takazine さん プロフィール

  •  
takazineさん: nw_electric 電子工作室
ハンドル名takazine さん
ブログタイトルnw_electric 電子工作室
ブログURLhttp://nw-electric.way-nifty.com/blog/
サイト紹介文ヘッドホンを中心にしたDIYオーディオ     アナログ回路、デジタル回路ネタもあります。
自由文自作ヘッドホンアンプや、その他の電子工作、トランジスタ回路の説明など、色々記事にしています。
よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2013/10/30 13:07

takazine さんのブログ記事

  • Pi 3をWifi AccessPoint化(Raspbian stretch Lite 2018)
  • 昨年のRaspbianでAPモード化する方法では、今年の3月以降のRaspbianではうまく動作しません。 なんとも厄介な話ですが、常に新しいソフトや仕組みを取り入れて成長する「Linuxらしい」ともいえます。 正確にはAccess Pointは動作するのですが、DHCPクライアントが起動に失敗していて、結果的に有線LAN側がネットワークに繋がらなくなります。 [続きを読む]
  • ALX-03 MOS-FETバージョンの歪率を計測
  • 随分と時間があいてしまいましたが、ALX-03 MOS-FETバージョンの歪率を計測してみました。 OPAMPもいくつか変更して残留ノイズの比較もしています。 当初のALX-03と各所の定数が変わってきたので、特性にどう変化が現われるのかも興味ありますね。 [続きを読む]
  • DC-ARROW ちょっと改版しました
  • RaspberryPi オーディオの音が良くなる便利アイテム DC-ARROW(電源基板)は、大変ご好評をいただきまして、頒布開始から1年間で700枚近くを出荷してきました。 誠にありがとうございます。 DAC基板側だけではなく、RaspberryPi本体の電源に使っても効果があり、独立してDAC基板と本体とに2枚で供給するのが最善になります。一部では、NAS化したRaspberryPiに使っても効果があるというご意見まで頂いております。そこまでは想 [続きを読む]
  • ympdからI2S-DACを選択する
  • 新・軽量ディストリビューションの方も少しづつですが進めております。本日は、こんな感じでDACセレクト機能を実装して動作確認しました。 まあ、mpd.confや/boot/config.txt を手動で編集しても良いのですが、できれば簡単に使ってもらいたいということでWEB-UIから選択できるようにしました。 [続きを読む]
  • MQA-CD ハイレゾデータが入るCDとは
  • かなりマニアックな話題ですが、かつてHDCDというフォーマットがあったのをご存知の方はいらっしゃるでしょうか。 HDCDは、録音からエンコード、デコードまでを決まった規則にそって作られた機器を用いることで24bitのデータを、CDに記録・再生できるというものでした。サンプリング周波数は44.1kHzです。HDCDに対応していない普通のCDプレーヤーでも24bit相当の音で聴けるというものでした。 世の中にHDCDに対応したCDプレーヤー [続きを読む]
  • M3 タッピングを電動ドリルで一発!?
  • みなさんも、一度はタッピングをされたことはあるんじゃないでしょうか。 私は中学生の技術の授業で習いました。 180度回して、90度戻す。 というアレです。 タップハンドルにセットして垂直に回すのですが、なかなかうまく行きません。 10個くらい空けると、1箇所くら失敗しますね(笑  完全にネジバカ(バカ穴?)にしてしまうと、非常に厄介です。 [続きを読む]
  • ASUS TinkerBoard User Meetingに参加してきました。
  • TechShareさんとASUS Japanさん主催のASUS TinkerBoard User Meetingに参加してきました。ついつい、RaspberryPiと同じ形なので使い方も機能も一緒と思いがちなTinkerBoard ですが、RaspberryPiと違う側面なども知ることができて有意義でした。 TinkerBoardは、ASUSのシングルボードコンピューター(SBC)で、カメラコネクタ、LCDコネクタ、USBコネクタ、Ethernetコネクタなど外形をRaspberryPiと同じにしてあるため、ケースを流用 [続きを読む]
