素浪人ken さん プロフィール

  •  
素浪人kenさん: 小さな里山暮らし
ハンドル名素浪人ken さん
ブログタイトル小さな里山暮らし
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/wcknj332
サイト紹介文里山で自然と共生、スローライフの記録です。
自由文シニア人生の前半を里山と海辺の田舎暮らしを楽しんでいたが、
当初のライフ計画通り、2013年9月に10年の二地域生活を節目に海辺の生活を終了した。
シニア人生の後半は今迄の里山生活を中心にのんびり、楽しく送りたいと考えています。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2013/10/30 09:59

素浪人ken さんのブログ記事

  • お雛様
  • 3月4日 晴れ昨日はお雛様日和…そんな日和はないか(笑)娘が置いていった、と言うより管理が面倒なので持って行かなかっただけだ。そのプレートの名前を娘から孫娘の名前に書き替えて飾っている。毎年、お雛様の時期になると、今年を最後にしようと思いながら、また今年も出した。、出し入れが面倒なので上段の男雛(お殿様)と女雛(お姫様)だけにしている。娘たちは管理が要らないから、これが一番良い方法…我々の時代には [続きを読む]
  • フキノトウ
  • 3月1日 朝方小雨のち晴れ3月と思うだけでも春!…て感じがして、うきうきする。今日は春一番の強風が吹き荒れるとの予報をよそに風もなく良い天気になった。先日のこと、既に日当たりの良い斜面にフキノトウが芽を出した。毎年出る場所とタイミングが分かっているので予測をする。数は少ないが早速、天婦羅にしてみた。揚げたての熱いうちに振り塩して食べる。早い時期で葉が開く前のフキノトウは、ほろ苦さと香りがよく春を感 [続きを読む]
  • 水道の漏水
  • 2月22日 くもり再び寒波到来で雪が降るかも…の予想だったが曇り空の寒い一日でした。2週間ほど前に水道メーターの確認に来た検針員から少し水道の使用量が多いので心当たりがありますか?…と、記録用紙を提示しながら聞かれた。全く心当たりはないと言ったら、どこかで漏水をしている可能性があるので調べて見て下さいと指摘される。水道工事店の組合を紹介されたところに電話連絡したら、近くの指定業者を2店紹介された。一 [続きを読む]
  • 今日の収穫
  • 2月13日 晴れ強い冬型の気圧配置が続き、日本海側を中心に大雪で毎日厳しい生活をされているニュースを見る、ご苦労様です。こちらは冷たい北風が吹き荒む日々だが、良い天気が続いている、狭い日本で何故にこんなに違うのか、分かっていても不思議に思う。晩白柚(ばんぺいゆ)は熊本地方が生産地。柑橘類のひとつでザボンに似ているが、それよりも果実が巨大で直径が20?以上になり、皮が厚いのが特徴です。美味しさよりも大 [続きを読む]
  • 川辺の散歩から
  • 1月31日 晴れ寒いのは強い方だが歳のせいか、寒さが散歩の意欲を半減、自分に自分で気合を入れての川辺の散歩です。いつものところに♂のカワセミがいました。こちらは♀のようです、カワセミも何か春を待っかのようにみえます。バンもいます。こちらは真っ黒なオオバンです、いつも単独だが、カルガモたちといつも一緒にいるが、何か仲間外れのようで可愛そうにみえる。  今日の庭の花…水仙 [続きを読む]
  • 収穫
  • 1月28日 曇り1月22日の降雪は今期の初冠雪でした。雪山をイメージしながら、踏み跡のない雪面に自身のトレースをつけて登るのが何よりの楽しみで、こんな雪の日をワクワク過ごしたのは20代の頃でした。北国では大寒波、降雪で厳しい冬を過ごされていますが、こちらは5?程度の積雪で通機関は大混乱、大きな影響がでた。それからまだ寒い日が続き、里山の日陰には少し雪が残っているが、雪国の少子高齢・過疎地域の生活ニュース [続きを読む]
  • 餌台にくる野鳥
  • 1月18日 曇り昨日は夜にかけて久しぶりの雨、それも結構激しく降った。おかげで乾燥空気に潤いが、今朝は曇りだが気持ちの良い朝だった。デッキの餌台の柿とミカンを食べにくるメジロ、野鳥の中でもメジロは人懐こくて可愛い。保護規制のなかった子供の頃はメジロを飼っていた、どこの家の軒下にもメジロの竹籠が下がり、鳴き声を楽しんでいた。今では、このように毎日メジロがくるので飼う必要がないですネ(笑)家で収穫した柿 [続きを読む]
  • 庭で見る野鳥
