素浪人ken さん プロフィール

  •  
素浪人kenさん: 小さな里山暮らし
ハンドル名素浪人ken さん
ブログタイトル小さな里山暮らし
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/wcknj332
サイト紹介文里山で自然と共生、スローライフの記録です。
自由文シニア人生の前半を里山と海辺の田舎暮らしを楽しんでいたが、
当初のライフ計画通り、2013年9月に10年の二地域生活を節目に海辺の生活を終了した。
シニア人生の後半は今迄の里山生活を中心にのんびり、楽しく送りたいと考えています。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2013/10/30 09:59

素浪人ken さんのブログ記事

  • 芋ほり
  • 10月22日 雨と風台風21号は今夜から明日の未明にかけて、東海から関東にかけて上陸する予想だが被害がないように願う。改革にあまり期待のできない今の国会、衆院選挙は迷いながら投票は雨の弱いうちに済ませた。先日、毎年行っている恒例の芋ほりを隣に住んでいるKJさんと行う。未耕作地の草対策にはツルで草を生えさせない、多少の荒れ地でもよい芋が一番です。それで未耕作地に芋を作ってたくさん収穫できても、最近は芋を [続きを読む]
  • アケビ
  • 10月14日 小雨冬支度をしたくなる秋雨の寒い朝でした。深緑の里山も少し色づいてきたようにも見えるが、まだ秋色にはほぼ遠い。庭にあるアケビの実、夏の時期には緑色です。裏山の散歩はキョロキョロとアケビと自然薯を探しながら歩く、この時期になると綺麗な紫色に変色する種類のミツバアケビで、分かりやすい。雑木林を散歩しながら、アケビの取りごろを見計らっているが、それはkenだけでなく、サル・鳥・昆虫類なども狙っ [続きを読む]
  • ムカゴ
  • 10月10日 晴れ里山の秋…といいたいところだが真夏のような陽気で暑い一日でした。裏山には自然薯、裏山の畑には山芋(長芋)と手のひらのような大和芋が所かまわず植えてあるから、今ではそれぞれのムカゴ(種)が、こぼれてゴチャゴチャになって生えている。ムカゴ(零余子)は自然薯のツルにできる子実です。取り頃になると風に揺られるだけで落ちてしまうので、なかなか手に入らない希少な秋の味覚の一つです、まだ葉は緑 [続きを読む]
  • 収穫の秋
  • 10月7日 曇り時々晴れ里山の収穫の秋といったら、まずは庭にある柿です。最近は柿も消毒をしないとヘタ虫がつき全滅です。消毒をしてまで食べたいと思わないので、いつもそのままだが、それでも幾つかは収穫できるし、メジロも熟すのを待っている。近くの山を散歩すると山柿が鈴生りです、野生は病気や虫に強いのか…。 裏山の栗も終わりに近い、今年も陽気のせいか虫がたくさんついて、どこの栗も出来が悪いと聞く、春にはた [続きを読む]
  • 十五夜
  • 10月4日 曇り今日は十五夜「中秋の名月」でしたが終日曇りで、夜も厚い雲に覆われて全く月は見えなかった。収穫の秋の十五夜、いつになっても思い出すのは、子供の頃に母親が十五夜に供える団子作りをしていた姿です。kenも母親の真似をしながら作り続けているが、年と共に、だんだん手抜きの団子作りになってしまった、いつまで続けられるか…秋の風物詩「十五夜」、一つは秋の収穫に感謝する収穫祭でした。日本の文化として定 [続きを読む]
  • 落花生の収穫
  • 10月1日 晴れ早いもので今日からもう十月です、秋晴れの良い天気、どこかの運動会なのだろうか、朝早くから花火の音がする。秋晴れに花火の音が聞こえて…何処かに出掛けたくなるが、落花生の収穫のため近くの畑に行く。出荷するわけでないから草も生えっぱなしで荒れ放題です。それでも実が付いているから有難い。夜は野ネズミとハクビシンに、昼間はカラスに食べられている。管理が悪いから成長が遅いのだろうか、もう一週間 [続きを読む]
  • 温泉へ…
  • 9月25日 晴れ初秋の箱根路と温泉に…そんなロマンチックなものでなく、いつも通りの日帰り温泉です。温泉街をかもし出す箱根湯本は平日でも賑わいがあり、特に若い層と外国人が目につく(車のガラス越しのためボケています)箱根仙石原のススキ草原は台ヶ岳の斜面を覆い尽くす様にススキが一面に広がる。波のように揺れる白穂は迫力がある、草原の中央に観光用の道が続いている。見渡す景色がススキに囲まれた幻想的な景色を楽 [続きを読む]
  • ゴーヤの種取り
