miyabiflower さん プロフィール

  •  
miyabiflowerさん: 風と花を紡いで
ハンドル名miyabiflower さん
ブログタイトル風と花を紡いで
ブログURLhttps://miyabihana.exblog.jp/
サイト紹介文日々の暮らしの中で出会った美しいもの、ほっとするもの、懐かしいものを 心の風景と共に綴ります。
自由文季節の花や光景、パッチワーク、「讃岐かがり手まり」、かわいいもの、おいしいものなどなど、暮らしを彩るあれこれを書き記しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/10/30 14:22

miyabiflower さんのブログ記事

  • 皇居東御苑の花菖蒲
  • 六月の初め、皇居東御苑での森林文化協会主催の野外セミナーに参加してきました。宮内庁庭園科OB方の解説を聞きながら3時間かけて東御苑を廻ってきました。大手門から入ってすぐのところにある『百人番所』江戸城本丸御殿 最大の検問所です。江戸時代の建物の向こうには高層ビル群が・・・。いつ頃からこのような光景になったのでしょう。と思うと同時に江戸時代の人がこの光景を見た... [続きを読む]
  • 春紫苑? 姫女苑? (追記あり)
  • 散歩の途中でみつけた白い花。子供の頃からいつも身近に咲いていました。春紫苑(はるじおん)?姫女苑(ひめじょおん)?愛らしさに暫し立ち止まります。つぼみが頭を垂れていたら春紫苑、それで「お姫様はお辞儀をしない」と覚えました。だからお辞儀をしているこの花は春紫苑のはずだけど春紫苑は花びらが糸のように細いはず・・・??この花びらは姫女苑?茎を折ればわかるようですが... [続きを読む]
  • カラフルな茱萸の実
  • 五月の半ばのことです。実家の庭で「がおぉーっ!」と咲いていた茱萸(ぐみ)の花はどうなったかしら・・・と見てみたら・・・。カラフルなかわいい実が下がっていました。黄色はパインで緑はメロン味?オレンジ色はみかんね。黄緑だった四粒が翌々日 揃って赤くなりました。一粒だけちょっとオレンジ色かな?あらあら つぼみのまま実になれたの?ここにもつぼみ... [続きを読む]
  • 十九年前の挿し木:ティネケが咲いたベランダ
  • 五月の初め、ベランダのティネケがふんわり咲きました。このティネケ、十年以上前に挿し木したものなのですが・・・。古いノートが出てきて1999年に買った薔薇だとわかりました。十九年前!!!五本挿し木したうちの二本が育って、翌年から毎年花を咲かせてきました。七、八年前に一本が枯れてしまって今はこの一本だけ。台風で折れたり、病気になったり、で何度も切り... [続きを読む]
  • 小さな花 小さな実 〜 初夏の散歩道
  • 「圧倒的桜。2018」に参加しましたところとてもたくさんの方にいらしていただきました。企画してくださった「Photo NOW 2007」のusaさん、訪れてくださってみなさま そしてコメントを残してくださったみなさまありがとうございます。全国の桜散歩、まだまだゆっくりと楽しませていただいています。いつもの散歩道、会えるかな?もう終わってしまったかな?・・・・・あ みつ... [続きを読む]
  • 桜色に包まれて:圧倒的桜。2018 
  • 時の流れを止めることができたら・・・。桜を見上げるたびに いつも思うこと。待ち焦がれていた花が咲き始めるとやがて散りゆく姿がこの花の向こうに透けて映るようでこんなにやさしく咲いている花を目にしながら散ってしまうさみしさをみつけてしまう・・・。それでもやわらかな花色に包まれていると心まで桜色に染まって... [続きを読む]
  • 季節は移り 花から実へ・・・
  • 四月の初め、空に向かって背伸びをしているような小さな小さなつぼみをみつけました。ぐんぐん育ってね。あ 去年の実が残ってる・・・。四月半ばには 小さな花が仲良く集まるように咲いていました。いつのまにか花びらを散らして今ではプロペラみたいな姿・・・実家の庭の錦木(にしきぎ)です。四月の初め、天を仰いでいた小さなチューリップ... [続きを読む]