  • 1月15日 晴れ日本海側の方には申し訳ないような快晴の日が続きます。日射しを受けて暖かい里山のken家の庭や周辺には野鳥の姿や鳴き声が聞こえる。近くにヤマガラの可愛い姿を見る。ヤマガラは昆虫や果実を食べるが落花生の殻を破って実を砕いて食べる。可愛い姿を見ていると飽きない。裏山の山桜の木の下の方にジョウビタキの姿が・・・居場所が大体決まっていて、家の階段の踊り場の窓から探すと、五割の確率で見ることができ [続きを読む]
  • 今日は鏡開き
  • 1月11日 晴れ今日は鏡開きでした、日本の年中行事である、神仏に感謝し、無病息災を祈って、供えられた鏡餅をいただきます。お汁粉・雑煮などで食べるが、昔のお供えはそのまま神棚に供えたので乾燥してカチカチになって、カビが生えて、ひび割れができた。包丁の刃が立たないのでハンマーでたたいて割る。硬い部分は、かき餅(あられ)などにして食べた記憶がある。今は真空パックされた小さなお供えを神棚がないので床の間に [続きを読む]
  • 今日は七草
  • 1月7日 晴れ年が明けてもう1週間が経ちました…早い!今日は松の内の最後の日、春の七草で「七草粥」を食べる。セリ…生えているところが2ヵ所あってすぐに採れる。スズナ(カブ)とスズシロ(大根)は作っているので畑にある。あとの4つが、このタイミングではまだ芽が出ていない、1ヶ月経てばたくさん生えて、その後は困りものの雑草として庭や畑で草むしりをするのだが…。昨日、庭の周りや裏山の日当たりの良い場所を探し [続きを読む]
  • お年始
  • 1月6日 晴れken家に子供たちが集まる日、お年始は3日に決めている。最近はそのための、お節料理は作らない、美味しいとは言うものの食生活や若者の好みの違いもあり、手間暇かけて煮炊きしてもたくさんは食べない。色合いに少し作る程度、あとは寿司などをとるが、子供達も持ち寄る。飲んで、飲んで・・・これだけ男3人で三種混合で頑張る(笑)食べて・・・そして食べて・・・お土産で頂いた紅白の「かもめの玉子」今日も良い天気 [続きを読む]
  • 箱根駅伝の応援
  • 1月2日 晴れ今朝の日の出は素晴らしい…こちらは良い天が続きます。第94回 東京箱根間往復大学駅伝の往路の沿道応援に行く。箱根駅伝は正月の楽しみの一つで湘南海岸での沿道応援によく出かけていた。箱根駅伝だから箱根の山登りの応援に行かなくては…と、一度行ったが、出足が遅かったので渋滞にはまって失敗。しばらく忘れていたが、思いだしたように今日行くことにした。快晴の湘南海岸を西に向かう、遠く右前方に見える箱根 [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • 2018年1月1日 晴れ天気予報では元旦は天気が悪いと言っていたはず(確か?)で、その気で夜更かしして…ご来光は二階の窓からでした。昨年暮れに、正月の玄関飾りを作って飾る。飾ったとたん、ヒヨドリがきて千両の赤い実を食べられた、下には挿し花が散らばっていた。仕方ないので元旦までラップでカバーする。そして恒例になっている、隣のKJさん家での餅つきは所用があって不参加だったが、あとから餅は届いた。餅好きのkenにと [続きを読む]
  • 玄関飾り作り
  • 12月30日 晴れ今年もまた最後の仕事で玄関飾りを手作りした。近くの竹藪から孟宗竹の太いのを一本切り、使えそうな部分を更に切って運んでくる。笹の葉が付いた2節を生かして使うので4節分が必要になる。隣に住む田舎暮らしのKJさん家のも作ります。2節を挿し花用の花瓶として使えるように切る。丸い竹を切るにはクランプを使って作業台と固定すると作業がし易い。写真の様にカットした後をヤスリかペーパーを使って仕上げ [続きを読む]
  • 温泉と…
  • 12月28日 晴れ一昨日は箱根桃源台に今年最後の温泉に入るが、その前にウォーキングに出かける。いつものコースを変えて、近くにある県の「野鳥の森」の野鳥観察路を歩く。野鳥の観察路は、一周一時間ぐらいのアップダウンのある雑木林の中を歩くが、観察しながらだともっと時間がかかる。落葉して雑木林の中は明るい散歩道だ、葉が落ちて観察し易いが、この時期は野鳥の姿は少ないのだろうか、冬鳥がいるはずだが…途中に野鳥の観 [続きを読む]
  • 昨日の箱根
  • 12月27日 晴れ今年最後の箱根行き、芦ノ湖と温泉に寄ってみた。箱根駅伝「東京箱根間往復大学駅伝」ミュージアム小田急線の箱根湯本駅にも歓迎の横断幕が下げられ、商店街にもポスターが貼られて、湯元から芦ノ湖までの旧一号線は箱根駅伝ムードになっていた。箱根駅伝、箱根芦ノ湖の往路ゴール地点&復路スタート地点の準備が始まっていた。11月に行われた全日本大学駅伝の1位は神奈川大学 2位 東海大学3位 青山学院大学、な [続きを読む]
  • 丸柚餅子作り
