
  • 三茶でランチ @天里
  • この日は世田谷近辺にお出かけならば三茶でランチでもしますかおしゃれなお店も沢山あるでしょうに選んだのは、天ぷら屋丁度、正午を回ったころ先客は一組この後続々と後客まずは品書きを眺めるランチ天丼が1000円程度でまぁとっつきやすい価格帯ですね「生頂戴な」喉の渇きを癒して店内観察小鉢を先に出してくださって直ぐに香の物ビールであればこれで十分でしょさて、着丼まずは、お嬢様のランチ天丼愚昧のかき揚げ丼お行儀悪う [続きを読む]
  • 建長まつりでけんちん汁 @建長寺
  • 臨済宗五山第一 建長寺鎌倉幕府第5代執権・北条時頼によって創建された禅宗寺院で、開山(初代住職)は南宋からの渡来僧・蘭渓道隆(大覚禅師)らしい立派な三門がそびえたっております。そんな由緒正しき禅寺ですが、時として楽しきイベントも本日は建長まつりマーチングバンドの演奏けんちん汁の奉納御詠歌法話などなどそんな中で目指すのはパーティー会場山形市日本一の芋煮会の大鍋を使ったけんちん汁がふるまわれるのですぐ [続きを読む]
  • ホテルのレストランで食事 @MASON STREET GRILL
  • あららビックリ10日、30日って昔話でGO!でしたっけ?シカゴからは小一時間でたどり着いたのはミルウォーキー。空港からはいつもの乗り合いシャトル。今回乗り合わせたお姉さんはカリフォルニアの暖かいところから大学でこの地に来ているとのことです。運転手のおっちゃん「そこの日本人はアルコールは飲むのか」親爺「俺はビールを愛している!」おっちゃん「おまえは良い奴だ」親爺「ありがとう」おっちゃん「ここ、ミルウォーキ [続きを読む]
  • 家飲みのお供
  • 天下一品のこってりラーメンもう半世紀以上食べてないかも一応、雰囲気だけでも味わってみようかとこれは天一のこってりではないと思った今日この頃半世紀以上も食ってないくせに偉そうなこと言うな [続きを読む]
  • 炭火焼肉ときのこのそば @丸政 甲府駅南口店
  • 甲府駅近くで放し飼いにされたのですが、全くもって勝手の分からない山梨県民〆麺の食べられるところを求めて彷徨う駅前にそば屋があるがここでは芸がないので通過路地を入るとラーメン屋発見本格焼き餃子ここに入ると飲んでしまいそうだ。いや、飲むのを辞める胆力は自分にはない引き返す期間限定炭火焼肉ときのこのそばあ、これだやっぱり、そば屋に入ってました「炭火焼肉ときのこのそば頂戴な」「・・・」わかってます。愚昧の [続きを読む]
  • ブラック棒ラーメン @味のマルタイ
  • 取り出したのは味のマルタイブラック棒ラーメン闇夜の黒スープ竹炭入り要するに奇をてらった黒色スープのラーメンです。季節柄(10月頃販売してた)、ハロウィンをターゲットのした製品化も粉末スープはまるで火薬のよう実際問題、火薬を間近に見たことはないが前回の反省から脂分は、標準のマルタイラーメンに附属の調味油を使うこととしたということで、出来上がり前より食べやすくなったような気も [続きを読む]
  • 新店で苛つく @五の五 ぴおシティ桜木町店
  • 横浜に帰着久々に野毛を彷徨ういうても、早速にぴおシティで捕まるまた新店がオープンしとるやないかいカウンターに空きを見つけて陣取る大瓶はラガーで590円座りなんでそんなもんだろうがラガーは自分の中では高評価アテはチューリップがウリなんだろうか1個(90円)からオーダーできるみたいだただ、20個まで値段が書いてあるが、20個1800円って、普通の酔っ払いは掛け算位できると思うなんだかんだでホッピー白セットで430円、 [続きを読む]
  • キムチ辛ラーメン @NONGSHIM(農心)
  • ロッカーから取り出したのは辛ラーメンしかも、マイルドな辛さキムチって書かれてる辛ラーメン自体はそこそこに辛いけど  個人の感性による発言ですそれよりもキムチが効いているのであろうかまたまた、マイルドなのであろうかどっちでもええけどね 乾燥かやくはカップの中先入れ粉末スープは別袋お湯を入れて3分待ってご開帳まぁ、普通に普通な格安らーめん二度とお目にかかることは [続きを読む]
  • 駅近の立ち飲み屋 @いっとん
  • 帰宅途中、どこかの駅で途中下車して何かを食べて帰る。赴任先から自宅に戻るときのいつもの行動ただ、時間が読めない。仕事の都合で急な面会に立ち合いになったり、帰りの電車やバスが遅れたりなので、自分の腹具合と時計を見ながら適宜どこで飯を喰うか考える。そういう時間も楽しいのであるが困るのは自分は今日はあの店であれが喰いたいってこともあるのだが、そんな時に限って事故渋滞とかに巻き込まれそんなある日のこと最初 [続きを読む]
  • あつもりそば @竹邑庵太郎敦盛
  • 京都初日は御所一般公開に出かけること。拠点から近いのですが、その前にお昼ご飯を。御所の近くに有名なお店があります。竹邑庵太郎敦盛そばやさんなんですけどね。あつもりそばってあったかいせいろそばがいただける。これがつけだれ。薬味ねぎじゃねえかって?そうとしか見えないよね。こんな感じで中には生卵とお出汁。おそば登場。熱々なわけですよ。それを先ほどのツユでいただくと言う趣向。この下にはお湯がはいっていて冷 [続きを読む]
  • 新宿の立ち食いそば @そば処 信州屋
  • 実はランチに出かけた時途中で立ち寄ったJR駅で事件は起こった翌朝の特急の指定席を予約しようと思ったらなんと満席、売り切れということは今日中に山梨に帰らなければ翌朝の会議に間に合わないということで、夜は新宿で立ち食いそば新宿三丁目駅から新宿駅に向かう途中にあるのでお品書きはこんな感じ見えんか椅子があります。愚昧がやって来たのはこのゾーン立ち食いゾーンではお隣さんとは仕切り板で区切られまるで一蘭のように [続きを読む]
  • 小坪漁港で酔う @魚処丸正
  • 逗子市小坪向こうの方にヨットが見えるのが葉山マリーナでしょうかねWikipediaによりますと、逗子市市西端に位置し、西は鎌倉市材木座、北は鎌倉市大町、北東は逗子市久木、南東は逗子市新宿に接し、南西は相模湾に面する。小坪湾に面した漁港周辺が古くからの村の中心だが、戦後になり、小坪湾から切れ込む谷戸を囲む山の上が大規模に開発され、新興住宅地となった。さらには小坪湾北西側が埋め立てられ、マンションの立ち並ぶ逗 [続きを読む]