  • グリーンピースの白い花
  • 四月の終わりに咲いた白い花、グリーンピースです。きらめく光の中で気持ちよさそう。三月の初め、買ってから十日ほどたったグリーンピースのいくつかが冷蔵庫の中で白い根を出していたのでしばらく水につけてみたらすぐに芽を出しました。去年も同じことをしていました。五粒のうち四粒が育ってこの七週間後、最初の花が咲きました。よく見てみたらほんのり黄緑色がきれい。... [続きを読む]
  • 都心の空と新緑:二重橋前〜日比谷通り
  • 都心の空と新緑:サントリー美術館・日比谷公園 の続きです。日比谷公園を出て晴海通りを歩き外桜田門をくぐると・・・・。石垣越しに日比谷通りに並ぶビルが見えてきました。ビルがなかった頃の風景を想像してみます・・・。この橋は「二重橋」と思われていますが正式名称は「正門石橋」だそうです。この奥にある「正門鉄橋」がかつて二重構造になっていて「二重橋」と呼ばれてい... [続きを読む]
  • 都心の空と新緑:サントリー美術館・日比谷公園
  • 日比谷にでかけた折りに日比谷公園から二重橋まで ぶらぶらと歩きました。真正面のビルは新しくできた東京ミッドタウン日比谷。オープンの翌日にも前を通ったのですが入り口はもちろんのこと 出口からの人も行列になっていたのでその日は通り過ぎました。都心で見上げる青い空は新緑とビルに切り取られています。空に向かってそびえ立つビルをこんな風に眺めることができてうれしいのか... [続きを読む]
  • レースラベンダー ネモフィラ
  • 薄紫の小さな花、レースラベンダーが咲き始めたのは 四月の初め。同じころ ネモフィラは小さな青いつぼみでした。去年植えた花のこぼれ種が育ったものです。芽が出た時にはなんの花かわからず抜いてしまうところでした。抜かなくてよかった・・・。レースラベンダーと一緒に 青い花が風に揺れます。穂が二つ、三つとつくことは 初めて知りました。花が重いの?それともご... [続きを読む]
  • 挨拶はやっぱり「がおぉーっ!」
  • 実家の庭で今年も会えたユーモラスな顔。全身水玉模様のこの花は茱萸(ぐみ)です。三月の半ば、1センチにも満たない小さな葉っぱから顔を出したぷっくりとしたつぼみ。葉っぱのおくるみは暖かいのかな?葉っぱもつぼみも水玉模様。三月下旬、葉っぱの上に並んでじっとこちらを伺っています。何か企んでいるみたいに見えるのだけど・・・。咲いた花に 「今年も会えて... [続きを読む]
  • 小さな花 これなぁに?
  • 小さな小さな、これは花?粒のようなつぼみが花火のように咲きました。実家の庭のもみじです。三月にはこんなふうに折りたたまれていたのにね。2月はこんな姿でした。仲良く並んで咲いていた馬酔木は実になりました。そして、ぐんぐん伸びる馬酔木の新芽。淡い色のつつじが咲き始めています。今までここに咲いたのを見たことはなかったので今年が「初めまし... [続きを読む]
  • 讃岐かがり手まり 花と麻の葉
  • 讃岐かがり手まりの?花と麻の葉”です。”麻の葉”は日本の伝統模様のひとつで「魔をよける」という意味がこめられています。麻がすくすくとまっすぐ伸びることにあやかってわが子の成長を願い、産着にこの模様を刺繍したこともあったそうです。以前教室に飾られていた?花と麻の葉”細かな?麻の葉”の模様の間に花をかがります。?麻の葉”の手まりはこちらです。花の色を変... [続きを読む]
  • 梅花碇草 白山吹 そして・・・
  • 今年も実家の庭に梅花碇草(ばいかいかりそう)が咲きました。小さなつぼみに気づいたのは桜の花びらがはらはらと舞う頃。今年も会えた、とほのかにうれしさが広がります。大きなハート型の葉っぱも好きです。うつむいて桜の花びらの中で儚げに咲いていました。ヒヨドリに食べられていた木瓜は思っていたよりたくさん咲きました。満開になってからはヒヨドリが来なく... [続きを読む]
  • イースターのお菓子 コロンバ