  • 12月24日 晴れ今日はChristmas Eve、宗教とは関係なく街は若者やサラリーマンで賑わっているのだろうなァ〜。子供が小さい頃はアットホームなクリスマスでした。子供が成長した現役真っ盛りの時代は、夜の飲み屋街を練り歩いたクリスマスでした。今はTVニュースで見るクリスマスの賑わいに、ビール片手に遠い昔を思い出す、静かな夜です。先日収穫した柚子の手ごろな大きさを選んで、今年も「丸柚餅子」を作る。柚餅子(ゆべし [続きを読む]
  • 今日は冬至
  • 12月22日 晴れ今日は冬至ですネ。昼間が一番短い日、ken家は里山で西側に低い山があるので日没が平地より30分ぐらい早い。陽が沈むと、この時期は特に平地より損をしているように思うし、一気に寒くなるので寂しくもなる。夏は7時頃まで明るいのに、この時期は5時になると暗くなる、菜園など外仕事はできなくなるから、捗らないと思うこと度々である。今日は早めに風呂に入って…ということで、毎年この日に合わせて裏山の柚 [続きを読む]
  • 銀杏拾い
  • 12月17日 晴れ日本酒に銀杏、茶碗蒸しには欠かせない銀杏です。まだ葉が落ちる前に撮った写真です、誰も拾いに来ないので銀杏が落ちた頃に来ることにしている。落ち葉のつもる里山を歩いて「銀杏」拾いに行きます。実が落ちて臭いので街路樹や公園などには実のなる雌の木は植えないようにしていが、混じっていたのか実の生る木があって、銀杏拾いの姿を見るときがあるが、何となく恥ずかしくてkenは拾いません(笑)街路樹に銀 [続きを読む]
  • 沢庵を漬ける
  • 12月11日 晴れ今日はポカポカ陽気、南西の暖かい風が吹き汗ばんだ散歩だった。以前はその気で沢庵を漬けをしていたが、最近は食べる量(人)も、お裾分けする人も少なくなって、今年は止めようかと悩みながら、あの味と食感が忘れられずに、少しだが今年も漬けてみた。米糠を貰ってきてストーブの上で炒り糠にする。二週間ほど前に干した大根が丸まるぐらいに干し上がった。ポリの樽底に米糠を敷き、隙間ができないようにビシ [続きを読む]
  • 初冬紅葉
  • 12月6日 水曜日晴れ2,3日、強い寒気の影響で、日本列島は冬の嵐に見舞われた。今週末は、さらなる強烈な寒波が西日本に流れ込んでくるとの天気予報です。太平洋側も天気は良いが強く冷たい風がヒューヒューでした。風は冷たいが終盤の紅葉を眺めながら気持ち良い散歩ができる。冷え込みもあってか色鮮やかに染まる。葉もだいぶ落ちて今年の見納めかと足を止めて、しばらく眺めていた。青空に映える皇帝ダリア紅葉と皇帝ダリ [続きを読む]
  • モミジバフウの実
  • 12月2日 晴れ最近は街路樹や公園に多く植えられるようになった「モミジバフウ」の木、カエデのような形の大きな葉っぱは強い日射しを遮り、日陰に木漏れ日をうつす。この頃にはすでに緑色の実が付いている。11月に入ると葉は黄色くなり下旬には真っ赤に紅葉する。やがて葉が落ち始めると、緑色の実も熟して赤茶色になる。表皮が乾燥しながら小さな穴がたくさん開き、中から種がこぼれ落ちると共に実も落ちる、実の中は中空状 [続きを読む]
  • エンドウの種まき
  • 11月29日 晴れ裏山のゆず、青いときはどのくらい生っているのかよく分からないが、この時期になると黄色く色づいてよく分かるようになった。HCで買ってきて植えたが、なかなか実が付かなかったが、最近少しづつ実が増えてきた。冬至のゆず湯と漬物に使いたくて植えたもの、そんなにたくさん要らないのだが、たくさん生ると嬉しい。キヌサヤとスナップエンドウの種を買ってきて撒く。種袋の裏側の説明を見ると種まきの時期は終 [続きを読む]
  • ナンキンハゼ
  • 11月26日 晴れ近くの街路樹の紅葉は一週間ほど前が一番綺麗だった。ナンキンハゼも真っ赤に紅葉した、実は野鳩の好物だがそろそろハゼるだろう。高枝切りがないと取れないので次に来るときは持ってくることにする。エッ?・・・食べません!、リースの材料です。白い硬い実が更に硬い殻に覆われている、乾燥すると弾けるように厚い殻が実から離れて落ちる。今日は殻は飛んで真白な実だけが付いていた。少し枝付きで取ってきた [続きを読む]
  • 紅葉と落ち葉
  • 11月22日 晴れのち曇り、夜は雨寒さも厳しくなる晩秋になると、里山では木の葉が北風にヒラヒラと飛んできて、我が家の屋根にカサカサ…いゃ、カラカラと音をたてながら落ちる。早春から始まった草との戦いも、今年最後の草刈りで来春まで休戦になる。 それに代わるかのように裏山の雑木林は色づいて、早いのは落ちはじめたのです。木に絡んだツタの紅葉です。ツタのツルを切ろうと思うが紅葉が綺麗なので残している。先日投 [続きを読む]