  • 9月18日 晴れ台風一過の秋晴れ天気、日射しは強いが台風の余風が残って気持ちよい。ゴーヤのツルが枯れだした、季節も変わってゴーヤを食べる気にならなくなったので処分することにした。畑の中に沢山落ちた種は、来年時期が来ると芽が出るので、種の保存は念のためで少し採っておきます。深緑色が熟れると鮮やかな黄色になり、先端が割れて中の種は重力で落ちる、実の部分は次第にバナナの皮を剥いたように開きながら柔らかく [続きを読む]
  • 登山記録から…
  • 9月14日 晴れ日射しは強くても吹く風は秋、山は紅葉が始まっているだろう…2012年9月21日 中央アルプス「宝剣岳」の登山記録から中央自動車道駒ケ根ICで降りて、すぐの駒ケ根高原駐車場に車を置く、この先は一般車両通行禁止なので送迎バスで、しらびそ平のロープウェイ駅に行き、ここからロープウェイで千畳敷に向かう。一週間ぐらい早かったようだ、千畳敷(標高2612m)は5分程度の紅葉です。左上方向へ見える極楽平への登山 [続きを読む]
  • サンマを焼いて…
  • 9月10日 晴れ今日は森の公園散歩、ちょっと涼しさが欲しくなるような陽気でした。暑いけど風は秋風で心地よい、ドングリももう少しで落ちるだろう。このクソ暑いのに防護服にネットまでかぶって作業らしき事をしている人がいた!すぐに分かった、ハチの巣を取っていた。 しばらく眺めていたら大きなスズメバチの巣だった、公園内なので被害が出ないうちの駆除でよかった。  今年も「目黒のサンマ祭り」が開催されている。今朝 [続きを読む]
  • 食欲増進
  • 9月4日 曇りあっという間に過ぎた夏だったが、暑い時期は食欲が出ない最近のkenです。そんなときの食欲増進剤が生姜です。畑から引き抜いてきた新鮮な生姜は香りがプンプン漂うほどです。成長するほどに辛くなるので、このくらいまでが味噌をつけて食べるには丁度良い熱いご飯が欲しくなる。食べ過ぎると馬鹿になる!…と、親によくしかられた、そのくらい子供の頃から好きだった茗荷です。蚊に刺されながら茗荷の中をかき分けな [続きを読む]
  • ヘチマと冬瓜
  • 9月1日 晴れ今日から9月…朝夕の涼しさは秋です。セミの鳴き声に代わって夜の虫の鳴き声が一層大きくなる、湯船で聞く虫の声、秋を感じる温かさ…です。今年もへちまの花が咲き実がたくさん生ったのは先日ブログにも投稿しました。へちまを食べる!・・・タワシは食べません(笑) 食用には小さいペットボトルの太さ以下を使う。 豚肉でチャンプル風に炒めても美味しいが「味噌煮」にしてみた。ピーラーで皮を剥き、縦割りに切 [続きを読む]
  • 夏と秋の間で・・・
  • 8月28日 晴れ暑いと思ったら、朝夕は秋だなァ〜・・・と思う涼しさです。夏祭りも夏の花火も先週末が最後でしょうか、大きなお祭りもよいが、手作りの子供神輿の声に誘われて・・・こんな屋台が並ぶ地域のお祭りは子供の頃を思い出す。毎朝、見るのが楽しみな朝顔は夏の花かと思っていたら、朝顔は秋の季語というセミの抜け殻を見ると地上での短い生命の一旦を見るようでそっとしておいてやりたい気持ちになる。もしかしたらこのセ [続きを読む]
  • ゴーヤと…
  • 8月25日 晴れじりじりと照りつける真夏の太陽を見ることのない夏もそろそろ終わりです。やっと昨日から夏らしい陽気に戻るが、夕方の庭先では虫の鳴き声がして秋を告げている。ゴーヤは食べ飽きた感じがするが、まだ黄色い花が咲き誇っている。以前はデッキの日除けにしていたが、枯れ葉や熟した実が落ちたり、雨上がりのデッキがなかなか乾かなかったりするので止めました。チャンプル、みそ炒め、佃煮…などなど作って食べた [続きを読む]
  • トマト
  • 8月19日 曇り、夜雨関東地方は日照不足で農作物にいろいろ影響が出ているようです。先週、湘南海岸沿いを走ったが、海はサーファーだけで海水浴客はまばらで寂しい限り、海の家も上がったりでしょう。春先に植えたトマトの苗、あまり面倒見ないが育った。トマトの花は面白い構造をしているといつも思いながら見ている。トマトは病気にかかり易く、無消毒ではなかなか上手にできない。それでも何とか少しは収穫できる。ミニトマ [続きを読む]
  • 今日は山の日
  • 8月11日 曇り「山の日」に思うこと国民の祝日の一つである今日、8月11日の「山の日」は2016年に新設された。趣旨としては「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」とある。従って登山をするということだけではない。(手前の鞍部は北アルプス穂高の大キレット、遠くに槍ケ岳を望む)日本は島国と言われるが山国でもあり、地形は山と海の距離が短いので、その間を流れる河川はそれだけ急流になる。この様な地形で短 [続きを読む]
  • 梅干し