  • イタリアに出張した夫がいただいてきたおみやげ。ピンクのリボンがかわいい大きな包み中身はいったいなんでしょう。Colomba Classica、コロンバ?イタリアの行事か何かのお菓子?と訊いてみたらそういえばイースターのお菓子だと聞いたような・・・と。開けてみたら中身は・・・。なんでしょう、この形・・・と思って調べてみたらコロンバというのはイタリアのイースターのお菓... [続きを読む]
  • 白いタンポポと散歩道の花
  • 散歩道のいつもと同じ場所に咲いていた白いタンポポ。今年も会えた、とうれしさが広がります。近づいてみたらまだ真ん中のシベは開いていなかったのに・・・。翌日くるくるりん。ふわふわの綿毛にも会えるかな?濃いピンクがかわいかった花海棠(はなかいどう)は咲いたら少し薄い色に、大人っぽくなった?青い空にピンクが映えます。見上げた先の白木蓮白い花... [続きを読む]
  • 夢見るような・・・
  • きらきら光に包まれてふんわり揺れる枝垂れ桜。ピンクの花を見上げると懐かしく少し切なくなるのは過ぎた遠い春の日がやさしく降り注ぐから。いつしか散り行く花たちは「忘れないで」とささやきながら夢見るような彩りで心を染めあげる。せめて今だけは時を止めて・・・・。にほんブログ村ランキングに参加中 よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • もう食べちゃうの? まだつぼみなのに・・・
  • 実家の庭の木瓜、つぼみがふくらんできて喜んでいたのですが・・・。なんだか変。もう散ってしまったの?これもこれも散ってしまった・・・?そんなはずはない、と思ってよぉく見てみるとつぼみのままかじられているようです。こんなにたくさんかじっていったのはヒヨドリ?毎年 食べるのは蝋梅(ろうばい)のつぼみだけだったのに今年は木瓜まで・... [続きを読む]
  • 陽だまりで思う・・・
  • 青い空を背景にぽつんと咲いた蝋梅。毎年つぼみはたくさんつくのにヒヨドリに食べられてしまうのでなかなか花には会えません。今年も咲いたのは数輪でした。合唱団のはずがソロになったので ちょっとうれしい・・・?でも仲間がいないのはさみしい・・・?少し前まで咲いていた梅はすっかり散ってこの飛び出した細長いのが実になるのかな?毎年たくさん花をつけるのに今年は数輪... [続きを読む]
  • パッチワーク つないで つないで・・・
  • 正方形の小さな布をつないでつないで もっとつないで100枚。4センチ四方の布が並びました。同じ色調が隣り合わないようにああでもないこうでもないと並べ方を迷う時間も楽しめました。これは新しい布をつないだものなのですが思い出したのが色が褪せてしまった薄手の花模様のハンカチ・・・。捨てられずにしまってあるので今度 思い切ってこんな風につないでみましょう... [続きを読む]
  • 仲良く並んだ小さな花 馬酔木
  • きらきら光と戯れて馬酔木(あせび)がひなたぼっこしていました。実家の庭の馬酔木です。母のもとを訪れるたびに少しずつふくらんでいたつぼみたち。こちらはもう少しで咲きそうです。お行儀よく並んでいます。縦に並ぶのもとっても上手。風に揺れたら澄んだきれいな音が聞こえそう。「今年はたくさん咲いたのね」とうれしそうな母にも花が奏でるメロディーが聞こ... [続きを読む]
  • 梅 きらきら ひなたぼっこ
  • 青い空を背景に白い梅がうれしそうに咲きそろいました。どこか遠くから春の歌声が聞こえてきそうな日ぽかぽかきらきらひなたぼっこ踊っているようなシベが透けて見えました。影絵の練習してるの?赤い椿も気持ちよさそう仲良く並んでいる小さな小さな赤い芽、もみじです。仲良く並んで葉っぱになります。陽だまりに春の面影が浮か... [続きを読む]
  • 何が入っているのかな? 何を入れようかな?
  • イタリア出張のおみやげ。りぼんの色を見ただけでうれしくなります。前から見ると引き出し?すきとおったビーズのような持ち手がついています。開けてみたら・・・。中にはクッキーが。そして・・・リボンをはずして上を開けてみると・・・ここにもクッキー。宝石箱のように鏡もついていました。そして左は指輪入れ?せっかくなので 指輪の... [続きを読む]