  • Tinker Board S 版のVolumio 2.387 でSabreberry32 Master Mode動作
  • volumio2もTinkerOSの更新に合わせて、バージョンアップしてきました。もちろんTinkerBoard S でI2SマスターDAC基板対応です。(素のTinkerBoardはスレーブのみ)Sabreberry32も動作するのか、試しにチラっとやってみたら出来ました。今回からドラッグ&ドロップのプラグインがなくなったためsshでの導入になります。 じつは前回のドライバそのままです。プラグインで自動的にインストールさせていた部分をコマンドで入れるように [続きを読む]
  • Tinker Board S でSabreberry32をマスターにする方法
  • ASUSのTinkerBoard S は、TinkerOS v2.0.5からI2SのSlaveモード(DAC基板がマスター)をサポートするようになりました。私もSを入手したので、さっそくSabreberry32も試してみました。 DAC基板がマスターとはどういう状況なのかを簡単に書くと次の図のようになります。DAC基板上の低ジッター水晶発振源を基準にTinkerBoardがオーディオデータを送信してくれるようになります。これによりクロックジッターが少ない理想的なI2S信号が [続きを読む]
  • RaspberryPi 3 B+ が登場
  • 今年は標準サイズのRaspberryPiに新基板が登場するみたいです。みなさんも既にニュース記事をみてご存知だと思いますが、Pi 4 ではなく、Pi 3 B+です。公式のカタログはこちら(pdf) 個人的に気になったのはCPUが金属になったところです。 なんとなくかっこいいじゃないですか(笑 ざっとスペックを列挙してみます。・CPUが1.4GHz 4コア Cortex-A53、200MHz高速化。BCM2837はPi3と同じ。・サーマルマネージメントが変わって70度 [続きを読む]
  • Volumio2.376、2.389用のSabreberry32ドライバリリース
  • 2月上旬くらいに更新されたVolumio2.362以降、プラグインのアップロードタブが消えています。Sabreberry32ドライバのインストールをここから行なっていたのですがインストールできなくなっています。※) v2.389 もリリースしました。ということで、別の方法でインストールする方法をご紹介いたします。 とは言っても従来の方法に戻るだけです。  Volumio2.376を起動まず、Volumio2.376をSDカードに入れてRaspberryPiを起動しま [続きを読む]
  • AVIOT DAC-01の音質はPCM5122らしくない音作り?
  • AVIOTのDAC-01という基板は、ワンボードオーディオコンソーシアムの海上忍氏が手がけたDAC基板です。ざっと基板見ると、電源部に部品が沢山あるのとDACポストアンプも凝っています。 クロック源もNDKの低位相ノイズ発振器NZ2520SDを使っていて手抜きがありません。<< PCM5122とNDKの低位相ノイズ発振器NZ2520SD >> 裏面にはミュートやゲイン切換えと思われる回路がディスクリートトランジスタで構成されています。電源部も見た [続きを読む]
  • DAC-01の3.5mmアンバランス出力と2.5mmバランス出力の音を比較
  • AVIOTのDAC-01でアンバランスとバランス出力の音を比較してみました。3.5mmアンバランス出力と2.5mmバランス(BTL)出力の2つの出力があるのがDAC-01の特徴です。 最近はヘッドホンのリケーブルが流行っているためか、ゼンハイザーHD-598の純正ケーブルがヤフオクで安く出ていたのでGETしました。これで、ケーブルを挿し替えても配線材による音質の差は発生しないハズです。先端のプラグだけが3.5mm3極と2.5mm4極の違いになります [続きを読む]
  • そうだ!ヘッドホンをバランス接続してみよう!?
  • 以前、こんな記事を書いていました。 ゼンハイザー HD598をリケーブル(リコネクタ)して、6.3mm 標準プラグからRCA端子にしてGND分離をしたという話です。GND分離による効果なのか、RCA端子の接点の良さなのか、かなり音が変わって全体的な音のまとまり、打楽器などの分離、空間の広さ、低音の太さなどが向上しました。 あっ やっちまったものは仕方ありません(笑このケーブル、ヘッドホンの本体側は元々2.5mmで4線接続(バラン [続きを読む]