  • 8月6日 晴れ迷走台風がいよいよ九州地方から上陸しそうだが、災害が起きなければよいが…林の散歩、セミの鳴き声が一層暑さを増すが台風の影響か、風が強めで木陰は涼しかった。梅干し作りの白漬けはすでに終わって、先日漬けた紫蘇漬けのカメの蓋を開ける。塩8%で漬けたのでカビが心配!、恐る恐る開けて見た…大丈夫だった。柔らかく干し上げるために三日三晩夜露にかけて天日干しをする。量は少ないが白漬けもあるので丁度良い [続きを読む]
  • 日帰り温泉へ
  • 8月2日 曇り時々小雨昨日も空模様は悪く、午後から雨になりそう…そんなことで久しぶりに箱根に日帰り温泉と決め込んで出かけた。箱根湯本の駅前は夏休みに入った影響か、いつもの平日より観光客が多い。車もいつもより多く、少し渋滞が発生していた。郡箱根町宮ノ下の富士屋ホテルのところの交差点を早川沿いに仙石原へと上る。仙石原のススキは青々をと柔らかな絨毯のようにきれいでした。ゆきつけの元箱根の温泉にお邪魔する [続きを読む]
  • 今日のこと
  • 7月30日 小雨のち曇りこの地域の今年の梅雨は雨降らづの空梅雨の猛暑でした、気象庁が梅雨明け宣言をしたら途端に毎日雨ばかりの梅雨陽気になった…どうなっているの!家の前の電線に庭のカラスがよくとまっている。裏山で生まれた雛かな?…と思っていたが、どうもそうでもなさそうな行動だ、婚活のようにも見えるが…。 去年はキュウリをハクビシンにだいぶ食べられたが今年はまだその形跡はないが、裏山の畑に植えた茄子は [続きを読む]
  • 梅雨が明けて…
  • 7月25日 晴れ梅雨が明けて学校も夏休みになり、子供たちはどんな楽しい夏休みを送っているのか、自分の子供の頃を思い出しながら想像している。我々の時代とは全く違う夏休みを過ごしているようだが、親の故郷帰省の様子をTVなどで見ると、子供達は田舎の川や山で遊ぶことを楽しみにしている。公園を散歩していたら子どもがセミ取りをしている光景を目にした、田舎に行かなくても十分楽しい夏休みの思い出ができそうだ。公園 [続きを読む]
  • ところてん作り
  • 7月22 日晴れ伊豆の特産である「天草」は良質で全国有数の水揚げ量で、この時期が最盛期で、ここ西伊豆でも取ってきた天草の天日干しの光景が見られ風物詩です。磯周りの浅瀬や比較的浅い海底の岩礁帯に生える天草を取るが、水深のある場所では水潜具を着けて海底に潜り、海流にもまれながら、草むしりをするように天草をむしり取るのは過酷な作業です。取ってきた天草は簡単に水で塩を流したら海岸や道路、港のコンクリートの [続きを読む]
  • ブルーベリージャム作り
  • 7月18日 曇り午後雷&スコール今年も無管理のブルーベリー、思ったより出来ているのでビックリです。今日の収穫です、4〜5日に1度ぐらいの割合でこのくらい採れそうです。良品はそのまま食べてもよし、そのまま冷凍保存をします。残りはジャムに加工するため、不良品やゴミを取り除きながら水洗いをして、水を切る。使う器具を全て煮沸消毒する。鍋に入れたブルーベリーを最初は弱火で、焦がさないように混ぜながら煮る。ブ [続きを読む]
  • 今日のこと
  • 7月13日 曇り時々晴れ遅植えというよりズルしていて遅くなってしまったジャガイモ、本来は入梅前に収穫するのだが、まだ掘っていない。探し堀で使っていたが今日、少し掘った。最近、公園の樹木にヤマモモもが植えられているのをよく見かける、普段は気がつかないが、実がたくさん落ちるこの時期は誰でも気がつく。赤くなった実が完熟して紫黒くなってくると、酸味がとれて甘くなる。食べられることを知らない人が多く、採る人 [続きを読む]
  • 七夕まつり
  • 7月9日 晴れ第67回「湘南平塚七夕まつり」67年行われている平塚の七夕祭りは昔から仙台の七夕祭りと競い合いながらもお互いに協力し合ってもいる。仙台の七夕は地域全体で竹笹飾りが行われて盛り上がりを感じる。それに対して平塚の七夕は旧東海道と商店街、駅前周辺と中心街だけなので狭い範囲だが、豪華さでは日本一ではないかと思う。今年は7月7日〜9日の3日間だが昔は一週間開催されていたので、実行委員会も商店街も疲れ切 [続きを読む]
  • 暑い日
  • 7月8日 晴れいゃ〜…晴れると暑いです。一方、九州では大きな災害が、自然を愛する者としても辛い事故です。 犠牲者のご冥福を心からお祈り申し上げます。 こんな暑い日中に川辺を歩いている人はいません、kenも裏山の小ハイクコースか2km離れたこの公園に来ます、ここだと林が少しあるので木漏れ日の中を歩ける。池の端に咲いている花を撮ってみた…ヒキガエルも婚活を始めるころです。こっちはそろそろ雛が顔を出すでしょう [続きを読む]